Paranaviトップ 未分類 しんどい転職活動を終わらせたい!楽になる乗り越え方としんどい理由を分析

しんどい転職活動を終わらせたい!楽になる乗り越え方としんどい理由を分析

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

編集部オススメの
転職エージェントを見る

「頑張っているのに上手くいかない」

「何社も落ちた……本当に転職できるのか不安」

先の見えないゴールに、しんどい思いをすることも多い転職活動。

理想の転職先をみつけるためには乗り越えなければならない壁だ、と分かってはいても辛いものです。

ここでは、転職活動のしんどさを乗り越えるコツをしんどいと感じるパターン別にまとめました。

あなたのしんどさのパターンに合った対処法で、少しでも辛さを軽減できるよう、参考にしてみてくださいね。

\長引く転職をプロに相談するなら

サービス求人数おすすめ利用者利用無料詳細

公式サイトを見る

第二新卒・既卒・フリーターなど20代〜30代

公式サイトを見る


10万件

全世代

公式サイトを見る


7万件

20代〜30代


※年収はリクルートエージェントの「転職実績データ」とdodaの転職で年収アップするのはこんな人 年収アップ成功者に見る傾向と対策を参考。

転職が「しんどい、辛い」と感じる理由

そもそも、なぜ「転職活動を辛い、しんどい」と感じるのでしょうか。

転職活動は自分の人生に大きな影響を与える重要な決断であり、日本精神神経学会の「出来事のストレス評価」によると、男女ともに上位11位で高いストレスを感じる項目に、転職がランクインしています。

つまり、転職は誰にとっても大きなストレスになり得るものなのです。

しかし、転職活動は永遠に続くものではありません。

だからこそ、自分に合う転職方法を見つけることで少しでもストレスを減らし、理想の転職先を見つけましょう。

しんどい転職活動を乗り越えて、理想の未来を手に入れよう

転職活動がなかなかうまくいかず、将来への不安や焦りなどから「しんどい」と思い悩む時期は、誰にでも訪れます。

転職活動中に漠然とした不安や終わりのないやるせなさを抱えて日々を過ごすのは本当に辛いものです。

ここからは、しんどい転職活動が少しでもラクになるように転職の乗り越え方やおすすめの転職活動の方法を紹介します。

【パターン別】転職活動がうまくいかず「しんどい」と感じたときの原因と対処法

転職活動がしんどいときの原因と対処法転職活動をする中で「しんどい」と思う時期や感じ方は人それぞれです。

転職活動においてしんどいと感じる時の乗り越え方や心をラクにする考え方を知っておきましょう。

あなたのしんどい理由により近いものから、チェックしてみてくださいね。

パターン1.不採用の連絡に落ち込む

書類審査や面接などで不採用通知が届くとどうしても落ち込んでしまうものです。

転職活動中は複数の企業とやり取りをするのが一般的ですが、同時に別の企業から次々と不採用通知が届くと、自分が「必要ない」と言われているようで自信を失ってしまうこともあるでしょう。

不採用通知が届くことで気分が落ち込み、自信を失うとメンタルが不安定になりしんどいと感じるようになります。

POINT!不採用通知は「あなた」の人格を否定するものではない

不採用通知が続くと、自分自身を否定されたような気持ちに陥ってしまう人は多いです。

しかし、不採用通知は「あなた」の人格を否定するものでは決してありません

よく耳にする転職成功談のように、簡単に転職できた!というケースは珍しく、何十社も応募しやっと採用が決まったというケースが一般的でしょう。

仮に、不採用通知が続いても「この会社とは合ってなかっただけ」と思い、気持ちを切り替えて挑み続けることが大事です。

パターン2.ゴールが見えないことによる焦りや不安でしんどい

転職活動が長引くと自分の将来に対して漠然と不安になることもあるでしょう。

「このまま就職できないかもしれない」「きちんと就職できるかな」など、焦る気持ちからネガティブな気持ちであふれてしまいます。

ときには焦りや不安な気持ちで、転職活動に身が入らないこともあるでしょう。

先行きが不透明で不安な気持ちが強まった時はいったん落ち着いてから考えるようにしましょう。

対処法1.転職活動に疲れたらいったん活動を休む

転職は、自分の人生を左右する大きな出来事です。

ですが、転職活動のために焦りや不安でいっぱいになってしまったときは、原因である転職活動を1度ストップするのが一番です。

ネガティブな気持ちのままで、転職活動を続けると、心も体も疲れ切ってしまいます。

場合によっては、焦る気持ちから転職活動自体がおざなりになる可能性もあるでしょう。

転職活動に疲れたら、いったんお休みをして自分の考えを整理したり、好きなことをして過ごしたりするなどで転職活動から離れてみましょう。

対処法2.自己分析をしてみる

ゴールが見えない悩みを解決するには、自己分析をしてみましょう。

なぜなら自分のことを理解したうえで選考企業に自分をアピールすることが、転職の成功ためのコツだからです。

たとえば、転職活動に役立つリクナビNEXTの無料の自己分析ツール「グッドポイント診断」がオススメです。

診断に答えるとあなたの強みが判明するので、きっとあなたの転職活動にも役立てます。

対処法3.焦りや不安を一人で抱えず誰かに相談する

焦りや不安な気持ちは、自分だけで抱え込まないことが重要です。

自分1人で抱え込むと、同じことを考え、どんどん暗い気持ちになってしまいます。

ときには、家族・友人・知人に自分の気持ちを吐き出してスッキリできる場所を作りましょう

また転職相談に乗ってくれる、プロのキャリアコンサルタントに悩みを打ち明けるのも、一つの手です。

あなたのキャリアの悩みを一か月間でとことん解決してくれる「きづく。転職相談」がとくにオススメ

「悩んでしまい、自分の将来が分からない」

「本当に転職がうまくいくかどうか不安」

そんな人は、キャリアコーチングサービスの「きづく。転職相談」で相談してみてはいかがでしょうか?

なぜなら「きづく。転職相談」は、転職してもらうことを目的としていないサービスなので、転職エージェントで失敗した人でも安心して相談できるからです。

キャリアの専門家が、あなただけの“理想の未来”づくりに1カ月のあいだ集中的にコミットしてくれますよ。

きづく。転職相談で相談する(無料)

パターン3.長引く転職活動でお金がない

前の会社を退職してから転職活動を行う場合、転職活動が長引くほどにお金の問題が発生するでしょう。

退職後は、収入のない中で生活費以外にも保険料や年金を支払う必要があります。

貯蓄が減ると、今後の生活はどうなるんだろうという不安・焦りが起こり、妥協で転職先を選んでしまう可能性も考えられます。

対処法1.失業保険は確実に受け取ろう

現在失業中で転職活動をしていてまだ失業保険の申請をしていない場合には、まずは失業保険を受け取ることが最優先です。

失業保険を受け取るためには、雇用保険に一定期間加入していることや転職活動を積極的に行っていることなどが条件になります。

失業保険は、税金もかからず返金する必要もないうえ、再就職して再度雇用保険に加入すればまた受け取ることができます。

転職活動をしている方が、安定した生活を送りながら一日でも早く就職するために給付されるお金ですので、確実に受け取りましょう

詳しい受け取り方は、最短1日!失業保険の『求職活動の実績』の作り方と4つの注意点」に目を通してみてくださいね。

対処法2.短期や単発の仕事をしながら転職活動をしよう

転職活動の妨げにならない程度に働き、収入を得ながら転職活動を進めましょう。

たとえば、短期の派遣やアルバイト・単発の仕事がおすすめです。

希望している職種と近い仕事なら経験にもなり、同業種の転職であればブランクを埋めることもできるでしょう。

ただ、あくまでも転職活動を優先させながら生活に必要な最低限の費用を稼ぐようにしましょう。

パターン4.在職中のため、転職活動に割く時間が作れない

在職中の転職の場合、在職中の仕事や日常生活のために転職活動に割く時間がとれず、しんどい思いをすることが多くあります。

たとえ面接にこぎつけたとしても、面接自体が平日に昼間に設定されることが多いため、在職中の方には時間が作りづらいこともあるでしょう。

対処法1.在職中の転職活動は有休内に納めるのがベスト

在職中で転職活動を行う場合はできるかぎり、有休を使うのがベストです。

忙しい中で転職活動のために時間を無理やり作るのは、睡眠不足に陥ったり強いストレスを感じたりするのでおすすめできません。

ときには体調不良につながり、転職活動はおろか現職のパフォーマンスの低下につながる恐れもあります。

職場の目が気になり有休が取りにくい場合もありますが、転職は自分の人生を左右する大きな決断ですので、後悔のないように有休を上手に活用して、効率的に転職活動を進めましょう

有給休暇を取得しやすくするコツ

  1. 休んだ分は、周囲に迷惑がかからないようにする
    他の従業員に仕事のしわ寄せができるだけいかないように気を付け、しょっちゅう休むと周囲も良い顔はしないことを理解しておきましょう。
  2. すぐにバレる嘘はつかない
    有休を取得する際は詮索されにくく、すぐにバレることのない理由がおすすめです。
    基本的には「家庭の事情による都合」にしておくと、在職中に気まずい思いをしにくいでしょう。
  3. 有給取得を拒否された場合は開きなおる
    もし有休を取ることを拒否されても、「これから転職するのだ」と会社に見切りをつけ、開き直るのもひとつの方法です。
    なぜなら、有休の取得は労働する人の権利だからです。

対処法2.転職エージェントに手伝ってもらう

以下のような転職活動の一部を転職エージェントに代わりにやってもらうことで、在職中でも効率的かつ負担も少なく転職活動を進められます

  • 自分に合った転職先探し
    転職エージェントが、あなたのスキル・条件・経歴などに合った転職先を見つけて紹介してくれる
  • 希望企業とのやりとり
    転職エージェントに企業との面談日時の設定、給与などの条件のすり合わせの代行を頼める
  • 応募書類の添削、面談の練習
    各企業に合った書類の作成、面談対策をお願いできる

多くの転職者を見てきた転職エージェントのアドバイザーは転職のプロですので、質の高いサポートを受けることができます。

記事後半の「初めてでも利用しやすい!大手総合型転職エージェント3選」では、おすすめの転職エージェントを紹介していますので、参考にしてくださいね。

パターン5.社内でバレずに転職活動をするのが難しい

普段と違う服装をしていると、面接に行くのがバレやすかったり、難しかったりするでしょう。

特に、朝の忙しい時間で面接に行ける服装や身だしなみを整えて出社するのも一苦労です。

普段と異なる服装で仕事をする状況に慣れるだけでも、人によっては大きなストレスに感じてしまうかもしれません。

対処法.面接日に限定せず、普段から面接に行けそうな服装をする

面接日に限らず、日常から面接にいけそうな清潔感のある格好をして服装に慣れておきましょう。

かばんや髪型、服装はもちろん、女性の場合はメイクもナチュラルな雰囲気に変えるのがおすすめです。

仮に、同僚や上司から「いつもと違うね」と言われても、毎日同じような服装を続ければ「イメチェンしたんだ」と思ってもらえるのでスムーズに転職活動を進められるでしょう。

転職のプロ「転職エージェント」のサポートで転職の負担を軽減しよう

エージェントに転職をサポートしてもらう自分の人生とはいえ、1人で転職活動を続けるのは誰でもしんどいと感じるでしょう。

だからこそ、無料で利用できる「転職エージェント」を頼ってみるのがおすすめです。

転職エージェントは、選任のキャリアアドバイザーが自身の経歴やスキル・希望する条件から自分に合う求人を紹介してくれるなど、転職活動を力強くサポートしてくれるサービスです。

転職のプロに転職について相談できるうえ転職活動の一部を代わりにやってもらえるため、時間的にも精神的にも負担が軽減できます

多くの人の転職活動をサポートしてきた転職エージェントだからこそ、家族や友人に相談しづらいこともしっかり相談でき、スムーズに転職活動が進められるでしょう。

初めてでも利用しやすい!大手総合型転職エージェント3選

転職が初めてという方でも利用しやすいのが、総合型転職エージェントです。

総合型の転職エージェントは、幅広い業種・職種の求人を扱っているため、とりあえず1つ登録しておくだけでいろいろな求人に触れることができます。

総合型の転職エージェントにもさまざまなサービスがありますが、とくにおすすめの3社をみていきましょう。

\長引く転職をプロに相談するなら

サービス求人数おすすめ利用者利用無料詳細

公式サイトを見る

第二新卒・既卒・フリーターなど20代〜30代

公式サイトを見る


10万件

全世代

公式サイトを見る


7万件

20代〜30代


※dodaの転職で年収アップするのはこんな人 年収アップ成功者に見る傾向と対策を参考。

1.DYM就職は経歴や学歴に自信が無い方におすすめ


「経歴に自信が無い……」「書類審査で落とされて転職活動がしんどい」

そんな方におすすめなのが、手厚いサポートが受けられるDYM就職です。

DYM就職は書類選考ナシで面接からはじめられるので、経歴に自信がなくても、長いブランクがあっても書類審査で落とされることがありません

DYM就職に求人を載せている企業は、未経験者OK・研修制度が整っている企業ばかりですので、ミスマッチなくあなたに合った転職先が見つかりますよ。

DYM就職に相談する

2.doda転職エージェントは国内最大級の総合型転職エージェント

doda

doda転職エージェントは、国内最大級の総合型転職エージェントです。

地方・年齢層・職種など、非常に幅広い求人が揃っていることが特徴で、転職に関するイベントが数多く開催されています。

自身の経歴を登録し、情報をもとに企業からアプローチしてもらえる「スカウト機能」があるため、自分で転職先を探すだけでなく、有利な転職を進められる可能性も高いでしょう。

dodaに相談してみる

3.マイナビエージェントは初めての転職におすすめ

マイナビエージェントは転職の未経験者へのサポート体制が充実していることで知られており、初めての転職活動を進めている方におすすめです。

転職先を見つけるだけでなく、内定後の手続きなども含めて丁寧にサポートしてくれるのが特徴です。

また、マイナビエージェントでは保有している求人数の約8割が非公開求人なので、登録後に案件が見つかることも多く、ほかの転職エージェントと並行した利用がおすすめです。

マイナビエージェントに相談する

転職がしんどい時にやってはいけないこと3つ

転職活動がしんどいときにやってはいけないことここまで転職活動がつらいときの乗り越え方をまとめてきました。

転職活動が辛いときには、周りが見えなくなり自分を追い込んでしまう行動をとることもあります。

ここでは、転職活動がしんどいときにやってはいけないことを紹介します。

  1. 焦って転職先を決める
  2. 1社の応募に時間をかけすぎない
  3. 転職について夜に考える

1.焦って転職先を決める

なかなか転職先が決まらないという焦りから「ここでいいや」と妥協して転職先を決めるのはやめましょう。

妥協で決めた転職先に入社をすると、入社後に後悔する可能性が高くなります。

転職活動を早く終わらせたいという気持ちが先行して、転職すること自体が目標になってしまいがちです。

しかし、転職活動がうまくいかずに焦ったときほど、「なぜ転職したかったのか」を考えると転職先とのミスマッチを防ぎやすいでしょう。

2.1社の応募に時間をかけすぎない

転職活動は時間がかかるものなので1社の応募に時間をかけすぎるのはおすすめしません。

なぜなら、理想の転職先を見つけるために応募する企業の数は人によって様々だからです。

同時期に複数の求人に応募して、採用通知が来た中からベストを選ぶのが良いでしょう。

1社1社に時間をかけていると、その分思い入れも強くなるため、不採用通知が来たときのダメージが大きくなると考えられます。

時間がかかるという焦り、不採用通知のダメージなどを減らすためにも、効率良く転職先を見つけましょう。

3.転職について夜に考える

人間は夜になると、ネガティブ思考になりがちです。

夜はどんどん悪い方向へ考えてしまうため、転職活動についてを夜に考えると、日常生活にも悪い影響を与えてしまうことがあります。

夜に転職のことを考えると悪循環になりやすいため、早めに就寝して規則正しい生活を心がけましょう。

生活リズムが整うと、自然と気持ちも前向きになりやすいため、理想の転職先に巡り合うチャンスも生まれやすくなります。

転職活動がしんどい時期に関するQ&A

転職活動がしんどい時期に関するQ&Aは以下です。

Q1.離職期間(ブランク)が長引くと転職に不利になる?

働いていない離職期間が長くなると転職で不利になるのでは?と心配になる人も多いでしょう。

結論、離職期間が長引いても離職期間に対する十分な理由を面接で説明できれば、大きな不利にはなりません。

転職活動を再開させたときに次の3つのポイントを伝えられるようにしておきましょう。

  1. 離職期間中に力を入れて取り組んだことはなにか
  2. 離職期間を通じて、自分がどのように成長できたか
  3. 自分にとって離職期間はどのようにプラスになったのか

また、今後のキャリアビジョンや将来への展望を正確に伝えられると、離職期間のマイナスイメージをカバーできるでしょう。

Q2.転職エージェントは総合型以外にどんなものがある?

転職エージェントは総合型だけでなく、一つのジャンル専門の特化型転職支援サービスもあります。

女性の転職、地方でのUIターン転職、IT企業専門、金融業界専門など、特定の職種や業界に特化したサービスや、転職者の属性・目的などでくくられたサービスもあります。

たとえば、CMなどで知名度の高いビズリーチは、「収入アップに特化」している転職支援サービスです。

自分の方向性がはっきりしている場合、豊富な求人がある総合型転職エージェントと特化型の転職エージェントを併用しましょう。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたいという方はおすすめの転職エージェント18社を徹底比較|業種・サービス別にランキング【プロ監修】に目を通してみてくださいね。

まとめ

  • 転職成功談のように、すぐに転職が決まるケースの方が少ない
  • しんどい時は、思い切って転職活動を一旦お休みしてみるのも大事
  • 「転職エージェント」の利用は辛い転職活動を支えてくれるのでおすすめ

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

飯田 瑞季
Writer 飯田 瑞季

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top