Paranaviトップ お仕事 働き方 年収500万円の手取りは約400万円!知っておきたい具体的な生活レベル

年収500万円の手取りは約400万円!知っておきたい具体的な生活レベル

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

年収500万円の会社員の場合、そこから保険料や税金など各種控除があり、手取りは約400万円になります。

フリーランスの場合は、所得控除を活用することでもう少し手取り額アップが期待できます。

ここでは、年収500万円の場合の具体的な生活レベルや、「もう少し稼ぎたい」と考える人におすすめのアクションを紹介します。

年収500万円の手取り額はおよそ400万円

年収とは、給与明細の「総支給額」に書かれる金額を合計したものです。

ここから税金や社会保険料などの各種控除があり、残った金額が手取り金額です。

控除額は居住地域や年齢、前年度の収入によって変動があるため差はありますが、一般的に手取り金額は額面の75%~85%と言われています。

よって年収500万円の場合の手取り額はおよそ400万円となります。

年収から控除される費目

  • 税金
  • 社会保険料
  • 厚生年金保険料
  • 健康保険料・介護保険料
  • 労働保険
  • 財形貯蓄

年収500万円の月収と手取り金額

年収500万円の場合の月収と月の手取り金額はいくらになるでしょうか。

ボーナスのあり、なしで確認しましょう。

ボーナスありの場合

  • (ボーナスが月給1か月分で年に一度支給される場合)月収約39万円
    手取り額は約31万円

ボーナスなしの場合

  • 月収は約42万円
    手取り額は毎月の手取りは約33万円

年収500万円は普通?それとも高収入?年齢別・都道府県別・勤続年数別にチェック

年収500万円は普通?それとも高収入?性別・都道府県・勤続年数別にチェック年収500万円は一体どの世代に多いのでしょうか。

また、都道府県や勤続年数で比べると違いがあるのでしょうか。

以下で確認しましょう。

年齢別の比較

国税庁「民間給与実態統計調査」(平成30年分から全国平均を年齢別で表した表は以下のとおりです。

正社員の平均年収

年齢

男女合計

男性

女性

20~24歳

2,670,000円

2,840,000円

2,490,000円

25~29歳

3,700,000円

4,040,000円

3,260,000円

30~34歳

4,100,000円

4,700,000円

3,150,000円

35~39歳

4,480,000円

5,280,000円

3,140,000円

40~44歳

4,760,000円

5,810,000円

3,190,000円

45~49歳

5,020,000円

6,350,000円

3,130,000円

50~54歳

5,290,000円

6,820,000円

3,220,000円


男性は35歳以降が年収500万円台に到達することが分かります。

女性はそこまでの年収アップとはならず、どの年齢でも500万円に到達していません。

この表から年収500万円は、男性では30代後半~40代前半あたりの平均年収であり、30代未満であれば高収入な方であると言え、40代後半としては少々低い年収、ということが言えそうです。

都道府県別の比較

都道府県別の比較厚生労働省による労働統計要覧「都道府県別現金給与総額と格差(事業規模5人以上)」によると、全国で給与支給額が一番高いのは東京で414万6千円、一番低いのは沖縄県で246万9千円となっています。

順位

ベスト

ワースト

東 京 /4,046,000円

沖 縄/2,469,000円

愛 知/3,484,000円

鹿児島/2,554,000円

神奈川/3,400,000円

宮 崎/2,590,000円

大 阪/3,333,000円

青 森/2,596,000円

茨 城/3,223,000円

奈 良/2,656,000円

勤続年数別の比較

民間給与実態統計調査(令和元年)の「勤続年数別の平均給与」を見ると、男性の場合、10-14年で548万円となっています。

年収500万円を超えるのは、勤続10年を超えたあたりからが多いと言えそうです。

年収500万円の人はどんな職業?

民間給与実態統計調査(令和元年)「業種別の平均給与」によると、年収が500万円台に近い業種は以下です。

  • 製造業 513万円
  • 建設業 491万円
  • 学術研究、専門、技術サービス業、教育、学習支援業 518万円

平均給与が高い業種としては、「電気・ガス・熱供給・水道業」が824万円となっていて、専門知識や技術を持った職業の給与が高いことがわかります。

フリーランスで年収500万円はどんな職業?

プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会「フリーランス白書2020」によると、フルタイムの会社員に近い形で働くフリーランス(月間就業時間140時間以上)に最も多い年収帯は「400万円~600万円未満」で22.7%と、フリーランスで年収500万円前後という人は多いようです。

「IT人材白書2016年」によると30歳以下のIT系フリーランスの約35%が年収500万円以上です。

この結果によるとフリーランスのプログラマーやエンジニアは20代のうちから同程度もしくはより高年収を得ています。

専門性の高いスキルを持つフリーランスほど、高年収を得る傾向はどの業界でも言えそうです。

年収500万円の具体的な家計や生活スタイルを見てみよう

年収500万円の具体的な家計や生活スタイルを見てみよう総務省統計局「家計調査(家計収支編)総世帯 詳細結果表」を参考に、暮らし方別の生活費の内訳をみていきましょう。

(住居費については家賃は手取り額31万円の1/4をベースに、部屋数等を加味して算出)

独身・ひとり暮らしの場合

ひとり暮らしの場合の生活費について見てみましょう。

  • 食料 38,257円
  • 住居  60,000円
  • 光熱・水道 11,686円
  • 家具・家事用品 5,293円
  • 被服及び履物 4,692円
  • 保健医療 7,029円
  • 交通・通信 18,217円
  • 教育 0円
  • 教養娯楽 15,452円
  • その他の消費支出 28,932円

合計:189,558円

ボーナスありの手取り額月31万円で計算した場合、自由に使えるお金は約12万円です。

家賃は都市部になればなるほど高くなるため、より利便性や快適性を求めるのならさらに住居費に充てることになります。

ひとり暮らしの場合、娯楽や教育、また貯蓄や投資に回すお金が十分あると言えそうです。

夫婦やパートナーと2人暮らし

夫婦やパートナーとの2人暮らしの場合の生活費は以下です。

  • 食料  66,543円
  • 住居 80,000円
  • 光熱・水道 19,459円
  • 家具・家事用品 10,990円
  • 被服及び履物  6,474円
  • 保健医療 14,821円
  • 交通・通信  33,976円
  • 教育 353円
  • 教養娯楽  21,387円
  • その他の消費支出  52,730円

合計:306,733円

2人暮らしの場合、パートナーが働いているかどうかが重要になります。

年収500万円でボーナスありの場合、手取り金額は約31万円なので、赤字にはならずともほぼ貯蓄や投資には回せない状況です。

家族5人暮らしの場合

家族5人暮らしの場合、生活費のイメージは以下です。

  • 食料 94,673円
  • 住居 100,000円
  • 光熱・水道 25,134円
  • 家具・家事用品  15,397円
  • 被服及び履物  12,863円
  • 保健医療 13,747円
  • 交通・通信   50,138円
  • 教育 29,606円
  • 教養娯楽 30,831円
  • その他の消費支出 48,439円

合計:420,828円

家族5人暮らしの場合、多くの人がマンションや戸建て住宅を購入し、ローンを支払っているでしょう。

固定費の金額も大きくなるため、共働きであることは必須となります。

お子さんの年齢によって教育費もよりかさみます。

手取り額をアップさせる方法

500万円の際の手取り額をアップさせる方法を4つ紹介します。

方法1.昇給や昇格を目指す

会社員の場合、役職が昇格することによって給与やボーナスが増えます。

昇格したい人が今後、意識したいポイントは大きく3つあります。

  1. 社内の昇格基準を満たす
  2. 市場で求められるスキルと比較し、常に平均以上を目指す
  3. 昇格を申し出る

ポイント1.社内の昇格基準を満たす

会社によっては、昇格に必要な基準があります。

「この階級になるにはこのスキルや売上が必要ですよ」

「この階級になると年収は〇〇円になりますよ」

などといった基準です。

もしあなたが昇格・昇給を狙いたいなら、次の階級に上がるための差分を把握しましょう。

ポイント2.市場で求められるスキルと比較し、自分のレベルを把握する

また、市場で求められているスキルを通じて自分のレベルを知るのもよいでしょう。

なぜなら昇格や昇給をするにしても、今のあなたのレベルがほかの同業者より劣っている場合、大幅に給料が上がるとは考えづらいからです。

専門性が高い仕事をしているなら、スキルアップを常に行い、市場価値の高い人材を目指しましょう。

業界、業種問わず求められるスキルは、経済産業省が発表している「社会人基礎力」を参考にするとよいでしょう。

参考:経済産業省「人生100年時代の社会人基礎力」

ポイント3.昇格を申し出る

また昇格したい意思を上司に伝えるのも一つの手段です。

なぜなら、あなたに責任のあるポジションにつけるかどうかは、状況次第な部分も多いからです。

ステップアップしたい旨を伝えれば、多くの上司はやる気がある部下を無下(むげ)にすることはないでしょう。

足りていない部分を教えてくれたり、あなたが昇格のためにやるべき仕事を任せてくれるはずです。

方法2.副業する

本業で副業が許されている場合、すきま時間で副業を始めるのもおすすめです。

なぜなら副業では本業では得られない知識や経験が身につき、結果として本業にも良い影響が与えられるからです。

たとえば、あなたが営業の仕事をしているなら、その経験を活かして営業代行の仕事などもできます。

「営業なのに、すきま時間にまで営業をしたくない」という人は、営業ノウハウを発信するYouTubeなどもできるでしょう。

またクラウドソーシングサービスでは、営業ノウハウに関するWeb記事の監修者やライターなども募集がかけられています。

とりあえず何かにチャレンジしたい人は、クラウドワークスに登録してあなたに向いている仕事を見つけてみましょう。

とりあえず副業をやってみたい人におすすめ!【クラウドワークス】

クラウドワークスは大手クラウドソーシングサービスです。

扱う仕事カテゴリーは240種類以上あり、資格やスキルを問わない未経験者向けの案件から、専門性が求められる開発案件なども登録されています。

登録案件数が多く知名度が高いサイトなので、フリーランス初心者でも安心して利用が可能です。

クラウドワークスに登録する 

方法3.転職する

転職することで年収を上げて、手取り額を増やす方法もあります。

転職エージェントサービスを利用すると、希望年収をもとに転職先を見つけることができます。

「年収500万円なんて全然手が届かない、けど年収アップさせたい」という人は、とりあえずリクナビNEXTなどの転職サービスに登録してみることから始めるのも良いでしょう。

同業他社の年収などが把握でき、意外と簡単に年収アップできる可能性もあります。

「自分の市場価値が高まっている実感があるので、もっと大きい仕事にチャレンジしたい」という人は、ハイキャリア向けの転職サービスで仕事を探しましょう。

日本一の求人数を誇るリクナビNEXTハイクラス向けの転職なら【ビズリーチ】

「ビズリーチ」は、年収1000万円以上の求人が3分の1以上というハイクラス向けの転職エージェントです。

経歴を登録することでヘッドハンターからスカウトを受けられます。

即戦力の採用に強く、企業の担当者と直で接点が持てるため、自分の市場価値を試したい管理職の方におすすめの「本気」の転職エージェントです。

ビズリーチで転職を始めてみる

ITエンジニアに特化したハイクラス求人が見つかる【レバテックキャリア】

エンジニア特化系の転職エージェント「レバテックキャリア」は、もともとシステム開発の会社だったこともあり企業が欲する人材を常に把握しているのが特徴です。

そのため、キャリアアドバイザーも業界の動向に精通しているため、常にキャリアアップが望めます。

利用者層は世代関係なく、幅広い世代のIT・エンジニア系の方が利用しています。

レバテックキャリアで転職の相談をする

方法4.【フリーランスの場合】所得控除を活用する

所得控除とは、所得税の計算をするときに所得から一定の額を差し引くことができる制度です。

所得税は、所得から経費と所得控除を差し引いた額に課税されるため、所得控除を活用することは節税につながります。

医療費控除、社会保険料控除、生命保険控除、配偶者控除、ひとり親控除などさまざまな種類があるので漏れのないようチェックするのがおすすめです。

年収500万円に関するQ&A

年収500万円に関するよくある疑問は以下です。

Q1.年収500万円の人は今の年収で満足している?

ビズヒッツによる「年収500万円台の職業に関する意識調査」では「年収500万円台の年収への満足度」を調べています。

年収500万円の収入への満足度この問いに満足と答えた理由については「同期に比べてもらえているため」「自分の仕事にあった報酬を得られていると思う」といった回答が寄せられました。

一方、不満と答えた人の中には「基本給が低く、残業で稼いでいるようなもの」「子どもの養育費を考えるともう少し年収を上げたい」という声が多くありました。

20~30代の若い世代ほど満足度が高く、40代以上になると家族のこともありもう少し年収を上げたいと考える人が多いようです。

Q2.年収500万円で結婚はできる?

SMBCコンシューマーファイナンスによる「20代の金銭感覚についての意識調査2021」によると、20代の半数以上が「結婚しようと思えるのは年収600万円」と答えています。

これは新型コロナウイルス渦になる前の前回調査からさらにハードルが上がった結果となりました。

実際には、夫婦やパートナーと2人暮らしの生活イメージを参考に見ると、年収500万円でも、共働きをすれば贅沢しない程度に安定した生活が可能と言えます。

また、お互いの昇給やキャリアアップの中で年収も目指せるので、年収だけで結婚するか否かを決めることのないようにしましょう。

まとめ

  • 年収500万円の場合の手取り額はおよそ400万円
  • 年収500万円でも住んでいる地域や家族構成で生活レベルは異なる
  • 年収500万円以上にしたいときは希望年収を定めて転職や副業を検討しよう

 

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
清水 妙子
Writer 清水 妙子

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top