Paranaviトップ お仕事 働き方 ニーズ高まる代行業とは?家事やデリバリーなど、副業で人気の代行業15選

ニーズ高まる代行業とは?家事やデリバリーなど、副業で人気の代行業15選

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

日々追われるたくさんの家事や仕事。「誰かに代わりにやってほしい!」と、誰もが一度は思ったことがあるはずです。

そんなニーズが生み出した「代行業」というものをご存じですか?

代行業とは、その名の通りその人に代わって代行する仕事。

 今回はニーズ高まる「代行業」とはどんなものなのか、また、代行業のメリットやデメリットを紹介していきます。

すぐにおすすめの代行サービスを知りたい人は「【家事・生活系】代表的な代行業5つ」の項目から目を通してみてくださいね。

ニーズ高まる「代行業」とは?

「代行業」とは、困っている人の代わりに仕事をするサービス業です。

高齢化で働き手不足が進んでいる近年は、代行業のニーズが高まっています。

代行業で行うサービスは家事などの日常的に必要とされる仕事から、イレギュラーな墓参りや病児保育など多岐に渡ります。

副業で代行業をする際のメリット5つ

代行業を行うメリット

副業で代行業をすると、どんなメリットがあるでしょうか?

代行業の仕事は困った人の助けになるものが多く、やりがいを感じるという声があります。

メリット1.アルバイトよりも時給が高い

代行業は歩合制なので、働いた分に応じて収入を得ることができます。

よって、通常のアルバイトよりも高い時給で働くことが可能です。

例えば、掃除や買い物を代行する家事代行サービスCasyの場合、時給1,450円からなので東京都の最低賃金1,013円と比較すると、約400円以上の差があります。

副業は本業の合間で行うので、時給が高い家事代行業は副業におすすめでしょう。

メリット2.作業の内容が分かりやすい

代行業の多くは、日常生活での困りごとを解決するお仕事です。

自分が普段やっていることなので仕事の内容が想像しやすく、やり方もわかりやすいものが多くあります。

そのため自分が持っているスキルを活かすことができれば、実働時間のみで取り組めるでしょう。

本業のための勉強時間を多く取りたいと考える方にも、代行業は向いています。

メリット3.スキマ時間を活用しやすい

代行業の仕事は、単発でスポット的なものが多くあります

本業の合間など思いついたときにすぐ仕事をすることができるため、スキマ時間を活用することが可能です。

代行業は時給ではなく、仕事の成果に対して支払われる成功報酬であることがほとんど。

そのため、自分の空いている時間を使って多くの案件をこなすことができれば、より収入を増やすことができるでしょう。

メリット4.自由に仕事を変えることができる

代行業の仕事は単発で一度きりのものが多く、ずっと1つの職種に縛られることがありません

もしもやってみてこの仕事は向いていないと思えば、次は別の職種の仕事に取り組むことができます。

代行業であれば自分のやりたい仕事や、そのときの自分の状態に適した仕事を選ぶこともできます。

メリット5.人の役に立てる

代行業をしていると、人の役に立っている実感を得られるという声があります。

代行業では直接困っている人のところへ出向き、解決する場面が多くあるでしょう。

そのため、依頼者から直接感謝の言葉をかけてもらえることもあります。

副業で代行業をする際のデメリット2つ

副業に代行業を選んだときのデメリットを2つ紹介しましょう。

あらかじめ知っておくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。

デメリット1.プライベートな部分に介入するので、トラブルになりやすい

代行業には、個人のプライベートやデリケートな部分に介入する仕事もあります。

特に恋人代行や家族代行は擬似的に親しい仲になる代行業なので、仕事の付き合い以上のものを迫られることもあるようです。

また、運転代行の場合は酔っている人を送ることも多いため、絡まれる心配が多くなります。

代行業は、トラブルに巻き込まれやすい業種であるといえるでしょう。

デメリット2.コンスタントに収入を得られない

代行業では単発の案件を多く扱っているため、同じ案件を継続して依頼されることはまれです。

しかも誰かの依頼があって成立する職業のため、常に仕事が来るとは限りません。

そのため、コンスタントに決まった額の収入が得られないデメリットがあります。

代行業の3つの種類

代行業の種類

多くの種類がある代行業を、大まかに3つの種類に分類しました。

それぞれに特徴が違うので、自分に合った種類を選択しましょう。

種類1. 家事や生活を助ける代行業

家事代行や掃除代行は、普段の生活シーンの一部をお手伝いする代行業です。

忙しい共働きの核家族などの利用が増えており、高い需要が見込めます。

仕事内容は、洗濯や掃除、料理などの家事全般で、最近話題のデリバリー代行業なども該当します。

普段の家事の延長でできるものが多いので、挑戦しやすい副業といえるでしょう。

種類2. 仕事を助ける代行業

例えば職場の営業職を代行するなど、仕事をそのまま代行するサービスです。

ほかには、退職したい人の手伝いをする退職代行もあります。

サラリーマンの方でしたら本業のスキルを活かすことができますし、さらなるスキルアップも可能です。

種類3. イベントに出席する代行業

結婚式や合コンに代わりに出席したり、花見の場所取りを代行したりなどのイベントを手伝う代行業もあります。

演技力が求められる場面が多いので、そういったことが苦手な方には向いていないでしょう。

非日常を楽しめるような方や、役者経験のある方にはおすすめできます。

【家事・生活系】代表的な代行業5つ

家事や生活全般の代行業

家事・生活系の代行業は普段の生活でやっていることを活かして副業ができるので、だれでも始めやすいのが魅力です。

以下では5つの家事・生活系の代行業を紹介します。

デリバリー代行

デリバリー代行業者とは、商品の配達業務のみを請け負う業者のことです。

注文が入ると、配達員が対象の店舗に来店し、商品を受け取り、お客様の元へ商品を届けるという仕組みです。

最近話題のUber Eats(ウーバーイーツ)もデリバリー代行に当てはまります。

初心者オススメのデリバリー代行はmenu(メニュー)

配達クルー募集[menu]

Uber Eatsと同様に最近注目を集めているのがmenuです。

ウーバーイーツでデリバリーを依頼できるのは9:00~24:00のあいだですが、menuは24時間対応。

つまりuberよりも柔軟に働きやすいのが魅力です。

この記事から配達クルーに応募すると、ログインすることができ、仕事を始められます。

menuに応募する

家事代行

家事代行とは、掃除や洗濯、料理、育児などの日常の家事を代行するサービスです。

家事代行は時給1,200円以上が多く、昇給制度があるので頑張り次第で給与が上がるやりがいのある副業でしょう。

家事代行業の副業は、万が一のトラブルを仲介してくれる家事代行サービスを利用して始めるのがおすすめです。

家事代行サービスを通じて副業を始めれば、派遣先でのトラブルや不安も会社が仲介してくれるので安心して副業ができるでしょう。

Casy(カジー)

カジ掃除代行と料理代行を行う家事代行サービスです。

カジの概要は以下です。

  • 勤務日:週1回2時間から働ける
  • 勤務地:首都圏、大阪府、兵庫県、京都府、愛知県
  • 時給:1,450円以上
  • 年代:30代~50代が活躍中
  • 昇給制度がある

家事代行は、どちらも研修制度があるので資格は必要ありません。

カジでは昇給制度もあるので、頑張り次第で給料アップが見込めるでしょう。

カジで副業を始めてみる

キャットハンド

キャットハンドは掃除、洗濯、片付け、料理などの家事を代行するサービスです。

キャットハンドの概要は以下です。

  • 勤務日:週1回2時間から働ける
  • 勤務地:1都3県
  • 時給:1,200円~1,500円
  • 年代:登録時に年齢制限なし
  • 昇給制度がある

資格不要で副業ができますが、整理整頓アドバイザーや調理師免許があると優遇してもらうことができます。

キャットハンドで副業を始めてみる

買い物代行

買い物代行とは、シニアの方や小さな子どもがいる方などの、買い物へ行くのが困難な方の代わりをするサービスです。

ほかには、地域限定商品を代理購入するようなことを指すこともあります。

報酬の目安は1件500円程度のようで、必要な資格は特にありません。

車で商品を届けるような場合は、第1種運転免許が必要です。

ペットシッター

依頼者のペットの散歩やえさやり、トイレの始末などのお世話を代行するサービスです。

ほかにもロングステイやしつけの訓練などの仕事もあり、1人暮らしの方が増えていることもあってニーズが高まっています。

ペットシッターの報酬は、時給1,200円から1,500円ほどが相場となるようです。

運転代行

運転代行とは、飲酒後の依頼者とその車を、依頼者宅まで送り届ける仕事です。

2人ペアになって1人は依頼者の車を運転、もう1人は会社の車を運転します。

報酬は、時給1,000円から1,500円程度が相場のようです。

第1種運転免許は必須ですし、依頼者の車を運転するのなら第2種運転免許も必要です。

【仕事系】営業や経理などの代表的な代行業4つ

営業や経理などの代行業

本業で培ったスキルを、そのまま代行業でも使うことが可能です。

代行業でスキルを使う機会を増やせば、さらにレベルアップも図れます。

営業代行

営業代行では、企業に代わって、営業業務の全て、もしくは一部を代行します。

顧客探しや見込み客の紹介、アポ取りなどを行い、外回りのほかメール送信や顧客リストの作成などのパソコン作業が必要なこともあります。

報酬は1件成立させるごとに1万円以上と高めの相場で、資格は必要ありませんが営業のスキルが求められます。

採用代行

採用代行とは、企業に代わって、採用業務の全て、または一部を代行するサービスです。

例えば面接業務だけではなく、採用したい候補者集団にアピールしたり、応募者を整理して管理したりする業務も含まれます。

報酬は時給1,000円ほどで、採用した人の入社が決まれば採用者の年収の約5%をもらえます。

経理代行

経理代行とは、企業に代わって、経理業務の代行する仕事のことです。

報酬は時給900円から1,500円ほどで、実務経験者の方が有利とされています。

退職代行

退職代行とは、会社を辞めたい依頼者に代わって、退職までの手続きなどを代行する仕事です。

依頼者や勤務先の企業とやりとりはしますが、法律上会社へ出向いて交渉や作業をすることはできません。

また、退職代行業務は法律事務にあたるため、弁護士資格が必要です。

報酬の目安は、1件につき3万円から5万円ほどのようです。

【イベント系】代表的な代行業3つ

イベント系の代行業

資格が必要ないものばかりなので、時間を作ることができれば仕事ができます。

日常生活とは違う体験を面白がれる方も、このタイプの代行業が向いているでしょう。

結婚式出席代行

結婚式出席代行とは、新郎新婦の友人や会社関係者、親族になりすまして、結婚式に参加するサービスです。

ペアやグループで参加することが多いため、初心者でも安心して取り組めます。

報酬の相場は1件5,000円からで、式での食事と引き出物ももらうことができます。

必要な資格は特にありませんが、結婚式のマナーを知っている必要がありますし、演技力も求められます。

場所取り代行

場所取り代行とは、お花見や運動会などの場所取りを行う、または店の開店待ち行列に並ぶことなどを代行するサービスです。

休日前の深夜や早朝のニーズが高いようで、報酬は1件1,000円ほどが目安となります。

その場にいれば良いだけなので、資格がなくても簡単に行えます。

墓参り代行

墓参り代行とは、依頼者の代わりに墓参りへ行き、お墓の掃除なども代行する仕事のことです。

お供え物と献花を持参する必要があり、お墓まわりをきれいにしてから線香をあげます。

お彼岸やお盆の時期が繁忙期で、1件5,000円から8,000円ほどが報酬の目安です。

代行業の副業を始める方法は2つ

副業で代行業をするための方法は2つあります。

自分に合っている方、簡単に始められる方を選択すると良いでしょう。

方法1. 仲介サービスに登録する

手っ取り早く代行業を副業にしたいと考える方は、仲介サービスに登録しましょう。

仲介料は取られてしまいますが、トラブルに巻き込まれにくいので安心して仕事することができます。

特に代行業に不慣れな初心者の方は、仲介サービスを利用するのがおすすめです。

方法2. 自分で事業を立ち上げる

自ら起業し、代行業を行う方法もあります

その場合は依頼受付サイトの立ち上げから集客、道具と人員の確保などの全ての業務を自分でやる必要があります。

そして上手に集客するには、ネットビジネスについての知識があった方が良いでしょう。

うまくいけば、仲介サービスを利用するよりも多くの収入を得ることが可能です。

自分に向いている代行業の種類を選ぶコツ

たくさんある代行業の中から、自分に合ったものを選ぶにはどうすれば良いでしょうか?

以下では選び方のコツを2つ紹介します。

コツ1.自分の持っているスキルや資格で決める

料理や掃除などの家事スキルに自信のある方は家事代行を、本業で営業職をしている方は営業代行など、自分が持っているスキルや資格を活かせる代行業を選びましょう。

また好きでしている趣味を代行業にすれば、モチベーションを保ちつつ続けていけます。

代行業をするための勉強をする必要がなく、準備期間も要らないのですぐに始めることができるのも魅力です。

コツ2.副業に使える時間で選ぶ

代行業は、引き受けた仕事の種類によってもかかる時間が変わります

例えば墓参り代行なら1時間程度、家事代行ならフルタイムで働くこともあることもあります。

本業に影響しないよう、自分が使える時間に合わせて代行業で何をするかを決めましょう。

副業で代行業をする際は、悪質な業者に注意!

代行業に対する需要は増加傾向にあり、新しいサービスもどんどん増えています。

そして法整備が整っていない部分があるためか、モラルに問題のある代行業も登場しています

たとえば、依頼者からの復讐を請け負う復讐代行は、大部分が詐欺行為を行っているという話も。

悪徳な代行業者で仕事をしてしまうと、自分もそれに加担することになってしまいますから、仲介サービスを利用するときは注意することが大切です。

まとめ

1.代行業とは、困っている人の「代わりに」する仕事のこと
2.代行業には「家事・生活系」「仕事系」「イベント系」の3種類ある
3.代行業は、自分の持っているスキルで選ぶ

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

Page Top