Paranaviトップ お仕事 働き方 評判や口コミから知るクラウドワークスの実態!主婦にもおすすめの理由って?

評判や口コミから知るクラウドワークスの実態!主婦にもおすすめの理由って?

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

副業に興味はあっても、スキルや経験がないから……と諦めていませんか?

クラウドワークスを利用すれば、スキルや経験がなくてもすぐに仕事が見つかります!

クラウドワークスにまつわる口コミや評判から、利用するメリットやデメリットを紹介。

この記事を読めば、クラウドワークスで仕事を得る方法がバッチリわかります。

CrowdWorks(クラウドワークス)は最大手のクラウドソーシングサービス

テレワークという言葉が世に浸透している現在、「クラウドソーシングサービス」は注目されています。

クラウドソーシングサービスとは「仕事の受注をしたい人と依頼したい人を直接つなげるサービス」です。

クラウドワークスはクラウドソーシングサービスの中でも、業界最大手として知られています。

フリーランスの人はもちろん、本業と並行して副業をする利用者も多いでしょう。

今回は、クラウドワークスの評判や口コミからサービスの特徴や利用方法を紹介します。

クラウドワークスの良い口コミ・評判からみるメリット

良い口コミや評判のまとめまず、クラウドワークスに関する良い口コミや評判について見てみましょう。

クラウドワークスの利用を検討している人は、利用前に良い点を押さえておくのがおすすめです。

良い口コミ・評判(1)特別なスキルがなくてもこなせる案件が揃っている

クラウドワークスでは幅広い種類の案件が取り扱われています。

一方で、特別なスキルを必要とせず、がポイントです。

何らかのスキルが必要で難易度が高く、単価も高い案件はもちろん、誰でも始めやすい案件もあり、さまざまな人が活躍しています。

よって、自分自身の能力やライフスタイルに合わせた仕事を見つけることが可能でしょう。

良い口コミ・評判(2)実績を積むとスカウトがくる

クラウドワークスでは案件をこなしていくことが評価や実績につながるため、実績を積むほどに好条件のスカウトが来ることがあります。

仕事を依頼したいと考えているクライアントが、実績を見て仕事を任せたいと連絡をくれます。

仮にスカウトで依頼者に気に入ってもらえれば、今後も仕事を継続的に得られる可能性が高いでしょう。

スカウトの案件は自分から応募する通常の案件よりも単価が高いことが多く、好条件である場合も少なくないため、積極的に実績を積んでステップアップしていけるでしょう。

良い口コミ・評判(3)報酬の未払いを防ぐ機能がある

仕事をして納品をしたにもかかわらず、クライアントが報酬を未払いのまま音信不通になってしまうことがあります。

クラウドワークスではお互いの顔が見えない状況で仕事をします。

よって、支払いに関するトラブルを防ぐために「仮払いシステム」があり、報酬の未払いを防ぐことができるので安心して仕事を受けられます。

仮払いシステムは事前に依頼者がクラウドワークスに報酬を入金しているので、納品したのに報酬が支払われないというトラブルが起こることがありません。

クラウドワークスで副業を探す

クラウドワークスの悪い口コミ・評判からみるデメリット

クラウドワークスに関する悪い口コミ・評判について見てみましょう。

業界最大手のクラウドソーシングサービスとはいえ、自分には合わなかったという場合や他のサービスと比較したときにデメリットがあると考える人もいるでしょう。

悪い口コミ・評判(1)単価が低い案件が多い

クラウドワークスに限らず、未経験可としている案件については、専門的な知識・スキルを必要とする案件に比べて低単価である傾向が強く見られます。

たとえば、記事執筆、ブログ記事作成などのライティング、データ収集など簡単な作業関連の案件は特に単価が低い傾向にあります。

よって、単価が低い案件を収入を増やしたいという目的で始めると「割に合わない」と不満に感じるかもしれません。

しかし、長い目で見れば単価の低い案件もコツコツと続けていけば仕事に慣れてこなすスピードが上がるので、案件の単価のアップを見込めたり、より好条件な案件受注につながる可能性もあります。

スカウト機能もあるため、スキルなしの未経験者でも実績を着実に積んでいけば継続的な仕事につながる可能性があるでしょう。

悪い口コミ・評判(2)手数料がかかる

クラウドワークスをはじめ、クラウドソーシングサービスは利用時に手数料がかかります。

クラウドワークスの場合、10万円以下の案件の場合は報酬額の20%(税別)の手数料がかかり、さらに金額によって10%、5%と変動していきます。

たとえば、依頼額100,000円(税込)の場合、システム利用料(手数料)は報酬額の20%(税別)になるため、手数料を差し引いた受注者の受け取り金額は78,000円です。

大きく手数料を差し引かれてしまうように感じますが、他のクラウドソーシングサービスとさほど変わりない手数料になっているため、あらかじめ知っておきましょう。

報酬額が思ったよりも少なかったと感じることがないよう、案件へ応募する前には差し引かれた報酬額を想定しておくことをおすすめします。

クラウドワークスは、主婦(夫)やスキマ時間を有効活用したい人におすすめ!

クラウドワークスには未経験可の案件が豊富にあります。

副業に興味があるけど自分には特にスキルがないという方や、スキマ時間を有効活用したいという方におすすめです。

おこづかい程度の収入を得たい主婦(主夫)や学生にもぴったりです。

また、クラウドワークスは将来的にフリーランスになりたい人や副業をしたい人が最初のステップとして活用するのもおすすめのサービスでしょう。

CrowdWorks(クラウドワークス)登録までの流れ3STEP

クラウドワークスの利用について、登録までの流れを説明します。

クラウドワークスを利用するためには、まず簡単な登録作業を済ませましょう。

次の3つのSTEPですぐに完了します。

STEP1.メールアドレスを登録する

クラウドワークスのトップページから「会員登録(無料)」をクリックします。

登録するメールアドレスを入力・送信し、登録確認でメールが送られてくるので記載されているURLをクリックしましょう。

クラウドワークスの登録には、メールアドレスだけでなく「Facebook」「Yahoo!ID」「Googleアカウント」でも登録可能なので、これらのアカウントをお持ちの方はこちらから登録すると簡単です。

STEP2.必要項目を入力して本登録をする

次に、以下の項目を入力して本登録を行います。

  • ユーザー名
  • パスワード
  • 主な利用方法(受注もしくは依頼)
  • 個人もしくは法人
  • 氏名(漢字・平仮名)

主な利用方法の項目については、「仕事を受注する」を選んで「職種」を選択します。

もし、希望している職種があればその職種を選べばOKです。

STEP3.利用規約、個人情報保護方針に同意する

最後に、利用規約と個人情報保護方針に同意すれば、クラウドワークスへの登録は完了です。

ここまでの3つのSTEPで、すぐにクラウドワークスを利用できるようになります。

登録後はすぐに案件を探し、仕事を受注することが可能です。

CrowdWorks(クラウドワークス)は3種類の仕事形式がある

クラウドワークスでどのような形式の仕事があるのかをご紹介します。

クラウドワークスには働き方が異なる3つの仕事形式が用意されており、それぞれ仕事の進め方や納品方法などが異なっています。

副業として始めたい人はもちろん、より高収入を狙っている人におすすめの仕事形式などそれぞれ見てみましょう。

「タスク形式」未経験者向け!簡単な単純作業の案件

簡単な単純作業を多く扱うのが「タスク形式」です。

たとえば、アンケートやデータ入力などの仕事が多く、特別なスキルがなくても誰でもチャレンジできる案件が豊富です。

タスク形式は単価が低いというデメリットがあるものの、クラウドワークスの使い方に慣れたいという人やスキマ時間を使ってコツコツとおこづかい稼ぎがしたい人にはおすすめでしょう。

タスク形式の仕事の流れ

タスク形式の流れについては、以下の通りです。

  1. まずは「タスク」の仕事を探す
  2. 自分ができそうな仕事を見つけたら「作業開始」のボタンを押してスタート
  3. 作業をして納品(作業完了)
  4. クライアントに承認されれば報酬が確定・反映

タスク形式はクライアントとのやり取りも必要なく、自分ができそうなものを見つけたら自分のタイミングで始められるというメリットがあります。

もちろん、適当な内容だったりあまりにもクオリティの低い内容だったりすれば、クライアントから承認されず報酬が入らないという可能性もありますが、真面目に取り組めば基本的には問題ありません。

「プロジェクト形式」クライアントと1対1で進めていく仕事

プロジェクト形式は受注者と依頼者が1対1で仕事を進めていく形式で、案件の種類が幅広いです。

初心者でもできる案件が多いのが特徴で、成果物の提出で決められた報酬が得られる「固定報酬型」と、実働時間に応じた報酬を得られる「時間単価制」の2種類があります。

たとえば、ホームページの作成やライティングなどがあります。

長期的な案件は時間単価制の形式が多く、依頼内容の中から自分ができそうなものを選んで応募し、応募者の中から依頼者が仕事を頼む流れです。

成果物の出来栄えによっては、依頼者から継続して仕事の依頼を持ちかけてもらえるパターンもあります。

プロジェクト形式の仕事の流れ

プロジェクト形式の仕事の流れについて見てみましょう。

  1. 「プロジェクト」形式で仕事を探して応募する
  2. 応募時、依頼者の要望(報酬・納期など)とは異なる提案もできる
  3. 最終的な条件の確認を行い、お互いの条件交渉が完了したら契約を行う
  4. 依頼者側が仮払いをする
  5. 作業をして納品する
  6. 納品物を検収し、完了
  7. 手数料が差し引かれた報酬がアカウントに確定・反映

時間単価制の場合、契約後にクラウドワークスの「CWタイムカード」というツールを使って勤怠管理を行います。

作業終了後、その実働時間に応じた報酬がもらえるという仕組みです。

「コンペ形式」依頼者に採用されたら報酬がもらえる仕事

コンペ形式は、依頼者が依頼内容と報酬を提示し、成果物を広く募集する方法です。

コンペ形式では、ロゴデザインやバナー制作、キャッチコピーなどのデザインやアイデアが求められるます。

募集した案の中から依頼者が気に入ったものが選ばれ、報酬が支払われる仕組みです。

よってコンペ式は、応募して必ずしも報酬が得られるわけではありません。

コンペ形式の仕事の流れ

コンペ形式の仕事の流れについてご紹介します。

  1. 登録されているコンペ形式の仕事を探す
  2. 自分にできそうな案件があれば作品を作って提案する(応募)
  3. 提案が採用されたら、クライアントの希望するデータで納品
  4. 報酬確定・反映

自分でもできそうだという案件を探して作品を作り、応募します。

デザイン関連の場合はある程度のスキルを必要としますが、キャッチコピーや商品名の募集など、特別なスキルがなくても応募可能な案件も多くあるため、積極的にチャレンジしましょう。

クラウドワークスで副業を探す

CrowdWorks(クラウドワークス)を上手に利用するコツ

クラウドワークスを、より上手に利用するために覚えておきたいコツをご紹介します。

副業をしたり、フリーランスとして活動するための土台作りをしたりするためにも、できるだけ効率良く実績を重ね、報酬を得ていきましょう。

コツ1.楽天銀行を選べば、振込手数料が節約できる

クラウドワークスでは案件を完了させて報酬を得ると、クラウドワークス上にある自分のアカウントに反映されます。

報酬の振り込み申請は、振込先口座で「楽天銀行」を選ぶと、手数料を節約できることを覚えておきましょう。

クラウドワークスをはじめ、多くのクラウドソーシングサービスでは振込手数料がかかります。

クラウドワークスの場合、楽天銀行だと税込100円・他銀行で税込500円がかかります。

つまり、1回の振り込みで400円もの差が出てくるため、振込手数料を節約して少しでも報酬を多く稼ぎたい人は振込先口座を楽天銀行に指定しましょう。

コツ2.極端に低単価の案件は避ける

クラウドワークスで受注する際は、極端に低い単価の案件は避けましょう。

なぜなら、単価が低い上に手数料が差し引かれてしまうため、報酬額は限りなく少なくなってしまうこからです。

誰でもできる低い単価の案件を受ける際は、データ入力や文字起こしなどのやればやるだけ1案件当たりの単価が増える仕事を選びましょう。

単価の低い案件を上手にこなすためには、作業スピードを上げることを意識してやってみるのがおすすめです。

クラウドワークスの口コミ・評判に関するQ&A

クラウドワークスに関する口コミや評判など、気になる点をまとめました。

こんなときはどうしたら良い?という疑問を事前に知っておきましょう。

Q1.クライアントと連絡がつかなくなったらどうすればいいの?

契約中にクライアントと連絡がつかなくなった場合、事務局に問い合わせをしてみましょう。

事務局からクライアントへ連絡をしてくれるため、まずは契約詳細画面の中段右下の「契約相手と連絡がとれない場合はこちら」から、連絡催促申請を行います。

また、案件の納品後に検収期間を過ぎても相手から連絡がない場合も、事務局を通じて依頼者に連絡してもらいましょう。

クラウドワークスでは案件の開始時に仮払いがされているため、成果物を納品したのに未払いで持ち逃げされてしまうということはありません。

依頼者との間の困りごとはすぐに事務局へ相談しましょう。

Q2.クラウドワークスのアプリでも仕事を探すことはできるの?

クラウドワークスはスマホアプリにも対応しています。

スマホアプリから仕事を探すこともできるため、外出中のスキマ時間にも案件を探せて便利です。

もちろん、仕事を探すだけでなくクライアントとのメッセージのやり取り、振り込み申請やプロフィール変更などの操作も可能です。

アプリで見た情報をパソコンのWebサイトと連動させられるので、出先で気になる案件をリストに保存しておいて、後でパソコンからゆっくり吟味して応募するということも可能です。

Q3.仕事を受注するコツはある?

クラウドワークスで仕事を受注するためには登録するプロフィールを充実させましょう。

素性やスキルの分からない相手に、クライアントは案件を受注しづらいものです。

よって、自分が所有している資格やスキル、職業を細かく記載しておくのがおすすめでしょう。

クラウドソーシングサービスは相手の顔が見えない状態でやり取りをしますが、相手がどのような人なのかが伝われば依頼もしやすくなります。

まとめ

  • クラウドワークスの利用は主婦(夫)やスキマ時間を有効活用したい人におすすめ
  • 未経験者可の案件は単価が低いので、すぐに稼ぎたい人には不向き
  • 未経験者の場合は「タスク形式」の案件がおすすめ

クラウドワークスで副業を探す

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

Page Top