Paranaviトップ 未分類 薬剤師を辞めたいと悩む人へ。辛すぎると思う理由と後悔しない解決法

薬剤師を辞めたいと悩む人へ。辛すぎると思う理由と後悔しない解決法

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「薬剤師の仕事がつらくて、辞めたい」

「薬剤師を続けていく自信がない」と感じた経験がある薬剤師は多いでしょう。

実は、薬剤師の6人に1人は『仕事をやめたい』と思ったことがあります。

今回は多くの薬剤師が辞めたいと思う理由や、失敗を避けて転職するコツを紹介します。

薬剤師を辞めるべきか判断できない人は「実は『3年間勤めてから転職した方がいい』は間違い!」に目を通してみてくださいね。

約6割の人が薬剤師を辞めたいと思った経験がある

薬剤師の6割やめたい
約6割の人が薬剤師を辞めたいと思った経験があります。

人が作業をすると、注意していてもミスは起こるものでしょう。

しかし、薬剤師がミスすると時には相手の健康に害を及ぼす可能性があり、ミスが許されません。

実際、薬剤師が調剤ミスを起こすと法的責任を問われる可能性もゼロではないので、日々緊張感やストレスを感じやすいです。

どんな仕事もミスは許されないものだが、薬剤師はとくに厳しい環境で働いている場合が多く、1度は仕事を辞めたいと思った経験がある人も多いでしょう。

薬剤師が仕事を辞めたいと思う理由6つ

薬剤師やめたい理由薬剤師が仕事を辞めたいと思う理由は以下の6つです。

薬剤師が辞めたい理由

  1. 職場内での人間関係がうまくいかない
  2. 残業が多い
  3. 年収が上がりにくい
  4. 調剤ミスや調剤過誤をしてしまった
  5. 業務が単調でつまらない
  6. 研修や周りからのフォローがなく、頼れる人がいない

理由1.職場内での人間関係がうまくいかない

薬剤師の中には職場内での人間関係に悩む人も多いです。

なぜなら薬剤師の勤務先は一般的な会社に比べて特殊だから。

調剤薬局は店舗自体が狭い職場が多く、閉鎖的な空間で長時間同じ人と勤務することになります。

病院勤務の場合は医師や看護師など他職種との協力が必須となり、それぞれの職種で立場が違うため、職種に合わせた適切なコミュニケーションが求められます。

ドラッグストアの場合は同僚や上司との関係はもちろん、来店するお客様への接客も業務の1つなので、接客対応に悩む薬剤師もいます。

理由2.残業が多い

残業が多く、仕事を辞めたいと思う薬剤師は多いでしょう。

残業が増える理由は薬剤師が勤める勤務先の状況によって異なります

調剤薬局の場合

  • 薬局の営業時間は決まっているが、門前の病院が終わらないと薬局も業務を終えられない事も多く、残業時間が伸びやすい

病院の場合

  • 緊急の対応も多く、場合によっては学会や治験業務の準備で残業時間が伸びやすい

 

ドラッグストアの場合

  • 24時間営業の店も多く、人手不足が原因で残業時間が伸びやすい

 

勤務先の状況によって、薬剤師の残業時間は増えやすい傾向にあるでしょう。

理由3.年収が上がりにくい

一般的な企業には係長、課長、部長など役職が多数あるのに対して、薬剤師の役職というのは基本的に管理薬剤師のみです。

その1つのポストを職場のほとんどの人が求めるため、管理薬剤師にはなりにくいのが現実です。

また薬剤師の給料には「薬剤師手当」がつくため、年収そのものが平均よりも高い傾向にあります。

そのため、同じ薬局に長年勤務しているけど年収が思うように上がらないと悩む人も多いといえるでしょう。

理由4.調剤ミスや調剤過誤をしてしまった

調剤ミスや調剤過誤を起こしてしまい辞めたくなる薬剤師も沢山います。

調剤ミスが起こる時というのは混雑している時が多く、ダブルチェックをしていれば防止できたであろう内容が大半。

つまり薬剤師としてのスキル不足でミスをするというより、その職場自体ミスが起こりやすい環境だったということも大いに考えられます。

人員不足で忙しい職場やダブルチェックの決まりが無い職場ではミスも頻発し、その度にかかるストレスに耐えきれず「辞めたい」と思う薬剤師が多いです。

理由5.業務が単調でつまらない

小さな門前薬局の場合、調剤業務が単調になることはかなり多いです。

特に眼科門前や、混合指示があまりない皮膚科門前の場合は調剤業務がピッキングのみになることも珍しくありません。

そうなると「棚から薬を取るだけ」の作業となってしまい、薬剤師の職能を発揮できるとは言いづらいですよね。

最近では面処方に取り組む薬局も多いですが、そうではなく軽い内容の処方箋ばかりを応需している薬局では、誰でもできる単調な調剤業務に苦痛を感じるようになってしまいます。

理由6.研修や周りからのフォローがなく、頼れる人がいない

調剤未経験の薬剤師にとって、研修や周りからのフォローがなく頼れる人がいないというのはかなり辛い状況です。

薬剤師業務は大きな責任がともなうため、経験や知識が無ければ対応できないケースも多く存在します。

また取り扱う薬の量が膨大である程、どこから勉強すれば良いか自分だけでは分からなこともあるでしょう。

研修や周りからのフォローもなく「業務は見て覚えて」という職場は正しい知識も得られないため、薬剤師としてスキルアップを望む人には適さない職場となってしまいます。

薬剤師を辞めたい、辛すぎると思ったら、すぐに辞めた方がいいケース4つ

薬剤師すぐの転職のケース薬剤師を辞めたい、辛すぎると思ったら、すぐに辞めた方がいいケースは以下の4つです。

  1. 仕事が原因で心身の不調が続いている
  2. サービス残業や未払いの残業代があり、労働環境が悪い
  3. 職場でパワハラやセクハラが横行している
  4. 労働環境の改善を訴えても現状が変わらない

ケース1.仕事が原因で心身の不調が続いている

仕事が原因で心身の不調が続く場合は無理をしないほうがよいでしょう。

仕事は辛いものだと我慢をしてしまうと、ある日心身のバランスが崩れて長期間働けなくなる可能性もあります。

たとえば、数日間眠れない日が続いている、週末も仕事が頭から離れないなど、心身の不調が続いているなら我慢をしすぎない方がよいです。

以下のような症状が2週間以上続くなら無理をしないようにしましょう。

仕事がしんどいときに精神的に表れるサイン

心身の不調が数週間続く人は心療内科を受診してみるのがおすすめです。

ケース2.サービス残業や未払いの残業代があり、労働環境が悪い

サービス残業や未払いの残業代がある職場は、ブラックな可能性が高いです。

所定時間を超過した分の労働に関しては、会社は残業代として社員に支払う義務があります。

転職すると決めた場合、未払いの残業代は会社に請求することも可能。

請求する場合はサービス残業の証拠(タイムカード、業務用パソコンのログオン記録、出社・退社時間を記録したメモや日記など)を集め、もらった賃金の証拠である給与明細を準備して会社を訴えましょう。

ケース3.職場でパワハラやセクハラが横行している

パワハラやセクハラが原因で退職することは可能です。

なぜなら、退職は社員の権利だからです。

たとえば、正社員の場合は退職届を提出して2週間後に退職可能でしょう。

職場で無視される、みんなの前で怒鳴られ、罵詈雑言を浴びせられるなどの状態が続いているなら、証拠を録音し、近くの労働基準監督署に相談しましょう。

現状が解決しないなら、転職をして働く環境を変えるのもおすすめです。

パワハラで退職できるか不安な人「パワハラが原因で退職する際の理由や注意点」に目を通してみてくださいね。

ケース4.労働環境の改善を訴えても現状が変わらない

「頑張って労働環境の改善を訴えたけれど、何も変わらない。」そんな職場は未来の自分のために辞めた方が賢明かもしれません。

改善点を訴えても何もしない職場というのは「そもそも変える気がない」という可能性が非常に高いです。

環境の改善を訴えても何も変わらないのであれば、他の人が同じような要望を出しても同じ現状が続くでしょう。

せっかく時間を使って訴えても、時間のムダになりかねません。

きちんとした環境で働けないことは薬剤師としてのスキルアップも望みにくいでしょう。

薬剤師を辞めたいと思ったとき、まず試して欲しい対処法3つ

薬剤師やめたいときの対処法薬剤師を辞めたいと思ったとき、まず試して欲しい対処法は以下の3つです。

  1. 有給をとり、仕事を休んでみる
  2. 可能なら転勤や異動を申し出てみる
  3. 働く際の雇用形態を変えてみる

対処法1.有給をとり、仕事を休んでみる

いったん、1日でもいいので有給を取ってみるのもおすすめです。

仕事をしながらだと疲れがたまり、思考も鈍るので辞めたい気持ちだけが募るものでしょう。

有休をとりづらい、忙しいから周りに迷惑がかかるかもしれないと不安になるかもしれません。

しかし有給は労働者の権利であり、良くも悪くも1日や2日ほど誰かが仕事を休んでも会社は回るものです。

逆に数日休んだら、仕事が進まないという現状で働いている場合は働く環境に問題がある可能性が高いでしょう。

適度に仕事と距離を取り、気持ちを休める時間をつくりましょう。

対処法2.可能なら転勤や異動を申し出てみる

「人間関係」や「通勤時間」が辞めたい理由なのであれば、転職ではなく転勤や異動で解決できるかもしれません。

転勤や異動ならば同じ会社で働けるので、新たな人間関係を築いたり、環境に慣れたりするストレスや不安もないでしょう。

辞めたい原因を明確にして、信頼できる先輩や上司に相談してみるとよいです。

対処法3.働く際の雇用形態を変えてみる

パートや契約社員に雇用形態を変えるのも1つの手段です。

調剤薬局やドラッグストアの正社員薬剤師は勤務時間が長くなりがちです。

一方パートや契約社員であれば、契約上の時間内での勤務が可能です。

会社としても、退職されるよりパートや契約社員として残ってもらう方が新規採用のコストを減らせると考えるでしょう。

薬剤師の正社員は激務になる事が多いため、心身の不調を崩す前に、違う雇用形態を取れないか考えてみましょう。

実は「3年間勤めてから転職した方がいい」は間違い!

三年勤めては間違い
じつは3年間、必ず同じ職場で働く必要はありません。

なぜなら、3年間という言葉に根拠がないからです。

たしかに3年以上働かないと退職金がない会社も多く、また転職に不利などといわれることもあります。

しかし、マイナビ転職の調査によると3年以内に退職した人の割合は約65%以上で、3年経たずに転職する人も多いです。

実際、薬剤師として転職した場合、「薬を調合する」という仕事内容に大きな差はありません。

よって、転職をしても薬剤師としての経験やスキルを積むことは可能です。

つまり、大切なのは同じ勤務先で3年以上仕事を続けることではなく、仕事を通してどんなスキルや経験を身に付けてきたかということでしょう。

現状を根本的に解決したいなら、転職のプロに相談する

根本的解決はプロへ
転職をしたいと思ったら、1人で転職活動を進めるよりも転職エージェントを利用するのがおすすめです。

なぜなら、転職エージェントには業界や職種に関する情報はもちろん、沢山の転職者を支援した実績があるからです。

よって、転職支援実績をもとに最適なアドバイスをもらえたり、求人紹介を受けたりできるでしょう。

\経験豊富なアドバイザーがゼロから転職をサポート/

リクルートエージェントで転職相談をする

転職を決意したら、今の仕事を辞めたいのか、薬剤師を辞めたいのかを明確にする

薬剤師が転職活動をする際は、まず今の仕事を辞めたいのか、薬剤師を辞めたいのかを明確にしましょう。

なぜなら、薬剤師の仕事自体が苦痛ではないなら働く環境を変えることで、また前向きに働けるからです。

一方で薬剤師の仕事以外に挑戦してみたい仕事があるなら業種や職種を変える必要があります。

薬剤師が転職したいと思ったら、まずは薬剤師を続けるかどうかを検討しましょう。

薬剤師の仕事をするには国家資格が必要なので、だれでもできる仕事ではありません。

資格を活かして薬剤師を続けるのか、薬剤師としての経験やスキルを活かして新しい仕事に挑戦するのかを選択することが大切です。

薬剤師として転職したい人におすすめの転職サイト3選

薬剤師としての転職サイト薬剤師として転職したい人におすすめの転職サイトは以下の3社です。

  • 転職支援実績NO1のリクルートが運営する「リクナビ薬剤師」
  • 利用者満足度NO1の「マイナビ薬剤師」
  • 正社員・派遣・パートなど働き方に応じた求人が豊富!「ファルマキャリア」

1.転職支援実績NO1のリクルートが運営する「リクナビ薬剤師」

リクナビ薬剤師リクナビ薬剤師は求人件数日本最大、人材領域のプロであるリクルートが運営する薬剤師転職サービスです。

転職活動は専任のキャリアアドバイザーが担当してくれるため、転職先に求めるものなどを細かく伝えられます。

ダラダラと転職活動を続けるのではなく相談から転職までをスピーディに行い、最短3日間での転職が可能です。

「すぐに次の職場を見つけたい!」という方でも安心して任せられるでしょう。

2.利用者満足度NO1の「マイナビ薬剤師」

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師は転職前から面接までのサポートが充実していてスムーズに転職活動が行えます。

転職前には「求人情報の注目ポイント」をレクチャーしてくれたり、履歴書など書類の添削をしてくれたりとサポートが充実しています。

また転職活動中には「転職条件」「キャリアプラン」など考えることが多いですが、マイナビ薬剤師では医療業界専任のキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

面接日程の調節や勤務条件の交渉はもちろん、内定後の入社日の調節まで代行してくれるため、現在の職場が忙しい人でも上手に転職活動しやすいでしょう。

3.正社員・派遣・パートなど働き方に応じた求人が豊富!「ファルマキャリア」

ファーマキャリアファーマキャリアでは正社員・派遣・パートなど、希望の働き方が実現できる求人を探してくれます。

ファーマキャリアではすでにある求人を紹介だけでなく、希望に該当する全ての薬局・病院をリストアップし、オーダーメイド求人を提案してくれます。

「正社員募集」の求人が多い中、条件に合う職場を提案してくれるため、希望の働き方を実現させやすいでしょう。

失敗を避けて、薬剤師が転職するコツ

薬剤師転職の成功失敗を避けて、薬剤師が転職するコツは以下の通りです。

  1. 転職先に求める条件に優先順位をつける
  2. できる限り、在職中に転職活動をする
  3. 転職したい「理由」や「目的」を明確にすることで、理想の働き方ができる

コツ1.転職先に求める条件に優先順位をつける→弊社対応箇所

転職先に求める条件には優先順位をつけましょう。

なぜなら、理想の条件すべてが当てはまる会社や仕事を見つけるのは難しいからです。

たとえば、働き方、勤務地、残業時間、仕事内容などの項目に優先順位をつけてみましょう。

理想の働き方は人それぞれなので、自分が納得できる条件に近い職場を探すのがおすすめです。

コツ2.できる限り、在職中に転職活動をする

転職活動は在職中にできる限り、在職中に行いましょう。

なぜなら、在職中だと収入があるため経済的に落ち着いて仕事を探せるからです。

また、転職をいったん辞めておくという選択も可能でしょう。

仕事が忙しいから、仕事を辞めて転職活動に集中したいという気持ちになるかもしれませんが、まずは現職を続けながら転職活動してみるのがおすすめです。

コツ3.転職したい「理由」や「目的」を明確にすることで、理想の働き方ができる

転職を成功させるには転職したい「理由」や「目的」を明確にすることが重要です。

転職したいと思うのは理想の自分と現実の自分の間にギャップがあるからですが、理想は上げればキリが無く、転職で全てを解決できるわけでもありません。

そのため最終的に自分はどうなりたいのか?という「転職の目的」を明確にして、その目的はどのような転職先ならば叶えられそうか?という視点で転職先に求める条件を絞っていきましょう。

「転職の目的」を明確にし、そこから逆算して転職先の条件を決めていくことで理想の働き方に近づくことができます。

薬剤師を「辞めたい」と思ったときの注意点2つ

薬剤師の転職注意
薬剤師を辞めたいと思ったときの注意点は以下の2つです。

  1. 勢いで退職をしない
  2. どうせ辞めるからと無断欠勤をする

正社員の場合、退職届を提出すれば2週間後に退職できます。

また、どうせ辞めるからという理由で無断欠勤をしてはいけません。

無断欠勤をすると、周囲に迷惑がかかるだけではなく、会社から無断欠勤を得理由に解雇される恐れもあるでしょう。

有給は労働者の権利なので、必ず連絡をして休みましょう。

薬剤師を辞めたいと悩んだときのQ&A

薬剤師やめたいときのQ&A薬剤師を辞めたいと悩んだときのQ&Aは以下の通りです。

Q1.薬剤師として働いていて、仕事が自分に向いていないかもと思ったらどうしたらいい?

薬剤師の国家資格を取るには大学の薬学部で6年間の薬剤師養成課程を修了する必要があります。

試験に合格した時点で薬剤師としての素養はあるので、自信を持ってよいでしょう。

仕事が向いていないかもと思ったら1人で思いつめないことが大切です。

周囲に相談したり、転職のプロに現状を話し、客観的な意見を求めてみたりしましょう。

Q2.プレッシャーが大きく、薬剤師としての仕事を辞めたい時はどうしたらいい?

ミスにより患者様への健康被害が起こる可能性のある薬剤師業務にはプレッシャーがつきものです。

薬剤師は患者様の健康をサポートする職種であることは間違いありませんが、それは自分の心身が健康であることが前提です。

大きなプレッシャーの中で薬剤師業務をミスなく行うのは、思っている以上にストレスがかかります。

心身に支障をきたすほどのプレッシャーを感じているなら、無理して働き続ける必要はありません。

まとめ

  • 心身に支障が出るほどに薬剤師を辞めたいなら、無理をする必要はない
  • 薬剤師を辞めたいからといって、勢いで退職しない
  • 薬剤師を辞めたいと思ったら、1日休んでみるのもおすすめ

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top