Paranaviトップ お仕事 メンタル 本気で人生を変える方法と1歩踏み出すときの注意点

本気で人生を変える方法と1歩踏み出すときの注意点

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「本気で人生を変えたいけど、どうしたらいいんだろう?」

「人生を変えたいと思っても、なかなか決意が長続きしない」と悩む人も多いでしょう。

今回は人生を変えたいと思ってもすぐに変われない理由を整理し、人生を理想に近づけるために実践すべき方法を紹介します。

本気で今すぐに人生を変えたい人は「心機一転!人生を大きく変える方法」に目を通してみてくださいね。

じつは約60%の人が自分の人生に満足していない

PGF生命が2017年に行った調査では約60%の人が自分の人生に満足していないという結果でした。

とくに、仕事の報酬や仕事内容、収入と貯蓄額には約半数以上の人が満足していませんでした。

また、シニア世代で人生に満足していないと答えたのは40%弱である一方、30代の男女は約60%以上満足していないと回答しています。

人生を変えたいのになかなか変われない理由

人生を変えたいのにかわれない理由人生を変えたいと思う人も多いでしょう。

しかし、いくら人生を変えたいと思ってもなかなか現状を変えず、悩む人もいます。

次の項目ではなぜ、人生を変えたくても変わらないのかという理由を紹介します。

理由1.人間は選択肢が多すぎると、現状維持を選ぶから

人間は選択肢が多すぎると現状維持を求める傾向があります。

なぜなら人間は変化で得られることよりも、リスクを心配してしまう生き物だからです。

たとえば、やりたいことを先送りにしたり、断りたいことを断れずにずるずると先延ばしにしたりという経験はだれにでもあるでしょう。

重要な決定をするときは感情で決めるのではなく、リスクを冷静に分析することが大切です。

理由2.変わりたい意識はあっても無意識的に変化を避けているから

私たちは変わりたいという意識はあっても、無意識に変化を避けていることがあります。

なぜなら人間には「ホメオスタシス(恒常性維持機能)」という、体の状態を常に一定に保持しようとする機能があるからです。

たとえば、ホメオスタシスは身体に対して体温を一定に保つように働きかけます。

一方で変化が必要なときでも、ホメオスタシスは現状維持をしようとします。

よって、ホメオスタシスの働きによって、自分を変えにくいこともあるでしょう。

理由3.具体的に何をしたらよいかが分からないから

具体的に何をしたらよいかがわかっていないと、人生を変えられないこともあります。

なぜならやるべきことがわかっていなければ、行動することができないからです。

環境を変えたり情報収集をしたりして、まずは自分がやりたいこと、やるべきことを見つけましょう。

まずは1歩踏み出そう!明日からの人生を少し変えるための方法

明日からの人生を少し変える方法明日からの人生を少し変えるための方法は以下の2つです。

  1. 今の仕事や勉強に打ち込んでみる
  2. 新しいことを1つ始めてみる

方法1.今の仕事や勉強に打ち込んでみる

人生を変えるためには今の仕事や勉強に打ち込んでみましょう。

なぜなら物事に打ち込んでいれば、人生を変えるきっかけを見つけやすいからです。

現状に不満がある人も、目の前のやるべきことをこなしていきましょう。

または新しい目標を見つけるために新しいことを始めて、一生懸命に取り組むのもおすすめです。

方法2.新しいことを1つ始めてみる

人生を変えるためには新しいことを1つ始めてみましょう。

なぜなら新しいことを習慣化できると、以前とは違う自分になれるからです。

運動や勉強、読書など、興味のあることをまずはスキマ時間に少し実践してみましょう。

短時間でも毎日続ける、習慣化することが大切です。

心機一転!人生を大きく変える方法

心機一転!生を大きく変える方法心機一転し、人生を大きく変える方法は以下の3つです。

  1. 毎日の生活習慣を変えてみる
  2. 人間関係を見直し、人脈を広げてみる
  3. 引っ越しをして住む環境を変えてみる

方法1.毎日の生活習慣を変えてみる

毎日の生活習慣を変えられたら、人生も大きく変えられるかもしれません。

なぜなら自分にとってメリットのない生活習慣をなくすには、別のことを習慣化するのが近道だからです。

新しいことを習慣化するためには約66日間必要だといわれています。

簡単にできること、続けるのが苦にならないことを毎日継続して行い、習慣化を目指しましょう。

方法2.人間関係を見直し、人脈を広げてみる

人生を変えるには人間関係を見直し、人脈を広げましょう。

なぜなら他者と交流を深めることで自分の知識を増やせ、新しいアイデアのヒントを得られるからです。

歳をとれば環境が変わり、友人との付き合いも変化していくものです。

徐々に人脈を広げていくと、困ったときに誰かが助けてくれたり、新しいものを見つけたりするチャンスも増えるでしょう。

方法3.引っ越しをして住む環境を変えてみる

引っ越しをして住む環境が変われば、人生も変えられるかもしれません。

なぜなら引っ越すとこれまでの行動パターンを変えざるをえず、日常を簡単に変えられるからです。

部屋を片付けられない人がワンルームに引っ越したことで、整理整頓ができるようになったという例もあります。

周囲の環境が変わると、生活パターンが変わるので人生も変わりやすいでしょう。

方法4.転職をして、仕事を変えてみる

人生を変えるために転職をして、仕事を変えてみましょう。

なぜなら職場環境を変えるには、今の職場に働きかけるよりも自分が転職する方が簡単だからです。

上司や同僚とうまくいっていない、会社の空気にどうしてもなじめないなど、我慢しながら働くのではストレスが溜まってしまいます。

人生を変えて前向きに生きたいと考えるなら、転職も視野に入れてみましょう。

「人生を変えたい!」と思ったときの注意点

人生を変えたいと思ったときの注意点「人生を変えたい!」と思ったときの注意点は以下の2つです。

  1. なかなか変わろうと踏み出せない自分を責めない
  2. 他人の人生と比べて悲観しない

注意点1.なかなか変わろうと踏み出せない自分を責めない

自分を変えようとしても、なかなか踏み出せない自分を責めないようにしましょう。

なぜなら、すぐに変われないのは人間の特性であり、無意識的に変わらないようにしているからです。

「なぜ自分は変わらないんだ」と悲観的に考えてしまうと、自分の可能性をさらに潰してしまうこともあるでしょう。

なかなか変われない自分を受け止め、じっくりと付き合っていく心構えが大切です。

注意点2.他人の人生と比べて悲観しない

他人の人生と比べ、悲観的になってはいけません。

なぜなら人と比べると自分の悪い点ばかりが目につき、自分の幸福感が薄れてしまうからです。

SNSなどで他人のきれいな部分を見すぎてしまうと、自分は不幸だと錯覚しやすいでしょう。

自分の人生と他人の人生は同じではないと考え、自分の基準を大事にしてみるのがおすすめです。

人生を変えることに関するQ&A

人生を変えることに関するQ&Aは以下の通りです。

Q1.1年間で人生を変える方法はある?

1年間で人生を変えたいと思ったら、とにかく行動を起こしてみましょう。

頭で考えていると、どんどん妄想が膨らんでしまいます。

思ったことは紙にすべて書き出し、実現可能だと思えたことからチャレンジていきましょう。

最初は小さな1歩でも積み重ねると大きな1歩に繋がります。

Q2.仕事を変えたら人生を変えられるってほんと?

人生の3分の1を占める仕事を変えると、人生を変えるきっかけになるでしょう。

たとえば、働く環境が変わると仕事で関わる人や仕事内容、生活習慣が変わることも多く、人生が変わるきっかけになりやすいです。

仕事を変えるのは簡単なことではありません。

しかし、今の仕事が嫌だという人や挑戦したいことがあるという人は仕事を変えたり、副業で新たな仕事を始めたりするのもおすすめでしょう。

まとめ

  • 人生は変えられる
  • 人生は変えるには、まず1歩踏み出すことが大切
  • 人間は現状維持したがる生き物なので、すぐに変われない自分を責めない

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
飯田 瑞季
Writer 飯田 瑞季

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top