Paranaviトップ お仕事 働き方 スキルなしでフリーランスになれる?未経験でも始めやすい仕事と注意点

スキルなしでフリーランスになれる?未経験でも始めやすい仕事と注意点

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

編集部オススメの
フリーランスエージェントを見る

とくにこれと言ったスキルがないけど、会社員から自由な働き方ができるフリーランスを目指したいという人は多いでしょう。

「営業、経理、人事などの業務をすべてを自分1人で行うフリーランスになるためにはまず何を始めたら良いの?」

「どうやってフリーランスとして仕事を得るの?」

という疑問をこの記事で解消します。

自分のスキルに不安な人におすすめのサービスを知りたい人は、「自分のスキルに不安があるフリーランスにおすすめのサービス2選」の降雨木から目を通してみてくださいね。

特別なスキルなしでフリーランスになれるが、働きにくい

特別なスキルがなくても、フリーランスになることはできます。

しかし、フリーランスとして継続して生計を立てていくのが難しいでしょう。

そもそも「フリーランス」とは会社に属さず、仕事ごとに契約をして収入を得る働き方のことです。

フリーランスの働き方は、会社に属して働くことに比べて自由な働き方ができるため、憧れを持つ人も少なくありません。

会社員を経験してからフリーランスになるのが一般的ですが、今回はスキルなしでフリーランスになることが難しい理由を解説します。

スキルなしでフリーランスになるのが厳しい理由は2つ

特別なスキルを持っていない状態でフリーランスになるのはとても難しいと考えられる理由は以下の2つです。

1.スキルがいらない仕事は単価が低くなりやすい

とくにスキルを必要としない仕事は「誰でもできる仕事が多い」と考えられます。

なぜならスキルがいらない仕事は多くの場合、誰にでもできる仕事が多いので案件の単価が上がりづらいからです。

スキルがいらない仕事は単価が上がりづらいので、必要な収入を得るために仕事を複数受ける状況に陥りやすいでしょう。

結果として、フリーランスとして休みなく働いてるのになかなか収入が増えないという状況に陥ってしまいます。

2.フリーランスは未経験ではなく、即戦力が求められる

フリーランスに求められるのは即戦力になれるスキルや実力です。

なぜならフリーランスに仕事を頼む場合の多くは、決まった期日までに納品してもらいたかったり外注してでも早く仕上げたかったりする場合が多いからです。

実際、会社は自社の利益になる社員を育てることに注力し、フリーランスは外部から即戦力として依頼を受ける立場です。

まったくスキルや経験がない状態でフリーランスとして活動を始めても、仕事の依頼をたくさん受けることはできないでしょう。

スキルなしでフリーランスを目指す前の7つの心得

フリーランスを目指す前の心得

どうしてもスキルなしでフリーランスを目指したい場合、気を付けておきたい7つの心得は以下です。

フリーランスとして活動をしていくにあたり、常に胸に留めておきましょう。

1.必ず、フリーランスになるための準備期間を設ける

フリーランスになると一念発起しても、無計画に仕事を辞めるのは危険です。

フリーランスになるためには必ず、在職期間中に事前準備を行いましょう。

独立してフリーランスとして働くためには、まず現在の貯金額やどのような仕事をするかについて計画を立てて、逆算して退職日を決めておくと良いでしょう。

2.フリーランスになる目的を明確にする

なぜフリーランスになりたいのかと考えたとき、ただ今の仕事を辞めたいからという理由だけでフリーランスを選ぶのは避けましょう。

なぜなら、今の仕事を辞めたい原因を正しく理解しないままだと、フリーランスになって他の仕事に就いても、同じ問題を繰り返す可能性があるからです。

フリーランスをどうして目指すのか、フリーランスになってからの働き方を具体的にイメージすることが大切です。

3.周囲の人やフリーランスとして成功している人を参考にする

フリーランスに関する情報や現役でフリーランスとして活動している人の経験談を参考にすると、独立して働くイメージがしやすくなるでしょう。

特に、フリーランスとして仕事を続けていて既に成功している人の成功談や失敗談を参考にすると良いです。

「百聞は一見に如かず」というように、フリーランスとして働く姿を想像するだけでは不十分です。

実際の体験談に基づくブログを読んだり、周囲で活躍している人の意見を聞いたりすると参考にできるでしょう。

4.独立後に支払う税金や生活費を計算して、貯金しておく

フリーランスとして働く前に、独立後の生活資金やフリーランスになった年に支払う税金額はあらかじめ計算して貯金しておきましょう。

なぜなら、フリーランスになってお金がなくなると、生活のために会社員に戻らなくてはならなかったり、お金がないことで心に余裕がなくなってしまったりするからです。

働く前に、独立後に最低でもどれくらいの生活資金がかかるか、フリーランスになった年に支払う税金額がいくらくらいなのかをあらかじめ計算して貯金しておきましょう。

また、所得にかかる住民税は前年度の所得額で決定するため、独立した年は会社員時代の所得で税額が計算されるので特に注意が必要です。

5.本業の就業規則を見て、副業が可能かを確認する

スキルなしでフリーランスになる前に、まずは副業を経験しておくと良いでしょう。

副業はフリーランス同様、自分で営業をかけて仕事を受けて納品を行うため、フリーランスになった際の仕事の流れをつかみやすくなります。

ただし、副業を始める前は必ず本業の就業規則を確認しなくてはなりません。

もし本業の就業規則で副業が禁止されている場合、黙って副業をして発覚すると、就業規則違反によって解雇理由になるため注意しましょう。

6.仕事上の責任はすべて自分自身になる

会社員の場合、上司や周囲の人と協力して仕事を進めるのでミスがあった際にも会社がサポートをしてくれることが多いでしょう。

また、業務量に応じてサポートをしてもらったり、体調不良で会社を休んだ場合には他の人が代わりに進めてくれたりします。

しかし、フリーランスになると後ろ盾はないので、すべての工程を自分1人で行わなくてはなりません。

フリーランスは仕事ごとに契約するため、相手に迷惑をかけるとすべて自分自身の責任になり、仕事をもらえなくなる可能性もあるでしょう。

フリーランスは自由な働き方ができる分、責任はすべて自分で負うことになります。

7.体調不良で働けない期間があると、収入がない

フリーランスの場合は会社員と異なり、体調不良で働けない期間があると収入が激減してしまいます。

会社員の場合、一定の条件を満たせば健康保険による傷病手当金が出ますが、フリーランスは手当てがありません。

たとえば、仕事中にケガをした場合の労災保険や仕事が原因で発症した精神疾患に対して適用される休職制度、有給休暇などの収入に関する制度をほとんど利用することができません。

フリーランスは会社員に比べるとかなり自由な働き方ができるものの、基本的には仕事ごとに契約をして働くため、働かないと収入が得られなくなってしまいます。

スキルなしでフリーランスになる方法は3STEP

スキルなしでフリーランスとして活動するための方法は以下の3STEPです。

フリーランスになるために、具体的にどのような準備をすれば良いのでしょうか。

1.会社員として働きつつ、フリーランスで活かせるスキルを身に付ける

会社員として、現在の仕事を継続しながらフリーランスとして活かせるスキルを身に着けましょう。

もちろん、仕事を辞めてからフリーランスになる準備をすることも可能です。

しかし、収入が安定しないことや精神面でも大きな不安が襲い掛かる可能性があるため、本業を続けながらフリーランスになるためのスキルアップを図るのがおすすめです。

スキルアップのための時間確保は、有給休暇や週休を使って勉強時間にし、効率的に進めるのがよいでしょう。

現職が忙しくて時間が取れない場合でも焦って仕事を辞めるのではなく、フリーランスとして働くための計画を立てて無理のない範囲で準備を進めましょう。

2.本業が副業禁止でなければ、在職中に副業をする

すぐにフリーランスとして働くのではなく、まずは副業を始めるのがおすすめです。

ただし、必ず本業の就業規則を確認し、副業が禁止されていないかどうかをチェックしましょう。

副業はフリーランスと同じように、自分で営業をかけて顧客とコミュニケーションをとり、受注、作業、納品や売り上げの管理などのすべての工程を自分1人で行います。

副業をすることで本業とは別の副収入を得ながら、フリーランスとして働くためのリハーサルができると考えましょう。

仮に副業ができない会社に勤めているけれど、フリーランスとして今後働くことを目標にしている場合には、まず副業ができる会社への転職をしてから独立するのもおすすめです。

3.副業での収入が、継続して一定額を超えたら独立を検討する

フリーランスとして生計を立てることを検討するタイミングは、副業の収入が一定額を超えたときです。

フリーランスとして働く場合、もしフリーランスでの収入がゼロになっても、副業をすれば最低でも一定額を稼ぐことができると予測できます。

いきなりフリーランスとして独立するのではなく、本業を続けながら副業の収入を少しずつ増やして安定させることが大切です。

スキルなしで始めやすいおすすめの仕事4選

特別なスキルなしでも始めやすいおすすめの仕事は以下の4つです。

1.記事の執筆をするライター業

記事の執筆を行う「ライター」は、パソコンさえあれば誰でも始められるので多くの人に人気の仕事です。

クラウドワークスやランサーズといった大手クラウドソーシングサービスに登録し、案件を探すと受注することができます。

1文字約1円で、1案件あたり1,500文字から多いものだと5,000字の案件もあり、月20本ほど書くと月100,000円を目指せます。

案件の種類が豊富なので、自分の得意な分野や体験に基づいて執筆ができて、フリーランスとしてコツコツと仕事を得やすいでしょう。

おすすめは100万人が登録する話題のクラウドソーシングのクラウディア

クラウディア

クラウディアは、これから副業を始める人にぴったりのクラウドソーシングサービスです。

なぜならクラウディアは、データ入力などの簡単な作業から、ライティング業務・プログラミング案件など豊富な種類の仕事が募集されているからです。

クラウディアに登録しておけば、あなたが仕事をしたいときに、したい仕事が見つかるはずです。

また手数料が業界最低水準の3%なので、クラウドソーシングで仕事を始めるならクラウディアが一番オススメできます。

クラウディアで副業を始める

2.ブログ運営をするブロガー

ブログのサイトを自分自身で立ち上げて、記事を投稿する「ブロガー」も誰でもなることができます。

ブログで収益を得る方法は自分のブログ記事に広告を掲載して、収益を得る仕組みです。

自分のサイトを作ってブログを書く場合、サーバーとドメインが必要になり、ブログサイトの運営費用は年間で数千円程度です。

ブログサイトとしての認知が上がり、閲覧数が安定すると収益も月数十万円を目指すことができるでしょう。

ただし、ブログサイトの運営は記事投稿が必要なので、すぐに収益化するのは難しいです。

3.イラストレーターやデザイン業

絵を描くのが好きな人は、イラストレーターやデザインの仕事もおすすめです。

デザインの仕事は特に資格がなくても始められるため、未経験からでも挑戦できるのが大きなメリットです。

特にイラスト作成は明確なルールがない上に、自分の個性を発揮することで評価されやすいジャンルです。

TwitterやInstagramなどのSNSを使って、定期的に自分にしか描けないオリジナルの絵や漫画を配信していくと、ビジネスチャンスにつながりやすいでしょう。

また自分でブログを運営して描いた絵を投稿して、ブログそのものを作品集にするのもおすすめです。

オリジナルのLINEスタンプ

オリジナルのLINEスタンプを自分で売るのは、誰でもすぐにチャレンジできます。

とくに、イラストに必要なツールも不要ですぐ作れるため始めやすいでしょう。

1案件で120円~600円で価格設定が可能で、販売のために必要なスタンプ数は8個~40個までを選ぶことができます。

1つ売れるたび、販売額の35%が自分の手元に入る仕組みです。

仮に1ヶ月で120円のスタンプが100個売れたとすると4,200円の売り上げになるため、コツコツと収入を得られます。

ロゴデザイン

企業のロゴや商品・サービスのロゴ作成など、非常に需要の高い仕事です。

ロゴデザインの場合、LINEスタンプより難易度がぐっと上がります。

ただし、1案件あたりコンペ式の場合で20,000円~80,000円前後と高額な相場になっていて、やりがいが大きいでしょう。

まだ人脈がない場合でも、ランサーズやクラウドワークスといったクラウドソーシングサービスに登録し、仕事を探すのがおすすめです。

4.新品を売るせどり業

「せどり」とは、商品を転売して売値と買値の差額を儲ける仕組みを指し、できるだけ商品を安く仕入れ、別の場所で高く売るという方法です。

毎月のせどりの売り上げは、事前に準備した余剰資金額に応じて異なり、実際の利益率は、仕入れ金額に対して20%~30%が一般的です。

たとえば、200,000円分の商品を仕入れた場合、利益額は約40,000円前後ということになります。

新品のせどりは資格不要で、インターネットで仕入れも販売も完結させられる手軽さから、人気が高いです。

スキルなしのフリーランスが独立して、仕事を探す方法

フリーランスが仕事を探す方法

スキルがないという人がフリーランスとして独立した際、どのように仕事を探せば良いのでしょうか。

仕事を探す方法を以下で、詳しく見てみましょう。

1.フリーランス向けのエージェントサービスを使う

フリーランス向けのエージェントサービスを利用するのがおすすめです。

フリーランス向けのエージェントサービスの場合、基本的に利用料がかからない上に、キャリアアドバイザーが相談に乗ってくれるため、自分に合う案件を見つけやすいと言えます。

エージェントサービスを利用すると、面倒な営業活動を代行してもらうことができるため、自分は仕事に集中できるというメリットがあります。

また、特にフリーランスになりたてて経験が浅い場合でも、長期で引き受けられるような案件が多いため、収入の見通しが立てやすいのでおすすめでしょう。

2.クラウドソーシングサービスを使う

クラウドソーシングサービスは無料で登録でき、さまざまな案件の中から自分がやりたい案件を探すことができます。

クラウドソーシングサービスにはさまざまなサイトがあり、大手であればクラウディアなどがあります。

これらの大手クラウドソーシングサービスの場合、会員数が多いために案件を受注しやすいとでしょう。

ただし、そのぶん仕事を受注したいというライバルも多くなるため、未経験やスキルなしでもできるハードルの低い案件は人気が高いので注意しましょう。

クラウディアで仕事を探す

3.直接、知人や友人から仕事をもらう

知人や友人を介して仕事を得る方法はフリーランスとしての仕事を始めやすいでしょう。

知り合いからの依頼ならば、融通が利く上に案件に関する相談もしやすいのでおすすめです。

ただし、知人や友人の場合は価格交渉がしにくい場合や相場より安価になりやすいというデメリットもあります。

「仕事」としての心構えを持ち、きちんと満足してもらえるように努力しましょう。

自分のスキルに不安があるフリーランスにおすすめのサービス2選

「本当にフリーランスでやっていけるかな?」

「やっぱり会社員の方が安心して稼げる?」

そんな不安を抱えるあなたにおすすめのサービスがあります。

何もない状態からフリーランスとして活動をする際には、ヒントをもらったりサポートをしてもらえたりするようなサービスを知り、活用しましょう。

おすすめ.高単価で希望の条件を探したいIT人材向け!フリジョブ

フリジョブは、IT・Web系フリーランスに絶対におすすめしたい案件検索サービスです。

なぜならフリジョブを使えば、あなたの希望にあった高単価案件を人気エージェントの案件から一括検索できるからです。

「複数のエージェントに登録するのが面倒くさい」

「自分にマッチしたこだわりの案件を早く見つけたい」

こんな悩みもフリジョブを使えばすぐに解決できますよ!

フリジョブですぐに案件を探す

スキルなしでフリーランスになった際の注意点は3つ

フリーランスになった際の注意点

スキルなしでフリーランスになった際の注意点は以下の3つです。

スキルなしでフリーランスになることは不可能ではないものの、スキルなしでフリーランスになるのはリスクがあるでしょう。

どのような注意点があるのかを詳しく見てみましょう。

1.スケジュール管理を徹底する

フリーランスは自分1人で仕事をこなすので、スケジュール管理を徹底することが重要でしょう。

フリーランスになると仕事ごとの契約になるので時間の融通が利きやすい一方で、自分で働く時間をコントロールしなくてはなりません。

なぜなら、フリーランスは働いた時間に応じて報酬が出る時給制ではなく、成果物に対して報酬が出る「完全歩合制」だからです。

よって、仕事に慣れないフリーランスになりたての頃は1ヶ月に稼ぐ目標金額を最初に算出し、体調に気を配りながらスケジュールを管理することが大切です。

2.メインの仕事以外にもやるべき仕事が増えることを想定する

フリーランスになる際に見落としがちなのが、仕事量の増加です。

会社員の時は会社が代わりにやってくれていたこと、周りのスタッフがやってくれていたことがありますが、フリーランスだとすべて1人でやらなくてはいけません。

たとえば、案件を受注するためのPRや営業活動はもちろん、実際の作業から納品、その後の請求などの経理、確定申告などもすべて自分で行います。

会社員のときには作業だけだった人でも、フリーランスになると営業・経理・人事の仕事を自分で行っていく必要があります。

3.営業力や交渉力に自信がないなら、フリーランス向けのエージェントサービスを使う

営業力や交渉力に自信がない場合、フリーランス向けのエージェントサービスを利用しましょう。

なぜなら、フリーランス向けのエージェントサービスを利用すると、担当のキャリアアドバイザーが自分に合うような案件を探してくれるからです。

リーランスなりたての人は、エージェントサービスを活用することで慣れない営業活動や案件の単価交渉などの面倒な業務をキャリアアドバイザーに代行してもらえます。

フリーランスとして慣れてきたら自分で営業活動をしたり、知人から仕事を受注したり、少しずつ自分でできることを増やしていきましょう。

スキルなしでフリーランスとして働く際のQ&A

フリーランスとして働く際のQ&A

スキルなしでフリーランスとして働く際に気になる疑問を解決しましょう。

フリーランスとしての心構えや気を付けたいポイントは以下です。

Q1.副業からフリーランスを目指せるタイミングはいつ?

本業を辞めず副業をして、経験を積んでからフリーランスへと方向転換する流れがおすすめです。

ただし、実際に副業からフリーランスへ転換できるタイミングは厳密に決まっていません。

フリーランスを検討するタイミングは、副業の収入額が安定してきた時や目標額に達した時です。

副収入が一定額あるという事実は、フリーランスとして独立したときの自信につながるのでフリーランスとしての仕事が得られなくても安心でしょう。

継続的に得たい副収入の目標金額を決めておき、達成できたタイミングでフリーランスとして独立することを検討するのがおすすめです。

Q2.フリーランスになると、会社員と同じ生活はできない?

フリーランスになると、会社員と同じ生活をする必要はありません。

なぜなら、フリーランスだと時間で勤務をするのではなく、仕事ごとに契約をすることになるため、就業時間に決まりがないからです。

つまり、フリーランスは会社員と同じ生活を「できない」のではなく、会社員のように固定の雇用先があるわけではないため、会社員と同じ生活を「する必要がない」ということです。

まとめ

まとめ

  • スキルなしでフリーランスになるためには、在職中の事前準備が重要である
  • スキルなしでフリーランスとして働きたいなら、まずは副業での収入を安定させる
  • スキルなしでフリーランスになる際は、フリーランスのエージェントサービスを使うのがおすすめ

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top