Paranaviトップ 未分類 看護師の仕事に疲れた!もう辞めたいという人に試してほしい解決法

看護師の仕事に疲れた!もう辞めたいという人に試してほしい解決法

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「忙しすぎて、看護師の仕事に疲れた」「看護師の仕事がいや!もう辞めたい」

激務で長時間労働が続く看護師の中には、疲れて辞めてしまいたいと思った経験がある人も多いはずです。

いままさに、辞めてしまうかどうか悩みを抱えてこの記事にたどり着いたという方もいるのではないでしょうか。

今回は、看護師辞めてしまった方がをいいケースや、辞めたい気持ちが続くときの対処法を紹介します。

今すぐに現状を打開ししたい看護師は「看護師が「仕事を辞めたい」と思ったときに有効な解決法3つ」に目を通してみてくださいね。

この記事の内容

現役看護師の80%以上が現職に不満があると回答

看護師の80%以上が現職に不満がある「逆転職相談会」を主催する(株)ナイチンゲールが現役看護師にアンケートを実施したところ、80.0%が現職への不満を抱いていると回答しました。

不満の中で最も多かったのが、人員不足(43.2%)です。

次いで、正当に評価されていない(40.7%)、休みが取れない(29.5%)などの不満が続きます。

人員不足で看護師1人あたりの仕事が増えた結果、自分への評価や休み、同僚へのさまざまな不満に繋がっているとわかるでしょう。

立場や年代別!看護師が疲れた、辞めたいと思う理由

立場や年代別!看護師が辞めたい理由立場や年代別によって看護師が疲れた、辞めたいと思う理由はさまざまです。

今回は若手看護師、中堅看護師、ベテラン看護師ごとに辞めたいと思う理由を見ていきましょう。

  1. 若手看護師が疲れた、辞めたいと思う理由
  2. 中堅看護師が疲れた、辞めたいと思う理由
  3. ベテラン看護師が疲れた、辞めたいと思う理由

新人・若手看護師が疲れた、辞めたいと思う理由

若手看護師が辞めたい理由若手看護師が疲れた、辞めたいと思う理由は以下の2つです。

  1. 看護師不足で、新人に求められるスキルが高すぎる
  2. 先輩が怖く、病院内に居場所がないと感じる

理由1.看護師不足で、新人に求められるスキルが高すぎる

新人にベテランと同等のスキルを期待し、高いスキルを求められることも少なくありません。

なぜなら、慢性的な人手不足を解消したくて、即戦力を求めているからです。

先輩のお手本をたった1回見ただけで「次は1人でやって」と言われたり、「私が新人の時には、2回目は1人でやっていたよ」と言われたりした経験もあるでしょう。

成長のスピードは人によって異なることを考慮できないほど、余裕がないことがうかがえるでしょう。

理由2.先輩が怖く、病院内に居場所がないと感じる

新人の苦悩はこれだけではありません。

プリセプターや先輩たちが怖くて、病院内に居場所がなく、苦痛を感じるケースもあります。

ナースステーションでは邪魔にならない場所を選んで立ったつもりが「邪魔だ」とあしらわれ、援助中には途中で遮られることもあるでしょう。

いつもイライラしている先輩に話しかけるのが怖くて看護報告が遅れ、さらに怒られるという悪循環を繰り返すこともあります。

そのようなことが続くと委縮してしまい、先輩たち全員に嫌われているような気がして身も心も疲れてしまうことも少なくないでしょう。

中堅看護師が疲れた、辞めたいと思う理由

中堅看護師が疲れた、辞めたいと思う理由は以下の2つです。

  1. 勤続年数が長くなるにつれて、役割や仕事量が増える
  2. 仕事を頑張っても昇給しにくい

理由1.勤続年数が長くなるにつれて、役割や仕事量が増える

看護師は入職して3年目くらいから役割が多くなりはじめます。

5年目まで受ける教育課程と同時進行で、以下のような責任ある役割が増えていきます。

  • リーダー業務
  • 臨床指導
  • プリセプター業務
  • 研究
  • 委員会

経験値を上げるのに必要だとわかっていても、複数の責任ある役割を担いながら働くのは精神的に辛いでしょう。

気付いたら疲れ切っていて、看護師を辞めたいと思うようになっていたという人も少なくありません。

理由2.仕事を頑張っても昇給しにくい

看護師の基本給が昇給しにくい理由として、看護師の数に対して役職が少ないこと、30代から昇給が鈍り始めることが挙げられます。

看護師の職場の役職には副主任、主任、副師長、師長が挙げられます。

しかし、スタッフの人数が多い割にポストが少なく、経験を積んだベテランでないと就くことが難しいため、仕事を頑張っても昇給しにくいでしょう。

また、実は看護師の年収は30代になると昇給が鈍り始めます。

この背景には、結婚・出産・子育てなどといった環境の変化が影響しています。

手当てがもらえる夜勤に入れない、復帰後の勤務形態に影響が出るなど、女性が9割を占めるという特殊な職場だからこその理由があります。

ベテラン看護師が疲れた、辞めたいと思う理由

ベテラン看護師が疲れた、辞めたいと思う理由は以下の3つです。

  1. 責任が重く、仕事量も多い
  2. 体力的に夜勤がきつい
  3. 上司・同僚・後輩との人間関係が辛い

理由1.責任が重く、仕事量も多い

ベテランになるほど周囲から頼られて仕事量が増え、精神的にも肉体的にも負担が大きくなってしまいがちです。

また、シフト作成などの管理業務、会議や外部の研修など業務以外の仕事も増えるでしょう。

理由2.体力的に夜勤がきつい

年齢を重ねるほどに、夜勤がきついと感じるようになっていきます。

夜勤の時には、病室の巡回、ナースコールへの対応、点滴の準備・配役といった業務を担い、病棟勤務の場合、夜勤の看護師一人あたり、12〜16人の患者を受け持ちます。

患者の容体が急変すれば緊急対応に追われ一睡もできない日もあり、年齢を重ねるほど体力的にきついと感じやすいでしょう。

理由3.上司・同僚・後輩との人間関係が辛い

ある看護師専門求人サイトが実施したアンケートによると、「同僚や上司との関係」がベテラン看護師のストレス原因の第1位という結果になっています。

先輩と後輩との板ばさみになり、周囲の顔色をうかがいながら仕事をしなければならないケースも少なくありません。

たとえば、また、上司が気分屋でその言動に振り回されたり、新人のミスや退職の責任を問われたりと大変なことも増えます。

新人、中堅、ベテランと異なる立場であっても人間関係にまつわる悩みは尽きません。

看護師の仕事を辞めたいと思ったら、すぐに辞めた方がいいケース

看護師がすぐにやめた方がいいケース看護師の仕事を辞めたいと思ったら、すぐに辞めた方がいいケースは以下の通りです。

  1. いじめやパワハラを相談しても解決しない
  2. 仕事が原因でうつや体調不良が続いている
  3. 残業代の未払いがあり、労働環境が悪い
  4. 我慢して働くのが当たり前と思いこみ、気持ちを抑え込んでいる

ケース1.いじめやパワハラを相談しても解決しない

いじめやパワハラを受けていることを師長や部長などに相談しても改善しない職場は、辞めるのがベストです。

無理をし続けて辛い状況を我慢すると心身ともに支障が出てしまい、働けない状態になるかもしれません。

たとえば、パワハラは、<1>関係性上逆らえないような場面で<2>業務上必要な範囲を超えた要求などをして、<3>労働者に苦痛を与え働けなくなること、この3つをすべて満たす状態と定義されています。(※参考:厚生労働省「明るい職場応援団」

人命に関わる仕事ですので指導が厳しくなるのはやむをえませんが、立場を利用した理不尽な要求や人格を否定するような暴言などは立派なパワハラです。

自分のことを守るためにも、早め早めに転職するのがベストでしょう。

ケース2.仕事が原因でうつや体調不良が続いている

仕事が原因で体調不良やうつ状態が続いている場合は、今の勤務先を辞めることを検討しましょう。

環境が変えたらストレスが軽くなり、症状が改善する可能性があるからです。

その際、自分ひとりで判断せず、今の勤務先を辞めて転職すべきかどうか、主治医に必ず確認しましょう。

主治医が辞めるべきではないと判断したら、今の職場を休職し、心と体をしっかり休め、徐々に今後のことを考えてみるとよいです。

ケース3.残業代の未払いがあり、労働環境が悪い

看護師の取り巻く環境で、労働環境が悪いことが挙げられます。

たとえば、前残業代は病院側が未払い、もしくは支払われないと思っている看護師も多いです。

前残業に該当する業務

  • 勤務時間後のカルテ作成
  • 勤務時間前の着替え
  • 勤務時間前におこなう、患者に関する情報収集の時間

雇用関係を結んでいる以上、始業前であっても病院には残業代を支払う義務があります。

過去の残業代は2年前までさかのぼって請求することが可能ですので、いまからでも2年分は支払ってもらえます。

労働環境の改善を申し出たり、改善が見込めないようなら転職活動を始めたりしましょう。

ケース4.我慢して働くのが当たり前と思いこみ、気持ちを抑え込んでいる

仕事を頑張りすぎたり、仕事のために何かを我慢しすぎたりしてしまうと、バーンアウト症候群に陥る可能性があります。

  • バーンアウト症候群(燃え尽き症候群):努力してきたのに、思うような結果が得られなかったときに感じる徒労感や虚脱感

心身が極度に疲弊し、ある日を境に急に頑張れなくなり、仕事はもちろん、日常生活にも影響を及ぼします。

看護師はただでさえストレスが多い仕事ですから、自分の身や心に何かあったとき、自分を守れるのは自分しかいません。

仕事だけに幸福ややりがいを求めず、職場の内外に相談できる相手を作っておきましょう。

看護師が辞めたいと思っても、もう少し踏ん張った方がいいケース

逆に、看護師を辞めないでもう少し踏ん張ってみてもいいケースもあります。

ただし、以下のケースでも無理はせず、心身に限界がくるようなストレスを感じた場合は辞めることを検討してください。

  1. 新人看護師で1年目で辞めたい
  2. 人間関係に不満が無い

ケース1.新人看護師で1年目で辞めたい

1年目ははじめてのことばかりであることの不安や、命をあずかる責任の重さから「疲れた……向いていないかも」という思いが強くなる場合もあります。

しかし、看護師の業務には経験を積んでわかってくることも多いため、最初から仕事がうまくいく人の方が少なく、1年目で判断してしまうのはもったいないことです。

まずは1ヶ月、それを超えられたら3ケ月、それを超えられたら半年……と、先を見すぎずできるだけ手前に目標をおいてみましょう。

厳しい実習や難しい試験をクリアしてきたあなたなら、きっと看護師になってよかったと思える日が来るはずです。

ケース2.人間関係に不満が無い

看護師に限らず、社会人が仕事上で一番抱えている悩みが人間関係です。

どの職種・職場で働いても人間関係で悩む可能性は高いといえるため、人間関係で不満・悩みがない職場は稀といえるでしょう。

仕事に不満があって転職しても、次の職場で人間関係で悩む可能性があります。

まずは、いまの職場で周囲の人に悩みを相談してみましょう。

看護師を辞めるかどうかで悩んだ時に実践してほしいこと

看護師を辞めるかどうかで悩んだ時に実践してほしいことは以下の3つです。

  1. 疲れたなら思い切って有給をとる
  2. 今の職場を退職できない理由があるなら、部署異動を申し出る
  3. 周囲に相談する

対処法1.疲れたなら思い切って有給をとる

有給休暇をはじめとした休暇制度を利用して、思い切って仕事を休んでみましょう。

忙しく人員不足の職場で休みを取ると周囲の目が気になるかも知れませんが、つらい思いをしながら働き続けていると、心がどんどん摩耗する恐れがあります。

また、疲れ切った状態では「辞めたい」という気持ちに支配されて冷静な判断がせきません。

仕事から離れ、心も体もリフレッシュできれば、気持ちを切り替えて仕事に向き合えるかもしれませんし、辞めたいと思っていた原因や理由を冷静に考えるきっかけにもなります。

対処法2.今の職場を退職できない理由があるなら、部署異動を申し出る

部署での人間関係や仕事内容について悩んでいるなら、部署異動を申し出てみましょう。

新しい環境でリフレッシュできれば、今までとは違う新鮮な気持ちで仕事に取り組めるかもしれません。

看護師は全体的に不足しており人材確保が難しいため、病院としては、今勤務している看護師にはできれだけ辞めて欲しくないと考えています。

病院の方針にもよりますが、働きやすい環境を整えることで退職を食い止められるならと考え、迅速に対応してくれるはずです。

対処法3.周囲に相談する

仲がいい同僚や友人、家族のような身近な人に、今の状況を相談してみましょう。

つらい気持ちを抱えたままでは、体はもちろん心の不調にもつながる恐れがあります。

自分の気持ちを周囲の人に話すことで自分では思いつかなかった解決のヒントがもらえるかもしれません

専門的かつ客観的なアドバイスなら転職のプロへ相談がおすすめ

「周囲に相談する相手がいない」「第三者から客観的な意見が欲しい」そんな方は、転職エージェントでキャリアアドバイザーに相談するのがおすすめです。

看護師転職のプロは、あなたのケースに似た転職事例や最近の転職市場の動きなどから専門的なアドバイスをしてくれます

また、忖度(そんたく)の無い客観的な意見がもらえるので、辞めるべきか辞めない方がいいのか、冷静に判断するにはベストなアドバイスがもらえます。

おすすめの転職エージェントは、記事後半の仕事を辞めたいと悩む看護師におすすめの転職サイト4選で紹介するので、参考にしてくださいね。

看護師が「仕事を辞めたい」と思ったときに有効な解決法3つ

仕事を辞めたいときに有効な方法看護師が「仕事を辞めたい」と思ったときに有効な解決法は以下の3つです。

  1. 看護師として他の職場へ転職し、働く環境を変えてみる
  2. 派遣看護師として転職し、看護師としての働き方を見直す
  3. 看護師を続けたくないなら、ほかの職種に転職する

解決法1.看護師として他の職場へ転職し、働く環境を変えてみる

今の職場で看護師を続けられないと悩むくらいなら、他の職場へ転職し、働く環境を変えるのも手です。

働く場所はほかにもあるのに、働きにくいと感じている職場で無理に働き続けることはないからです。

転職先を探すなら、看護師専門の転職エージェントを利用しましょう。

転職先に求める条件に優先順位をつけてエージェントの担当者に伝えれば、希望条件に近い職場を見つけられます。

ただし、100%全く不満がない職場を探すのは難しいことを忘れないようにしましょう。

解決法2.派遣看護師として転職し、看護師としての働き方を見直す

看護師として仕事を続けたいが、体力的にも精神的にもつらい人は働き方を変えてみましょう。

派遣看護師なら看護師として培った経験を活かしながら、自分に合った働き方をしやすいです。

たとえば、働く時間や働き方などです。

また、派遣看護師は看護師としての仕事を続けられる一方で、時給制で働くのでサービス残業がなく、働く時間をコントロールしやすいでしょう。

解決法3.看護師を続けたくないなら、ほかの職種に転職する

もう看護師を続けたくないと考えているなら、全くの異業種へ転職してもよいでしょう。

看護師の資格があればまた戻れるため、転職したいなら思い切って行動がおすすめです。

看護師におすすめの職種

  • エステティシャン
  • マッサージ
  • リフレクソロジー
  • ヨガインストラクター
  • CRC(治験コーディネーター)
  • CRA(臨床開発モニター)
  • フィールドナース(クリニカルスペシャリスト)

異業種への転職では精神的なプレッシャーや緊張感から解放され、夜勤がなくなり規則正しい生活が手に入る可能性が高いです。

未経験の職種を目指すのは不安があるかもしれませんが、DYM就職のような未経験転職に強い転職エージェントを利用することで成功率がアップします。

仕事を辞めたいと悩む看護師におすすめの転職サイト4選

仕事を辞めたいと悩むと同時に、転職先をどうするのか悩む看護師の方も多いはずです。

まずは、転職サイトで求人を見たり、看護師専門のキャリアアドバイザーに相談してみることがオススメです。

数ある転職サイトの中から、厳選して4つ紹介します。

  1. 利用者満足度96%!「看護roo!(カンゴルー)」
  2. 正社員・派遣看護師など働き方を選びやすい「看護のお仕事」
  3. 国内最大級の求人数・転職実績「ジョブデポ看護師」
  4. 看護師からほかの職種を目指すなら「DYM就職」

おすすめ1.利用者満足度96%!「看護roo!(カンゴルー)」

看護roo(画像出典:看護roo!公式サイト)

看護roo!は求人数がトップクラスの求人サイトで、利用者満足度も96%と高いです。

また、誰でも見られる公開求人数が5万件以上なので、看護師なら誰でも使いやすいでしょう。

転職活動中は面接対策や状況に応じて面接にも同行してくれます。

転職回数が多く面接が上手くいくか不安という人も安心でしょう。

看護roo!で仕事を探す

おすすめ2.正社員・派遣看護師など働き方を選びやすい「看護のお仕事」

看護師の転職にオススメ「看護のお仕事」画像
(画像出典:看護のお仕事

看護のお仕事は正社員はもちろん、派遣看護師としての求人も豊富にあります。

残業が少ない、連続休暇が取りやすいなどの待遇面に配慮した非公開求人もあるので、自分の生活に合った働き方がしたい看護師が利用しやすいでしょう。

また、転職先へのインタビューや職場訪問を行っているので、転職先の働きやすさに関するリアルな情報をシェアしてもらいやすいです。

自分に合った働き方や働きやすい職場に転職したい看護師におすすめでしょう。

『看護のお仕事』で転職相談をする

おすすめ3.国内最大級の求人数・転職実績「ジョブデポ看護師


ジョブデポ看護師は、国内最大級の看護師専門の転職サイトです。

自分で求人を見つけて紹介してもらうこともできますし、キャリアアドバイザーに相談して自分に合った求人を探してもらうことも可能です。

また、給与・労働条件交渉や質問の代行もお願いできますので、聞きにくいことも聞け、労働条件に納得してから求人に応募することができますよ。

「就業場所や給与もに希望はあるけど、結局どこがいいのかわからない」というときは、ジョブデポ看護師に相談してみましょう。

『ジョブデポ看護師』で転職相談をする

おすすめ4.看護師からほかの職種を目指すなら「DYM就職


看護師から未経験の職種に挑戦する方におすすめなのが、DYM就職です。

DYM就職は研修制度が充実した求人が豊富なので、経歴に自信がなくても、長いブランクがあっても応募しやすい求人がそろっています。

紹介される求人は、研修・教育制度が整っている企業の求人ばかりですので、未経験でも安心して働ける転職先が見つかります。

また、あつかっている求人は100%正社員の求人ですので、「看護師から転職しても、安定して働きたい」という方にもオススメですよ。

DYM就職で転職相談をする

看護師が辞めたいと悩むときに関するQ&A

看護師が辞めたいと悩むときに関するQ&Aは以下の通りです。

Q1.看護師の仕事を辞めて幸せになれる人はどんな人?

看護師の仕事を辞めて幸せになれる人の特徴は以下の3つです。

  1. 看護師としての目標を達成した人
  2. 結婚や出産・育児といったライフイベントに合わせて看護師を辞めた人
  3. 看護師の仕事が合わなくて辞めた人

看護師として掲げた目標を努力を重ねて達成した人なら、看護師を辞めても後悔することはありません。

また、異業種へ転職してもスムーズにキャリアを積み上げ、輝く未来を手に入れられるでしょう。

Q2.クリニックで働く看護師が辞めたいと思ったときはどうしたらいい?

以下のような場合は転職を検討するのも選択肢の1つでしょう。

  • 労働環境が悪い
  • 今の職場が原因で体調を崩している
  • ほかにチャレンジしたい仕事がある
  • 今の仕事にやりがいを感じていないなら

看護師の需要はとても高いため、ほかの病院への転職は、じゅうぶんに可能でしょう。

仮に、異業種へ転職しても看護師の資格は一生モノです。

まとめ

  • 看護師を辞めたいと思う理由は、立場や年代によって悩みが異なる
  • 辞めたい状況をムリに我慢し続ける必要はない
  • いじめやパワハラを受けているなら、転職して働く環境を変えるのもおすすめ

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
飯田 瑞季
Writer 飯田 瑞季

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top