Paranaviトップ お仕事 起業/独立 フリーランスに転身しても後悔や失敗なし!経験談から学ぶ具体的な対策

フリーランスに転身しても後悔や失敗なし!経験談から学ぶ具体的な対策

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

フリーランスに転身を考える人にとって、失敗や後悔をしたくないと考えるのは必然です。

「フリーランスになったら必ず失敗する」

「企業の方が安定しているのになぜフリーランスなの?」

そんな言葉を耳にして不安を感じるかもしれませんが、全ての人が失敗するとは限りません。

ここでは、経験者の体験を踏まえてフリーランスで後悔しないためにできることやおすすめのサービスを紹介します。

フリーランスとは

フリーランスとは

フリーランスとは、会社や団体の所属せず、個人が主体となり仕事を獲得するという働き方をする人を指します。

現役フリーランスの2人に1人は将来への不安を抱えているという事実があります。

一方で、フリーランスに転身した女性を対象に行ったアンケートで「フリーランスになったことに満足していますか」という問いに対し、9割以上が今の働き方に満足しているという結果が得られました。(アンケート実施:Waris Innovation Hub)

フリーランスに転身して満足と答えた割合は実に9割

「どちらかというと不満」「後悔している」と答えた人は7%でした。

フリーランスになって後悔することが無いよう、原因となる不安を払しょくしておきましょう。

経験者に聞いた、後悔したこと

経験者に聞いた後悔したこと
フリーランス経験者に聞いた、フリーランスになって後悔したことを整理しました。

後悔したこと1.収入が安定しない

フリーランスになって後悔することのひとつは収入が安定しないことです。

サラリーマンなら毎月一定の収入を得られますが、フリーランスは仕事がもらえなければ収入は得られません。

自ら積極的に営業して案件を取らなければ、収入がゼロになることもあります。

後悔したこと2.社会的信用が低い

フリーランスは住宅ローンやクレジットカードを作る際に社会的信用が低く、審査が不利になることがあります。

なぜなら、原則として勤務先や勤務年数が審査の対象になるからです。

とはいえローンの審査では、過去の支払い履歴で延滞がないか、なども重視され、必ずしもフリーランスという働き方だけが審査を左右するわけではありません。

後悔したこと3.未経験や経験が浅いと仕事を受注しにくい

フリーランスは未経験や経験が浅い人より、即戦力を求められます。

なぜなら、発注者としては納期までに求めるクオリティで納品してもらうことを絶対としてるからです。

経験が浅いと感じるのなら、働きながら空き時間を利用して経験を積みましょう。

後悔したこと4.報酬と仕事量が割に合わない

フリーランスはある程度の経験を積むまで、報酬と仕事量が割に合わないことが多くあります。

仕事がなくなることが怖く、どんな仕事も引き受けてしまいがちです。

オーバーワークになって、受注体制を見直すことになる前に無理な仕事は断る勇気も必要です。

フリーランスに向いている人の条件

フリーランスに向いている人の条件
フリーランスに向いている人はどのような人でしょうか。

向いている人の条件を3つ見ていきましょう。

条件1.変化を楽しめる

まず、1つ目の条件は、あらゆることの変化を楽しめる人です。

なぜなら、仕事内容も給料も毎月変化します。

そんな変化にストレスを感じずに楽しめる人こそが、フリーランスに向いている人といえるでしょう。

条件2.ビジョンを持っている

2つ目に、自分がどうなりたいかという明確なビジョンを持っている人です。

なぜなら、明確なビジョンがあることでゴールを設定し、それに向かって頑張れるからです。

今月の目標を設定し、達成すればまた次の目標を設定するとそれが力になっていきます。

条件3.自己管理ができる

3つ目の条件として、自己管理ができる人です。

営業や財務管理など、自分で全てやらないといけないことが多いからです。

うまく時間を使いながら、自己管理できる人がフリーランスで成功できるのです。

フリーランスになって後悔しないためにすること7つ

フリーランスになって後悔しないためにすること
フリーランスになって後悔することがないよう、以下のことを心掛けましょう。

1.クレジットカードを複数作っておく

社会的に信用があるサラリーマンの時に複数のクレジットカードを作っておきましょう。

なぜならフリーランスになると作ることができなくなる可能性があるからです。

フリーランスになる前に複数のクレジットカードを作っておいて、上限額を引き上げておきたいところです。

2.収入が上がるという理由だけでフリーランスにならない

収入が上がるという理由だけでフリーランスに転身するのは危険です。
収入面が増えることはあっても、そこから保険料などが引かれることを頭にいれておきましょう。
また、会社からの保証なく働くフリーランスは景気や社会情勢に影響を受けやすく、常に収入が上がるとは限りません。
フリーランスになると、会社にある様々な部署を全てひとりで担当するようなものです。
ときには不得意な作業もあります。
収入が上がるという以外にも、これらを自分ひとりでできるかどうかという事前のシミュレーションをしましょう。

3.体調管理を徹底する

フリーランスが病気になると損害が大きいため体調管理を徹底しましょう。

有給休暇などの補償がなく、休んでしまうと売上に直接影響します。

体調が悪いのに無理やり仕事をして、仕事の質が低下して、仕事を失ってしまうことにもなりかねません。

4.専門知識やスキルアップを怠らない

フリーランスに向いている人は向上心が常にあり、専門知識やスキルアップを怠らない人です。

現状に満足せず、さらに営業して顧客を開拓したり、空き時間に専門知識を習得するなどの仕事への貪欲さが必要となります。

5.財務管理の知識とノウハウを身につける

フリーランスには財務管理の知識が必要となります。

サラリーマンの時のように自分の給料が何日にいくら支払われるかだけを知ればいいのではなく、事業に関する収入と支出や毎月の経費、社会保険など、今まで会社がやっていたことも把握し、自分で管理しなくてはならないのです。

6.副業で体験してみる

フリーランスに転身したいが、会社を辞める決心が固まらない……そんな人は、会社に所属しながらフリーランスになることをシミュレーションしてみましょう。
まず会社に属しながら副業の形で案件を受注してみるのがおすすめです。
副業で得た収益は、確定申告しなければいけません。
そうした財政手続きも体験したうえで、フリーランスになるかどうかを考えてみるのも良いでしょう。

おすすめする体験1.副業紹介サービス

副業から始めてみるなら、以下の副業紹介サービスにまず登録してみましょう。

副業デビューにぴったり!「クラウドワークス」

クラウドワークスは、2011年に設立された大手クラウドソーシングサービスです。

扱う仕事カテゴリーは200種類以上あり、未経験者向けの案件から、専門性が求められる開発案件なども登録されています。

登録案件数が多く知名度が高いサイトなので、フリーランス初心者でも安心して利用が可能です。クラウドワークスで仕事を探す 

※関連記事:クラウドワークスで稼ぐコツ!効率的に稼ぐためにやっておきたい12のこと

 在宅やリモートの案件を見つけられる!「ITプロパートナーズ」

【ITプロパートナーズ】

ITプロパートナーズは、週2日から働ける案件やリモート案件の数が圧倒的に多いのが特徴です。

ITプロパートナーズは仲介業者を挟まずに直接クライアントと契約しているため、中間マージンがなく、高単価な案件が多いのも魅力といえます。

とくにエンジニア経験3年以上の方や 、1人で開発を進められるスキルがある方はすぐに活躍できる案件が多数揃っています。ITプロパートナーズで仕事を見つける

おすすめする体験2.会計ソフトでシミュレーション

会社以外で収入があった場合、自分で確定申告をしなければいけません。

自分ひとりで副業における財政の管理が難しいという人の助けとなるのが、会計ソフトです。

さまざまな申告書の作成も便利な機能で手間を省け、サポートも充実しています。

自分の仕事内容やPC環境にあわせて選ぶと面倒な確定申告も乗り切れるでしょう。

関連リンク:【2021最新版】インストール型の会計・確定申告ソフト、徹底比較まとめ【青色申告/白色申告、E-Taxにも】

7.フリーランスエージェントに登録しておく

フリーランスで絶対に避けたいのが仕事の受注が無くなるということです。

案件ゼロにならないために、積極的にエージェントサービスを使うとよいでしょう。

フリーランスエージェントは利用が無料のものが多いので、本格的にフリーランスになる前に登録しておいて、案件の相場や自分が受注できそうな仕事のイメージをつけておくのもオススメです。

フリーランスで案件ゼロにならないために!エージェントサービスを利用しよう

案件ゼロにならないエージェントサービス

フリーランスで絶対に避けたいのが仕事の受注が無くなるという事態です。

案件ゼロにならないために、積極的にエージェントサービスを使って案件を獲得しましょう。
おすすめのエージェントサービスは以下の3つです。

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズで一定の収入を確保しましょう。

ITプロパートナーズは週2、3日の案件から柔軟な働き方が出来て、仲介会社を挟まずに高単価な案件が多く、新しいトレンドの技術を取り入れることができる魅力的な案件が多いのが特徴です。

ITプロパートナーズで仕事を見つける

DYMテック

DYMテックなら幅広く、独自の案件を見つけることができます。

独自のネットワークにより、経営者層との直交渉が可能なため、社長と直接単価や条件の交渉ができます

スタートアップ企業から大企業まで幅広く、自分に合った案件を選ぶことができます。

DYMテックに登録してみる

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは高単価の案件を継続的に提案してくれます。

余分な手数料が発生しないため高単価を実現できて、フリーランスにとって難しい営業を代行してくれるなど、ありがたいサービスが充実しています。
レバテックフリーランスで案件を探す

まとめ

  • フリーランスに転身する前に「後悔しないためにすること6つ」を実践しよう
  • フリーランスになるのが不安を感じる人は、まず副業から挑戦するのがおすすめ
  • 仕事がない状況を避けるにはエージェントサービスを積極的に利用しよう

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top