Paranaviトップ お仕事 転職 しんどい転職活動を終わらせたい!楽になる乗り越え方としんどい理由を分析

しんどい転職活動を終わらせたい!楽になる乗り越え方としんどい理由を分析

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

編集部オススメの
転職エージェントを見る

「頑張っているのに報われない」

「本当に転職できるのか不安」

転職活動中は先の見えないゴールに、しんどい思いをすることが多い。

理想の転職先をみつけるためにも、乗り越えなければならないと分かってはいても辛いですよね。

そんな辛さを少しでも軽減できるように、転職のしんどさを乗り越えるコツをまとめました。

しんどい転職活動を乗り越えて、理想の未来を手に入れよう

転職活動がなかなかうまくいかず、将来への不安や焦りなどから「しんどい」と思い悩む時期は、誰にでも訪れます。

転職活動中に漠然とした不安や終わりのないやるせなさを抱えて日々を過ごすのは本当に辛いものです。

今回はしんどい転職活動が少しでもラクになるように転職の乗り越え方やおすすめの転職活動の方法を紹介します。

理想の未来を手に入れるために、もう少しだけ転職活動を踏ん張ってみませんか。

転職が「しんどい、辛い」と感じるのはなぜ?

そもそも、なぜ「転職活動を辛い、しんどい」と感じるのでしょうか。

転職活動は自分の人生に大きな影響を与える重要な決断であり、日本精神神経学会の「出来事のストレス評価」によると、男女ともに上位11位で高いストレスを感じる項目に、転職がランクインしています。

つまり、転職は誰にとっても大きなストレスになり得るものなのです。

しかし、転職活動は永遠に続くものではありません。

だからこそ、自分に合う転職方法を見つけることで少しでもストレスを減らし、理想の転職先を見つけましょう。

【パターン別】「転職活動がうまくいかない、しんどい」と感じたときの原因と対処法

転職活動がしんどいときの原因と対処法転職活動をする中で「しんどい」と思う時期や感じ方は人それぞれです。

転職活動においてしんどいと感じる時の乗り越え方や心をラクにする考え方を知っておきましょう。

パターン1.不採用の連絡に落ち込む

面接で不採用通知が届くと、どうしても落ち込んでしまいます。

転職活動中は、複数の企業とやり取りをするのが一般的です。

しかし、同時に複数の企業から次々に不採用通知が届くと、自分が「必要ない」と言われているようで自信を失ってしまうこともあるでしょう。

不採用通知が届くことで気分が落ち込み、自信を失うとメンタルが不安定になってしまうこともあるでしょう。

不採用通知は「あなた」の人格を否定するものではない

不採用通知が続くと、自分自身を否定されたような気持ちに陥ってしまう人は多いでしょう。

しかし、不採用通知は「あなた」の人格を否定するものでは決してありません。

よく耳にする転職成功談のように、簡単に転職できた!というケースは珍しいです。

何十社も応募し、やっと採用が決まったというケースが一般的でしょう。

仮に、不採用通知が続いてもごく自然なことだと思い、気持ちを切り替えて挑み続けることが大事です。

パターン2.ゴールが見えないことによる焦りや不安

転職活動が長引くと自分の将来に対して漠然と不安になることもあるでしょう。

「このまま就職できないかもしれない」「きちんと就職できるかな」など、焦る気持ちからネガティブな気持ちであふれてしまいます。

ときには焦りや不安な気持ちで、転職活動に身が入らないこともあるでしょう。

先行きが不透明で不安な気持ちが強まった時はいったん落ち着いてから考えるようにしましょう。

対処法1.転職活動に疲れたらいったん活動を休む

転職活動のために焦りや不安でいっぱいになってしまった時は、原因である転職活動を1度ストップすることも大切です。

ネガティブな気持ちのままで、転職活動を続けると、心も体も疲れ切ってしまいます。

場合によっては、焦る気持ちから転職活動自体がおざなりになる可能性もあるでしょう。

転職活動に疲れたら、いったんお休みをして自分の考えを整理したり、好きなことをして過ごしたりするなどで転職活動から離れてみましょう。

転職は、自分の人生を左右する大きな出来事です。

対処法2.焦りや不安を自分1人で抱え込まない

焦りや不安な気持ちは、自分だけで抱え込まないことが重要です。

自分1人で抱え込むと、同じことを考え、どんどん暗い気持ちになってしまいます。

ときには、家族・友人・知人に自分の気持ちを吐き出してスッキリできる場所を作りましょう。

また転職相談に乗ってくれる、プロのキャリアコンサルタントに悩みを打ち明けるのも、一つの手です。

あなたのキャリアの悩みを一か月間でとことん解決してくれる「きづく。転職相談」がとくにオススメ

「悩んでしまい、自分の将来が分からない」

「本当に転職がうまくいくかどうか不安」

そんな人は、キャリアコーチングサービスの「きづく。転職相談」で相談してみてはいかがでしょうか?

なぜなら「きづく。転職相談」は、転職してもらうことを目的としていないサービスなので、転職エージェントで失敗した人でも安心して相談できるからです。

キャリアの専門家が、あなただけの“理想の未来”づくりに1カ月のあいだ集中的にコミットしてくれますよ。

「きづく。転職相談」で無料相談する

対処法3.自己分析をしてみる

ゴールが見えない悩みを解決するには、自己分析をしてみましょう。

なぜなら自分のことを理解したうえで選考企業に自分をアピールすることが、転職の成功ためのコツだからです。

転職活動に役立つリクナビNEXTの無料の自己分析ツール「グッドポイント診断」がオススメです。

診断に答えるとあなたの強みが判明するので、きっとあなたの転職活動にも役立てます。

c.パターン3.長引く転職活動でお金がない

前の会社を退職し、転職活動を行う場合、転職活動が長引くほどにお金の問題が発生するでしょう。

退職後、少なくとも半年は収入がゼロですが、生活費以外にも保険料や年金を支払う必要があります。

貯蓄が減ると、今後の生活はどうなるんだろうという不安・焦りが起こり、妥協で転職先を選んでしまう可能性も考えられます。

短期や単発の仕事をしながら転職活動をしよう

転職活動の妨げにならない程度に働き、収入を得ながら転職活動を進めましょう。

たとえば、短期の派遣やアルバイト・単発の仕事がおすすめです。

希望している職種と近い仕事なら経験にもなり、同業種の転職であればブランクを埋めることもできるでしょう。

ただ、あくまでも転職活動を優先させながら生活に必要な最低限の費用を稼ぐようにしましょう。

現在失業中で転職活動をしていて、まだ失業保険の申請をしていない場合には最短1日!失業保険の『求職活動の実績』の作り方と4つの注意点」に目を通してみてくださいね。

 d.パターン4.在職中のため、転職活動に割く時間がつくれない

在職中の転職の場合、在職中の仕事や日常生活のために転職活動に割く時間がとれず、しんどい思いをすることが多くあります。

たとえ面接にこぎつけたとしても、面接自体が平日に昼間に設定されることが多いため、在職中の方には時間が作りづらいこともあるでしょう。

在職中に時間を作るには有休を使うのがベスト

忙しい中で転職活動のために時間を無理やり作るのは、睡眠不足に陥ったり強いストレスを感じたりするのでおすすめできません。

ときには体調不良につながり、転職活動はおろか現職のパフォーマンスの低下につながる恐れもあります。

在職中で転職活動を行う場合はできるかぎり、有休を使うのがベストです。

職場の目が気になり、有休が取りにくい場合もありますが、転職は自分の人生を左右する大きな決断です。

せっかくの有休は上手く活用して、効率的に転職活動を進めましょう。

有給休暇を取得するポイント

転職活動中に有給休暇を取得するためのポイントをまとめました。

①休んだ分、周囲に迷惑がかからないようにすること

他の従業員に仕事のしわ寄せができるだけいかないように気を付け、しょっちゅう休むと周囲も良い顔はしないことを理解しておきましょう。

②すぐにバレる嘘はつかないこと

有休を取得する際は詮索されにくく、すぐにバレることのない理由がおすすめです。

基本的には「家庭の事情による都合」にしておくと、在職中に気まずい思いをしにくいでしょう。

有給取得を拒否された場合は開き直ってしまうこと

もし有休を取ることを拒否されても、「これから転職するのだ」と会社に見切りをつけ、開き直るのもひとつの方法です。

なぜなら、有休の取得は労働する人の権利だからです。

転職活動をする際は、周囲の目を気にしすぎないことでスムーズに転職活動ができるでしょう。

パターン5.社内でバレずに転職活動をするのが難しい

普段と違う服装をしていると、面接に行くのがバレやすかったり、難しかったりするでしょう。

特に、朝の忙しい時間で面接に行ける服装や身だしなみを整えて出社するのも一苦労です。

普段と異なる服装で仕事をする状況に慣れるだけでも、人によっては大きなストレスに感じてしまうかもしれません。

Ⅰ.面接日に限定せず、普段から面接に行けそうな服装をする

面接日に限らず、日常から面接にいけそうな清潔感のある格好をして服装に慣れておきましょう。

かばんや髪型、服装はもちろん、女性の場合はメイクもナチュラルな雰囲気に変えるのがおすすめです。

仮に、同僚や上司から「いつもと違うね」と言われても、毎日同じような服装を続ければ「イメチェンしたんだ」と思ってもらえるのでスムーズに転職活動を進められるでしょう。

プロの転職エージェントに辛い転職をサポートしてもらう

エージェントに転職をサポートしてもらう自分の人生とはいえ、1人で転職活動を続けるのは誰でもしんどいと感じるでしょう。

だからこそ、無料で利用できる「転職エージェント」を頼ってみるのがおすすめです。

転職エージェントとは、選任のキャリアアドバイザーが自身の経歴やスキル・希望する条件から自分に合う求人を紹介してくれるなど、転職活動を力強くサポートしてくれるサービスです。

多くの人の転職活動をサポートしてきた転職エージェントだからこそ、家族や友人に相談しづらいこともしっかり相談でき、スムーズに転職活動が進められるかもしれません。

初めてでも利用しやすい!大手総合型転職エージェント3選

転職が初めてという方でも利用しやすいのが、総合型転職エージェントです。

総合型の転職エージェントにもさまざまなサービスがありますが、おすすめの3社は以下です。

案件紹介サイト 求人数が豊富 サポート体制 地方での就職への対応
リクルートエージェント
dodaエージェント
マイナビエージェント

1.リクルートエージェントは地方求人にも強い!

リクルートエージェントは、日本トップクラスの求人数を扱っている総合型転職エージェントです。

数が多いということは、それだけ多種多様な求人もあるのが大きな強みです。

また、他の求人エージェントでは扱っていない職種が見つけられることも多く、転職エージェント選びで迷っている場合はまずここで相談してみると良いでしょう。

リクルートエージェントは地方求人にも強く、地域密着型の企業のほか、Uターン・Iターンの求職者に対しても網羅した情報を持っていることも特徴です。

リクルートエージェントに相談してみる

2.doda転職エージェントは国内最大級の総合型転職エージェント

doda転職エージェントは、国内最大級の総合型転職エージェントです。

地方・年齢層・職種など、非常に幅広い求人が揃っていることが特徴で、転職に関するイベントが数多く開催されています。

自身の経歴を登録し、情報をもとに企業からアプローチしてもらえる「スカウト機能」があるため、自分で転職先を探すだけでなく、有利な転職を進められる可能性も高いでしょう。

dodaに相談してみる

3.マイナビエージェントは初めての転職におすすめ

マイナビエージェントは転職の未経験者へのサポート体制が充実していることで知られており、初めての転職活動を進めている方におすすめです。

転職先を見つけるだけでなく、内定後の手続きなども含めて丁寧にサポートしてくれるのが特徴です。

また、マイナビエージェントでは保有している求人数の約8割が非公開求人なので、登録後に案件が見つかることも多く、ほかの転職エージェントと並行した利用がおすすめです。

マイナビエージェントに相談する

転職がしんどい時にやってはいけないこと3つ

転職活動がしんどいときにやってはいけないことここまで転職活動がつらいときの乗り越え方をまとめてきました。

転職活動がしんどいときにやってはいけないことは以下です。

1.焦って転職先を決める

なかなか転職先が決まらないという焦りから「ここでいいや」と妥協して転職先を決めるのはやめましょう。

妥協で決めた転職先に入社をすると、入社後に後悔する可能性が高くなります。

転職活動を早く終わらせたいという気持ちが先行して、転職すること自体が目標になってしまいがちです。

しかし、転職活動がうまくいかずに焦ったときほど、「なぜ転職したかったのか」を考えると転職先とのミスマッチを防ぎやすいでしょう。

2.1社の応募に時間をかけすぎない

転職活動は時間がかかるものなので1社の応募に時間をかけすぎるのはおすすめしません。

なぜなら、理想の転職先を見つけるために応募する企業の数は人によって様々だからです。

同時期に複数の求人に応募して、採用通知が来た中からベストを選ぶのが良いでしょう。

1社1社に時間をかけていると、その分思い入れも強くなるため、不採用通知が来たときのダメージが大きくなると考えられます。

時間がかかるという焦り、不採用通知のダメージなどを減らすためにも、効率良く転職先を見つけましょう。

c.3.転職について夜に考える

人間は夜になると、ネガティブ思考になりがちです。

夜はどんどん悪い方向へ考えてしまうため、転職活動についてを夜に考えると、日常生活にも悪い影響を与えてしまうことがあります。

夜に転職のことを考えると悪循環になりやすいため、早めに就寝して規則正しい生活を心がけましょう。

生活リズムが整うと、自然と気持ちも前向きになりやすいため、理想の転職先に巡り合うチャンスも生まれやすくなります。

転職活動がしんどい時期に関するQ&A

転職活動がしんどい時期に関するQ&Aは以下です。

Q1.離職期間が長引くと転職に不利になる?

働いていない離職期間が長くなると転職で不利になるのでは?と心配になる人も少なくありません。

しかし、離職期間が長引いても離職期間に対する十分な理由を面接で説明できれば、大きな不利にはならないでしょう。

転職活動を再開させたときに次の3つのポイントを伝えられるようにしておきましょう。

  1. 離職期間中に力を入れて取り組んだことはなにか
  2. 離職期間を通じて、自分がどのように成長できたか
  3. 自分にとって離職期間はどのようにプラスになったのか

また、今後のキャリアビジョンや将来への展望を正確に伝えられると、離職期間のマイナスイメージをカバーできるでしょう。

Q2.転職エージェントは総合型しかないの?

転職エージェントは総合型だけでなく、業界に特化した転職支援サービスもあります。

たとえば、女性の転職、地方でのUターン転職、IT企業や金融業界などの特定の職種や業界に特化した求人のみを扱うなどです。

自分の方向性がはっきりしている場合、豊富な求人がある総合型転職エージェントと特化型の転職エージェントを併用しましょう。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたいというひとは転職エージェントを複数登録すべき3つの理由|有効的な使い分け方法に目を通してみてくださいね。

まとめ

  • 転職成功談のように、すぐに転職が決まるケースの方が少ない
  • しんどい時は、思い切って転職活動を一旦お休みしてみるのも大事
  • 「転職エージェント」の利用は辛い転職活動を支えてくれるのでおすすめ

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top