Paranaviトップ お仕事 転職 公務員薬剤師の働き方|気になる年収やメリット・デメリットを紹介

公務員薬剤師の働き方|気になる年収やメリット・デメリットを紹介

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「『公務員薬剤師』って、薬局や病院で勤務する薬剤師と何が違うの?」

「公務員薬剤師ってどうやってなるの?」

「公務員」と聞くと、クビになる心配がなかったり、収入が安定していたりというイメージをもつ人も多いでしょう。

今回は『公務員薬剤師』として働くメリット・デメリットを整理し、公務員薬剤師の気になる年収や働き方を紹介します。

実際に『公務員薬剤師』として働いてみたいという人は「公務員薬剤師への転職を目指す際の注意点」の項目から読んでみてくださいね!

公務員薬剤師の働き方は4種類

公務員薬剤師の働き方公務員薬剤師の働き方は以下の4種類です。

  1. 医薬品にまつわる制度の整備や管理をおこなう「国家公務員薬剤師」
  2. 都道府県や市区町村に所属して働く「地方公務員薬剤師」
  3. 麻薬などの違法薬物を取り締まる「麻薬取締官」
  4. 自衛隊に所属する「薬剤官」

働き方1.医薬品にまつわる制度の整備や管理をおこなう「国家公務員薬剤師」

国家公務員薬剤師の場合、所属は厚生労働省や国の機関です。

業務内容は薬事行政に携わること全般です。

たとえば薬価の算定や診療報酬・調剤報酬の改定など、調剤薬局や病院で関わりの深い制度の決定を行っています。

薬剤師業務全般で従うべきルールに関わることを取り扱うので、他省庁や専門家との関わりも必然的に多くなるでしょう。

「国家公務員薬剤師」として働くまでの流れ

国家公務員薬剤師として働く流れは以下の2STEPです。

  1. 薬剤師国家試験に合格
  2. 薬剤師国家試験に合格後、国家公務員試験に合格

薬剤師免許を取得後、「国家公務員試験」に合格しなければなりません

国家公務員試験はいわゆるキャリア官僚を目指す試験であり、受験生自体が国内の有名大学を卒業したハイレベルな人が多いでしょう。

合格へのハードルが高いため、知識面はもちろん、人柄、教養などのすべての面で、万全の準備が必要です。

働き方2.都道府県や市区町村に所属して働く「地方公務員薬剤師」

地方公務員薬剤師は薬剤師として、都道府県や市区町村などの地方自治体に所属しています

地方公務員薬剤師の職務内容は多岐にわたります。

たとえば、地方公務員薬剤師が勤務する代表的な職場は以下の通りです。

  • 調剤や服薬指導をする「公立病院」
  • 薬事はもちろん、環境衛生や食品分野がある「保健所」
  • 医薬安全に関する検査や指導を行う「役所」
  • 細菌やウイルスを研究する「衛生研究所」

地方公務員薬剤師といっても、配属される職場によって職務内容は大きく変わるでしょう。

「地方公務員薬剤師」として働くまでの流れ

国家公務員薬剤師同様、地方公務員薬剤師も「薬剤師国家試験の合格」が最低条件です。

薬剤師免許の取得後は、地方自治体が実施する採用試験を受けなければなりません。

試験内容は一般的に教養試験・専門試験・英語試験・面接や小論文などが対象です。

ただし、各自治体で試験の実施要項は異なるため、県や市区町村のホームページで事前に確認しておきましょう。

働き方3.麻薬などの違法薬物を取り締まる「麻薬取締官」

麻薬取締官は、麻薬の取り締まりを専門的に行うのが主な仕事です。

麻薬取締官は国家公務員や地方公務員ではなく、公務員の中に設けられた専門職です。

よって、国家公務員薬剤師や地方公務員薬剤師が受ける公務員試験と同じではありません。

麻薬取締官を目指す人は、地方厚生局麻薬取締部が実施している採用試験を受けましょう。

「麻薬取締官」として働くまでの流れ

実は、麻薬取締官は薬剤師の資格がなくてもなれます。

すでに紹介したように、麻薬取締官になるためには地方厚生局麻薬取締部が実施する採用試験を受験する必要がありました。

麻薬取締官になるための試験はだれでも受けられるわけではありません。

たとえば、薬剤師の有資格者や国家公務員試験一般職試験(大卒程度)の「行政」または「電気・電子・情報」の第1次試験合格者が対象です。

必然的に倍率は高くなるため、国家公務員薬剤師や地方公務員薬剤師同様にハードルの高い専門職といえるでしょう。

働き方4.自衛隊に所属する「薬剤官」

薬剤官とは自衛隊に所属する薬剤師のことです。

薬剤官の仕事内容は「自衛隊に同行する薬剤官」と「自衛隊病院で働く薬剤官」で大きく異なります。

自衛隊に同行する薬剤官は、自衛官の体調不良時やケガをしたときに用いる「医薬品の管理」や海外派遣先での「自衛官の体調管理」を担当します。

一方、自衛隊病院で働く薬剤官は、一般的な病院薬剤師と同じように調剤業務や投薬業務を担当しています。

「薬剤官」として働くまでの流れ

薬剤官になるには、薬剤師国家試験に合格後、自衛隊幹部候補生試験に合格する必要があります。

「自衛隊幹部候補生採用試験」は1次試験が筆記、2次試験では小論文・口述試験・身体検査です。

身体検査は身長、肺活量、視力、色覚、聴覚など、自衛官に必要な項目をチェックします。

薬剤官は国防を担う自衛官でもあるため、身体機能が基準に達していないと従事できません。

公務員薬剤師の平均年収は580万円で、薬剤師全体の平均年収よりも高い

公務員薬剤師の平均年収
公務員薬剤師の平均年収は薬剤師全体の平均年収よりも高額です。

なぜなら、定期的な昇給や高額な退職金が出るからです。

一般的な薬剤師の平均年収は約560万円ですが、公務員薬剤師の平均年収は約20万円高額な約580万円です。

公務員薬剤師の初任給は一律で、金額が決められている

一般的に公務員の初任給は安いと言われていますが、公務員薬剤師の場合も同様でしょう。

公務員薬剤師の初任給は約20万円です。

初任給は公務員の規定に準じているため、所属や職場に関わらず一律です。

民間の病院薬剤師の初任給が約25万円、ドラッグストア薬剤師が約30万円以上なので、公務員薬剤師の初任給は低いかもしれません。

勤続年数に応じた定期昇給と退職金制度があるので、生涯年収でみると年収が高い

公務員薬剤師には必ず定期昇給があります。

民間企業の場合、昇給があっても月に数千円程度、同じ企業で長期間勤務しても、給料の飛躍的な伸びは期待しにくいでしょう。

一方で、公務員薬剤師は定期的な昇給があるため、年齢とともに給料が上がります。

退職金は民間企業よりも高額で確実にもらえる保証があるため、生涯年収でみると公務員薬剤師の年収は高い傾向にあるでしょう。

公務員薬剤師になるメリット3つ

公務員薬剤師になるメリット公務員薬剤師になるメリットは以下の3つです。

  1. 突然の倒産や解雇される心配がなく、安定した働き方ができる
  2. 福利厚生が整っている
  3. 毎年昇給制度があり、収入が安定している

メリット1.突然の倒産や解雇される心配がなく、安定した働き方ができる

公務員全体にあるイメージの通り、公務員薬剤師もとても安定しています。

民間の調剤薬局は年々市場での競争が激化しています。

仮に業績が悪化した場合、倒産や解雇に遭う可能性もあるでしょう。

しかし、公務員薬剤師の場合は倒産の心配がありません。

公務員薬剤師なら、安心して働き続けられるでしょう。

メリット2.福利厚生が整っている

充実した福利厚生が受けられるのが公務員薬剤師として働くメリットです。

とくに扶養手当や住宅手当など、生活に直接関わる福利厚生が充実しています。

また、公務員薬剤師は育休を3年間取得し、時短勤務制度を利用して勤務可能でしょう。

福利厚生に力を入れている会社は多いですが、公務員薬剤師以上の福利厚生はなかなか民間企業では実現しにくいでしょう。

メリット3.毎年昇給制度があり、収入が安定している

収入の安定性も公務員薬剤師の大きなメリットの1つです。

民間企業では景気の動向や会社の業績によってはボーナスがないこともあるでしょう。

しかし、公務員薬剤師の場合は基本的に必ず賞与があります。

また年齢が上がるにつれて昇給するため、子どもの学費や住宅購入などの変化にも対応しやすいでしょう。

民間企業に比べて、初任給は低いですが、収入の安定性が高いです。

公務員薬剤師になるデメリット3つ

公務員薬剤師になるデメリット公務員薬剤師になるデメリットは以下の3つです。

  1. 民間企業と比較すると、初任給が低い
  2. 2年から3年周期で異動や転勤をする可能性がある
  3. 公務員なので、アルバイトやパートなどの副業はできない

デメリット1.民間企業と比較すると、初任給が低い

公務員薬剤師の初任給は民間企業に比べると低めです。

また昇給のタイミングが年齢ごとのため、最初は給料の低さに苦労するかもしれません。

しかし、確実に給料が上がっていくので「最初は仕方がない」と割り切って耐えましょう。

デメリット2.2年から3年周期で異動や転勤をする可能性がある

公務員薬剤師の場合、2年から3年周期で異動や転勤になる可能性が高いです。

公務員に求められるのは、どのような業務にも対応するジェネラリストでしょう。

よって1つの業務に特化せず、約3年周期で部署の異動や転勤をし、多様な業務を経験します。

異動規模は国家公務員だと全国規模、地方公務員の場合は採用された自治体の範囲内での転勤が一般的でしょう。

自分が許容できる「転勤可能な範囲」を考えることが大切です。

デメリット3.公務員なので、アルバイトやパートなどの副業はできない

基本的に公務員は副業ができません。

なぜなら、公務員は国家公務員法や地方公務員法で副業が禁止されているからです。

「本業以外に収入や経験を得たい」と考える薬剤師の場合、公務員薬剤師はおすすめできません。

公務員薬剤師への転職を目指す際の注意点

公務員薬剤師への転職の際の注意点公務員薬剤師への転職を目指す際の注意点は以下の通りです。

  • 国家公務員試験の受験資格は30歳までと決められている
  • 募集人数が少ないので、公務員試験に受かっても採用されるとは限らない
  • 転職後は薬剤師としてのキャリアは積みにくい

注意点1.国家公務員試験の受験資格は30歳までと決められている

国家公務員薬剤師を目指すのであれば、なるべく早く行動しましょう。

なぜなら、国家公務員試験の受験資格には年齢制限があるからです。

国家公務員試験の応募資格は30歳未満です。

30歳を超えると受験ができないため、国家公務員薬剤師に興味があるなら、早めに準備しましょう。

注意点2.募集人数が少ないので、公務員試験に受かっても採用されるとは限らない

公務員薬剤師は公務員試験に受かっても採用されるとは限りません。

なぜなら、応募者に対して募集人数が非常に少ないからです。

実際、採用試験の倍率が20倍以上の年もありました。

よって、公務員試験に受かっても採用されるとは限らないのが現実です。

注意点3.転職後は薬剤師としてのキャリアは積みにくい

公務員薬剤師に転職すると、薬剤師としてのキャリアは積みにくくなると考えましょう。

なぜなら、公務員は2年から3年周期で異動があるため、仕事に慣れてきたタイミングで異動しなければならないからです。

部署もよっては投薬や服薬指導とは全くかけ離れた仕事をする可能性もあります。

薬剤師としての薬学知識や服薬指導などのスキルを磨きにくい場合もあるでしょう。

注意点4.「薬剤師」としてどんな仕事をしたいのかを明確にする

公務員薬剤師に応募する前に、薬剤師としてどんな風に社会貢献したいのか考えましょう。

たとえば、薬事行政に関わりたいと思うのであれば公務員薬剤師はおすすめです。

しかし、薬学や服薬指導の知識を身につけて、患者と深く関わりたい場合は公務員薬剤師に向いていないかもしれません。

公務員薬剤師と一般の薬剤師はそれぞれの仕事で得られるスキルが異なります。

後悔のないように、薬剤師としてどんな働き方をしたいのかを明確にしましょう。

薬剤師としての働き方やキャリアを見直したい人におすすめな転職サイト3選

おすすめ転職サイト
今の働き方や今後のキャリアを見直したいと思ったら、転職エージェントに力を借りてみましょう。

働きながら転職活動を行うのは、労力がかかります。

転職エージェントを利用すれば、給与や待遇面などの聞きづらい部分も代理交渉してもらえるので安心でしょう。

1.初めて転職する人も利用しやすい「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師初めて転職をするなら業界大手のマイナビ薬剤師がおすすめです。

初めての転職は分からないことや不安なことも多いでしょう。

マイナビ薬剤師はプロの転職エージェントとの対面の面談が受けられるので、転職における希望条件を伝えやすいです。

豊富な求人から、事前に伝えた条件に合う最適な求人を紹介してくれるので、求人を探す手間がありません。

マイナビ薬剤師で転職相談する

2.高年収の求人数が豊富で、スピーディに転職できる「リクナビ薬剤師」

リクナビ薬剤師リクナビ薬剤師は、転職して年収を上げたい人や、短い期間ですぐに転職したい人におすすめです。

なぜなら、リクナビ薬剤師は求人数が業界トップクラスで、転職相談をした翌日には平均5件の求人を紹介してくれるからです。

薬剤師専門のキャリアドバイザーが最適な求人を紹介してくれるため、最短3日で転職先を決めることも可能でしょう。

また、他社には少ない「年収600万円以上」の求人も多く、今よりも年収が高い会社に転職したい人も利用しやすいです。

リクナビ薬剤師で転職相談する

3.希望条件に合う求人だけを紹介してくれる「ファーマキャリア

ファーマキャリア転職先に求める条件が明確な場合はファーマキャリアがおすすめです。

ファーマキャリアは既存の求人を紹介するのではなく、1番良い条件になる可能性のある病院・調剤薬局・ドラッグストアに直接交渉してもらえます。

薬剤師の希望条件にもっとも近づく求人を提案してくれます。

多くの情報よりも希望条件に合う求人が知りたい人はファーマキャリアのオーダーメイド求人を利用してみましょう。

ファーマキャリアで転職相談する

公務員薬剤師の働き方に関するQ&A

公務員薬剤師のQA公務員薬剤師の働き方に関するQ&Aは以下の通りです。

Q1.一般薬剤師が公務員薬剤師になるにはどうしたらいいの?

一般薬剤師から公務員薬剤師への転職を希望するのなら、公務員試験を受験する必要があります。

どちらも年齢制限があり国家公務員は30歳未満、地方公務員は自治体によるものの概ね30代前半です。

国家公務員試験は国内有数の超難関試験です。

地方公務員試験も国家公務員試験ほどではないものの、倍率は高くなります。

一般薬剤師の知識とは関係のない分野も試験科目に入っているため、地道に勉強して受験する必要があるでしょう。

Q2.公務員薬剤師の仕事がきつい、辞めたいと思ったら辞めてもいい?

公務員薬剤師を辞めたい理由を明確にして判断する必要があります。

なぜなら、公務員薬剤師は一度退職すると再度、公務員に戻るのは非常に難しいからです。

激務での体調不良や、もっと調剤・服薬指導などの業務がしたいという希望であれば退職を検討しましょう。

しかし、給与面や福利厚生面などが主な理由の場合、公務員より手厚い民間企業に出会うのは難しいかもしれません。

公務員薬剤師を辞めたいと思ったら、辞めたい理由を明確にし、転職先に求める条件に優先順位をつけましょう。

Q3.公務員薬剤師と「行政薬剤師」って何が違うの?

公務員薬剤師は大きく分けて以下の2種類です。

  • 国家公務員薬剤師
  • 地方公務員薬剤師

行政薬剤師は地方公務員薬剤師に該当します。

よって、行政薬剤師になるためには以下の3つの資格や試験に合格する必要があります。

  1. 薬剤師資格
  2. 地方公務員試験に合格
  3. 行政機関での採用試験に合格

採用後は、人事委員会により配属先が決定されます。

まとめ

  • 公務員薬剤師を目指すなら、公務員試験の受験ができる30歳未満がおすすめ
  • 公務員薬剤師は2年から3年周期で転勤や移動がある可能性が高い
  • 公務員薬剤師は配属場所によって業務が異なる

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top