Paranaviトップ ノウハウ お金 副業で月3万円を目指す方法

副業で月3万円を目指す方法

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「副業で月3万円貯められる?」

「月3万円を得るのにおすすめな副業はどんなものがある?」

副業で月3万円を得るのにおすすめな副業、月3万円を副業で得るメリットやデメリットを分かりやすく説明します。

副業で月3万円稼ぐと年間36万円に

会社員でも、本業を続けながら副業をすれば月3万円の収入アップが目指せます。

自分の生活スタイル、持っているスキルに合わせて副業の種類を選択しましょう。

ただし、副業の収益が年間20万円を超えたら確定申告が必須になります。

副業で月3万円を得るメリットは3つ

副業で月3万円得るメリット

副業で月3万円を得られたら、どんなメリットが生まれるでしょうか?

お金を得られる以外にも、スキルを身につけることもできます。

メリット1.本業以外から収入を得られるので、生活の安定に繋がる

副業をすれば本業以外からの副収入が得られ、生活の安定につながります。

2020年5月現在では大手企業でも副業が解禁されつつあり、サラリーマンの働き方が多様化してきています。

終身雇用ではなく変化が求められる現代において、複数の手段で収入を得られることはプラスになるでしょう。

また、副業でスキルを高めたり増やしたりできれば本業にも活かせます。

メリット2.自由に使えるお金を月3万円増やせる

副業で月3万円を得られれば、自由に使えるお金を増やすことができます

3万円があれば、平均1か月1万3,000円程度といわれる1人暮らしの光熱費なら2か月分。

平均1か月9,000円程度の大手キャリアの携帯利用料金なら、3か月分ほどです。

副業で月3万円の収入をプラスできれば、数か月分の生活費を補うことが可能になります。

メリット3.本業に活かせるスキルを身に付けられる

副業では収入を増やせることはもちろん、本業に活かせるスキルを身につけるチャンスも生まれます。

なぜなら本業では経験できないことも、副業でならできる可能性があるからです。

副業では自分の趣味や特技を活かしたり、別の仕事にチャレンジしてみたりすることで、新しいスキルや人脈を作ることができます。

【初心者向け】月3万円得るのに始めやすい副業は2つ

【初心者向け】始めやすい副業

月3万円を得るための手軽に始めやすい副業を2つ紹介します。

多くの案件をこなせるよう、スキマ時間にコツコツと進めるのをおすすめします。

副業1.手軽にできるアンケートモニター

手軽にできる副業としておすすめなのが、アンケートモニターです。

アンケートモニターは無料で登録でき、1件500円から1,000円ほどのWebアンケートならスマホだけで全て行えます。

座談会や商品モニターに参加できることもあり、指定の会場へ出向いたり商品を試用したりする必要があるため報酬は数千円、高額な案件では1万円前後のものも。

1件1,000円のWebアンケートなら30件以上こなせば、月30件こなせばアンケートモニターで3万円得られます。。

関連記事:アンケートモニターの6つの種類と初めてでも副業収入を得るコツ5つ

副業2.地道にコツコツ貯めるポイントサイト【モッピー】

ポイントサイトに登録して、サイト内で貯めたポイントを換金する方法もあります。

おすすめはモッピーというサイトです。

特定のネットショッピングの利用やホテルの予約をモッピーを経由して行うと、1ポイント=1円でポイントが貯まる仕組みです。

副業3.何をしたらいいか迷っている人向け!プロの副業で案件を探す


プロの副業は、あなたのスキル・経験・人脈を活かした副業を紹介くれるサービスです。

「週1」や「月1」からなどあなたの希望に沿った副業案件が探せるのも特徴で、副業を始めたいと考えている人にぴったりです。

「副業をしたいけどなにをしていいかわからない」という人は、ぜひプロの副業に無料で相談してみてくださいね。

プロの副業に相談する

1案件あたりの単価が高額でおすすめな副業は3つ

高単価の案件を受けることができれば、ひと月でこなすべき仕事量が少なく済みます。

1件あたりの報酬が高めな副業を、3つ紹介しましょう。

副業1.結婚式やセミナーの代理出席など多岐にわたる【代行業】

結婚式やセミナーなど、誰かの代理でイベントに出席する副業です。

代理出席には年齢制限がなく、誰でも登録しやすいメリットがあります。

結婚式の代理出席の報酬は約6,000円で、月3万円は1か月に5件以上こなせば達成できます。

イベントの代理出席に慣れてきたら、当日のスピーチや受付などもできるようになるとさらに案件の単価を上げることができます。

副業2.専門知識を活かせば、単価の高い案件を受注できる【コンサル業】

コンサルティングは専門性が高いため、副収入を得られる可能性も。

とくに固定報酬制は時給制の場合とは異なり、プロジェクトごとまたは長期勤務の案件が多いので、それにともなって報酬が高額になる傾向があります。

長期の案件なら、1件50万円から100万円ほどが相場です。

コンサルの内容は、新規アプリの立ち上げやサイトのコンテンツに関するもの、SNS関連、経営についての相談など多岐にわたります。

そのため、自分の得意な分野に合わせて仕事を受けることをおすすめします。

副業3.健康志向で体力に自信がある人向け!配達の代行業【Uber Eats】

体力には自信があるという方は、Uber Eatsなどの配達代行業を副業にしてはいかがでしょうか。

ウーバーイーツは登録無料で、自分が保有している自転車や車、原付バイクから配達に使う乗り物を選択できます。

報酬は受取料金と受渡料金、距離料金を合算して1件500円ほどで、ランチやディナータイムを狙うとインセンティブが付いて報酬単価が上がります。

月3万円を稼ぐには、1回の配達の所要時間が15分として1時間に約4件とすると、1件500円の配達を1か月に60件、15時間ほど仕事できれば達成できることになります。

自分の都合の良い時間に配達できて本業とバランスが取りやすいメリットもあります。

スキルUPを目指しながら、月3万円を稼ぐのにおすすめな副業3選

スキルUPしつつ、3万円貯める副業

副業で稼ぎつつ、ビジネスに必要なスキルアップを目指しましょう。

ほかの人と差別化できるスキルを身につけることができれば、さらに収入アップも見込めます。

1.ビジネスに欠かせない!文章力が身に付けられる【記事の執筆】

文章を書くのが好きな方、または文章力を身につけてビジネスに活かしたいと考える方は、記事の執筆を副業にするのをおすすめします。

1文字1円でテーマに沿った記事を執筆し、案件ごとに単価は異なるものの1,500円から5,000円以上の報酬が得られます。

月3万円を稼ぐには1件5,000円の記事なら6件、1件2,500円の記事なら12件以上執筆すれば達成できます。

慣れてくれば執筆スピードが上がり、さらに稼ぎやすくなります。

2.市場を先読みするマーケティングスキルが身に付く【せどり】

せどりとは、商品を転売してその差額を得る方法をいいます。

新品を扱う場合は無資格で始められますが、中古品の場合は古物商の資格が必要です。

せどりを通して、売れそうなものを見抜く審美眼や市場を先読みするスキルなど、ビジネスに必要なマーケティングスキルが身に付きます。

せどりの利益率は仕入れ値に対して2〜3割が一般的で、月3万円を稼ぐためには仕入額10万円で3割の利益が出るように販売する必要があります。

せどりには仕入れのための資金が必要なため、余剰資金がある方に向いています。

3.英語力や相手との交渉スキルを身に付けられる【輸入業】

輸入業は、海外から商品を輸入して販売する副業で、売れるものを見極められれば大きな利益を得ることができます。

輸入業は、個人事業主の登録と輸入記録を残すための輸入車符号を用意すれば始められます。

商品仕入れの際の交渉力や英語を用いたコミュニケーション能力など、本業にも役立つスキルを実践しながら身につけることができそうです。

小型で壊れにくい商品を選べば送料を安く済ませることができるため、輸入業初心者にも始めやすいでしょう。

副業で月3万円貯めるコツは3つ

副業で月3万円貯めるコツ

月3万円の収入を得るためには、効率の良い方法を知っておく必要もあるでしょう。
副業で月3万円を得るコツを3つ紹介します。

コツ1.単価の高い仕事を選ぶ

副業で月3万円を目標にするのなら、単価の高い仕事を選びましょう。

1件2,000円の案件なら15件以上、5,000円なら6件以上こなす必要があります。

種類にもよりますが副業にかけられる時間は限られているため、報酬単価の高い案件を選ぶことをおすすめします。

コツ2.案件を継続して受注する

月3万円を稼ぎ続けるには、案件を継続して受注することや業務をきちんと遂行することが大切です。

なぜなら副業を始めてすぐに、継続して月3万円を得ることは難しいからです。

コツコツと自分の実績を積み上げていって、目標の金額を目指しましょう。

コツ3.特技や専門性を活かせる副業は人と差別化して始めやすい

簡単で誰もが始めやすい副業は、競合する人が多くいます。

なぜなら副業に初期投資をせず、手軽に稼ぎたいと考える人は多くいるからです。

月3万円を稼ぎたいという目標が明確なのであれば、長期的にみて自分の特技や専門性を活かせる副業に挑戦してみてはいかがでしょうか。

すぐには月3万円の目標がクリアできなかったとしても、人と差別化できるスキルを獲得しそれを用いる副業ができるようになれば、いずれは達成することができるでしょう。

副業で月3万円稼ぐデメリットは3つ

副業で月3万円稼ごうとするときにデメリットはあるのでしょうか?

副業を始める前には、注意点を把握しておきましょう。

デメリット1.副業に慣れるまで、本業との時間のバランスを取るのが難しい

副業をすることに慣れるまでは、本業とのバランスを取るのが難しいかもしれません。

なぜなら自分が想像するよりも業務に時間がかかったり、慣れない作業で精神的に疲れたりすることもあるからです。

会社員で週休2日の方の場合、副業に使える時間は1日8時間、合計で16時間ほどでしょう。

身体を休める時間も必要でしょうから、最初のうちは月3万円を稼ぐのが思ったよりも困難になる可能性はあります。

デメリット2.副業の所得が20万円を超えたら、確定申告の手間がかかる

副業の所得が20万円を超えたら確定申告が必須です。

確定申告漏れがあると、追加で税金の請求があるので注意が必要です。

デメリット3.1つの副業だけで、毎月3万円の収入を得るのは難しい場合がある

やっている副業が1種類だけの場合、毎月継続して3万円を稼ぎずらい場合があります。

たとえば、単発のアンケートやポイントサイトの案件だけで毎月3万円を得ようとします。

継続案件にはつながらないこと、そもそも高単価の案件が少ないこと、こなせる案件数には限りがあるので、単価が低い案件だけでは毎月3万円を達成するのが難しいかもしれません。

副業で月3万円を目標にするのなら、本当に達成できそうな仕事なのかを検討してから始める必要があるでしょう。

副業で月3万円稼ぐことに関するQ&A

副業で月3万円に関するQ&A

副業で月3万円を目標にする方向けに、気になる点をQ&Aでまとめました。

疑問点が解決できたら、副業にチャレンジしてみましょう。

Q1.副業で得た月3万円の収入が、会社にばれない方法はある?

副業で毎月3万円を稼ぎ、副業による年間所得が20万円を超えたら確定申告が必須になります。

そして年間の総所得額が増えることによって支払うべき住民税も増えるので、本業の勤め先に届く住民税の請求通知により、副業をしていることが発覚してしまうでしょう。

住民税の納付方法は、自分で納める普通徴収と会社の給与から天引きされる特別徴収とがあり、確定申告時に普通徴収を選べば勤め先に副業がバレにくくはなります。

ですが副業禁止の会社に勤めているのであれば、副業によって本業が解雇になる恐れがあるので避けた方が良いでしょう。

Q2.副業で月3万円稼ぐと、税金はかかる?

副業で毎月3万円を稼ぐと年間収入は36万円、そこから経費を引いた所得が20万円を超えるのなら確定申告が必要です。

副業所得にかかる税金には、所得税と住民税とがあります。

所得税は所得合計から控除額を引いた額を課税対象とし、所得が増えるにつれ税率が高くなっていきます。

年1回の確定申告を怠ると、追加で税金の支払いを命じられるので注意しましょう。

Q3.初心者でも副業で1日3万円稼ぐ方法はある?

副業を始めてすぐは、1日3万円を稼ぐのは難しいでしょう。

本業もある方は副業に使える時間は限られているので、始めた当初は1か月で3万円を稼ぐことを目標にしましょう。

たとえば1日3万円目標だと1か月で90万円稼ぐ必要があり、時給1,000円のアルバイトなら1日8時間勤務で8,000円、100時間働いても90万円には到底届きません。

副業を始めた当初は目標を月3万円ほどにすることで、モチベーションを保ちつつ副業を続けることができます。

Q4.在宅でスマホだけでも月3万円を副業で得られる?

ネットでのアンケートやポイントサイトなど、専門的な作業が必要ない副業であれば可能です。

ですが副業の種類によっては、スマホだけでは難しいこともあります。

タイピングが必要なライティング案件やデータ入力など、パソコンを使えれば効率良く、多数の案件をこなせる副業も。

スマホだけでも副業で月3万円を稼ぐことはできますが、パソコンがあった方が便利です。

まとめ

  • 副業で月3万円得ることで、生活に余裕が持てる
  • 副業で月3万円得るためには、自分のスキルが活かせる副業を選ぶのがおすすめ
  • 副業で月3万円得ることで、本業以外で所得を得ることができる

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

Page Top