Paranaviトップ ノウハウ お金 仮想通貨投資の始め方を3ステップで解説!知識ゼロの初心者が資金を増やすコツ・やり方

仮想通貨投資の始め方を3ステップで解説!知識ゼロの初心者が資金を増やすコツ・やり方

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「仮想通貨(暗号資産)って何だろう?」

「仮想通貨(暗号資産)の始め方が知りたいのだけど、やり方がわからない…。」

このようにお考えではありませんか?

仮想通貨と聞くと、難しそうなイメージがあることでしょう。

この記事では仮想通貨(暗号資産)やアルトコインの取引開始までの流れを紹介します。

読み終わるころには、仮想通貨取引のやり方を理解していることでしょう。

「初心者でも簡単に取引を始められる仮想通貨取引所を知りたい!」という人は、「初心者向けの仮想通貨取引所3選」から目を通してくださいね。

注意

  • このページにおける仮想通貨は、暗号資産のことを指します

Contents

仮想通貨を始める前に……初心者ならいくらから始めるべき?

もしあなたが株も、FXもしたことがない投資初心者なら、絶対に1,000円などの少額から仮想通貨を始めるべきです。

1000円

「そんな少額でいいの?そんなんじゃ儲けられないよ……」

という声も聞こえてきそうですが、なぜ1,000円かというと初心者は適当に取引をしても勝てないからです。

その理由を確率から考えてみましょう。

  • 初めて仮想通貨で勝つ確率:50%
  • 2回連続勝つ確率:25%
  • 10回連続勝つ確率:0.097%

仮想通貨のプロは、「いつか負けるので負けたときに損失を最初限にする損小利大」という考え方をします。

もしあなたが仮想通貨の初心者なのであれば、負けを最小限に抑えるためにも必要な資金は最小限にしましょう。

日本円を仮想通貨に変えたいのだけどどこで替えればいいの?

「少額で始める理由は分かったけど、どこで日本円を変えればいいんだっけ?」

日本円を仮想通貨に変えて仮想通貨取引を始めるのなら、仮想通貨取引所で口座を作りましょう。

なぜなら仮想通貨を日本円に変えるには、基本的には仮想通貨取引所で購入する方法しかないからです。

【必要知識】そもそも仮想通貨(暗号資産)とは何か?初心者向け仮想通貨の始め方を徹底解説

そもそも今あなたが取引をしようと考えている仮想通貨は何なのでしょうか?

仮想通貨には2つの特徴があります

  1. 仮想通貨は実体がないインターネット上のお金
  2. 仮想通貨は2,000種類以上ある

特徴1.仮想通貨は実体がないインターネット上のお金

仮想通貨は紙幣や硬貨のような実体がない、インターネット上で取引されている通貨です。

仮想通貨は実在がなく、日本円やドルなどの国が発行している通貨とは異なり、仮想通貨は取引に参加をしている人たちが通貨を管理をしています。

仮想通貨のように発行主体がない通貨の管理方法を「非中央集権」と呼びます。

特徴2.仮想通貨は2,000種類以上ある

仮想通貨は2019年11月現在、約2,000種類以上あります。

これらのビットコイン以外の通貨をアルトコインと呼びます。

たとえば、送金スピードの早さに定評のある仮想通貨のリップルや、マイクロソフトやトヨタなどの大企業が注目している仮想通貨のイーサリアムなどがあります。

これらの仮想通貨が時価総額上位にいます。

どの通貨を選ぶべきかは、のちにお話ししたいと思います。

「仮想通貨投資、始めるべき?やめておくべき?」仮想通貨投資のメリット3つとデメリット2つ

「とはいえ仮想通貨って怖いイメージもあるし、本当に投資すべきかな?」

仮想通貨の取引を始めるメリットは主に大きく3つ、そしてデメリットが大きく2つあります。

仮想通貨の投資を始めるべきかを検討している人は、参考にしてみてくださいね。

仮想通貨投資のメリットは以下の3つです。

  1. 仮想通貨は少ない元手で始められる
  2. 少ない元手で大きく儲けられる可能性がある
  3. 24時間365日取引ができる

一方で、仮想通貨投資のデメリットは以下の2つです。

  1. 仮想通貨の取引にかかる手数料に注意
  2. 短期的に大儲けすることは難しい

メリット1.仮想通貨(暗号資産)投資は少ない元手で始められる

仮想通貨のメリットは、少ない資金で始められることが挙げられます。

たとえば1BTC40万円なら、大抵の取引所なら40円程度から購入することができます。

メリット2.少ない元手で大きく儲けられる可能性がある

たとえばビットコイン(BTC)の価格は2017年1月時点で11万円でしたが、12月には200万円を越えています。

もしビットコインを2017年1月に1万円分だけでも投資・購入していたら、約20万円の利益が出ていたことになるのです。

メリット3.24時間365日取引ができる

テクニカルなメリットとして、仮想通貨は24時間365日取引ができます

たとえば株やFXの場合は土日の取引はできませんが、仮想通貨は好きなときに、好きなタイミングで売り買いができるのがメリットです。

取引形態 取引可能時間
仮想通貨の取引 24時間365日
FX取引 24時間365日(土日祝日は除く)
株取引 平日9:00~15:00

デメリット1.仮想通貨の取引にかかる手数料に注意

まず注意したいのが仮想通貨取引では、手数料によって余計な費用が発生することです。

取引時やと入出金でかかる手数料を気にしているなら、手数料が無料の取引所を選んでください。

デメリット2.短期的に大儲けすることは難しい

仮想通貨というと、大儲けできそうというイメージがあることでしょう。

しかし、現在は大儲けどころか、儲けを出すのが難しいです。

2013年4月から2019年2月までのビットコインの価格推移です。

ビットコイン-価格推移

2017年には徐々に価格が上昇し、年末から2018年1月にかけて大幅に価格が上昇しました。

このときより前に仮想通貨を買っていた人が大儲けできた人たちです。

【仮想通貨の始め方】初心者が知っておきたい基礎知識3つ

仮想通貨初心者が仮想通貨投資を始める前に知っておきたい知識は3つあるので、それぞれ紹介します。

すでに理解している方は、この見出しを飛ばしていただいて大丈夫です。

  1. 仮想通貨取引所
  2. 「販売所」と「取引所」
  3. 仮想通貨FX

【仮想通貨の知識1】仮想通貨取引所

仮想通貨取引所とは、ある仮想通貨と別の仮想通貨との交換、仮想通貨の売買、法定通貨と仮想通貨の交換することができる場所のことです。

日本には約13社ほどの仮想通貨取引所があり、日本の取引所では日本円とビットコインなどの仮想通貨と交換ができます

【仮想通貨の知識2】「販売所」と「取引所」

また仮想通貨取引所には主に2種類の仮想通貨を売買する場所があります。

  1. 仮想通貨取引所の「取引所」
  2. 仮想通貨取引所の「販売所」

取引所

個人間で売買をする取引形態です。

あくまで場の提供のため、手数料が無料もしくは安く設定されている場合が多く、取引コストを抑えることができます。

取引所は板情報による取引のためスプレッドは発生しません。

板取引はユーザー同士で売買する取引方法で、売り板と買い板に出ている価格で売買するか、自ら指定した価格で板に出すことで売買を成立させます。

gmoコインスプレッド

デメリットは、個人間での取引となるため、取引量が少ないと売りと買いのマッチングが成立せず、希望する価格やタイミングで買えない可能性もあります。

販売所

GMOコインが仕入れた仮想通貨を直接購入する取引形態です。

提示されている金額であれば買いたいときに買える反面、スプレッド(売値と買値の差)が大きく実質的に割高となるケースが多いです。

以下はGMOコイン・販売所でのビットコイン(BTC)の価格表示です。(2019年6月12日11時30分ごろ時点)

gmoコインスプレッド

買値と売値に26,160円の差があります。

仮に1BTC買ったとすると、買った瞬間に実質的に26,160円の含み損が発生することになります。

【仮想通貨の知識3】仮想通貨FX

仮想通貨FXは、レバレッジ取引ができます。

「レバレッジ」とは「てこの原理」に由来する言葉で、「保有する資産の何倍もの取引を可能」にします。

レバレッジをかければ大きな利益を狙えますが、その分損失のリスクも同じだけ増えます。

仮想通貨FXのメリット 仮想通貨FXのデメリット
  • 少ない元手で大きな金額の取引ができる
  • スプレッドは販売所より狭い
  • 仮想通貨を現物で保有することができない
  • 損失が大きくなることがある

仮想通貨の初心者は損失を出さないために2~3%程度のレバレッジ倍率で始めましょう。

【仮想通貨の始め方・入門編】初心者が仮想通貨を買うまでの流れを3ステップでやさしく解説

仮想通貨取引までの3ステップ

仮想通貨の始め方は以下の3STEPです。

  1. 仮想通貨取引所で口座開設
  2. 日本円を入金
  3. 取引を開始

すべてオンライン上で完結できるのと、印鑑証明など面倒な作業が必要ないのが仮想通貨取引所の良いところです。

【準備】仮想通貨を始める前に準備すること

仮想通貨の取引を始める前に、お手元にパソコンもしくはスマホ+免許証などの本人確認書類を用意しましょう。

なぜなら仮想通貨取引所で口座開設をするには、本人確認が必要だからです。

ステップ1.まずは仮想通貨取引所で口座開設をしよう

仮想通貨取引所で口座開設

それでは仮想通貨取引所の口座開設方法を紹介します。

仮想通貨に投資するには、まず取引所での口座開設が必要です。

以下で、大手取引所Coincheckの場合の口座開設までの流れを整理しました。

1.口座開設はこちらをクリック

コインチェックの登録は簡単です。

メールアドレスとパスワードを入力するだけで、確認用のURLが届きます。

コインチェック口座開設①

 

コインチェック口座開設②

 

2.確認用メールが届くので、メール内のURLをクリックする

送信したメールアドレス宛に、確認用のメールアドレスが届きます。

コインチェック口座開設④

確認メールのなかに記載されたURLをクリックしましょう。

コインチェック口座開設⑤

注意

メールが届かない場合は、以下をチェックしましょう。

  • 送信したメールアドレスが間違っていた。
  • 確認用メールが迷惑メールボックスに格納されている。

3.電話番号の認証をする

メールが届いたらすぐに、電話番号の認証を行います。

コインチェック口座開設⑦

電話番号を入力すると、送信した電話番号宛てに認証コードが届きます。

コインチェック口座開設⑧

ここまで終わったらあとは個人情報の登録に進みましょう。

4.各種必要事項を確認する

各種重要事項とは、コインチェックのサービスを利用するにあたってユーザーの確認が必要な項目です。

コインチェック口座開設⑩

コインチェック口座開設⑪

5.基本情報を入力する

つぎに基本情報を入力します。個人の場合は個人、法人は法人を選択しましょう。

またあなたの氏名、性別、生年月日、居住国、郵便番号、職業、主な利用目的を記入してください。

コインチェック口座開設⑮

コインチェック口座開設⑯

6.本人確認書類をアップする

本人確認では、3枚の写真が必要になります。

  1. あなたの顔と提出する本人確認書類が一緒に移っている写真
  2. 本人確認書類の表面(運転免許証・パスポートの表)
  3. 本人確認書類の裏面(運転免許証・パスポートの裏面)

コインチェック口座開設⑬

コインチェック口座開設⑰

提出した書類と同じ書類と、自分の顔写真が写っている写真をアップロードします。

コインチェック口座開設⑳

7.コインチェックからハガキが届き、本人確認完了

2019年8月9日に本人確認の書類を行い、その1日後の8月10日にハガキが届きました

口座開設者が多い場合は、3-5日程度かかる場合もありますが、大体の場合は1週間以内にすぐに取引が開始できます。

コインチェックのはがき

ステップ2.日本円の入金:仮想通貨の初心者が必要な投資額は?

日本円を入金

口座開設が完了したら、日本円を入金しましょう。

コインチェックであれば、銀行振込もしくはコンビニ入金が可能です。

仮想通貨は数百円程度から始められると述べましたが、数百円では得られる利益も少ないので5,000円~1万円程度から試しに始めてみることをオススメします。

「そんな大金仮想通貨には使えない!」というあなたは、口座開設をするだけでキャッシュバックが行われるDMM Bitcoinなどの仮想通貨取引所を使うとよいでしょう。

ステップ3.仮想通貨を購入する

取引を開始

日本円の入金が完了したら、これで仮想通貨の投資の準備は完了です。

買いたい通貨を選んで、購入金額を入力するだけでラクラク投資ができます。

 

【始める前の必要知識】安全な仮想通貨投資の始め方!4つの方法・基本ルールを解説

仮想通貨の取引はかんたんに始められることは理解いただけたかと思います。

しかし、せっかく登録した仮想通貨の取引所がハッキングにあってしまい、取引ができなくなってしまうリスクも考えなくてはいけません。

おそらく自分のお金(仮想通貨)が返ってこない不安に襲われてしまうでしょう。

しかしリスクを理解したうえで、取引をしていたら何も不安になることはありません。

この項目では、安全に仮想通貨の取引をする3つの方法を紹介します。

【基本ルール1】セキュリティのしっかりした仮想通貨の取引所を選ぶ

仮想通貨の取引を始めるなら、セキュリティ対策が行われている取引所を選ぶ必要があります。

なぜなら、過去にも仮想通貨の流出事件が多く起きているからです。

とくに有名なのが、コインチェックという取引所から巨額の仮想通貨が流出した事件です。

仮想通貨はブロックチェーン技術のおかげでセキュリティ性能が高いことが強みなのですが、取引所のセキュリティに弱点があるとハッキングにあう恐れがあります。

仮想通貨の取引所を選ぶならセキュリティ対策をしっかりと行っているところを選びましょう。

【基本ルール2】仮想通貨(暗号資産)の取引所の口座は複数登録をする

また複数の取引所に登録してリスクを分散する方法があります。

なぜ複数の取引所に登録する必要があるかというと、取引所のサーバーが落ちてしまった場合や、ハッキングにあってしまった場合でも、仮想通貨の預け先を複数にしていたら不安になることはないからです。

また、仮想通貨は値動きも激しく儲けるタイミングも多いので、安全に取引をするためだけでなく、チャンスを逃さないためにも取引所は複数登録がオススメです。

【基本ルール3】『二段階認証』は必ず設定する

二段階認証とは、ログインIDとPASSに加えて、電話番号や「Google Authenticator」というアプリで発行される数字を入力してログインする方法のことです。

二段階認証の設定は任意の取引所が多いですが、セキュリティ保護の観点から絶対に二段階認証は行いましょう。

【基本ルール4】仮想通貨用のウォレットを用意する

また、仮想通貨(暗号資産)にはウォレットという保管場所もあります。

ウォレットとは、英語でお財布を意味する言葉なのですが、文字通り仮想通貨をお財布のように保管・管理することができます。

【ルール5】ルールを決めて仮想通貨の取引をする

仮想通貨だけでなく、ルールを決めて取引をすることが投資では重要です。

たとえば、月に投資する金額は○○万円など、自分のなかでルールを持つことが大事です。

【仮想通貨 始め方の疑問1】今さら仮想通貨(暗号資産)の取引を始めても儲かるの?

仮想通貨を始めようとしている人のなかには、「本当に儲かるの?」といった疑問を持っている人もいるかもしれません。

結論を言うと、仮想通貨を今から始めても儲かるとは断言できません。

なぜなら、仮想通貨が大きく話題になったのは2017年末から2018年の年始にかけてで、2019年現在は一時の盛り上がりと比べたら下火の状況にあるからです。

また仮想通貨の代表でもあるビットコインは、1BTC=230万円の価格を付けていましたが、2019年1月現在はその5分の1の39万円台まで下落しています。

しかし仮想通貨市場はまだまだ成長の余地がある市場で、充分に儲けるチャンスはあります。以下の記事で将来有望な仮想通貨について整理しました。

【仮想通貨 始め方の疑問2】仮想通貨の取引はスマホとPC、どちらがオススメ?

移動中や屋外で仮想通貨の取引をしたい人は、スマホで取引することをオススメします。

ただ基本的に仮想通貨の取引所に登録すれば、スマホのアプリ・PCのトレード画面の両方使えるので、目的に合わせて取引すれば大丈夫です。

【仮想通貨の始め方 学習・勉強編1】仮想通貨(暗号資産)の初心者にオススメの書籍(本)

ここまで仮想通貨(暗号資産)の取引・投資を始めるにあたっての注意点やステップ、必要な基礎知識を整理しました。

次は、仮想通貨を本で勉強したい人向けのオススメ書籍を紹介します。

【1.仮想通貨をマンガで勉強したい人向け】めざせ「億り人」!マンガでわかる最強の仮想通貨入門 [ SC研究会 ]

めざせ「億り人」!マンガでわかる最強の仮想通貨入門 [ SC研究会 ]

仮想通貨の投資勉強を始める際は、マンガで勉強するのもオススメです。

コミックキューンで「寮長は料理上手」というマンガを連載中の吉村佳さんのかわいらしいイラストとともに、仮想通貨投資に必要なノウハウが書かれています。

ローソク足などのチャートの見方や、税金で気を付けるポイントなどが記載されているので、「入門」と書かれていますが、 本格的に投資をしたい人にも推薦できる 本です。

【2.図解で仮想通貨の仕組みを勉強したい人向け】仮想通貨のすべてがわかる本

仮想通貨のすべてがわかる本

仮想通貨やブロックチェーンというと難しいイメージがあるかと思いますが、この本は 仮想通貨の仕組みを図解で解説 したとてもわかりやすい本です。

「私が送金した仮想通貨ってどんな流れで送り先に届くの?」

「マイニングの報酬って?」

などの疑問をお持ちの方は、ぜひこの本で仕組みを理解することをオススメします。

【仮想通貨の始め方 学習・勉強編2】仮想通貨(暗号資産)の初心者にオススメのブログ・メディア

つぎに仮想通貨の勉強にオススメのブログやメディアを紹介します。

【オススメブログ・メディア】ポインの仮想通貨ハマって(中毒って)ます‼

ポインの仮想通貨ハマって(中毒って)ます‼

コインプラスがオススメする仮想通貨のメディア・ブログは「ポインの仮想通貨ハマって(中毒って)ます!!」というブログです。

管理人のポインさんは、実際に仮想通貨の取引で億り人になった人物で、仮想通貨の情報発信をブログで行っています。

ポインさん個人の経験から初心者にもわかりやすく、面白く解説しているのが特徴です。

【仮想通貨の始め方 実践編1】初心者向けの仮想通貨取引所3選

最後に初心者が開設するならオススメの取引所を3つ紹介します。

【仮想通貨の始め方 実践編2】仮想通貨(暗号資産)の買い方・取引方法

仮想通貨(暗号資産)の買い方・取引方法は以下の通りです。

【買い方の違い】現物取引とレバレッジ取引のやり方

現物取引とレバレッジ取引のやり方は以下の通りです。

レバレッジ取引

レバレッジはてこの意味で、レバレッジ取引は証拠金と呼ばれる自己資金を担保に資金以上の売買ができる取引方法です。

持っている仮想通貨(建玉)の総額が大きい方が、同じ値動きでも利益が大きくなるため(もちろん逆の場合も)、手持ち資金が少ない人はレバレッジ取引をすることで効率的な取引ができます。

具体的に資金以上でどれだけ売買できるかは、あらかじめ設定されているレバレッジ倍率によって決まります。

国内では最大2倍としている取引所が多いです。

3万円の資金をレバレッジ2倍で取引すると、6万円分の売買ができます。

また、レバレッジ取引は実際の仮想通貨の売買がありません。

「買い→売り」または「売り→買い」のセットが執行されて始めて、利益または損失分の金額が授受される仕組みです。

買った状態、または売った状態で反対売買されず残っている未決済分の総数を「建玉(たてぎょく)」といいます。

現物取引

一方で実際に仮想通貨の受け渡しがあるのが現物取引です。

仮想通貨はインターネット上の通貨のため、物体としての通貨がない点は紛らわしいですが、GMOコインで1BTCの現物を購入すれば、GMOコインのウォレット上に1BTCが入ります。

現物取引は持っている資金分だけ売買ができます。

売買の差額で儲けるだけでなく、ビットコインやその他の仮想通貨を持ちたい人は現物取引で手に入れる必要があります。

【仮想通貨 始め方実践編4】仮想通貨の注文方法の解説

仮想通貨(暗号資産)の主な注文方法を6つ紹介します。

  1. 成行注文
  2. 指値注文
  3. 逆指値注文
  4. IFD注文
  5. OCO注文
  6. IFO注文

【仮想通貨 始め方応用編】初心者オススメの仮想通貨の投資方法・コツ

初心者オススメの仮想通貨の投資方法やコツは以下の通りです。

コツ1.仮想通貨をドル・コスト平均法で投資をする

ドルコスト平均法とは、投資商材を買う際に、定期的に一定の金額で投資する方法を言います。

たとえば「毎月3万円分のビットコイン(仮想通貨)を買う」など、一定額を一定期間買う場合がそれにあたります。

テクニカル分析やコツなどは一切必要のないトレード方法なので、初心者にはとくにオススメです。

コツ2.仮想通貨のデイトレードをおこなう

仮想通貨のデイトレードとは、その日のうちに売買(買いと売り)を終了させる短期のトレードスタイルでの取引方法です。

短期間で儲けを得たい、チャートを見られる時間に限りがあるという人におすすめでしょう。

仮想通貨の取引・投資に関するQ&A

仮想通貨の取引や投資に関するQ&Aは以下の通りです。

仮想通貨の取引にも税金がかかるの?

また仮想通貨の取引を始めるにあたって覚えてほしいのが、仮想通貨にも税金がかかることです。

仮想通貨で得た利益は雑所得に分類されるため、一定額以上の利益を得ている場合には所得税の課税対象となります。

そのため、課税対象なのに確定申告で所得税の申告をしなかった場合は脱税にあたります

仮想通貨取引で確定申告が必要な人って?

仮想通貨取引で確定申告が必要な人は、以下に該当する人たちです。

  • 給与収入が1か所で、副業の所得が20万円を超える人(主婦や学生など扶養されている方は33万円以上)
  • 給与収入が2,000万円を超えている人
  • 給与が源泉徴収されない人

給与所得を得ている人で仮想通貨の取引をしている場合、1月1日~12月31日までの間に20万円を超える利益をあげた場合には、確定申告および所得税の納税が必要です。

ビットコインアドレスって何?

ビットコインを利用するにあたっての「口座番号」です・

1または3からはじまる27~34文字の英数字からなっています。

仮想通貨を始める前によくある疑問

仮想通貨を始める前によくある疑問は以下の通りです。

価格が上がらない不安があります

価値の分からない人が投資していた2017年末とは異なり、これからは実際の需要にともなう値上げが予測されています。

たとえば、国際送金で期待されているリップルなどはその象徴です。

一度仮想通貨を買うと売却するまで、毎月資金額が引き落とされますか?

仮想通貨の現物取引であれば一度仮想通貨を買ったら、売却するまで手数料はかかりません。

仮想通貨のFX取引の場合は、口座維持費がかかります。

未成年ですが、仮想通貨取引はできますか?

海外の仮想通貨取引所であれば、未成年でも仮想通貨取引ができます。

しかし、海外の取引所を未成年が使うのはリスクがあるので、オススメはしていません。

仮想通貨のセキュリティに関するQ&A

仮想通貨のセキュリティに関するQ&Aは以下の通りです。

Q.機種変更をしてしまったので、二段階認証の設定がわからなくなってしまった

二段階認証を解除してもらうために、登録をしている仮想通貨取引所に問い合わせをしましょう。

【最後に】仮想通貨の詐欺には絶対に注意する

仮想通貨の知名度が上昇するとともに、詐欺事件数・被害額も増加しています。

国民生活センターが2021年5月に発表したデータによると、2020年度の相談件数はなんと1,469件です

SNSで知り合った女性に海外取引所未上場の暗号資産を紹介され購入したが、騙されたと思う。返金してほしい。

インターネットの投資コミュニティに入会し、「これから上場予定の仮想通貨を購入すれば最低20倍になる」と言われてお金を振り込んだが、担当者と連絡が取れなくなった。(出典:独立行政法人国民生活センター「最近の事例」から抜粋)

まとめ

  • 取引所で口座開設をするさいは、金融庁の認可を受けている場所を選ぶ
  • 口座開設するにはメールアドレスを登録し、個人情報を入力して、本人確認書類を提出すればOK
  • 手数料とレバレッジには注意!

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
飯田 瑞季
Writer 飯田 瑞季

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top