Paranaviトップ お仕事 働き方 【最新版 30代の平均年収】学歴・雇用形態別など徹底比較&年収がアップする転職方法

【最新版 30代の平均年収】学歴・雇用形態別など徹底比較&年収がアップする転職方法

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

会社の主戦力として働き、今後もキャリアアップを目指したい30代。

頑張っているからこそ、「自分の働きに見合った年収が自分はもらえているのか?」と、ふと疑問に思う方も多いはずです。

ここでは30代の平均年収を、性別や雇用形態、学歴などでわかりやすく比較していきます。

自分の年収が平均年収より低いかも!と不安な方のために、年収アップの方法やコツも紹介するので参考にしてください。

30代の平均年収|前半410万円、後半445万円

平均年収は30代前半で410万円、30代後半で445万円となっています。

男女別も含めると、以下のようになります。

30代前半 30代後半
男性 470万円 529万円
女性 321万円 313万円
全体 410万円 445万円

※参考:国税局「民間給与実態統計調査(令和元年)

30代平均年収の手取り額

年齢・前年度の収入額などに左右されるため人によって大きく額が違いますが、一般的に手取り額は収入全体の70~80%といわれています。

平均年収の80%として算出すると、以下の金額が手取りの平均です。

  • 30代前半の手取り:328万円
  • 30代後半の手取り:356万円

30代の年収の中央値

「平均」は、年収が大幅に高い人が一人でもいれば引き上がる可能性もありますので、中央値もみていきましょう。
(※中央値=数字を大きい順で並べたときに、真ん中にくる数字。極端に大きい・小さい数字から影響を受けない)

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査(令和元年)」によると、月給の中央値は30代前半では275,200円、30代後半は305,900円です。

ボーナスが夏・年末ともに1ヶ月分ある場合(※支給の割合は毎月勤労統計調査を参考、以下の金額が年収の中央値となります。

  • 30代前半の中央値:約385万円
    (275,200×12ヶ月+ボーナス2ヶ月分)
  • 30代後半の中央値:約428万円
    (305,900×12ヶ月+ボーナス2ヶ月分)

30代平均年収の賃金分布

平均や中央値がわかったうえで、次は30代の年収で一番多いのはいくらなのかをチェックしていきましょう。

月給ではいくらもらっている人が多いのか、ランキングにすると以下のようになります。

  • 男性のランキング

<30代前半>

月給の階級 割合
1位 26~28万円未満 12.5%
2位 24~26万円未満 12.4%
3位 28~30万円未満 10.8%

<30代後半>

月給の階級 割合
1位 36~40万円未満 9.9%
2位 26~28万円未満 9.4%
3位 28~30万円未満 9.3%
  • 女性のランキング

<30代前半>

月給の階級 割合
1位 22~24万円未満 12.8%
2位 20~22万円未満 12.3%
3位 18~20万円未満 10.6%

<30代後半>

月給の階級 割合
1位 22~24万円未満 11.2%
2位 24~26万円未満 11.0%
3位 20~22万円未満 10.6%

※参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査(令和元年)

年収にすると以下のようになります。

<男性>

  • 30代前半に一番多い年収:364~392万円未満
    (26~28万円×12ヶ月+ボーナス2ヶ月)
  • 30代後半に一番多い年収:504~560万円未満
    (36~40万円×12ヶ月+ボーナス2ヶ月)

<女性>

  • 30代に一番多い年収:308~336万円未満
    (22~24万円×12ヶ月+ボーナス2ヶ月)

30代の平均年収|学歴での比較

大卒、高卒、短大卒など、学歴によっても年収は変わります。

<男性>

大卒・院卒 高専・短大卒 高卒
30代前半 450万円 378万円 362万円
30代後半 527万円 417万円 398万円

<女性>

大卒・院卒 高専・短大卒 高卒
30代前半 392万円 338万円 286万円
30代後半 425万円 354万円 295万円

※参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査(令和元年)
(×12+ボーナス2ヶ月で作成)

男女ともに大学・大学院卒が大幅に平均年収が高いのが分かります。

30代の平均年収|雇用形態での比較

正社員などの正規雇用、派遣・契約社員などの非正規雇用で年収も大きく違います。

<男性>

正社員 正社員以外
30代前半 412万円 311万円
30代後半 468万円 329万円

<女性>

正社員 正社員以外
30代前半 316万円 273万円
30代後半 382万円 280万円

※参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査(令和元年)
(×12+ボーナス2ヶ月で作成)

男女ともに正社員の方が年収が高いのが分かります。

雇用形態による賃金格差は、男女ともに大きいといえるでしょう。

30代の平均年収|企業規模での比較

大企業・中小企業など、企業の規模によっても給料に違いが出てきます。

<男性>

大企業 中企業 小企業
30代前半 445万円 388万円 372万円
30代後半 513万円 436万円 412万円

<女性>

大企業 中企業 小企業
30代前半 374万円 338万円 312万円
30代後半 389万円 353万円 324万円

※参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査(令和元年)
(×12+ボーナス2ヶ月で作成)

企業規模が大きいほど、年収も高いといえます。

平均年収を上回りたい!30代で年収を増やす方法3つ

平均年収を上回りたい!30代で年収を増やす方法3つ
「30代の平均年収はもらえるようになりたい」「もっと年収を上げたい」

これからキャリアアップをはかりたい30代、年収アップも積極的に目指したい人も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、30代で年収をアップさせる方法をまとめました。

  1. 昇給を狙う
  2. 副業をして総収入を増やす
  3. 思い切って転職する

方法1.昇給を狙う

サラリーマンで年収アップさせるには今の職場で昇進し、給与UPを目指すといいでしょう。

なぜなら今の職場で成果をあげて昇進すれば月収や残業代が増える可能性があり、出世することが年収を上げる堅実な方法といえるからです。

出世すると基本給が上がりますし、そのほか残業代の単価が上がったり、役職につけば手当がついたりします。

会社員としての年収UPを目指すなら、「昇進を目指してスキルアップし実績をつくる」「目に見える成果を出す」ことが効率的で確実な方法と言えます。

具体的にどんな方法で昇給できるのかは、「あなたの給料が上がらない理由|転職?交渉?今とるべき対処法」でまとめていますので参考にしてください。

方法2.副業をして総収入を増やす

年収をアップさせるために本業を続けながら副業をして、総収入を増やす方法があります。

ダブルワークをしたりクラウドソーシングで仕事を受注して仕事をしたり、空いた時間を有効活用することで効率よく稼ぐことができます。

ただし、本業に加えて副業をするとなると体力的にも精神的にも負担が大きくなることがあり本業に支障が出ない程度で行うなどのバランスが大切です。

また今の勤務先が副業を認めているかの確認が必要です。

お試しで副業をはじめたい方におすすめ!クラウドワークス


クラウドワークスは日本最大手のクワウドソーシングサイトです。

簡単に企業から仕事を請け負うことができるため、副業を行うのに人気となっています。

クラウドワークスでは、データ入力や簡単なライティングから、専門性の高いスマホアプリの開発など、幅広い仕事を受注することができます。

国内での利用者数が最多のため、副業初心者でも安定して仕事を受注しやすいでしょう。

クラウドワークスで副業をはじめてみる

方法3.思い切って転職する

年収を上げるために転職するのも一つの方法です。

今の職場で努力して評価されても収入アップにつながらない場合は、転職すると大幅に年収UPが期待できることがあるからです。

職場で収入が上がりにくい理由は、たとえば会社の経営や業績が良くないため昇給が見込めない、仕事の成果が評価されない、良くない人間関係が評価にも響いているなどがあります。

キャリアやスキルによりますが、今までの経験を評価してもらえる職場に転職すると年収が上がる場合があります。

まずは転職エージェントや転職サイトに登録して、キャリア相談してみるのがおすすめです。

転職で年収を上げるコツは「年収アップを成功させる転職のコツ5つ」でまとめていますので、参考にしてください。

年収アップの可能性も!30代で転職の道を選んだ方がいいケース3つ

年収アップの可能性も!30代で転職の道を選んだ方がいいケース3つ
「転職」は、副業や今の会社での昇進などに比べると勇気が必要です。

「年収アップのために転職はしたいけど、本当にやめてもいい?」
「転職で逆に年収が下がったらどうしよう」

と、判断に困るケースもあるでしょう。

ここでは、在籍している会社でがんばるよりも転職を選んだ方がいいケースを紹介していきます。

  1. 未経験の職種に挑戦したい
  2. 市場価値の高い経験やスキルを持っている
  3. 仕事のストレスで体調に悪影響がでている

ケース1.未経験の職種に挑戦したい

未経験の職種に挑戦したいのであれば、早めに転職をするのが吉です。

30代になると経歴やスキルが必要とされる「即戦力」で採用する求人が多くなるため、年齢が上がれば上がるほど未経験からの転職は狭き門になっていく一方です。

いまが最後のチャンスかもしれません。

挑戦してみたい業種があるのなら、できるだけ早く転職の決断をしましょう。

ただし、未経験からの転職は一時的に年収が低くなる可能性が高いので注意が必要です。

ケース2.市場価値の高い経験やスキルを持っている

「市場価値の高い経験やスキルを持っているのに、今の会社ではそれを正当に評価されていない」という場合は、転職した方がいいでしょう。

即戦力になると判断できるような経歴であれば、転職活動はスムーズに進みます。

転職活動に入る前に自分の市場価値が知りたいのであれば、転職エージェントに登録するのがオススメです。

登録するとあなたの経歴にあった求人を紹介してくれるので、現状の待遇と比較してみましょう。

今の職場よりも待遇がいい求人ばかりなのであれば、積極的に転職活動をはじめてみるといいかもしれません。

ケース3.仕事のストレスで体調に悪影響がでている

今の職場で激務により体調不良が続いていたりトラブルがあったりする場合は、転職を検討するほうがいいでしょう。

長時間労働やパワハラやセクハラなどで疲れ・ストレスが蓄積すると健康を害してしまいます。

ストレスは我慢すれば我慢するほど、元通りに回復するまでに時間がかかってしまいます

療養のために長期で仕事を休むと、次の転職やキャリアに響いてしまうかもしれません。

心身共に疲れ切ってしまう前に休息をとり、将来のためにも心と体の健康のためにも転職を検討するほうがいいでしょう。

30代が知っておきたい、年収アップを成功させる転職のコツ5つ

30代が知っておきたい、年収アップを成功させる転職のコツ5つ
年収アップの方法として「転職」を紹介しましたが、ただ転職をすれば年収がアップができるわけではありません。

転職で年収を上げるには、上げる方法やコツがあります。

年収をアップを成功させる転職方法をみていきましょう。

  1. 転職エージェントを活用する
  2. 平均年収が高い業界を選ぶ
  3. 同業種へ即戦力として転職しポジションアップを狙う
  4. 基本給以外の手当などにも注意して求人を探す
  5. 仕事を辞める前から転職活動を始めておく

コツ1.転職エージェントを活用する

自分の市場価値を把握することが年収アップへの第一歩です。

転職エージェントに相談すると、今の職場での評価が妥当なものなのかや、今の待遇と他の求人とを比較することができ客観的な市場価値を分析できます。

自分の経験や実績、スキルがどのように評価されるのかを、転職業界に詳しい第三者の視点からアドバイスがもらえます

まずは登録して、キャリア相談をしてみましょう。

後ほど「年収アップにおすすめの転職サイト・転職エージェント」にて、具体的におすすめの転職サービスを紹介します。

コツ2.平均年収が高い業界を選ぶ

国税庁の「民間給与実態統計調査結果(令和元年)」をもとに、平均年収額をランキングでまとめると以下のようになります。

業種 平均給与
1 電気・ガス・熱供給・水道業 819万円
2 金融業・保険業 571万円
3 情報通信業 533万円
4 製造業 475万円
5 建設業 450万円
6 複合サービス事業 423万円
7 医療・福祉 414万円
8 学術研究・専門・技術サービス業

教育、学習支援業

391万円
9 運輸業・郵便業 390万円
10 不動産業・物品賃貸業 378万円
11 卸売業・小売業 318万円
12 サービス業 308万円
13 農林水産・鉱業 219万円
14 宿泊業・飲食サービス業 194万円

平均年収が低いと感じる場合、業界自体の年収が低い可能性もあります

異業種への転職が年収アップの近道かもしれません。

コツ3.同業種へ即戦力として転職しポジションアップを狙う

同業界同職種への転職では経験が認められ、ポジションアップを目指すことができます。

業界での実績があると、知識や技術があり業界の現状や問題点にについても詳しい人材であると認められて、即戦力として高く評価されることがあります。

同一業界でポジションアップを狙う方法と、シェア上位の企業に転職して収入アップを目指す方法があります。

コツ4.基本給以外の手当などにも注意して求人を探す

求人を検討するときは、基本給以外の手当や福利厚生もチェックして選択しましょう。

求人内容を見比べると、つい基本給が気になりますが、その他の手当や福利厚生サービスの充実度も含めてトータルで考えると長く続けられる環境か判断しやすくなります

基本給以外の手当として、たとえば残業手当、住宅手当、日祝手当、年末年始手当など企業や業種により多くの手当が存在します。

検討している就職先の業績や、業界自体の平均年収や相場についても調べておくと判断しやすくなるでしょう。

コツ5.仕事を辞める前から転職活動を始めておく

転職を考えてもすぐに仕事をやめず、在職中にから転職活動をし転職先をみつけておくのがオススメです。

生涯年収を上げるには、仕事をしていない空白の期間はできるだけないほうがいいといえます。

転職の際も、ブランクの有無は採用側が一番気にすることであり、無職の期間は無い方が有利でしょう。

また、転職活動の結果今の会社での待遇が一番いいと判断したときも、在職中なら「今の会社を辞めない」という選択ができます

年収アップにおすすめの転職サイト・転職エージェント

年収を上げる転職のためには、転職サイト・エージェントの利用が必須です。

30代が登録しておきたい、おすすめの転職サービスをまとめました。

オススメ1.求人数で選ぶなら国内最大手のリクナビNEXT

数多くある転職サービス、「どこに登録したらいいかわからない」という方にオススメなのがリクナビNEXTです。

求人数の多さや扱う業種の豊富さから、転職を考えた時にとりあえず登録しておいて損はないサービスといえるでしょう。

また、自分の経歴を登録しておくと企業側からオファーが来るシステムもあります。

一般に公開してないレアな求人に出会える可能性もありますので、まずは経歴登録だけでもしておくがオススメです。

▽リクナビNEXTに登録して求人を見てみる

オススメ2.すべて無料のヘッドハンティング型エージェントキャリアカーバー

CAREERCARVER
キャリアカバーはリクルートのヘッドハンティングサービスでハイクラスの転職を目指す人向けの求人サービスです。

キャリアカバーでは年収800万~1200万の求人が多数あり、非公開求人、好待遇求人など幅広い分野のお仕事情報があります

キャリアカバーに登録すると、登録者のレジュメをみたヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。

今後のキャリア形成に役立ち自分の市場価値を知るのにオススメです。

▽キャリアカーバーについて詳しく見る

オススメ3.年収アップも!ハイキャリア転職といえばビズリーチ


ビズリーチは国内最大級のハイキャリア向け転職サイトです。

高年収・プロフェッショナル求人が多数あり、全求人の3分の1以上が年収1000万以上というハイクラスな転職サービスです。

ビズリーチでは優良企業の求人や役職、ポジション、待遇などハイクラスな人材向けの求人を扱っており、ここでしか出会えない求人も豊富にあります

職務経歴書を作成しどのような企業からスカウトが来るのかで自分の市場価値が分かるので、今後のキャリア形成の参考になるでしょう

▽ビズリーチで自分の市場価値を調べる

30代の平均年収に関するQ&A

30代の平均年収で、よく疑問に思うことを解決してきます。

30代とひとくくりにしても、住んでいる地域や家族構成でも年収に差が出ます。

Q1.東京と地方、平均年収の差はどのくらいある?

都道府県別の月給で、上位と下位は以下のようになっています。

<上位>

都道府県 月給
1位 東京 373,600円
2位 神奈川 335,200円
3位 大阪 320,500円
4位 愛知 314,100円
5位 京都 310,800円

<下位>

都道府県 月給
43位 山形 251,900円
44位 宮崎 248,500円
45位 秋田 246,700円
46位 岩手 245,900円
47位 青森 240,500円

※参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査(令和元年)」

これは、全世代の月給の平均です。

月給では1位の東京と47位の青森では13万円も差があり、年収にすると156万円も差が出ることになります。(※計算式 13万円×12ヶ月)

全国平均では平均年収より低い場合も、地方に住んでいれば妥当な額といえるかもしれません。

Q2.30代夫婦での平均世帯年収はいくら?

総務省「家計調査報告」によると、働いている人が二人以上いる場合、ひと月の収入の平均は1世帯当たり609,535円です。

夫婦共働きの場合、年収にして約700万円あたりが平均といえるでしょう。

まとめ

  • 30代の平均年収は、30代前半が410万円、30代後半が445万円
  • 30代で年収をアップさせるためには、副業や転職などの方法がある
  • 転職を成功させるには転職エージェントを利用するのがオススメ

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top