Paranaviトップ お仕事 転職 転職回数が多い看護師でも転職できる!次の転職を成功させるコツ5つ

転職回数が多い看護師でも転職できる!次の転職を成功させるコツ5つ

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「転職したいけれど、転職経験が多いと不利になるのかな」

「2回以上転職経験がある看護師って、転職しにくいの?」

転職回数が多いのは必ずしも悪いことではありません。

今回は転職回数が多くても、理想の転職を叶える方法や成功のコツ整理します。

今すぐに転職回数が多くても利用しやすい転職サービスが知りたい人は「看護師におすすめの転職サイト3選」に目を通してみてくださいね。

看護師の平均転職回数は3回で、年代ごとに異なる

看護師向けの転職サービス「ナースフル」の調査によると、看護師の平均転職回数は3回で、年代ごとに異なります。

年代別の平均転職回数は以下の通りです。

  • 20代:0.9回
  • 30代:2.0回
  • 40代:2.8回

転職をしたいが、自分の転職回数が気になるという人は年代ごとの転職回数を参考にしてみましょう。

また、転職回数が平均より多いからといって絶対に転職ができないというわけではありません。

転職を成功させたい人は「転職回数が多い看護師が転職するコツ」に目を通してみてくださいね。

看護師は転職者が多い職業

看護師は転職が多い職業看護師は転職する人が多い職業といえます。

なぜなら、看護師という職業特有の苦労があるからです。

看護師特有といえる苦労は以下の通りです。

  • 夜勤や人手不足で休みがとりにくく、肉体的に辛い
  • 人命を預かる仕事で責任が大きく、精神的プレッシャーが大きい

実際、看護師の約60%は人手不足が原因で辞めたい、転職したいと感じています。

看護師に多い転職理由5つ

看護師に多い転職理由は以下の5つです。

  1. 人間関係がうまくいかない
  2. 給料が安く、昇給しにくい
  3. 慢性的な人手不足で、休みが取れない
  4. 残業が多く、体力的にも精神的にもキツイ
  5. スキルアップが見込めない

理由1.人間関係がうまくいかない

看護師に多い転職理由は人間関係がうまくいかないことです。

なぜなら人間関係は、働きやすさに関わる重要な要素だからです。

たとえば、上司や先輩の派閥関係が複雑だったり、職場全体の雰囲気が悪く働きづらかったりなど様々な要因があるでしょう。

先輩や同僚などと合わないといったような個人的な人間関係以外にも、職場全体の人間関係が問題になるケースもあります。

理由2.給料が安く、昇給しにくい

看護師に多い転職理由には給料が安く、昇給しにくいことも理由として挙げられます。

なぜなら仕事量に対して給料が安すぎると感じると、モチベーションを保つのが難しいからです。

実際、業務に見合う対価をもらえていない、昇給がないなどを理由に転職を考える人も多いでしょう。

理由3.慢性的な人手不足で、休みが取れない

看護師に多い転職理由の3つ目は、慢性的な人手不足で休みが取れないことです。

看護師は社会の高齢化により、需要に対して供給が追いついていないともいわれています。

2013年公表の「看護職員の労働実態調査」によると、日本における看護師の30%ほどが年間の有休取得日数5日以下です。

休日も当月中に取れずに翌月に繰り越すなど、普段から休暇の取りにくさを感じる看護師は多いといえるでしょう

理由4.残業が多く、体力的にも精神的にもキツイ

看護師に多い転職理由の4つ目は残業が多くて体力的、精神的にキツいことです。

なぜなら看護師の業務は多く、時間内でやりきることが難しいからです。

看護師は看護記録の作成と申し送り以外にも、突発的な医師からの指示への対応や勉強会参加など、日々多くの業務があります。

勤務先の慣習や考え方により、残業が当たり前になっていることも少なくありません。

理由5.スキルアップが見込めない

看護師に多い転職理由の5つ目は、続けていてもスキルアップが見込めないことです。

なぜなら新しいことにチャレンジしたいとなっても、今の現場では叶わないことも多くあります。

資格取得や専門分野を極めたいなどのスキルアップを考えて、スキルアップできる環境へ転職する看護師も多いでしょう。

転職回数が少ない方がよいと言われる理由

転職回数が少ない方がよいといわれる理由採用側からすると転職回数が少ない転職希望者の方が採用しやすいでしょう。

なぜなら、採用側は採用後の早期退職のリスクを最小限に抑え、優秀な人材を採用したいと考えているからです。

よって転職回数が多いと、採用側は転職後もすぐに離職するのではないかと不安に思うこともあるでしょう。

結果として、転職回数が少ない方がリスクが低いと考える採用者も多いです。

転職回数が多い人を採用する際に採用側が見るポイント2つ

採用側が見るポイント転職回数が多い人を採用する際に採用側が見るポイントは以下の2つです。

  1. 転職理由に正当性があるか
  2. 短期間で転職を繰り返していないか

ポイント1.転職理由に正当性があるか

採用側が見るポイントの1つ目は転職理由に正当性があるかです。

なぜなら、採用側は転職回数よりも転職理由を重要視しているからです。

転職の理由が転職者の個人的な理由ではなく、育児や介護、家族の転勤などやむをえない事情とわかれば、採用側の印象も違ってくるでしょう。

採用側は採用者がすぐに離職する可能性を心配しているので、転職理由に正当性がないと再就職では不利になることがあります。

ポイント2.短期間で転職を繰り返していないか

採用側が見るポイントの2つ目は短期間で転職を繰り返していないかです。

なぜなら、採用側は長く勤務してくれる人を採用したいと考えているからです。

たとえば同じ転職回数3回でも、それぞれ3年ずつ勤めているケースと、1年未満で次々と職場を変えているケースでは、後者の方が圧倒的に不利になります。

採用側が転職回数を聞くのは在勤期間を知りたいからであり、単純に転職回数の多さで判断されていないということは知っておきましょう。

転職回数が多い看護師が転職を成功させるコツ

看護師が転職を成功させるコツ転職回数が多い看護師が転職を成功させるコツは以下の5つです。

  1. 複数回の転職が前向きな事実として伝わるように意識する
  2. 自分の強みやスキルを明確にしておく
  3. 5年後、10年後の将来像をイメージし、長く働く意思があることを伝える
  4. 転職先の情報を自分なりに収集して、病院または転職先企業とのミスマッチを防ぐ
  5. 転職先への希望条件に優先順位をつけておく

コツ1.複数回の転職が前向きな事実として伝わるように意識する

転職理由が前向きに伝わるようにしましょう。

転職理由が前向きでないと、採用してもすぐに辞めてしまうかもと敬遠されてしまうからです。

残業が多い、嫌な上司がいたからなどを理由にすると、不採用になる可能性が高まります。

転職理由は嘘をつかず、ポジティブな理由ややむを得ない事情を伝えましょう。

コツ2.自分の強みやスキルを明確にしておく

自分の強みとスキルを明確にするのも大切です。

なぜならあれもこれもとアピールしてしまうと、採用側に一貫性がないと思われてしまうからです。

これまでの転職人生で共通してアピールできる点を整理したり、自己分析をしたりして分かりやすくまとめます。

面接時は「私の強みは〇点あります」などと数字などを用いて、分かりやすい表現を心がけましょう。

リクナビNEXTで自分の強みをチェックする

コツ3.5年後、10年後の将来像をイメージし、長く働く意思があることを伝える

長く働く意思があることを伝えるようにしましょう。

なぜなら転職回数が多い人は、すぐに辞めないことをアピールする必要があるからです。

たとえば5年後や10年後の将来像を伝えれば、長く働きたい意思をアピールできます。

過去の失敗を活かして前に進む前向きな姿勢や、転職して場数を踏んでいることも伝えましょう。

コツ4.転職先の情報を自分なりに収集して、病院または転職先とのミスマッチを防ぐ

転職先の情報収集もしておきましょう。

転職先について詳しく知らないままだと、入職後に予想と違うことがわかり、ミスマッチが生じる可能性があるからです。

看護師の半数ほどが利用するハローワークは看護師専門の転職サービスに比べると、得られる情報は限られます。

ハローワークの求人票を見るだけではなく、企業のHPや転職エージェントへの相談、転職者の口コミサイトなどのあらゆる手段を用いて、情報収集をしておきましょう。

コツ5.転職先への希望条件に優先順位をつけておく

転職先の希望条件にはあらかじめ優先順位をつけましょう。

なぜなら希望条件が全てそろった職場は、なかなか見つからないからです。

たとえば以下のような条件を整理し、優先順位をつけましょう。

  • 職場環境
  • 仕事内容
  • 病院の経営方針や待遇面
  • キャリアアップのしやすさ

今の自分にとって一番必要なことが叶う職場を選べば、転職後の後悔を最小限に抑えられるでしょう。

転職回数が多い看護師におすすめの転職サイト3選

転職回数が多い看護師におすすめの転職サイトを選ぶ基準は以下の通りです。

  • 転職活動に対するサポート体制が万全
  • 求人の質が良い
  • 求人数が豊富

転職回数が多いと、次の転職は失敗できないと不安になるものです。

転職活動を二人三脚でサポートしてくれて、看護師の転職市場に精通する転職のプロが在籍する転職サイトに登録しましょう。

転職成功率98%以上を誇る「NURSE NEXT(ナースネクスト)

nursenext

(画像出典:NURSE NEXT公式サイト)

NURSE NEXTは本気で転職したい人を優先的にサポートしてくれるので、転職成功率が98%以上です。

NURSE NEXTには職場の雰囲気や、病院の評判に精通した転職アドバイザーが多く在籍しています。

給与交渉などの待遇交渉も代行してくれるので、転職回数が多い人も好条件で転職しやすいでしょう。

利用者満足度96%!「看護roo(カンゴルー)」

看護roo

(画像出典:看護roo公式サイト)

看護rooは求人数がトップクラスで、利用者満足度も96%と高いです。

また、誰でも見られる公開求人数が5万件以上なので、看護師なら誰でも使いやすいでしょう。

転職活動中は面接対策や状況に応じて面接にも同行してくれます。

転職回数が多く面接が上手くいくか不安という人も安心でしょう。

看護師以外の仕事に転職するなら「リクルートエージェント」


リクルートエージェントは求人数が10万件以上あり、転職実績がNO1の転職サービスです。

多種多様な業界に精通した転職アドバイザーが在籍しています。

よって、医療業界はもちろん、他の業界や職種を検討している看護師も利用しやすいでしょう。

看護師として転職したいが、ほかの業界も興味があるという人におすすめです。

転職回数が多い看護師が転職する際の注意点2つ

看護師が転職する際の注意点転職回数が多い看護師が転職する際の注意点は以下の2つです。

  1. 転職回数は正直に答える
  2. 転職理由を職場の環境や他人のせいにしない

注意点1.転職回数は正直に答える

転職回数が多くても、正直に答えるようにしましょう。

なぜなら転職回数を偽ってしまうと、後で発覚したときに自分が不利益を被る可能性があるからです。

ウソを書いた応募書類で採用されて入社すると、民法上の不正行為にあたる恐れもあります。

最悪の場合、採用取消や解雇される可能性もあるので、転職回数を偽るのはやめましょう。

注意点2.転職理由を職場の環境や他人のせいにしない

転職理由を職場の環境や、他人のせいにしてはいけません。

なぜなら採用側に、「この人は問題が起きたら会社のせいにするかもしれない」と思われてしまうからです。

「職場環境が劣悪だった」や「上司と合わなかった」など転職理由を他人や環境のせいにすると、採用側の心象は悪くなります。

同じことを伝える場合でも、「家族のことを考え、福利厚生がきちんとしている職場に移るべきと考えた」などとポジティブに伝えましょう。

同じ理由でも伝え方を工夫することで、採用側も好意的に受け止めてくれるでしょう。

転職回数が多い看護師に多い悩みに関するQ&A

転職回数が多い看護師に多い悩みに関するQ&Aは以下の通りです。

Q1.転職した方がよいのか判断できない場合はどうしたらいい?

転職した方が良いのか判断できないとき、まずは現状の不満を明確にしましょう。

なぜなら不満がはっきりすれば、それが転職しないと解決しないのかそうでないかを判断できるからです。

たとえば以下のような場合、転職をすることで解決できるかもしれません。

  • 給料が少ないなら、給与が高い夜勤中心の病院へ転職する
  • 体力的に夜勤が辛いなら、夜勤がない診療所やクリニックへ転職する
  • 上司と合わないなら、上司に相談して担当者を変えてもらう

現状の不満を正しく把握することで、今の職場のままでも解決できる場合もあります。

Q2.勤続年数が3年以下でも転職したい時はどうしたらいい?

勤続1年未満の方は第二新卒として、ほぼ新人のように扱われます。

新人研修を受け直せる4月に転職し、長期で働けることをアピールしましょう。

勤続2年目の方は、新人同様に将来性を期待されつつ、体力面でハードな要求をされがちです。

勤続3年目になると、柔軟性はもちろん即戦力としても期待されるので、バランスの良さを評価される傾向にあるでしょう。

看護師は業界全体が人手不足のため、やむをえない事情があれば3年未満の転職でも大きなデメリットにはならないでしょう。

Q3.年中忙しくてベストな転職時期が分からない時はどうしたらいい?

年中忙しくてベストな転職時期が分からないなら、求人が増える4月と10月がおすすめです。

4月は新人研修、10月は病院内の異動シーズンでなので、比較的早く職場になじめるでしょう。

2つ目はボーナス支給後の1月と7月です。

退職する看護師がもともと多い時期で求人も増えるため、転職活動がしやすいメリットもあります。

Q4.転職に成功したら祝い金がもらえる看護師向けの転職サイトがあるってホント?

転職成功で祝い金がもらえる、看護師向けの転職サイトはいくつかあります。

転職サイトが祝い金を出すのは、利用者を増やせるからです。

また、採用側は転職サイトに成功報酬を支払い、転職サイトが祝い金を出すことで早期退職者を減らすメリットを享受しています。

祝い金制度は転職サイトと採用側双方にメリットがある制度なので、積極的に利用しましょう。

まとめ

  • 転職回数が多くても、転職できる
  • 転職回数が多い事実は正直に伝える
  • 転職理由は環境や人のせいにせず、納得感のある理由を伝えられるようにする

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top