Paranaviトップ お仕事 働き方 条件が合えば単発で働ける!薬剤師が単発派遣の仕事を見つけるコツ

条件が合えば単発で働ける!薬剤師が単発派遣の仕事を見つけるコツ

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「薬剤師として、1日や数週間だけの単発で働きたいな」

「単発薬剤師として働ける仕事ってどうやって探せばいい?」

薬剤師の資格を活かして、短期間だけ働くことはできます。

今回は、単発薬剤師として働くメリット・デメリットや単発求人を見つけるコツをまとめました。

単発薬剤師として働きたい人は参考にしてみてくださいね。

単発や日雇い派遣とは「1日~数週間の短期間で雇用契約を結ぶ働き方」

単発や日雇い派遣とは
単発や日雇い派遣は通常の派遣社員とは異なります。

  • 通常の派遣社員:約数カ月間にわたり、雇用の定めがある
  • 単発や日雇い派遣:「30日以内かつ週20時間未満」の短期間の勤務

単発・日雇い派遣には「スポット派遣」や「短期契約派遣」といわれる契約が当てはまります。

単発や日雇いの派遣は原則禁止なので、条件を満たす必要がある

単発日雇い派遣は原則禁止
単発や日雇いの派遣は原則禁止されています。

よって、単発派遣をしたい人は該当条件を満たす必要があるでしょう。

なぜなら2012年10月以降、労働者派遣法改正が改正され、30日以内の短期間の契約による働き方は原則禁止されたからです。

単発派遣ができる条件は以下の通りです。

条件のどれか1つでも当てはまる人は単発派遣薬剤師として働けます。

単発薬剤師として働く条件

  • 60歳以上
  • 雇用保険の適用を受けない昼間学生
  • 本業の年間収入の額が500万円以上
  • 主たる生計者ではなく、世帯の年間収入額が500万円以上(夫または妻の年収が500万円以上の人)

単発薬剤師として働きたい人はまず条件に当てはまるかどうかを確認しましょう。

単発薬剤師の仕事内容は「投薬メイン」の場合が多い

単発薬剤師の仕事内容
派遣先にもよりますが、単発薬剤師の仕事は「投薬業務」がメインの場合が多いでしょう。

なぜなら、単発だと薬の場所や調剤器具の使い方を覚えるよりも、患者の待ち時間を減らせる投薬業務を行ってもらう方が効率的だからです。

たとえば、投薬業務をメインで行いつつ、空いた時間で薬歴を記入するという業務の流れが多いでしょう。

勤務先は調剤薬局や調剤薬局を併設したドラッグストアが一般的です。

単発薬剤師として働くメリット3つ

単発薬剤師の働くメリット
単発薬剤師として働くメリットは以下の3つです。

  • 好きなタイミングで働ける
  • 時給が高い
  • 職場の人間関係に悩む必要がない

メリット1.好きなタイミングで働ける

単発薬剤師の魅力は何といっても、自分の好きなタイミングで働けるという点です。

単発薬剤師は契約期間自体が短いので、そもそも勤務時間や日時を固定されません。

そのため、自分の好きな時間や空いている時間を利用して働けます。

メリット2.時給が高い

単発薬剤師の時給は、一般的に高時給といわれる派遣薬剤師よりも高くなることが多いです。

なぜなら単発薬剤師を募集している職場は「すぐにでも人員を確保しなければ業務が回らない」という状況が多いからです。

そのため多少時給は高くなったとしても即戦力となる人員確保を最優先に考えています。

時給3,000円以上になる募集も多く、地域や時期によっては時給が4,000円を超える場合もあります。

メリット3.職場の人間関係に悩む必要がない

単発薬剤師の場合、職場の人間関係に悩まされることもありません。

なぜなら、単発薬剤師は1つの職場にとどまる期間が短いからです。

職場に行って雰囲気が合わなかったり苦手な人がいたりしても、数週間でその職場に通う必要がなくなります。

仕事におけるストレスの原因の大半は人間関係といわれています。

単発薬剤師なら職場で長く付き合う人間関係はしないため、ストレスフリーで働けるでしょう。

単発薬剤師として働くデメリット3つ

単発薬剤師の働くデメリット
単発薬剤師として働くデメリットは以下の3つです。

  • 薬剤師としての経験やスキルがないと仕事を見つけられない
  • 単発の仕事だけだと、薬剤師としてのキャリアが積みにくい
  • 収入が安定しづらい

デメリット1.薬剤師としての経験やスキルがないと仕事を見つけられない

薬剤師として一人前の経験やスキルがないと、単発薬剤師としての採用は困難でしょう。

単発薬剤師を求める職場が欲している人材は、すぐに即戦力となる人です。

「数日や数週間でよいから業務を今まで通り回したい」こんな風に考えている求人先がほとんどなので、教育や研修制度どころではないのが現状です。

業務中に多少困ったことがあったら、自分で調べて解決できる人材でないと仕事を得にくいでしょう。

デメリット2.単発の仕事だけだと、薬剤師としてのキャリアが積みにくい

単発薬剤師の仕事内容は「投薬メイン」です。

もちろん投薬にも経験やスキルは必要ですが、単発薬剤師の仕事だけだと薬局全体の業務をこなすためのスキルは身に付かないでしょう。

薬剤師のキャリアが長くなると、管理薬剤師になれるレベルの知識や経験が求められるものです。

将来的に薬剤師としてのキャリアアップを図りたいのであれば、単発薬剤師を専業で行う方法はおすすめしません。

デメリット3.収入が安定しづらい

単発薬剤師は時給が高いですが、単発薬剤師の仕事だけでは安定した収入を獲得しづらい傾向があるでしょう。

単発薬剤師として働けるのは、あくまで求人があるときだけです。

働けるタイミングでも求人がなかったり、条件は良いけれど勤務地が遠すぎたりというミスマッチも多く起こります。

毎月安定した収入が必要な場合、単発薬剤師以外にもパートや派遣などを考える必要があるでしょう。

単発薬剤師が向いている人の特徴

単発薬剤師が向いている人の特徴
家族の扶養に入っていたり、ほかに安定した収入を持っていたりする場合、単発薬剤師として働きやすいでしょう。

たとえば「お小遣い稼ぎに数日だけ働きたい」「休みの日に他の職場も経験したい」など、職場に求める条件を満たす仕事を見つけやすいかもしれません。

また、単発薬剤師を求める職場はかなり忙しい職場も多いため、「知識やスキルを活かしてもっとバリバリ働きたい」という人におすすめです。

単発薬剤師向けの求人を見つけるコツ

単発薬剤師向け求人を見つけるコツ
単発薬剤師向けの求人を見つける方法は以下の通りです。

  1. 単発案件の取り扱いがあるエージェントサービスに登録する
  2. 複数のエージェントサービスに登録しておく

コツ1.単発案件の取り扱いがあるエージェントサービスに登録する

単発案件の取り扱いがあるエージェントサービスへ登録しましょう。

薬剤師の求人サイトは多数ですが、単発案件に強いサービスを選ぶと安心です。

登録しても一向に求人情報がこない場合もあるため、単発案件に強い求人サイトに登録しましょう。

コツ2.複数のエージェントサービスに登録しておく

求人サイトに登録する際は1社だけでなく複数のエージェントサービスに登録しましょう。

サービスごとに取り扱う求人が異なるため、広告費をかけられない求人先の場合、1社のサービスにしか掲載されていない可能性もあります。

複数のサービスに登録しておくと、求人の取りこぼしを防げるでしょう。

派遣会社は2~3社のサービスに登録し、こまめにチェックするのがおすすめです。

単発で働きたい薬剤師におすすめの求人サイト3選

単発で働きたい薬剤師おすすめの求人サイト
単発で働きたい薬剤師におすすめの求人サイトは以下の3社です。

1.リアルタイムで求人メールを受け取れる!「アプロ・ドットコム」

アプロ・ドットコムは、いち早く単発求人を見つけたい人におすすめです。

アプロ・ドットコムの「単発求人プレミアクラブ」に会員登録しておけば、希望エリアの単発求人をリアルタイムにメールで受け取れるでしょう

場合によって、公開前の単発求人情報を得るチャンスもあります。

登録時は初回勤務時の時給がアップする「時給200円アップクーポン(有効期限なし)」がもらえるため、初回勤務時は提示されている時給+200円で働けるでしょう。

アプロ・ドットコムで高単価案件を見つける

2.単発でも「薬剤師賠償責任保険」を派遣会社が負担してくれる「ファル・メイト」

ファル・メイト

単発の薬剤師として働く場合、社会保険や福利厚生を負担してくれる派遣会社は少ないでしょう。

しかし、ファル・メイトなら単発1日の仕事でも「薬剤師賠償責任保険」が適用されます。

よって万が一、勤務中に投与ミスや人為的なトラブルが起こしても、保証を受けられるので安心です。

また、関西と関東エリアでは最低時給2,800円が保証されていたり、エキスパート薬剤師制度を活用すると高時給を目指せたりします。

ファル・メイトは単発でも、高時給を目指して働きやすい環境が整っているでしょう。

ファル・メイトで高単価案件を見つける

3.短時間勤務できる案件が豊富な「ファルマスタッフ」

ファルマスタッフ

短時間勤務の案件を豊富に掲載しているファルマスタッフなら、希望の条件にぴったりの求人を見つけやすいです。

たとえば「扶養内で働きたい」「数カ月限定で働きたい」「Wワークで働けるのは土日だけ」など、短時間勤務に求める条件は人によって変わります。

ファルマスタッフは短時間勤務の求人が豊富なので、希望の条件を地域密着コンサルタントに相談してみましょう。

ファルマスタッフで単発案件を見つける

単発派遣の薬剤師に関するQ&A

単発薬剤師に関するQA
単発派遣の薬剤師に関するQ&Aは以下の通りです。

Q1.そもそも派遣とアルバイトって何が違うの?

派遣とアルバイトにおける違いは雇用主と勤務先が同じかどうかです。

アルバイトの場合、雇用主は勤務先ですが、派遣の場合は登録している派遣会社が雇用主となります。

派遣社員が派遣先とやり取りする必要がある場合、派遣会社を通して行う必要があります。

よって、福利厚生の手続きや勤務時間のやり取りは、勤務先ではなく派遣会社と行います。

Q2.単発薬剤師の求人は長期で働く求人と比較して、求人数が少ないってホント?

単発求人の数はもともと少ないので、派遣求人が多いサイトに複数登録して探しましょう。

単発求人は広告掲載、求職者探しなど、通常の求人と同様の手間がかかります。

なぜなら、単発求人はすぐに次の人を探さなければならず、費用対効果が悪いからです。

複数の派遣求人サイトに登録し、こまめにチェックしておけば、求人数が少ない単発求人を見つけやすいでしょう。

まとめ

  • 単発派遣は原則禁止なので、単発で働くためには条件を満たす必要がある
  • 1日などの単発だと福利厚生や社会保険が適用されない場合があるので、事前に確認しておく
  • 単発薬剤師として働く場合、投薬業務がメインになる場合が多い

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top