Paranaviトップ お仕事 働き方 ストレスの少ない仕事はある?ストレスフリーで働ける仕事を選ぶコツ

ストレスの少ない仕事はある?ストレスフリーで働ける仕事を選ぶコツ

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「ストレスの少ない仕事ってある?」「ストレスフリーな仕事に転職したい」という疑問や悩みを解決していきます。

社会人として毎日仕事をしていると、人間関係や仕事量などでストレスを感じることも多いでしょう。

今回はストレスをタイプ別に分類し、あなたに合ったストレスの少ない仕事を9つ紹介します。

この仕事に就いてよかった、と思えるような仕事選びの参考にしてくださいね。

ストレスの少ない仕事の基準とは?仕事上のストレス原因ランキング

「ストレスの少ない仕事」といっても、ストレスを感じる部分は、人によっても職場・職種によっても違います。

では、逆に多くの人が仕事でストレスを感じているのはどんなことなのでしょうか。

仕事上のストレスの原因ランキングは以下の通りです。

ストレス原因 割合
1位 職場の人間関係 53%
2位 仕事にやりがい・達成感が無い 45%
3位 将来のキャリアが描けない 41%
4位 会社に将来性を感じない 35%
5位 会社の方針に納得できない 28%

(※参考:2021年エン転職の調査

約半数の人が人間関係でストレスを感じていることになり、多くの人にとって「ストレスの少ない仕事=人間関係で悩まない」ということが言えるでしょう。

しかし、人によってストレスは細かく違いますから自分にとってストレスの無い仕事を選ぶことが重要です。

自分にとって、ストレスの少ない仕事を選ぶポイントは3つ

ストレスの少ない仕事を選ぶポイント自分にとって、ストレスの少ない仕事選ぶポイントは以下の3つです。

  1. 肉体的負担と精神的負担の少ない仕事を選ぶ
  2. 給料や仕事内容だけで仕事や転職先を決めない
  3. 自分の生活に必要な金額を理解しておく

肉体的、精神的にストレスを感じにくく、ほかの条件とのバランスが取れた仕事を選びましょう。

ポイント1.肉体的負担と精神的負担の少ない仕事を選ぶ

仕事で感じるストレスを大きく分けると、以下の2つに分類できます

  1. 肉体的負担から感じるストレス:(例)残業時間が長く、夜勤や休日出勤がある、人手不足で有給休暇が取れないなど
  2. 精神的負担から感じるストレス:(例)職場の人間関係が煩わしい、仕事のノルマがきつい、突発的なトラブルが起きやすいなど

自分にとってストレスが少ない仕事を選ぶときは、仕事における肉体的負担と精神的負担とが少ないかどうかで判断しましょう。

ポイント2.給料や仕事内容だけで仕事や転職先を決めない

ストレスが少ない仕事を選ぶときは給料と仕事内容だけで決めないことが大切です。

たとえば給料は高いけれど休みがほとんど取れない仕事や、憧れの仕事だけど社員が少なく、労働環境が過酷な職場もあるでしょう。

給料や仕事内容が自分の理想に近いことは大切ですが、給料と仕事内容だけを重視しすぎると過度なストレスがかかる仕事を選んでしまう可能性もあります。

ストレスが大きすぎる仕事を選ぶと、長く働き続けられません。

自分の仕事に対する理想とストレス耐性とのバランスを取りながら、仕事を選択しましょう。

ポイント3.自分の生活に必要な金額を理解しておく

ストレスが少ない仕事を選ぶために、まずは自分の生活に必要な額を把握しましょう。

なぜなら、「ストレスが少ない楽な仕事がしたい」という基準だけで仕事を選ぶと、必要な収入額が得られない可能性があるからです。

生活に必要な金額が分かっていれば、それ以上は働かないという選択もできるでしょう。

理想の年収額を得たい、かつストレスが少ない仕事を選びたいと考えるなら、業だけにこだわらず、副業をプラスして全体の年収額を増やしてもよいでしょう。

タイプ別!ストレスの少ないおすすめの仕事9選

ストレスのタイプ別に、ストレスが少ないおすすめの仕事をまとめました。

同じ仕事でも人によって、ストレスを感じるタイミングや度合いは違います。

タイプ別に紹介しますので、仕事の内容や特徴を参考に選んでみてください。

  1. 肉体的ストレスの少ないおすすめの仕事
  2. 精神的ストレスの少ないおすすめの仕事
  3. 女性におすすめのストレスフリーな仕事

長時間労働など肉体的ストレスの少ないおすすめの仕事4選

肉体的ストレスの少ない仕事肉体的ストレスが少ないおすすめの仕事を紹介します。

仕事で肉体的ストレスを感じにくい3つの条件は以下の通りです。

肉体的ストレスが少ない仕事

  1. 残業や夜勤、休日出勤がない
  2. 有給休暇を取りやすい
  3. 外回りや重い荷物運びがなく、室内で作業ができる

    1.事務職

    事務職は基本的に社内での電話対応や資料作成が中心なので、肉体的ストレスが少ない仕事です。

    事務職の平均年収は329万円で、繁忙期以外は長時間残業や休日出勤がない場合が多いでしょう。

    ただし、資料作成はスピードと正確性が求められるため、仕事に慣れるまではストレスもあるかもしれません。

    しかし、仕事に慣れてくれば自然と業務効率が上がり、作業スピードが向上するので、業務の時間管理がしやすいでしょう。

    2.データ入力

    データ入力にはスピードと正確性が必要です。

    データ入力の仕事をする正社員の平均年収は325万円です。

    入力するデータ内容によりますが、場合によっては社外秘のデータや情報を入力するので、社内での作業になるでしょう。

    データ入力はミスなく正確に入力することが求められる仕事なので、1人で長時間集中して黙々と作業するのが得意な人に向いています。

    副業でデータ入力をする場合、文字単価の相場は1文字0.1〜1円ほどなので、できるだけ単価の高い案件を選びましょう。

    ▽副業でデータ入力をする方法を詳しく知りたい人は「【データ入力の副業】在宅で始める方法&初心者が副収入を得るコツ」に目を通してみてくださいね。

    3.オンライン講師

    新型コロナウイルスの感染拡大による外出制限で、おうち時間を有意義に過ごしたい方が増えています。

    それにともない、オンライン英会話やヨガ、プログラミングなど様々な分野で活躍できるオンライン講師の需要が高まっています。

    たとえば、英会話のオンライン講師は1レッスン25分から始められて、時給は1,200円ほどです。

    オンライン講師はアルバイトやパートの雇用形態が多いので、副業としても気軽に始められるでしょう。

    ▽オンラインの英会話講師に興味がある人は「英語力を活かせる副業8選|あなたのレベルにあったおすすめ副業を紹介」に目を通してみてくださいね。

    4.施設警備員

    施設警備員は基本はノルマがなく、定時までの勤務が多い仕事です。

    また勤務中は座っている時間が長いので、肉体的負担が少ないでしょう。

    施設警備員の平均年収は約300〜400万円で、雇用形態は正社員、アルバイト、派遣など多岐にわたります。

    施設警備員に必要な資格を取得すれば、年収アップも見込めるでしょう。

    たとえば、施設警備員の仕事に役立つ資格に国家資格の施設整備業務検定1級と2級があります。

    2日間の特別講習を受講して考査を受ける方法なら合格率が60%以上なので未経験でもチャレンジしやすいでしょう。

    人間関係など精神的ストレスの少ないおすすめの仕事3選

    精神的なストレスの少ない仕事精神的ストレスの少ないおすすめの仕事を紹介します。

    仕事で精神的ストレスを感じにくい3つの条件は以下の通りです。

    精神的ストレスが少ない仕事

    1. 社内での煩わしい人付き合いがない
    2. 自分のペースで仕事を進めやすい
    3. きつい営業ノルマがない

      1.ライター

      ライターは雑誌やWebの記事のほか、商品のキャッチコピーやブログなどを執筆します。

      基本的に在宅での勤務が可能で、人との関わりは少なめでしょう。

      ジャンルによって異なりますが、正社員のライターの平均年収は445万円です。

      執筆には締め切りがありますが、自分の裁量で調整して仕事を進めやすいのが特徴です。

      会社に所属する専属ライターのほか、フリーランスや副業でライティング案件を引き受けることもできるでしょう。

      2.社内SE

      社内SEとは社内対応がメインのシステムエンジニアです。

      専門性が高いので、社内SEの正社員の平均年収は498万円です。

      社内でのトラブル対応が中心なので、残業時間はプログラマーやシステムエンジニアと比較すると少ないでしょう

      ITコンサルタントやプロジェクトマネージャーの経験があると、社内SEに転職しやすいでしょう。

      3.ルート営業

      ルート営業とはサービスや商品に対して、ある程度興味がある人に向けた仕事です。

      通常の営業職よりも厳しいノルマがなく、残業が少なめなのが特徴でしょう。

      ルート営業の正社員の平均年収は364万円です。

      一般の営業職の平均年収が440万円なので、一般の営業職よりも多少年収が下がります。

      しかし、営業職なので給与額は安定しているでしょう。

      女性におすすめ!ストレスフリーな仕事2選

      女性におすすめ!ストレスフリーな仕事女性におすすめのストレスが少ない仕事は以下です。

      1. 在宅でできる仕事
      2. 受付

      女性がストレスフリーな仕事を選ぶ際は職場や職種で男女比に偏りがなく、体への負担が軽い仕事を選ぶのがポイントでしょう。

      1.在宅でできる仕事

      在宅でできる仕事は数多くあります。

      在宅の仕事なら、子育てや介護をしながらでも仕事を続けやすいでしょう。

      たとえばWebデザイナーやプログラマーなど、スキルがあると在宅仕事の幅は広がります。

      また、データ入力や請求書の作成、経理業務なども在宅で働きやすいでしょう。

      在宅でできる副業にはアンケート回答やモニターなど、誰でも始めやすい仕事もあります。

      女性におすすめの在宅ワークはヴィーナスウォーカー

      ヴィーナスウォーカーは美容に特化したモニターサイトで、美容アイテムやコスメグッズなどをお試しし、アンケートに答えることで報酬がもらえます。

      お金を稼ぎながら最新美容グッズで自分磨きもできる一石二鳥のお仕事です。

      ノルマもなく自分のタイミングで仕事ができるので、ストレスなくマイペースにお仕事ができますよ。

      「家に居ながら最新の美容アイテムをいち早く試したい」「自分のペースでお金を稼ぎたい」という女性の方に、ぜひ試してほしいサービスです。

      『ヴィーナスウォーカー』でモニターの副業を始める

      2.受付

      受付の仕事は来客対応がメインです。

      来客がない時間帯は業務に余裕があり、ストレスは少ないでしょう。

      受付の平均年収は281万円で、基本的に残業はありません。

      ストレスの少ない仕事を効率的に見つける方法3つ

      ストレスの少ない仕事を見つける方法「ストレスの少ない仕事をどう見つけていいかわからない」という方も多いはずです。

      自分で一人で探し続けるのには限界がありますし、実際転職してみたらめちゃくちゃストレスフルだった……というケースもあります。

      ここでは、ストレスの少ない仕事を効率的に見つける方法を紹介します。

      1. 転職エージェントに相談し、ストレスの少ない仕事を紹介してもらう
      2. 自分が何にストレスを感じやすいのか診断する
      3. ストレスの少ない仕事を副業で体験してみる

      1.転職エージェントに相談し、ストレスの少ない仕事を紹介してもらう

      転職エージェントを活用するべき理由
      転職エージェントに相談してストレスの少ない仕事を見つけてみましょう。

      転職エージェントは転職希望者の仕事の悩みや不満を聞く経験が豊富です。

      転職エージェントに相談すれば、転職のプロが専門知識をもとに求職者にストレスが少ない仕事を提案してくれます。

      自分だけで悩むよりも仕事上のストレスを転職エージェントに話し、自分に合う仕事を紹介してもらいましょう。

      おすすめの転職エージェントはDYM就職

      ストレスの少ない仕事を見つけるなら、DYM就職がおすすめです。

      DYM就職はブラック企業を徹底的に排除、優良企業の求人だけを紹介しているので、ストレスの原因になるような長時間労働やサービス残業などをおこなう会社は絶対に紹介されません

      経験豊富なキャリアアドバイザーがあなたに合った求人を探してくれるので、「働いてみたらストレスが多かった……」など転職後のミスマッチもありません。

      また正社員の求人しかありませんので、不安定な雇用形態がストレスになっている方にもオススメですよ。

      まずは無料の個別相談会で、仕事に関するストレスや自分に合った仕事について相談してみましょう。

      DYM就職で転職のプロに相談する

      2.自分が何にストレスを感じやすいのか診断する

      最適な仕事を見つけるには、自己分析が重要です。

      自分がどんなストレスにとくに弱いのかを知ることで、効率的にストレスの少ない仕事に出会えるでしょう。

      自分ではよくわからない人は、ミイダスのコンピテンシ―診断がおすすめです。

      約160の質問に答えることで、ストレスを感じやすい環境や、どんな上司と相性がいいかなどの適正な人間関係を知ることもできます

      自分では意識していなかったストレス要因が見つかる可能性もありますので、まずは無料で診断してみるのがおすすめです。

      ミイダスでストレス要因を診断する(無料)

      3.ストレスの少ない仕事を副業で体験してみる

      今すぐに本業を変えるのが難しい人はストレスが少ない仕事を副業で体験してみるものおすすめです。

      副業で試することで本当にストレスが少ない仕事か、月収がいくらかなどを具体的にイメージできるでしょう。

      副業でチャレンジしておけば、現職を辞めて、新しい仕事を始めるときにもスムーズに着手できます

      ストレスの少ない仕事を見つける際の注意点は3つ

      ストレスが少ない仕事を見つける際の注意点は以下の3つです。

      注意点3つ

      1. ストレスが全くないストレスフリーの状態で働くのは難しい
      2. ストレスを減らして働くには「仕事」の優先順位を明確にする
      3. ストレスの少ない仕事=責任のない楽な仕事とは限らない

      自分の優先順位をはっきりさせてから、条件に合う仕事を選びましょう。

      注意点1.ストレスが全くないストレスフリーの状態で働くのは難しい

      現実的にはストレスがまったくない、ストレスフリーの状態で働くのは難しいでしょう。

      なぜなら適度なストレスは注意力や行動、認知能力のパフォーマンスを上げるので、100%悪いものではないからです。

      ただしストレスが大きすぎると、病気のリスクが高まるので要注意です。

      理想の職場は肉体的にも精神的にも無理をしすぎず、適度な緊張感で働ける環境でしょう。

      注意点2.ストレスを減らして働くには「仕事」の優先順位を明確にする

      ストレスを減らして働くには自分の人生の中での「仕事」の優先順位を明確にしましょう。

      たとえばプライベートが最優先なら、業務内容の変動や残業が少ない仕事を選ぶのがおすすめです。

      一方、仕事が最優先なら多少忙しくてもやりたい仕事を選びましょう。

      優先順位をつけて仕事を選び、仕事で感じるストレスを減らすのがおすすめです。

      注意点3.ストレスの少ない仕事=責任のない楽な仕事とは限らない

      ストレスの少ない仕事が責任が軽く、楽な仕事とは限りません。

      なぜならストレスを感じるタイミングや度合いは、人によって大きく異なるからです。

      同じ仕事でも、楽しいと感じる人と辛いと感じる人がいます。

      ストレスが少ないといわれる仕事を選ぶのではなく、自分がストレスを感じる状況を避けられる仕事を選びましょう。

      高ストレスといわれている業種

      ストレスが少ない仕事を探す人は避けるべき、一般的に高ストレスと言われる職種をランキングで紹介します。

      厚生労働省は、毎年、過労が原因の疾患で労災と決定した件数などを公表しています。

      そのデータをもとにした、うつなどの精神疾患になりやすい業種ランキングは以下の通りです。

      <精神障害の労災請求が多い業種ランキング>

      業種 件数
      1位 社会保険・社会福祉・介護事業 275
      2位 医療業 209
      3位 道路貨物運送業 101
      4位 情報サービス業 76
      5位 その他の小売業 69

      (※参考:令和2年度「過労死等の労災補償状況 精神障害に関する事案の労災補償状況」

      医療・福祉業界は、仕事の特性上、長時間労働が常態化しており、精神的にも肉体的にもストレスフルな環境といえるでしょう。

      コロナ禍で仕事のストレスが増えた業種もある

      冒頭で紹介したエン転職の調査によると、「コロナ禍以前より仕事のストレスが増えた」と答えた人が54%と、半数以上になっています。

      ストレスが増えたと答えた割合が多い職種は、以下の通りです。

      業種 割合
      1位 販売サービス業 61%
      2位 医療福祉・教育・ブライダル

      専門サービス業

      56%
      3位 営業系 55%
      3位 技術系 55%

      新型コロナウイルスの影響を大きく受けた業界で働く人は、ストレスが増えた人が多いといえるでしょう。

      ストレスが少ない仕事に関するQ&A

      ストレスが少ない仕事に関するQ&Aは以下の通りです。

      人によってストレスを感じる状況は異なるので、まずは自分がどんなタイプかを知りましょう。

      Q1.ストレスの多い仕事を避けたいと思うのは悪いことなの?

      ストレスが多い仕事を避けたいと思うことは悪いことではありません。

      適度なストレスは体と心に必要ですが、過度にストレスを感じる必要はないでしょう。

      自分が強くストレスを感じる状況を知り、過度なストレスを避けられる仕事を選ぶのが大切です。

      Q2.正社員でもストレスやプレッシャーが少ない仕事はある?

      正社員でもストレスやプレッシャーが少ない仕事はあります。

      正社員は派遣やアルバイトよりも福利厚生と待遇面が充実する分、ストレスがあって当然と考える人もいるかもしれません。

      しかし、雇用条件に関わらず、ストレスが少ない仕事を見つけることはできます。

      自分がストレスやプレッシャーを感じやすい状況を把握しておくと、ストレスが少ない仕事を見つけやすいでしょう。

      まとめ

      • ストレスが少ない仕事は人によって異なる
      • ストレスが少ない仕事を選ぶときは肉体的かつ精神的な負担が少ない仕事を選ぶのがおすすめ
      • 仕事内容と給与だけに注目して仕事を選ぶと、ストレスが少ない仕事を選ぶのは難しい

      SHARE

      Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
      飯田 瑞季
      Writer 飯田 瑞季

      VIEW MORE

      パラナビオンラインサロン
      Page Top