Paranaviトップ お仕事 働き方 「なぜか仕事がうまくいかない」人の特徴|原因別の対処法

「なぜか仕事がうまくいかない」人の特徴|原因別の対処法

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

仕事がうまくいかないことは、大きなストレスです。

「うまくいかないのは自分のせい?」「こういう時はどうすれば解決できる?」

ここでは、仕事がうまくいかない時の対処法を原因別にまとめました。

今あなたはどうするべきなのか、いっしょに考えていきましょう。

「仕事がうまくいかない……」と悩む人の特徴5つ

「仕事がうまくいかない」と悩む人の特徴まずは、どんな人が仕事がうまくいかなくなると感じやすいのか、特徴をみていきましょう。

以下のようなことに心当たりがある方は、仕事がうまくいかないことで悩むことが多いかもしれません。

  1. 仕事の優先順位を把握できていない
  2. うまくコミュニケーションがとれない
  3. なんでも人と比べてしまう
  4. 「すぐ」に結果をもとめてしまう
  5. 人を頼るのが苦手

特徴1. 仕事の優先順位を把握できていない

タスクの重要性が把握できていないことも、仕事がうまく回せない原因になります

仕事の優先度が把握できていないと、どの仕事から取り掛かればいいのか分かりません。

急ぎではない仕事から始め、重要な仕事を終えるのが納期ギリギリになってしまい、結果的に周りの人に迷惑をかけることもあります。

仕事に慣れないうちは重要性・優先順位・所要時間が分かりにくいので、上司や先輩に確認して順序立てて仕事に取り組んでみましょう。

特徴2.うまくコミュニケーションがとれない

周囲の人とコミュニケーションがうまく取れていないせいで、仕事がうまくいかないのかもしれません。

コミュニケーションは社会人にとって必ず必要になるスキルであり、仕事をうまく進めるためには上司や同僚とは積極的にとる必要があります。

コミュニケーションに苦手意識を持つ人は「上司だから」「相手が忙しそうだから」と、意図的に控えてしまう傾向にあります。

しかし、ミスを防ぐためにはコミュニケーションは積極的にとるべきです。

起きてしまったミスのカバーより、ミスを未然に防ぐためのコミュニケーションの方が時間も労力も割かれずに済むでしょう。

特徴3.なんでも人と比べてしまう

仕事の成果や評価を同僚やまわりの人と比べてしまうと、仕事がうまくいかないことがあります。

同僚をライバル視して仕事をすると視点がずれてしまい、本来の果たすべき役割と違う方向に行く可能性があります。

それぞれの適性や役割があるので同僚や周りの人と比較し過ぎず、自分の得意な仕事で確実に成果を出すことに注力した方がいいと考えましょう

特徴4.「すぐ」に結果をもとめてしまう

仕事で結果を出したい!と思うのはビジネスパーソンの性ですが、あまりにもすぐに結果を求めることはよくないです。

結果というのはすぐにでるものではなく、トライ&エラーのすえに大きく成果がでるものといえます。

1回の挑戦で「うまくいかないからダメだ」と思っていませんか?

1度目は失敗でも、次は成功できるかもしれません。

すべてのことが「すぐ」結果が出ることではないと考えておきましょう。

特徴5.人を頼るのが苦手

一人で仕事を抱え込んでしまうのも、仕事がうまくいかないと悩む人の特徴です。

「遠慮して言いづらい」「自分でやった方が早い」などの理由で、人を頼ることができない人もいます。

仕事はチームで進めるものですので、チームの連携なくして仕事はうまくいきません。

あなたが一人で仕事を抱えこんでしまった結果、チームとしての成果を下げてしまう可能性もあります。

「仕事だから頼っていいんだ」と割り切って、人を頼ることに慣れましょう。

仕事がうまくいかない時は、原因を考えてみよう

仕事がうまくいかない時は原因を考えてみようまずは、いまあなたの置かれている現状を把握するために、どうしてこうなったのか「理由」を洗い出してみましょう

原因を理解することで、状況を変えるための対処法が見つかるはずです。

  • あなた自身が抱えている問題
  • 周囲の人の影響で生じている問題
  • 職場環境や仕事内容の問題

以上の3つに分けて、原因を分析していきます。

【仕事がうまくいかない原因】あなた自身が抱えている問題4つ

仕事がうまくいかない原因あなた自身が抱えている問題一つ目は、あなた自身が抱えている問題が原因のケースを紹介します。

これらに当てはまる場合は、あなた自身が変わることで解決する可能性が高いでしょう。

  1. 経験が足りていない
  2. 細かいミスが続いて自信を失っている
  3. 完璧を求めすぎている
  4. 体調が悪い

原因1.経験が足りていない

経験が不足していることで仕事がうまくいかないことがあります。

就職後・転職後や異動したばかりでまだ業務に慣れていないと、経験が少ないのでうまくいくやり方やコツを知らないからです。

経験が少ないうちは積極的に仕事に取り組み、「解決する方法を学ぶ」「先輩や上司に相談しながらすすめる」などして対応方法を身に付けていくといいでしょう

原因2.細かいミスが続いて自信を失っている

ミスを繰り返すことは、仕事がうまくいかないと感じる原因のひとつです。

ミスがあると気持ちが焦り対応に追われているうちに、またミスにつながるという状況になりやすいからです。

たとえばミスをすると「なんでこんなことをしてしまったんだろう」「自分には能力がない」「失敗して迷惑をかけてしまった」などの気持ちになり自信を失うことがあります。

同じミスを繰り返さないように対策を考える、早めに切り替えて気分転換するなど次につなげる行動に移していきましょう。

原因3.完璧を求めすぎている

完璧主義で始めから完璧に仕上げることを求めると、仕事がうまくいかないことがあります。

多くの仕事を抱える中ですべてを完璧にしようとすると、無理が生じて結果的に中途半端になることがあります。

仕事はチームワークなので一人で完璧に仕上げることは難しいと理解して、100点になる手前で報告や相談をしながら取り組むと、周りの人に進捗状況が伝わり円滑にすすみやすいでしょう。

原因4.体調が悪い

体調が悪い、健康に問題があると仕事がうまくいかないことがあります。

体調不良があると仕事のパフォーマンスが下がり、発揮できる能力も低下するからです。

たとえば運動不足なら体を動かす時間をつくる・睡眠不足ならしっかり休息する、体調不良なら早めに休むなどの対策をとり、健康な体づくりを目指すことが大切です。

【仕事がうまくいかない原因】周囲の人からの影響で生じている問題2つ

仕事がうまくいかない原因周囲の人からの影響で生じている問題仕事がうまくいかないい感じる原因の中には、周りの人との関係の中で生じてしまう問題もあります

  1. 人間関係がうまくいかない
  2. 周囲からのプレッシャーがストレスになっている

原因1.人間関係がうまくいかない

良好な人間関係が築けていないと、仕事はうまくすすみません

人間関係が良くないとコミュニケーション不足になり「お互いの仕事の状況が分からない」「相談しにくい」などの問題が生じるからです。

  • 声をかけにくいせいで分からないまま進めて結果的に大きな迷惑をかけてしまう
  • すり合わせが不十分で捉え方に違いが生じる
  • 仕事でストレスを感じやすい

以上のようなマイナスな面で、仕事に悪影響がでるでしょう。

原因2.周囲からのプレッシャーがストレスになっている

周囲からのプレッシャーが大きすぎると、仕事がうまくいかないことがあります。

なぜなら大きすぎるプレッシャーはストレスとなり、緊張や焦りを感じると本来の能力が発揮できないからです。

仕事をうまくすすめるためには「絶対に成果を出さなければいけない」「うまくできないと評価が下がる」などのプレッシャーを背負いすぎず、精神面のバランスを取る意識も大切です。

【仕事がうまくいかない原因】職場環境や仕事内容の問題3つ

仕事がうまくいかない原因職場環境や仕事内容の問題オフィスの環境や、仕事の内容が問題で仕事がうまくいかない、ということもあり得ます。

  1. 職場の環境が悪く、仕事に集中できない
  2. 常にスケジュールに追われている
  3. 仕事内容が合っていない

原因1.職場の環境が悪く、仕事に集中できない

職場の環境が悪く仕事に集中できないと、うまくいかないことがあります。

意識していなくても私たちは常に環境から影響を受けているので、落ち着いて仕事ができない職場ではパフォーマンスが下がってしまいます

たとえば職場の雰囲気がバタバタしている、ピリピリしている、オフィスが騒がしい、話しかけられて集中が途切れてしまうなど、様々な影響から集中できないことがあります。

原因2.常にスケジュールに追われている

納期や締切に追われ続ける仕事は、ストレスを感じやすいです。

余裕のないスケジュールだと常に焦りを感じている状態になり、ミスもしやすくなってしまいます。

自分が原因でタイトなスケジュールになっているなら「自業自得だ」と割り切れるかもしれませんが、会社や上司の方針など自分の意思関係なく無理なスケジュールになってしまった場合はよりストレスを感じてしまうでしょう。

原因3.仕事内容が合っていない

不得意な分野の仕事は、業務がうまくいかない原因になりやすいでしょう。

なぜなら仕事内容が自分に合っていないと苦手意識を持ち、ストレスを感じやすいからです。

たとえばなんとなく就職した場合や希望の部署に配属にならなかった時は、興味が持てずやる気が出ないかもしれません。

また苦手な作業や精神的に負担が大きい仕事は避けたいという心理が働き、後回しになるなど取り掛かるスピードが遅くなることがあります

【原因別】仕事がうまくいかない状態から抜け出す方法

仕事がうまくいかない状態から抜け出す方法仕事がうまくいかない原因を精査したところで、ここからは原因別に対処法をみていきます。

すぐに試せるものから、根本的に問題を解決するものまで、あなたのケースに合った対処法を見つけてみてください。

あなた自身が抱えている問題への対処法6つ

あなた自身が抱えている問題への対処法あなた自身の経験不足や、仕事に対する意識などか問題になっている場合の解決方法をみていきます。

  1. 仕事がうまくいったときの「ルーティン」を作る
  2. 他人と比較するのをやめる
  3. 自分で自分を評価しない
  4. 周りを頼って完璧を目指す
  5. 上司にアドバイスをもらう
  6. 休むときはしっかり休む

対処法1.仕事がうまくいったときの「ルーティン」を作る

「こうすればうまくいく」という、自分なりのルーティンを作ると効果が期待できます

いつもと同じ手順、いつもと同じ行動をとることで精神的に落ち着いて、安定したパフォーマンスを維持できるからです。

ルーティンの具体例

  • プレゼンの時はいつも同じスーツにする
  • 玄関をでるときは右足からでる
  • 大きな仕事の前には、必ず同じ音楽を聴く

自分の中で決めた行動をとることでやる気スイッチが入り、集中力が高まる効果もあります。

対処法2.他人と比較するのをやめる

他人との比較をやめると本来の良さが発揮できていい仕事ができることがあります。

周囲の人との比較をやめると、自分を責めることや精神的に焦ったり萎縮することが減り、落ち着いて仕事に取り組むことができます。

どうしても何かとくらべてしまうのであれば、他人ではなく過去の自分とくらべるようにしましょう。

以前の自分との比較をすると少しずつ成長していることに気が付き、自己肯定感も高まります。

対処法3.自分で自分を評価しない

仕事そのものに関する評価は、あなたではなく上司や人事などの第三者が決めることです。

仕事がうまくいっているのかどうかは管理する立場の上司が判断することで、あなたがすることではありません

自分で自分を悪く評価しても、自己肯定感が下がるだけで何もいいことはありません。

仕事に関する評価は第三者に任せて、目の前の仕事と向き合うことに集中しましょう。

対処法4.周りを頼って完璧を目指す

提出したものに毎回修正が入ることで、「自分は毎回修正が入る=何をやってもうまくいかない」と思うかもしれません。

修正されるのはあなたがミスをしたからではなく、第三者の目が入れば修正点は必ず出てくるものです。

そのため、100%できてから提出するのではなく、疑問に思ったところや改善が必要そうだなと思う箇所は残して提出するのが効率のいいやり方です。

一人で抱え込まず「周りを頼ってチームで完璧を目指す」という気持ちで仕事を進めてみましょう。

対処法5.上司にアドバイスをもらう

対応に困ったときは、上司や先輩、同僚からアドバイスをもらうと仕事がうまくいきやすいでしょう。

自分では適切な対策を思いつかない場合でも、先輩や上司は今までの経験からうまくいくやり方を知っていることがあります。

相談をすると相手のことを信頼している気持ちが伝わるので、一緒に考えてくれたりサポートしてもらえるかもしれません

助言やアドバイスを素直に受け入れて行動すると、いつの間にか知識が身について自信につながるでしょう。

対処法6.休むときはしっかり休む

疲れたときは無理せず休息をしっかりとりましょう

休息することで心身ともに回復して、いい気分で前向きに仕事に取り組めるからです。

有給休暇を利用してリラックスできる時間をつくることも大切です。

また勤務中でも外の空気を吸いに行く・ストレッチする等、集中する時間と休息する時間を決めると仕事の効率が高まるでしょう。

周囲の人からの影響で生じている問題への対処法2つ

仕事がうまくいかない原因周囲の人からの影響で生じている問題周囲の人からの影響で仕事がうまくいかない場合は、あなた自身でどうにかできる範囲は決まっています。

どんな状況なら変えられるのか、対処法の具体例をみていきましょう。

  1. コミュニケーションを意識的に増やす
  2. 部署異動を申し出る

対処法1.コミュニケーションを意識的に増やす

相手をよく知らないせいで苦手意識を持ってしまう場合もあるので、苦手な人ほど意識的にコミュニケーションを増やしてみるのがおすすめです。

人間は相手が何を考えているのか・どんなことで怒るのかなどがわからないと、恐怖を感じやすくなります。

米国の心理学者ロバート・ザイアンスの提唱する「ザイアンスの法則」によると、人間は知らない人には攻撃的な態度をとる一方で、接触回数が多い相手には親しみを感じるといわれています。

意識的に相手とコミュニケーションを取ることで、困りごとや不安を伝えやすくなったり、相手の要求も的確にとらえやすくなったりするでしょう。

対処法2.部署異動を申し出る

今の仕事内容がどうしても自分に合わずストレスを感じる場合は、異動を申し出る方法があります。

なぜなら仕事には適性があり自分の性格・性質に合う部署へ異動すると能力が発揮できることがあるからです。

リーダー的役割を果たすのが好きな人もいれば、目立つのは苦手だけどサポートするのは得意という人もいます。

自分に合う部署が分からない場合でも、上司に相談するとアドバイスがもらえるかもしれません。

職場環境や仕事内容の問題への対処法3つ

職場環境や仕事内容の問題への対処法職場の環境や社風、仕事の内容は、あなた個人では何も変えることができません。

自分に合っていると思える適職を探すことや、いま居る環境そのものを変える必要があります。

  1. 長めの休みをとる
  2. 第三者の手を借りて退職する
  3. 思い切って転職する

対処法1.長めの休みをとる

仕事がうまくいかない状態が続く場合は、長めに休暇を取るのがおすすめです。

仕事から少し離れることで客観的になれたり、リラックスできたり、気分転換につながると精神的に落ち着くからです。

たとえば長めの休暇を利用して、旅行に行く、趣味の時間をつくる、自分と向き合う時間をとるなど、普段時間がなくてできないことを積極的にすると、心身のバランスがとれて仕事に集中しやすくなるかもしれません。

ひとつのプロジェクトが終わった後や比較的落ち着ている時期に休暇を申し出ると、受け入れられやすいでしょう。

対処法2.第三者の手を借りて退職する

仕事がうまくいかないことで何らかのハラスメントを受けていたり、精神的・肉体的にストレスにさらされる職場環境なのであれば、早急に退職するべきです。

退職を言い出せないのであれば、退職代行のような第三者の手を借りることも検討してみましょう。

有給の消化や残業代・退職金の請求などは、「弁護士法人みやびの退職代行サービス」のような弁護士が対応する退職代行のみが行えます。

また、「退職代行ガーディアン」などをはじめとする労働組合が運営している退職代行でも、退職に関する会社との交渉を任せられます。

そのほか、退職代行サービス利用方法や安全な退職代行業者の見分け方など、詳しい説明は「悩みゼロ!退職代行サービスのおすすめ業者で安心退職」の記事で紹介していますので参考にしてください。

対処法3.思い切って転職する

仕事がうまくいかないときは、思い切って転職するのも一つの選択肢です。

なぜなら転職すると本来やりたかった仕事ができる、モチベーションが上がる、給料アップが見込める、人間関係が一新するなどいい面がたくさんあるからです。

自分に合う仕事が分からない、自分の強みが分からない場合は転職エージェントに登録して相談すると担当者が今までの経験を活かせるお仕事を紹介してくれるので安心です。

転職が不安・悩みがある方はDYM就職がおすすめ

「仕事がうまくいかない自分に転職先は見つかる?」「経歴に自信が無い……」

そんな経歴や学歴に不安がある方にオススメなのが、手厚いサポートが受けられる転職エージェントDYM就職です。

DYM就職は書類選考ナシで面接からはじめられるので、経歴に自信がなくても、長いブランクがあっても書類審査で落とされることがありません

また、あつかっている求人は100%正社員の求人ですので、不安定な雇用形態から脱して正社員を目指したい方にもオススメです。

DYM就職に求人を載せている企業は、未経験者OK・研修制度が整っている企業ばかりですので、ミスマッチ無くあなたにぴったりの転職先が見つかりますよ。

DYM就職で転職先を探してみる(無料)

絶対NG!仕事がうまくいかないときに状況を悪化させてしまう行動

仕事がうまくいかないときに状況を悪化させてしまう行動仕事がうまくいかないからと言って、自暴自棄になってはいけません。

ここでは、仕事がうまくいかないときにほどやってはいけないことをまとめました。

  1. 不健康な生活をする
  2. 周囲にあたる
  3. 自分を責め続ける
  4. 前準備なく勢いで転職する

NG行動1.不健康な生活をする

仕事がうまくいかないからと言って、暴飲暴食や不規則な生活をするのはやめましょう

生活の乱れは心身ともに悪影響を及ぼすので自分の本来の能力が発揮できなくなり、ますます仕事がうまくいかなくなる恐れがあります。

ストレス発散のために、つい「食べすぎ」「飲みすぎ」になっていませんか。

夜更かしせず睡眠時間を確保して、心身のコンディションを整えることが大切です。

NG行動2.周囲にあたる

仕事がうまくいかなくても、周囲にあたるのはやめましょう

人間関係が悪くなるとさらに仕事がうまくいかなくなる可能性があるからです。

いらいらする気持ち、焦り、モヤモヤを感じるとつい周りの人のせいにしたくなりますが、まずは自分で解決できそうなことはないかを考えてみることが大切です。

NG行動3.自分を責め続ける

「仕事がうまくいかないのは自分のせいだ」と、自分を責めるのはやめましょう

自分を責めると自信がなくなり自己肯定感が下がってしまうため、あなたにとっていいことは一つもありません。

自分で解決できること・できないことを分けて考えて、自分でできる小さなことから取り組むのがおすすめです。

NG行動4.前準備なく勢いで転職する

仕事がうまくいかないからと、深く考えずに転職するのはやめましょう

勢いやその時の感情で退職や転職をすると、後で冷静なった時に後悔することがあるからです。

深く考えずに転職すると、転職先でまた同じ課題にぶつかることがあります。

きちんと考えて準備をしてから転職をすると、自分の望む働き方や方向性が分かり成功につながります。

まとめ

  • 仕事がうまくいかない原因を見つけることで対処法がわかる
  • 仕事がうまくいかない状況から抜け出すには思い切って転職することも必要
  • 仕事がうまくいかないからといって、周りにあたったり自分を責めることは辞めよう

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top