Paranaviトップ お仕事 働き方 【医師監修】会社に行きたくない気持ちの我慢は危険!自分を守るための対処法

【医師監修】会社に行きたくない気持ちの我慢は危険!自分を守るための対処法

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「会社に行きたくない」「朝が来ると思うと眠れない……」

社会人なら誰しも一度は感じたことがある気持ちですが、毎日のように辛い状態が続くのであれば、会社に行きたくない気持ちを「よくあること」と片付けてしまうのは危険です。

今回は会社に行きたくないという気持ちになる本当の理由や対処法を、精神科医の木村好美さんとともに紹介します。

ストレスへの耐性や置かれた環境は人によって違いますので、まずは自分で自分を守ることが大切です。

会社に行きたくない気持ちを我慢せず、この記事で紹介する対処法を試してみてくださいね。

記事内容

\仕事の悩みをプロに相談するなら/

サービス求人数おすすめ利用者利用無料詳細

公式サイトを見る

第二新卒・既卒・フリーターなど20代〜30代

公式サイトを見る


10万件

全世代

公式サイトを見る


7万件

20代〜30代


※年収はdodaの転職で年収アップするのはこんな人 年収アップ成功者に見る傾向と対策を参考。

※この記事で紹介する退職代行サービスは、パラナビ編集部が厳選したおすすめのサービスです。

「会社に行きたくない」気持ちは、心と体からのSOS

「会社に行きたくない」と思う社会人の方は多く、実際株式会社Biz Hitsの調査によると「仕事に行きたくないと思うことがある」人は9割以上にものぼっています。

誰しも感じたことのある「よくあること」のため、会社に行きたくないのは自分の弱さや甘えから来るものだと、自分を責めてしまう人が多いようです。

会社に行きたくないと思う原因は、自分の弱さや甘えだけとは限りません。

心と体が疲れている証拠でもあり、自分の内からのSOSともいえるのです

涙が出る・吐き気がするなどはうつ病の可能性も

「会社に行きたくない」という気持ちは心と体からのSOSです。

どんなに些細な気持ちでもSOSを放置し続けると、涙が勝手に出てくる、吐き気がするなどうつ病が疑われる身体の症状がでてくるかもしれません。

うつ病に見られる症状(画像出典:厚生労働省「みんなのメンタルヘルス」より抜粋)

我慢してがんばり続けると悪化させてしまう恐れもありますので、少しでも普段の自分と違うなと感じたら専門医を受診しましょう。

会社に行きたくないと思う4つの原因と対処法

会社に行きたくないと思う4つの原因と対処法
「会社に行きたくない」と感じる原因が分からない人もいるでしょう。

会社に行きたくないと感じる主な原因と対処法をまとめました。

自分自身に当てはまる項目があるかをチェックしてみましょう。

原因1.会社での人間関係が悪い

人間関係のトラブルは自分だけでは解決できないことが多く、悩む人も多いでしょう。

たとえば、上司や同僚とうまくやっていけない、周囲との関係がギクシャクしているなどです。

ときには自分自身に関係がなくても、周囲の人の関係性が悪いことで居心地が悪く感じてしまうかもしれません。

人間関係のトラブルには必ず正解があるわけではないので、良好な人間関係を作るのは難しいものです。

木村好珠さん

木村先生

私がクリニックで診察をしていて、仕事で鬱になる方の一番の原因は人間関係です。

単に仕事量が多いから、という理由で鬱になる方は割合的にはかなり少ないです。

これは、昨今の就業体系の見直しのいい効果だと思います。本人と上司の折が合わないだけではなく、上司が同僚や先輩に怒っているのをみて、次は自分か?などの想像が膨らみ、落ち込んでしまうというケースも多く見られます。

対処法|自分の置かれている環境を変えてみる

人間関係の悩みを解決できる1番の方法は、思い切って環境を変えることです。

相手を変えることは難しいですが、自分が置かれている環境は変えることができます

部署の変更や関わっている仕事内容の変更などができるなら、上司や人事などに相談をしてみましょう。

木村好珠さん

木村先生

先に述べているように、残念なことに「相手は変わらない」のが前提になります。

とはいっても、自分が合わせるのもしんどいです。1番は物理的に距離を置き、必要最低限以外は話さないようにすること。

できるのであれば、人事課に話すことも必要です。

私の患者さんでも、人間関係に悩んでいて、身体症状に出てきてしまっていたため、部署変更するように診断書を出したところみるみる改善しました。

鬱になった時、薬の力を借りるのは必要なことだと思いますが、原因がずっと近くにある場合、薬だけではどうにもならないことも多いです。

怪我をした時、鎮痛剤を飲めば痛みは引きますが、根本的には治っていないのでまた痛みは戻ってきますよね?

環境調整は、そのくらい大切なことなんです。

原因2.労働時間が長い

労働時間が長くなると体だけでなく、心にも疲れが溜まります。

働く時間が長くなるほどに自由な時間がなくなり、仕事に追われる毎日になるでしょう。

実際、残業時間が月40時間を超えると睡眠不足や食欲減退などの健康障害が起こりやすくなります

厚生労働省の「過労死等防止啓発パンフレット」には、時間外労働が月80時間を超えると健康障害のリスクが高い(過労死ライン)といわれており、長時間労働には十分気を付ける必要があります。

対処法|まずは仕事のやり方を変えてみる

急ぐ必要のない業務は後回しにするなど、まずは仕事のやり方を変えて労働時間を短くできないかを試してみましょう。

それでもどうにもできない業務量を抱えているのであれば、上司に調整を相談します。

相談しても現状が変わらないのなら、環境を変えるため転職を考えてもよいかもしれません。

過労で体を壊す前に、我慢せずに行動することが大切です。

原因3.仕事内容が自分に合わない

仕事内容が自分に合わないと感じることもあるでしょう。

たとえば、自分が希望した部署に配置されなかった、人手不足で慣れない仕事を振られたなどです。

業務内容が自分に合っていないと仕事へのモチベーションは下がり、会社に行くのが憂鬱になっていきます。

対処法|仕事を頑張るための楽しみを作る

仕事を頑張るための楽しみを作ると慣れない業務も乗り越えやすくなります。

楽しみは毎日できる小さいものから、たまに休みをとってやる大掛かりなものまでなんでもかまいません。

「楽しみ」の具体例

  • 好きな曲を聴いて出勤をする
  • 1週間頑張ったら自分にご褒美をあげる
  • 定期的にリフレッシュ休暇を取る

    どうしても辛いときは上司に相談して業務内容を変えてもらうか、転職を検討してみましょう。

    原因4.休み明けで仕事をするのが億劫になっている

    連休や長期休暇のあとの仕事はとくに億劫になりがちです。

    仕事をする意欲が沸きにくく、会社に行きたくないと感じやすくなります。

    休み気分のまま出勤することも多く、余計に辛くなってしまうでしょう。

    長期連休明けに会社がしんどくなったという方は多く見られます。

    こんなにお休みだったのになんで!と思うかもしれませんが、あなただけではありませんので安心してください。

    対処法|休みの過ごし方をみなおす

    木村好珠さん

    木村先生

    ここで気をつけておきたいのは、休みの過ごし方。

     

    つい朝寝坊をして睡眠も食事も時間バラバラ……なんてことになっていないでしょうか。生活リズムはとても大切。

     

    基本的に、朝起きる時間は常に一緒にすること。休日で長く寝たいときは、延長1時間程度まで。もしくは、寝る時間を早めるようにしましょう。

     

    また、旅行などにいった人も、会社が始まる前日に帰ってくるというようなハードスケジュールはあまりお勧めできません。

     

    旅行に行っても、始業日の前々日には自宅に戻り、前の日はしっかりリズムを戻し、旅行の疲れを癒す時間にしてください。

    会社に行きたくない時にやってはいけないNG行動は3つ

    会社に行きたくないときに避けるべき行動会社に行きたくないときにやってはいけないNG行動は以下の3つです。

    1. 無断欠勤をする
    2. 思い立ったまま勢いで退職する
    3. 我慢する

    一時的に少し楽になるだけで、後から苦しい思いをすることもあるでしょう。

    今が辛い、苦しいと思っても思いつきだけで行動するのは避けましょう。

    NG行動1.無断欠勤をする

    朝起きてどうしようもなく「会社に行きたくない」と感じる日があるかもしれません。

    会社に行きたいと思えず、休む連絡も面倒だと感じ、無断欠勤したくなることもあるでしょう。

    しかし無断欠勤をすると、懲戒処分の対象になってしまいます。

    会社に連絡をして休むのは悪いことではないので、勤務先に連絡をしてから休みましょう。

    NG行動2.思い立ったまま勢いで退職する

    「会社に行きたくない」と感じたときに退職を選択すべきケースもありますが、思い立つままに即日で会社を辞めるのは避けましょう。

    失業保険の手続き、退職後の生活費のための貯蓄や次の転職先を考えてから辞めなければ、退職してから後悔することが多いです。

    勢いで辞めてしまいそうになったら、信頼する周りの人に相談するのがオススメです。

    まわりに相談できる人がいなければ、のちほど紹介する転職やキャリア形成のプロに相談してみるのもいいでしょう。

    また、パワハラや長時間労働を強いられているなどで辞めたくても辞められない場合は、第三者の手を借りての退職を検討してみましょう。

    NG行動3.我慢する

    「もう少し我慢しよう」「自分だけが我慢すればいい」などと思ってはいけません。

    自分の気持ちにフタをしているだけでは、現状は変えられないので問題も解決しません。

    つらい気持ちを我慢し続けると、うつ病になる可能性もあります。

    我慢することも時には必要ですが、自分自身を大切にすることを第一に考えましょう。

    会社に行きたくない朝に試せる3つの対処法

    会社に行きたくないときの対処法寝る前や当日の朝などに会社に行きたくないと思った時にすぐに試せる対処法をまとめました。

    リフレッシュできる方法を見つけて、仕事へのモチベーションを上げましょう。

    1. とりあえず1日休む
    2. いつもと違う朝の時間を過ごしてみる
    3. 仕事が終わった後に楽しみを作る

    対処法1.とりあえず1日休む

    思い切って仕事を1日だけ休んでみましょう。

    「自分が休むと周囲に迷惑がかかるのではないか」と気が引けてしまうかもしれませんが、社員が1人休むだけで仕事が進まない会社に将来性はないでしょう。

    もし勤務先では休暇を取れないと感じるのであれば、将来的には転職を視野に入れた方がいいかもしれません。

    あなた1人が1日休む程度であれば、業務に支障をきたすことはないので、気にせずリフレッシュしてみましょう。

    対処法2.いつもと違う朝の時間を過ごしてみる

    朝起きた瞬間に「会社に行きたくない」と感じたら、以下の対処法を試してみましょう。

    • 朝日を浴びる
    • テンションが上がる音楽を聴きながら準備をし、出勤する
    • いつもより豪華な朝食をとる
    • 散歩しながら出勤する

    いつもと違う朝の過ごし方をすると、気持ちをリフレッシュできます。

    「会社に行きたくない」という憂鬱な気分を前向きに変えられるでしょう。

    対処法3.仕事が終わった後に楽しみを作る

    1日の終わりや週末に楽しみを作ると「仕事を頑張ろう」と思え、前向きな気持ちになれるでしょう。

    • おいしいご飯を食べに行く
    • 友達と旅行や遊びに行く予定を立てる
    • 楽しめる趣味を作る

    「仕事を頑張れば楽しみがある」と思えれば、辛い仕事も乗り越えやすくなります。

    会社に行きたくない気持ちが限界なら「転職」するのも1つの方法

    何をしてもつらい時は転職してみる対処法を試し、休息を取っても「会社に行きたくない」と思ってしまうこともあるでしょう。

    どうしても辛いと感じるときは、自分にとってストレスが少ない仕事に転職するのも1つの方法です。

    親しい人や家族には転職を反対されるかもしれませんが、現状のままでは心と体を壊してしまうおそれもあります。

    転職することは「逃げ」ではないので、勇気を出して自らの環境を変えてみるのもおすすめです。

    ストレスなく転職を進めるなら転職サイト・転職エージェントを利用する

    転職サービスを使えば、あなたの希望する業界に詳しいプロが、今あなたの置かれている状況を客観的に分析し、あなたにあった仕事を提示してくれます。

    たとえば年収アップを目指すなら、年収1,000万円以上の求人が3分の1以上のハイクラス向け転職エージェントビズリーチ

    未経験の職種に挑戦したい方、経歴や学歴に自信がない方など転職に不安がある方はDYM就職がおすすめです。

    会社に行きたくないいまの現状を何とかしたいと思う人は、転職し環境を変えてみるのがおすすめです。

    おすすめの仕事の探し方

    • 年収アップを目指すならハイクラス向け転職エージェントビズリーチでスカウトを待つ
    • 未経験の職種に挑戦したい、経歴や学歴に自信がないならDYM就職に登録する

    ※補足

    • 仕事をやめたいくらいに辛いときは、転職ではなく一時的に休む方がよいでしょう。
    • あなたの仕事への客観的なアドバイスを得たいときに、転職のプロに相談しましょう。

      会社を辞めたいのに辞められないなら「退職代行サービス」の利用を検討しよう

      退職代行サービスの利用を検討する転職したいのに退職を認めてもらえない場合、退職代行サービスの利用を検討してみましょう。

      退職代行は法律的に問題があるといわれてる時代もありましたが、それは一昔前の話です。

      現在は労働組合が立ち上げた退職代行サービスや、弁護士が直接退職までサポートしてくれるサービスなどがあり、安心して利用できます

      退職代行サービスを利用する際は、トラブルを避けるために以下の3つに気を付けましょう。

      気をつけること

      1. 退職代行ができる業務の範囲を確認する(有休消化や未払い給与の支払い請求など)
      2. 退職代行には勤務先での状況を詳しく伝えておき、損害賠償を請求される状況かを判断してもらう
      3. 弁護士や労働組合が運営する、弁護士が監修している退職代行サービスを選ぶ

      退職代行サービスについてもっと詳しく知りたい人は「会社にバレない!悩みゼロ!退職代行サービスのおすすめ業者で安心退職」に目を通してみてくださいね。

      会社に行きたくない人に利用を検討してほしいおすすめサービス4選

      「どんな退職代行サービスがあるのかわからない」「結局どこが安心して利用できる?」

      安心して利用できる退職代行サービスが増えたとはいえ、どこを利用したらいいかわからない方も多いはずです。

      そんな方に、ここではおすすめの退職代行サービスを3つ紹介します。

      転職サポートつきで退職後も安心して利用できるサービスや、退職できなければ全額返金というサービスもあります。

      サービス即日退職
      OK
      追加費用
      なし
      労働組合
      が運営
      弁護士法人
      が運営
      24時間対応詳細
      退職代行ガーディアン

      公式サイトを見る


      29,800円

      退職代行Jobs

      公式サイトを見る


      27,000円

      わたしNEXT""

      公式サイトを見る


      29,800円

      公式サイトを見る


      55,000円

      1.労働組合が運営する退職代行ガーディアン

      退職代行ガーディアン

      退職代行ガーディアンは、東京労働経済組合が運営する退職代行サービスです。

      雇用形態に関わらず料金は一律で、追加料金も発生しません。

      また、退職代行ガーディアンは日本全国に対応しているめ、地方在住の方でも利用できます。

      憲法で労働者のための代理交渉が許されている東京都労働委員会に認証された合同労働組合がサポートしてくれるので、安心・安全に退職代行が頼めるでしょう。

      退職代行ガーディアンに退職相談してみる

      2.顧問弁護士監修の退職代行退職代行Jobs

      顧問弁護士監修の退職代行退職代行Jobs

      退職代行Jobsは、労働組合が運営・顧問弁護士の指導のもと、的確で安心の退職代行業務を行ってくれます

      24時間365日、即日即時対応可能なのが魅力。

      料金は依頼者の雇用形態を問わず一律27,000円(+労働組合費2,000円)で、追加料金なし・期間制限なしでサポートがうけられるため、退職が長引いても安心して利用し続けられます。

      退職代行Jobsに相談する

      3.女性専用の退職代行サービスわたしNEXT

      わたしNEXTは創業15年を誇る日本初の女性向け退職代行サービスで、退職成功率100%の実績があります。

      女性の気持ちに寄り添ってくれるので、女性特有の悩みも相談しやすいでしょう。

      労働組合が運営しており、アルバイトとパートの利用料金は19,800円、正社員とその他雇用形態では29,800円です。

      転職支援サポートが利用できるので、初めての退職で不安な人にもおすすめです。

      わたしNEXTで相談する

      4.弁護士が退職までを完全サポート弁護士法人みやびの退職代行サービス


      退職代行を利用するうえで不安なことといえば、会社との退職日の調整や残業代・退職金などの請求ではないでしょうか?

      こちらの弁護士法人みやびの退職代行サービスは、退職までを弁護士が完全サポートしてくれ、もちろん交渉もすべて弁護士が代行します。

      着手金は55,000円と他のサービスに比べると高いですが、弁護士から直接サポートを受けられるので確実かつトラブルのない退職が叶うでしょう

      いわゆるブラック企業を辞めたい方、退職にあたり調整や交渉が必要な方にはオススメのサービスです。

      弁護士法人みやびの退職代行サービスに相談する

      木村好珠さん

      木村先生

      鬱状態の時に、退職を考えるのはあまりお勧めできません

       

      鬱の時は、全て悪い方向に考えてしまうので、なるべく重要な決定事はしないようにお話しします。

       

      やめたいくらい辛くて、色々な症状が出ている場合は部署を変更したり、一時休むのも一つの手です。

       

      でも、どうしても仕事内容自体が自分に合わないということであれば、転職もいいでしょう。

       

      もちろん、直接上司に話すのが一番適切だとは思いますが、仕事が原因で鬱になっている場合、退職の手続き等で負担がどんどん重なっていき、精神状態が悪化することも考えられます

       

      その場合は、退職代行サービスを利用するのも1つでしょう。

      「会社に行きたくない」時に関するQ&A

      「会社に行きたくない」と感じる時に関連するQ&Aをまとめました。

      体調を崩しそうなときは早めに病院へ行き、自分の体を守りましょう。

      Q1.体調に支障をきたすほど「会社に行きたくない」と感じたらどうすればいい?

      涙が出たり吐き気を感じたりと人によって引き起こす症状は異なります。

      会社や仕事のことを考えるだけで辛いときは我慢せずに思い切って休みましょう。

      体調に支障をきたしてしまうときは心がかなり疲れている証拠です。

      ためらわずに病院を受診し、自分を守ってあげましょう。

      Q2.新入社員なのに「会社に行きたくない」と感じるのはおかしい?

      新入社員が「会社に行きたくない」と感じるのはおかしいことではありません。

      今までと違う環境に身を置くとだれでもストレスを感じるものですし、新たな人間関係の中で慣れない仕事をするのは大変でしょう。

      まずは生活習慣をしっかり整え、体に負担をかけないように心がけましょう。

      規則正しい生活を実践すると、朝の気だるさが軽減されることもあります。

      まとめ

      • 「会社に行きたくない」という気持ちは、心と体が疲れてしまっている証拠でもある
      • 我慢せず、自分を大切にすることを第一に考えよう
      • 転職を考えるのも選択肢の1つ

      SHARE

      Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
      飯田 瑞季
      Writer 飯田 瑞季

      VIEW MORE

      パラナビオンラインサロン
      Page Top