Paranaviトップ 未分類 転職先が決まらない人へ|転職活動が長引いたら、見直すべきポイント

転職先が決まらない人へ|転職活動が長引いたら、見直すべきポイント

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「転職先が決まらないときはどうしたらいい?」「転職活動が長引いて、疲れた…」という人も多いでしょう。

今回は転職先が決まらないときに見直すべきポイントを整理し、転職活動がうまくいかないときにおすすめの対処法を紹介します。

今すぐに転職活動を見直す際のポイントが知りたい人は「年代やタイプ別に紹介|転職先が決まらないときに見直すべきポイント」に目を通してみてくださいね。

\長引く転職をプロに相談するなら/

サービス求人数おすすめ利用者利用無料詳細

公式サイトを見る

第二新卒・既卒・
フリーターなど
20代〜30代

公式サイトを見る


10万件

全世代

公式サイトを見る


7万件

20代〜30代


※年収はリクルートエージェントの「転職実績データ」とdodaの転職で年収アップするのはこんな人 年収アップ成功者に見る傾向と対策を参考。

転職先がなかなか決まらないと悩む人は多い

転職先が決まらないと悩む人は多い転職活動は人生に関わることで、時間がかかるものでしょう。

実際、エン・ジャパンが2014年に実施した「転職活動期間に関する調査」によると、75%の転職コンサルタントが年代に関わらず約3か月かかると回答しています。

また、求職者の年代が上がるごとに転職にかかる時間は長くなる傾向があります。

よって、人によっては3か月以上かかることも珍しいことではなく、転職がうまくいかないと悩む人は多いといえるでしょう。

転職先が決まらないとき、すぐに見直すべきポイント5つ

すぐに見直すべきポイント転職活動は時間がかかると分かっていても、3か月以上転職活動が続くと焦りが募る人も多いでしょう。

今回は転職先が決まらないとき、すぐに見直すべきポイントを5つ整理します

  1. 転職することが「目的」になっていないか
  2. 自分のスキルと経験が整理できているか
  3. 提出書類に不備がなく、分かりやすいか
  4. 最低限の面接対策が万全か
  5. 転職先に求める条件の理想が高すぎないか

ポイント1.転職することが「目的」になっていないか

転職先が決まらないときは転職自体が目的になっていないかを確認しましょう。

転職先が決まらないと焦るものですが、本当に大変なのは「転職した後」です。

転職をすることが目的にならないためには、転職後の将来どうなりたいかを1年後、5年後、10年後と考えておきましょう。

納得感をもって転職するためには、自分が働きたいと思える会社を選ぶことが大切です。

ポイント2.自分のスキルと経験が整理できているか

自分のスキルと経験が整理することが大切です。

たとえば、経験した仕事、仕事を通して身に付いたスキル、長所、短所などです。

自己分析を入念におこなうことで、志望企業へのアピールポイントや入社後のキャリアビジョンを明確にできるでしょう。

自己分析が苦手、うまくいかないという人は転職エージェントに登録し、プロの転職アドバイザーとキャリアの棚卸しをしてみるとよいでしょう。

\転職ノウハウやサポート力に定評がある/

DYM就職で相談する

ポイント3.提出書類に不備がなく、分かりやすいか

提出書類に不備がなく、分かりやすいかを確認しましょう。

なぜなら、多くの求人企業は応募書類を見て求職者のスキルや経験、人柄を判断するからです。

履歴書は事実に沿って記載し、職務経歴書は経験やスキルを分かりやすく記載し、活躍できる人材であることを伝えましょう。

毎回、同じ応募書類を使いまわすことは避け、応募先の企業に合わせて書類を作成するのがおすすめです。

ポイント4.最低限の面接対策が万全か

面接対策を万全にしましょう。

たとえば、面接時に注意するべき点は以下の通りです。

  1. 服装がだらしなくないか
  2. 面接中の言葉遣いは丁寧か
  3. 面接の開始時と終了時に元気よく挨拶をしているか
  4. 自己紹介、志望動機、長所、短所などのよく聞かれる基本的な質問はすらすら答えているか

注意点を見て当たり前だと思うかもしれませんが、1つずつを確実にこなすことが大切です。

面接は建物の前から始まっていると思い、最後まで気を抜かずに取り組みましょう。

ポイント5.転職先に求める条件の理想が高すぎないか

転職先に求める条件の理想が高すぎないかを確認しましょう。

なぜなら、理想の条件がすべて叶う転職先を見つけることは難しいからです。

たとえば、給与、残業時間、福利厚生、仕事内容、労働条件などです。

転職先に求める条件を出したら、条件1つずつに優先順位をつけておきましょう。

年代やタイプ別に紹介|転職先が決まらないときに見直すべきポイント

転職活動を見直す際のポイント転職先が決まらないときに見直すべきポイントを年代やタイプ別に整理しました。

自分に当てはまる年代やタイプをチェックしてみましょう。

20代で転職先が決まらない人が見直すべきポイント3つ

20代で転職先が決まらない人が見直すべきポイントは以下の3つです。

  1. 転職先への理想が高すぎて、募集要件を満たしていない求人票にばかり応募している
  2. 応募する企業が少なすぎる
  3. 自分の将来性をうまくPRできていない

20代の場合、他の年代と比較すると社会人経験も浅く、スキルや経験が少ないのが一般的です。

20代の採用面接では、今後の将来性や伸びしろを期待した採用が多いでしょう。

よって、自分の強みを整理したうえで、意欲的な姿勢や学ぶ意欲があることをアピールする必要があります。

なかなか希望に合う求人が見つからない人は20代に特化した転職エージェントを利用すると、20代でも応募しやすい求人を見つけやすいです。

\20代の転職市場に詳しいアドバイザーが多数在籍/

マイナビジョブ20’sで転職相談してみる

30代で転職先が決まらない人が見直すべきポイント3つ

30代で転職先が決まらない人が見直すべきポイントは以下の3つです。

  1. マネジメント経験をPRできていない、またはマネジメント経験がない場合は、マネジメントに代わるスキルをPRできていない
  2. 即戦力として力を発揮できる点をPRできていない
  3. 自分の経験とスキルを整理できていない

30代は20代と比較すると、即戦力としての採用やマネジメント経験を求められる場合が多いでしょう。

よって、自分の強みや経験をしっかりと整理し、自分の言葉で伝えられる力が求められます。

たとえば、リクナビNEXTのグッドポイント診断を使うと、30分の診断ですぐに履歴書に記載できる自分の強みを5つ知ることができます。

40代で転職先が決まらない人が見直すべきポイント3つ

40代で転職先が決まらない人が見直すべきポイントは以下の3つです。

  1. 過去の栄光を語りすぎていないか
  2. 転職先に求める条件を改めて整理する
  3. これまでの人脈を利用して転職することも検討する

40代になると、20代30代と比べると求人は少なくなります。

よって、転職先に求める理想の条件をより明確にし、本当に譲れない条件を決めておくことが大切です。

また、40代は社会人としての経験やスキルが豊富な分、面接でPRする際にはだらだらと話さずに、的を絞って話すようにしましょう。

40代になると、取引先や前職などの人脈もできているはずです。

もし転職活動がなかなかうまくいかない場合は、これまで培ってきた人脈から仕事を探すのも1つの方法でしょう。

転職先が半年~1年以上決まらない人が見直すべきポイント3つ

転職先が半年~1年以上決まらない人が見直すべきポイントは以下の3つです。

  1. 転職理由が曖昧ではないか
  2. 転職することが目的になっていないか
  3. 不採用だった面接の振り返りをしているか

転職活動が半年以上続くと、不採用が続き、精神的にも肉体的にもつらいです。

転職活動が1年以上続いている人は、いったん立ち止まり、直近で受けた不採用だった企業数社の振り返りをしてみましょう。

面接の振り返りをしたうえで、なぜ転職活動をしていて最終的に転職してどうしたいのかを考え直してみるのがおすすめです。

無職で転職先が決まらない人が見直すべきポイント3つ

現在、無職で転職先が決まらない人が見直すべきポイントは以下の3つです。

  1. 転職先に求める条件が高すぎないか
  2. 仕事にブランクがある理由をきちんと説明できているか
  3. 面接や選考書類を十分に準備しているか

無職の場合は無職で過ごした期間にどんなことをしていたのか、なぜ再び働きたいのかを熱意をもって伝えられるようにすることが大切です。

原因別|転職が決まらないときに試せるおすすめの対処法

転職先が決まらないときに試せる対処法転職が決まらないときに試せるおすすめの対処法を原因別で紹介します。

  1. 書類選考に通過できないなら、履歴書や職務経歴書を見直す
  2. 1次面接を通過できないなら、自分が話す姿をビデオ撮影する
  3. 2次面接や最終面接を通過できないなら、将来像を明確にする

対処法1.書類選考に通過できないなら、履歴書や職務経歴書を見直す

求人に応募すると、多くの会社ではまず書類選考が行われます。

書類選考が通過できない人は、履歴書や職務経歴書を見直してみましょう。

見直す際のポイントは以下の通りです。

  1. 誤字脱字がないか
  2. 書類をすべて印刷し、読みにくい部分がないかを確認する
  3. 職務経歴書は最新の状態になっているか

とくに職務経歴書は自分のスキルや経験をアピールできる大切な書類です。

新しい経験やスキルを常に追記し、最新の状態にしておきましょう。

修正をしたら、担当の転職アドバイザーに連絡し、再度チェックしてもらうのがおすすめです。

対処法2.1次面接を通過できないなら、自分が話す姿をビデオ撮影する

書類選考は通過するのに面接がうまくいかない人も多いです。

自分の面接に自信がない、面接が苦手という人は自分が座って話す様子を撮影してみましょう。

たとえば、以下のような点をチェックすると良いです。

撮影したビデオのチェックポイント

  • 話し方のクセ
  • 話すときに視線が泳いでいないか
  • 聞きやすい声で話せているか
  • 自信がなさそうではないか

    自分でビデオを確認するのが面倒な人は転職エージェントに登録し、面接対策講座などを受講して自分の課題を見つけてみましょう。

    対処法3.2次面接や最終面接を通過できないなら、将来像を明確にする

    1次面接は通過するのに内定まで行かない人も多いです。

    2次面接や最終面接になると、求職者を判断する際の企業側の視点も厳しくなるでしょう。

    とくに、2次面接以降では「本当に会社で活躍してくれるか」、「将来のビジョンが明確か」など、より踏み込んだ質問が多くなります。

    2次面接や最終面接が通過できない人は自分のどんな経験が活かせるのか、将来的にどうなりたいのかをはっきりさせることが大切でしょう。

    転職活動がうまくいかないときに避けるべきNG行動2つ

    転職がうまくいかないときに避けるべきNG行動は以下の通りです。

    1. スケジュール管理が困難になるほど、求人応募をする
    2. 内定がないのに焦って退職届を出す

    NG行動1.スケジュール管理が困難になるほど、求人応募をする

    転職活動がうまくいかないと、不安が募り、むやみに求人応募したくなるものです。

    しかし、転職活動は転職をして終わりではなく、転職後に理想のキャリアを築くことが大切です。

    よって、転職先に求める希望条件に合わない会社から内定をもらう必要はありません。

    求人応募は数ではなく、内定が出たら本当に行きたいと思える会社に絞って応募しましょう。

    NG行動2.内定がないのに焦って退職届を出す

    転職活動がうまくいかないと、在職中の仕事をいったん辞めたいと思う人も多いです。

    たしかに在職中に転職活動をすると、なかなか思うように転職活動に時間が割けず、難しいでしょう。

    しかし、理想の条件に近い転職先を探すなら在職中に転職活動する方がよいです。

    在職中に転職活動する方がよい理由は以下の通りです。

    • 本業の収入があるので、転職活動中でも経済的に余裕がある
    • 仮に転職活動が失敗しても仕事がある
    • 転職活動中も、本業で経験やスキルを培えるので、履歴書や自己PRできることが自然に増えていく

    現職は退職届を出せば、最短で2週間後には退職できるので、内定がない状態で焦って退職届を出すのはおすすめしません。

    長い転職活動を乗り越えるコツ

    長い転職活動を乗り越えるコツは以下の通りです。

    長い転職活動を乗り越えるコツ

    • 転職活動をいったんやめて息抜きをしてみる
    • 1人で頑張りすぎず、転職のプロに相談してみる
    • 今まで不採用だった面接の振り返りをする
    • 派遣や契約社員という選択肢も考えてみる

        転職活動を1人で頑張りすぎず、適度に息抜きをしながら納得のいく転職先を見つけてくださいね。

        コツ1.転職活動をいったんやめて息抜きをしてみる

        転職活動が長期化し、疲れたと思ったらいったん息抜きをしてみましょう。

        たとえば、週末に趣味や好きなことをして過ごしてみたり、友達に会ってみたりするのもおすすめです。

        転職活動が長期化すると焦る気持ちが募り、辛くなる時もあります。

        とくに在職中の場合、平日は現職と転職活動の両立で疲れがたまりやすいでしょう。

        自分に合う会社は必ずあると信じ、時には息抜きをすることも大切です。

        コツ2.1人で頑張りすぎず、転職のプロに相談してみる

        転職活動が長期化している時は1人で頑張りすぎず、転職のプロに相談してみましょう。

        既に転職支援サービスに登録している人も、一つだけではなく他の転職サービスと併用してみるのもおすすめです。

        登録の手間はかかりますが、転職サービスは運営会社によって以下のような特徴があります。

        • 30代ハイキャリアの人の転職に特化している
        • 女性に特化している
        • 正社員採用の求人が多い

        たとえば、DYM就職の場合は第二新卒やフリーター、そのほか経歴に自信が無い方向けの転職エージェントです。

        1人で進める転職活動が思うようにいかない人は転職エージェントを利用してみましょう。

        コツ3.今まで不採用だった面接の振り返りをする

        転職活動が長期化して疲れたら、不採用だった面接を振り返ってみましょう。

        不採用になったイヤな記憶を思い出すのは億劫です。

        しかし、「失敗は成功のもと」といわれるように、不採用になった面接の中には次の面接で活かすチャンスやヒントが隠れていることも多いです。

        思い出せる範囲でよいので、面接が終わるたびに聞かれた質問や受け答えを書き出しましょう。

        質問と受け答えを書き出すことで、次回の面接で同じような質問が来た時に落ち着いて回答できたり、改善点を見つけたりできます。

        コツ4.派遣や契約社員という選択肢も考えてみる

        前職を離職して転職活動をしていると、転職先が決まらないと不安になることも多いです。

        転職活動が長期化したことが原因で、妥協して転職先を選ぶのは良くありません。

        転職先に求める条件を妥協してしまうと、新しい転職先にも不満を抱く結果になりやすいでしょう。

        転職先で後悔しないためにも、雇用形態だけにこだわりすぎるのは控えた方がよいです。

        まとめ

        • 転職先が決まらないときは、自己分析や面接対策などの基本的な部分から見直す
        • 転職先が決まらなくても焦りすぎない
        • 転職活動は3か月以上かかるのが一般的

        SHARE

        Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
        飯田 瑞季
        Writer 飯田 瑞季

        VIEW MORE

        パラナビオンラインサロン
        Page Top