Paranaviトップ お仕事 リモート/在宅 在宅内職はスキマ時間を有効に使える副業!おすすめの内職を紹介

在宅内職はスキマ時間を有効に使える副業!おすすめの内職を紹介

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

在宅内職の副業をはじめてみませんか?

「スキマ時間に自宅で副業がしたい」「単純作業が好き」そんな方におすすめなのが、在宅でできる内職の副業なんです。

内職の種類や仕事の探し方、収入などについてまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

内職とは、企業に雇用されて自宅で行う仕事のこと

部品の組み立てや梱包作業など、企業やメーカーなどに雇用され、受け取った原材料を使って自宅で行う仕事のことです。

基本的には単純作業が多く、副業をしたことがない人でも取り組めます。

副業で行う「内職」と「在宅ワーク」の違いは3つ

在宅で行う内職と在宅ワークの違い

内職と在宅ワーク、2つの副業にはどのような違いがあるのでしょうか?

3つのポイントについてまとめて紹介します。

違い1.内職は「家内労働法」という法律で働き手が守られている

内職の仕事は、「家内労働法」の法律で守られています。

法律には報酬単価と安全、衛生面の最低基準が示され、労働環境が守られているのです。

一方在宅ワークには厚生労働省が策定したガイドラインはあるものの、2020年5月時点で法律はありません。

そのため在宅ワークでトラブルが起こってしまった場合は、自分で対処する必要があります。

違い2.内職は給与に関しての規定があるので安心

自宅で作業する労働者とみなされている内職では、受注者が依頼者に報酬を請求することはありません。

毎月決まった日を工賃の締切日としている場合、その日から1か月以内に工賃が支払われ、最低の工賃も決められています

一方、在宅ワークをする人は個人事業主として扱われるため、納品したらその都度依頼者に請求する必要があります。

違い3.働き手は「労働者」「従業員」に分類される

内職と在宅ワークの人では、置かれている立場が異なります。

内職をする人は、依頼者となる業者などから支給されたものを加工し、納品することで報酬を得ている「労働者」または「従業員」です。

ですが在宅ワークをする人は、事業を営んでいる「個人事業主」として扱われます。

在宅で内職を副業にするメリット・デメリット

在宅で行う内職の種類と始め方を知る前に、メリットを把握しておきましょう。

安心して副業をするためにも、良い点と悪い点を理解することが大切です。

【メリット】在宅内職は、働いた分だけ収入になる副業

内職のメリットは3つあります。

(1)家事や育児のスキマ時間を有効活用できる

(2)作業内容によっては、家族と会話しながら作業ができる

(3)作業した分だけ収入になる

内職は納期は決まっているものの、スキマ時間に自分のペースで仕事ができます

家族団欒の時間が確保しやすいので、自宅で快適に働けるでしょう。

在宅で内職を副業にするデメリットは3つ

内職を副業にしたときのデメリットを紹介します。

報酬単価が低く単純作業の多さから飽きやすい難点があり、自己管理が必要になります。

【デメリット】在宅内職は、単純作業が多く飽きる可能性がある副業

内職のデメリットは以下の3つです。

(1)報酬単価が低い仕事が多い
(2)単純作業が多いので、飽きてしまって続かない可能性がある
(3)セルフマネジメントが必要

内職の報酬単価は低く、一生懸命作業しても時給換算すると1,000円に満たないこともあります。

納期が決められているため、自分でスケジュール管理をしっかりしなければなりません。

在宅での内職がはかどる!準備しておきたい3つのこと

在宅再度ビジネスで準備するもの

在宅での内職作業がはかどるように、準備しておきたいことを紹介します。

内職を始めるときには、前もってチェックしておきましょう。

準備1.パソコンがあると便利

内職の仕事探しはスマホだけでも十分にできます。

ですがパソコンがあれば仕事の生産性が上がり、できる内職の幅も広がります。

メールやチャットなどを多用する場合は、パソコンを使った方が楽なこともあります。

さらにプリンターも持っていれば、請求書などを発行するのにも便利です。

準備2.作業スペースを作っておく

家の中に、内職作業をするスペースを決めておきましょう。

とくに作業用の机を準備しておくことをおすすめします。

作業スペースが定まっていれば作業がはかどりますし、私生活としっかりとメリハリをつけることもできます。

準備3.作業用の収納場所を確保しておく

内職の仕事内容によっては、納品物や資材などをたくさん保管する必要があります

それらを汚したり破損したりしないよう、気をつけなければなりません。

家の中には、納品物などをまとめて置けるような保管場所を確保しておきましょう。

内職の報酬は「出来高制」

内職の報酬は、作業量に応じて支払われる「出来高制」です。

報酬単価は、主に1円未満から数十円ほどに設定されています。

内職で収入アップする2つのコツ

「出来高制」の内職で収入アップするには、作業スピードを上げて多くの量をこなしましょう

量をこなせば、それに伴って多くの収入を得ることができます。

また報酬単価が低い仕事ではなく、単価1円以上の内職を選ぶのも大切です。

【初心者向け】手作業メインのおすすめ在宅内職5選

在宅でできる内職に、どんな種類があるのかをまとめました。

まずは初心者向けの手作業メインの内職を紹介しましょう。

在宅内職1.シール貼り

内職の定番であるシール貼りは、商品や封筒などの決められた場所にシールを貼っていく単純作業です。

小さな場所や、滑りやすい場所に貼ることもあるので、ある程度の器用さと丁寧さが求められます。

報酬単価は低めですが、家族と会話やテレビを見ながら作業することができ、手軽に取り組めるメリットがあります。

在宅内職2.袋詰め・箱詰め

納品物を袋や箱に詰める作業を行います。

納品物の種類により報酬単価のばらつきがあり、重かったり複雑な形状をしていたりすると単価が高めに設定されています

詰めたものはそのまま商品として販売される可能性があるので、汚れや混入物に注意しなくてはなりません。

また、納品物によっては場所を取るので、作業と収納スペースを確保しておく必要があります。

在宅内職3.ティッシュの広告入れ

ポケットティッシュ一つひとつに広告を差し込んでいく作業です。

一度に多くの納品物を抱えることが多いため、収納スペースの確保は必須です。

作業に慣れてくれば、短時間で多くの数の差し込み作業ができるようになるでしょう。

広告を差し込むときには、破ったり折り目をつけたりしないように気をつける必要があります。

在宅内職4.商品の組み立て

ボールペンやライターなどの、小型商品を組み立てる作業です。

パーツがバラバラの状態で送られてくるので、手順に沿って一つひとつ組み立てていきます。

組み立て工程が複雑なものは、報酬単価も比較的高めです。

ものづくりが好きな方に向いていますが、もしかしたら好き嫌いが分かれるかもしれません。

在宅内職5.値札つけ

靴下などの小物類に、値札を付けていく作業です。

洋服やカバンなどの大きなものを依頼されることはあまりないので、スペースを取らずに済みます。

値付けのときは商品に直接触るので、汚さないように注意しましょう。

スキルを活かせるおすすめ在宅内職3選

自分が得意なことや経験してきたことなど、スキルを活かせるタイプの内職を紹介しましょう。

単純な手作業の内職と比較すると、報酬単価が高めに設定されています。

おすすめ1.文字書き系

賞状のあて名やお祝言などを、代行して書く作業を行います。

毛筆で書く仕事が中心になるので、習字が得意な方に向いているでしょう。

賞状書士などの書道関係の資格を持っていれば、単価の高い仕事を得られるチャンスもあります。

おすすめ2.縫製作業

小さなボタンの縫い付けなど、ミシンではできないような細かい縫製作業を行います

縫製機械ではできない人の手が必要な仕事なので、この先も需要が見込める内職といえるでしょう。

内職をこなしながら、スキルアップも期待できます。

針を使う作業になるので、小さな子どもがいる方は作業スペースを別室に作りましょう。

おすすめ3.テープ起こし

パソコンが使え、タイピングが得意な方におすすめの内職です。

音声データを聞きながら、内容を文章に起こしていきます。

しっかりと内容を聞き取って必要な情報だけを抽出しないといけないため、集中力が要ります。

案件をこなすほど、多くの収入を見込めます。

在宅でできる内職の副業を探す2つの方法

在宅でできる内職の副業の探し方を2つ紹介します。

安定して仕事を得るには1つの方法やサイトに絞らず、複数を使うようにすると良いでしょう。

方法1.求人サイトを利用する

内職を探すのは、求人サイトを利用するのがもっともスタンダードな方法です。

ネット検索の際は「お住いの地域 在宅 内職」と入力すると、内職の案件を扱っている求人サイトを見つけやすいでしょう。

単発ではなく継続して内職を副業にしたい場合は、複数の求人サイトに登録しておくことをおすすめします。

おすすめ2.クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングサイトでは多数の案件を扱っており、内職の仕事を探すこともできます。

パソコンを使う案件が多く、データ入力やテープ起こしなどのパソコンスキルを活かしたいと考える方に向いています。

在宅での内職の副業に関するQ&A

内職を始めようという方向けに、気になるポイントをO&Aにまとめました。

疑問点を解決してから、在宅での内職にチャレンジしてみましょう。

Q1.納期以内に納品できなかったらどうなるの?

納期に遅れてしまうと、あなたに対しての信用を失くしてしまいます。

場合によっては、損害賠償を請求されることもあるかもしれません。

何度も納期遅れをしてしまうようなことになれば、どこからも仕事がもらえなくなることも考えられます。

事情でどうしても納期に遅れてしまいそうなときは、早めに依頼者に連絡をしましょう。

Q2.内職の副業ならバレずにできる?

内職は自宅での作業になりますし、比較的低収入の内職です。

ですが本業を持っている方が内職をしている場合は、確定申告が必要になります。

自ら申告を行えば、会社にバレる可能性は低くなりますがゼロにはなりません。

バレたときに罰則を受けるかもしれないリスクのことを考えると、会社の就業規則に反して副業で内職をすることはおすすめできません。

まとめ

副業資格のまとめ

  1. 在宅内職は、スキマ時間を有効に使える副業
  2. 報酬単価は低めなので、作業スピードと案件選びが重要
  3. 納期に遅れずに納品できるように、自己管理能力が必要

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

Page Top