Paranaviトップ ノウハウ お金 副業禁止の公務員でもFX取引できる!取引の際の注意点と始める流れ

副業禁止の公務員でもFX取引できる!取引の際の注意点と始める流れ

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「FXって公務員でも始められる?」

「隠れてコソコソ取引していたら罰則とかある?」

結論から言うと、公務員でもFX取引はできます。

このページで紹介する注意すべきポイント4つを十分に理解したうえで、FX生活をスタートさせましょう。

公務員におすすめのFX会社

FX取引は投資なので、副業禁止の公務員でも始められる

公務員は副業は禁止されていますが、冒頭で述べたようにFX取引は禁止されていません。

営利目的でする仕事やアルバイト、本業以外の仕事をすることは禁止されていますが、FXのような投資は「労働を伴わない経済活動」として、禁止されていないということになります。

FX以外でも、株式投資や一定の規模(5棟10室)以内の不動産経営による不労所得も禁止されていません。

公務員が営利目的の副業を無断で行なうと罰則がある

国家公務員も地方公務員もそれぞれ国家公務員法、地方公務員法によって、副業について明確な規定が法律で定められています。

違反すれば、懲戒、停職、減給、戒告の4つの処分を受ける可能性があります。

ただし、障害者や高齢者が交流するイベントの活動など営利目的でない公益的活動を無償で行う場合、もしくは活動にかかる費用以下の料金を受け取ることに関しては、届け出をすれば認められています。

公務員にFX取引がおすすめな理由2つ

FX公務員お薦め理由

FXの取引が公務員にオススメな理由は主に2つあります。

それぞれの理由を詳しく紹介します。

理由1.24時間取引ができるので、出勤前・後に取引しやすい

FXは株式投資と違い、平日の24時間いつでも取引ができます。

出勤前後の空き時間や帰宅後の時間などの就業時間以外の空き時間を使って取引することが可能です。

ただし、公務員は法律によって職務専任義務が定められているので、職務時間内に頻繁にチャートをチェックしたり、取引することは禁止されている私事行為に当たる可能性があるので、注意が必要です。

理由2.数千円程度の少額の投資額から取引できる

FXは少額から始められることが特徴です。

初心者なら1,000通貨からがおすすめで、4,000円から始めることができます。

大きな利益は出ませんが、損失を抑えることができるので初心者にはおすすめです。

1,000通貨なら1円動くと1,000円利益が出ます。3円動くと3,000円儲けることができますが、逆に反対方向に3円動く3,000円損します。

公務員がFX取引を始める方法は3STEP

FX公務員方法

FXの取引が公務員にオススメだと言うことは、理解いただけましたか?

この項目ではFXの始め方を紹介します。

STEP1.FX特有の基本用語を押さえる

FXには特有の専門用語があり、始める前に知っておきたいところです。

利益を出すためにも、損失を回避するためにもそれらの用語を知っておく必要があります。

何倍もの金額で取引を行うシステムであるレバレッジ、取引するための資本金である証拠金、損失が一定のラインに達した時に強制的に決済する制度であるロスカットなどは、最低限覚えておきたい用語です。

STEP2.FX会社で口座開設をする

FX会社での口座は、最短で即日開設ができます。

口座開設には、本人確認書類とマイナンバー確認書類が必要で、スマホで写真を撮ってアップロードするかメールで送る方法も、郵送やFAXで送ることも可能です。

WEB(郵送)でID・PWを確認したら、入金後取引を開始することができます。

STEP3.余剰資金を取引口座へ入金する

FX会社で口座開設がすめば、余剰資金を取引口座へ入金します。

大きく損失するリスクがあるので、生活費や非常時に残しておきたいお金ではなく、余剰資金で取引しましょう。

生活費などの必要な金額は手元の銀行口座に残しておき、しばらく使うことが無く減っても生活に影響がないお金をFX口座に入金します。

公務員におすすめのFX会社3選

FX公務員おすすめFXを始めようと考えている公務員でも使いやすい、オススメFX会社を3つ紹介します。

最短3分で申込完了!少額取引ができる「LINE FX」

LINE証券 FX口座開設
LINE FXでは、最短3分で申し込みが完了します。

また、LINE FXの公式LINEアカウントを友達追加すると、経済指標や通貨の価格変動の情報を簡単に受け取れます

LINEで通知を受け取り、すぐにFX専用の取引アプリで取引ができるため、取引チャンスを逃しません。

LINE FXでFX取引を始める

最短で当日取引可能!「DMM FX」

DMM FX
DMM FXは、各種手数料がかからないことで有名なFX会社です。

口座維持費や出金手数料など無料で、コストを気にせず安心して取引できます

最低取引単位が10,000通貨(40,000〜50,000円)と高めですが、デモ取引ができるので無料でFXにチャレンジできますよ!

DMM FXでFX取引を始める

少額取引がしやすい「みんなのFX」

みんなのFX

みんなのFXは、全通貨単位が少額(4,000円程度)から取引できます。

また取引にかかる取引手数料や口座開設費もかかりません。

また、全国約340の金融機関に対応しているので口座開設後、スムーズに入金して取引を始められるでしょう。

みんなのFXで取引を始める

副業禁止の公務員がFX取引する際の注意点4つ

FX注意点

公務員にはFXが認められています。

しかし冒頭で述べたように注意点もあるので、取引を始める前に確認しましょう。

注意点1.公務中にFX取引をしない

公務員は勤務時間中は、職務にのみ従事しなければならないと法律で定められています。

勤務時間中の私用メールも、程度や態様によっては懲戒処分の対象となり得ることがあります。

公務中のFX取引は、国家公務員法第101条の職務に専念する義務違反になる可能性があります。

注意点2.信用失墜行為をしない

職務専念義務違反同様に信用失墜行為も違反となります。

勤務時間外や有給休暇中であっても、FXで借金をしたり仕事の遂行に影響が出るようなことは避けなければなりません。

国家公務員法第99条の信用失墜行為違反にあたる可能性があります。

注意点3.20万円を超える利益が出たら、必ず確定申告をする

FXの利益が20万円を超えると確定申告をしなければなりません。

確定申告をしなければ、無申告加算税などのペナルティが課せられます。

FX取引で得た利益は、雑所得として20.315%の税金がかかります。

逆に損失が出たならば、最大3年間繰り越して控除することができます。

注意点4.インサイダー取引をしない

公務中に得た独自情報を元に株取引をしたり、外部に漏らしてはいけません。

インサイダー取引はさらに重い罰が課せられる可能性があります。

実際に、公務員が株式のインサイダー取引で懲役刑になった事例もあるので、細心の注意が必要です。

公務員のFX取引に関するQ&A

FX公務員QA

Q1.公務員がばれないようにFX取引する方法はある?

FX取引で20万円以上の利益がある人は、稼いでいることが職場にばれてしまうことがあります。

なぜなら、ほとんどの人が選択している住民税の特別徴収で翌年の給与から天引きされるからです。

特別徴収を普通徴収に変更し、自ら納付すれば職場でFX取引がばれないようにすることができます。

Q2.公務員がFX取引するには会社からの許可が必要なの?

FX取引で利益を得ることは、公務員に禁止されている兼業には当たりません。

営利企業以外の役員などの兼業する場合にはすべて上司の許可が必要となりますが、FX取引は「労働を伴わない経済活動」のため禁止されていません。

「労働を伴わない経済活動」には、上司の許可は基本的に必要ありません。

まとめ

  • 公務員もFX取引はできる
  • ただ公務中にFX取引をしたり、FXで借金をしたり、仕事の遂行に影響が出るようなことは絶対にNG
  • また利益が20万円以上になったら絶対に確定申告をすること

 

 

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top