Paranaviトップ お仕事 転職 看護師からほかの職種に転職したい!資格が活かせる仕事やおすすめの転職先

看護師からほかの職種に転職したい!資格が活かせる仕事やおすすめの転職先

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

看護師から他の職種や企業に転職することは可能です。

実際、病院以外で勤務する看護師は4人1人といわれていて、看護師経験を活かし、理想の勤務先へ転職した人も少なくありません。

今回は看護師が他の仕事に転職するメリットやデメリット、転職のコツを整理しましょう。

今すぐ異業種に転職したい看護師は「異業種への転職におすすめの転職サービス2選」に目を通してみてくださいね。

看護師が他の職種や企業に転職するメリット4つ

看護師がほかの職種に転職するメリット看護師が他の職種や企業に転職するメリットは以下の4つです。

  1. 生活リズムが整った生活を送れる
  2. 悩んでいた人間関係をリセットできる
  3. 他の職種や業種は昇進や昇給の機会が多い
  4. 精神的なプレッシャーから解放される

メリット1.生活リズムが整った生活を送れる

看護師が他の職種や企業に転職すると、規則正しい生活を送ることができます。

看護師は、夜勤や残業が多く、不規則な生活です。

シフト制の勤務であり、休日も不定期となります。

不規則な勤務から、慢性的な疲労、腰痛の悪化、体調不良などが生じやすいです。

メリット2.悩んでいた人間関係をリセットできる

看護師の離職理由で最も多いのは、職場の人間関係です。

なぜなら、仕事の重圧感からきつい性格の方が多いからです。

医療現場の現状は、女性が多く占め、常に人手不足、仕事量も多い、プレッシャーを感じるなど、人間関係が悪化しやすいところがあります。

メリット3.他の職種や業種は昇進や昇給の機会が多い

看護師は他の職種や業種は昇進や昇給の機会が少ないです。

なぜなら、看護師はスタッフの人数に対して役職のポストが少なく、年次が上がらないと役職に就くのは難しいからです。

また、仮に役職に就けても役職手当がもらえる代わりに、現場での夜勤勤務が減る可能性が高いでしょう。

結果として給与に含まれていた夜勤手当が減るため、年収が上がりにくいです。

他の職種や業種の場合、管理職やマネージャー職は年功序列ではなく、能力に応じてチャンスがあり、業種によっては夜勤勤務がない仕事も多いため、昇給や昇進の機会が多いでしょう。

メリット4.精神的なプレッシャーから解放される

看護師の仕事は、常に精神的なプレッシャーがあります。

なぜなら自分のミスが患者さんの命に直結することがあるからです。

「人の生命を守る」責任ある立場なので、「ミスが許さない」という重圧感があります。

そのため、看護師が他の職種や企業に転職すると、精神的なプレッシャーから解放されます。

看護師資格が活かせる!おすすめの転職先3選

看護師資格が生かせる仕事看護師資格が活かせる!おすすめの転職先は以下の3つです。

  1. 美容クリニックで働く「看護師」
  2. 看護師資格があると転職しやすい!「治験コーディネーター(CRC)」
  3. 保育園で働く「看護師」

1.美容クリニックで働く「看護師」

看護師資格を活かして美容クリニックに転職するのもおすすめです。

美容クリニックで働くメリット

  • 自由診療が多く、収益性が高いため、看護師の給料水準が高い
  • 完全予約制のクリニックが多いので、残業や夜勤が少ない
  • 売上につながる成果を出すと、昇給しやすい

 

看護師として培ってきた基本スキルを活かして働けるでしょう。

2.看護師資格があると転職しやすい!「治験コーディネーター(CRC)」

看護師資格を活かして、治験コーディネーターに転職するのもおすすめです。

治験コーディネーターは資格が必要ありませんが、医療系の資格、看護師の資格があると採用されやすいです。

治験者さんに寄り添い、悩みや不安のケアに適しています。

3.保育園で働く「看護師」

看護師資格を活かして、保育園に転職するのもおすすめです。

勤務は、日勤のみで夜勤や残業がなく、ワークライフバランスが取りやすいです。

看護師としての知識や技術、そしてママさん看護師は子育ての経験も活かすことができます。

看護師資格×別の資格取得で転職できるおすすめの転職先2選

看護師資格×別の資格看護師資格プラス別の資格取得で転職できるおすすめの転職先は以下の2つです。

  • 一般企業に「産業看護師(保健師)」として転職する
  • 助産師資格を取得し、「助産師」として転職する

1.一般企業に「産業看護師(保健師)」として転職する

看護師資格があれば、1年間保健師養成学校に通い、専門科目を履修し、国家資格を取得すると保健師として働くことができます

看護師よりも保健師の資格を取得したほうが、より専門的な知識が身に付くので、産業看護師(保健師)として、採用されやすいです。

日勤のみの勤務で夜勤や残業がないので、ワークライフバランスがとりやすいです。

社員の健康管理の仕事が中心なので、病院勤務のような精神的・肉体的な負担はあまりありません。

2.助産師資格を取得し、「助産師」として転職する

看護師資格があれば、助産師養成校を卒業し、国家資格を取得すると助産師として働くことができます。

助産師の仕事は、お産以外の分野が広がりました。

例を挙げると、産前・産後の教育サポートや妊婦健診、性教育、不妊症の相談などが挙げられます。

看護師以外の仕事でおすすめの転職先3選

看護師以外の仕事でおすすめの転職先看護師以外の仕事でおすすめの転職先は以下の3つです。

  1. ライフワークバランスを重視したいなら「事務職」
  2. ゼロから学んで転職しやすい!「プログラマー」
  3. 看護師経験を活かして異業種に就くなら、医療関連企業で「営業職」

1.ライフワークバランスを重視したいなら「事務職」

看護師から、事務職に転職するのもおすすめです。

事務職は基本的に資格の必要がなく、未経験者からでも始められます。

主な業務は書類作成や電話対応、来客対応などです。日勤のみで残業がほとんどないので、ワークライフバランスが重視しやすいです。

2.ゼロから学んで転職しやすい!「プログラマー」

IT技術は私たちの生活と密接にかかわっていて、今後も成長が見込まれる分野です。

また、日本の平均年収が408万円であるのに対して、dodaの調査によるとIT・通信業界の平均年収は446万円と高い水準でしょう。

たとえば、テックキャンプのエンジニア転職コースならプロのエンジニアからプログラミングを学び、未経験でもエンジニアとして転職できます。

コース受講後、転職ができない場合はコース料金の全額返金制度があるので安心です。

3.看護師経験を活かして異業種に就くなら、医療関連企業で「営業職」

看護師資格を活かして、医療関連企業での営業職もおすすめです。

看護師は、医療機器に関する知識があり、人と接する仕事という共通点があるため、転職時に採用されやすいです。

専門的な医療知識に基づいた営業と、顧客相手に専門的な説明をする「クリニカルスペシャリスト」という職種をめざせるでしょう。

看護師資格を活かした転職におすすめのサービス・サイト2選

看護師転職におすすめのサービス看護師資格を活かした転職におすすめのサービスを選ぶ基準は以下の通りです。

  • 転職活動に対するサポート体制が万全
  • 求人の質が良い
  • 求人数が豊富

国家資格の看護師資格はだれでも持っている資格ではありません。

看護師資格を活かした転職をすることで、さらにキャリアアップや収入アップを目指せるでしょう。

1.求人数が5万件以上で看護業界に強い「看護roo!(カンゴルー)」

看護roo

(画像出典:看護roo!公式サイト)

看護roo!は、利用者満足度が96%の看護師向けの転職サービスです。

求人数が5万件以上でNO1クラスなので、希望条件に合う仕事を見つけやすいでしょう。

また転職活動中は手厚い面接対策はもちろん、状況に応じて面接にも同行してくれます。

2.待遇交渉率90%以上「NURSE NEXT(ナースネクスト)

nursenext

(画像出典:NURSE NEXT公式サイト)

NURSE NEXT10万件以上の医療機関や福祉施設などの情報を収集している転職サービスです。

転職アドバイザーは転職先の医者や看護師と密に連絡を取っているため、転職先への不安や疑問も質問しやすいでしょう。

登録は最短40秒で完了するので、忙しい中で効率的に転職したい看護師も利用しやすいです。

NURSE NEXTで仕事を探す

異業種に転職したい看護師向け!おすすめの転職サービス2選

異業種に転職したいなら、転職エージェントサービスの利用がおすすめです。

異業種に転職したい看護師が転職サービスを選ぶ基準は以下の通りです。

  • 転職活動に対するサポート体制が万全か
  • 未経験歓迎の求人があるか
  • 求人の業界や職種が豊富か

3つの選ぶ基準を満たしたおすすめの転職エージェントは以下の2つです。

書類選考なしで転職できる「就職Shop」


就職Shopは書類選考なしで、転職活動を進められます。

よって、「異業種で活かせる経験がない」、「忙しくて応募書類を作る時間がない」という看護師が利用しやすいでしょう。

また、求人の大半は未経験者が対象なので、安心して異業種の求人に応募できます。

就職Shopで転職相談をする

求人数が10万件以上「リクルートエージェント」


リクルートエージェントは人材紹介大手のリクルートグループが運営しています。

求人数が10万件以上あり、転職支援実績が豊富です。

履歴書の添削、面接対策以外に、独自の業界分析資料や企業情報をシェアしてもらえるので異業種にチャレンジしたい人が使いやすいでしょう。

看護師以外の仕事に転職して、活躍したいという人におすすめです。

リクルートエージェントで転職相談をする

看護師からの転職を成功させるコツ3つ

看護師からの転職を成功させるコツ看護師からの転職を成功させるコツは以下の3つです。

  1. 転職理由を明確にする
  2. 転職先に求める条件に優先順位をつける
  3. 可能な限り、在職中に転職先を決める

コツ1.転職理由を明確にする

転職を成功させるには、転職理由を明確にすることが大切です。

曖昧な理由で転職活動をしても成功はしません。

なぜ今の職場を離れ、新たな職場に移ることを考えているのか、その理由を明確化しましょう。

そして転職先の企業をなぜ選んだのか、そこでどのように成長したいかなども把握しましょう。

コツ2.転職先に求める条件に優先順位をつける

転職で譲れない条件を明確にすることがおすすめです。

転職の条件は、年収、待遇、やりがい、福利厚生など、人それぞれです。

まずは転職の条件を自分で優先順位を決めましょう。

転職条件の優先度が高い転職先へ応募することで、転職が成功しやすくなります。

コツ3.可能な限り、在職中に転職先を決める

看護師の転職活動は、在職中に転職先を決めることをおすすめします。

なぜなら退職後にブランクがあるよりも採用されやすいからです。

退職後に無職の期間があると、年金や健康保険、雇用保険の手続きが必要となります。

退職後にすぐ就職する場合は、それらの手続きをする必要がありません。

看護師がほかの職種や企業に転職する際の注意点2つ

看護師転職の注意点看護師がほかの職種や企業に転職する際の注意点は以下の2つです。

  1. 未経験として採用されるので、収入が下がる可能性がある
  2. 看護師として培ったスキルを活かしにくい可能性がある

注意点1.未経験として採用されるので、収入が下がる可能性がある

看護師からほかの職種へ転職をすると、収入が大きく下がる可能性があります。

看護師の給料は同世代と比較すると高収入だからです。

なぜ看護師の給料が高いかというと、夜勤や残業などの手当がほかの職種よりあるからです。

もしほかの職種に転職した場合、手当分の給料が減るので、収入が下がるケースが考えられます。

注意点2.看護師として培ったスキルを活かしにくい可能性がある

看護師から他職種への転職は、今までの経験やスキルは活かしにくい可能性があります。

全くの未経験の仕事を始めるため、今までとは全てにおいて異なります。

未経験の職種への転職は、新しいことを勉強する覚悟が必要です。

年下の社員から仕事を教わることもあるかもしれません。

看護師からの転職に関するQ&A

看護師からの転職に関するQ&Aは以下の通りです。

Q1.看護師資格を活かせて、命にかかわらない仕事ってある?

看護師資格を活かした命にかかわらない仕事は、健診センター・クリニック・美容家です。

健診センターは、基本的に健康な方が訪れ、検査介助の業務が多いです。

クリニックの業務は、ルーティンワークが多く、常に医師がいるので急変が起きても心強いです。

美容系は、医療脱毛など命に関わる業務がほとんどありません。

Q2.准看護師の転職は看護師の転職より競争率が高いってホント?

准看護師の転職は、看護師の転職より競争率が高いのは事実です。

なぜなら、准看護師の求人倍率が「1.63」なのに対し、看護師が「3.23」なので、おおよそ半分だからです。

医療現場としては、国家資格を取得し、医療の知識や技術のある看護師の採用に力を入れています。

准看護師は、転職エージェントを活用して、転職することをおすすめします。

まとめ

  • 看護師からもほかの職種や企業に転職できる
  • 看護師から転職するなら、可能な限り在職中に転職先を決めた方がよい
  • 転職理由は明確にする

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top