Paranaviトップ 未分類 介護職を辞めてよかった!後悔しない転職をするコツとおすすめの転職先

介護職を辞めてよかった!後悔しない転職をするコツとおすすめの転職先

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「介護職を辞めたいけど、転職して後悔しないかな?」

「介護職の経験って、別の仕事でも活かせる?」

じつは、介護職員の3人に1人は介護職を辞めたい思っています。

この記事では、介護職を辞めるべきかを判断する基準と、介護職から転職しやすい業界や仕事を紹介します。

介護職員の約3人に1人が仕事をやめたい、変えたいと思っている

介護職の3人に1人はやめたい
介護職員のうち約3人に1人が仕事をやめたい、もしくは転職したいと考えています。

なぜなら「仕事がきつい割に給料が安い」といった、労働条件に不満を感じる人が多いからです。

業界全体が人手不足のため、現場スタッフは過酷な労働を強いられやすいでしょう。

結果として、多くの介護職員が「身体的・精神的に大きなストレス」を抱え、離職を考えるようになるのです。

介護職員が介護職を辞めてよかったと言う理由

介護職やめてよかった理由介護職員が介護職を辞めてよかったと言う理由は以下の通りです。

  • 上手くいかない職場の人間関係から解放された
  • 人手不足が原因で起こるきつい業務から解放された
  • 賃金が低くく、労働に見合わないと感じる労働環境から解放された
  • つらい腰痛や夜勤などの肉体的な負担から解放された
  • 有休がとりやすくなり、プライベートを楽しめるようになった

理由1.上手くいかない職場の人間関係から解放された

介護施設で働く職員は日々、様々な人と関わりながら仕事をするため、人間関係にストレスを感じる人が多いです。

たとえば、共に仕事をする職場の上司や同僚、施設の入居者、入居者の家族など多くの人と関わり、良好な関係を築かなくてはなりません。

ときには、施設入居者の家族から理不尽なクレームを受けたり、経験や知識の違いで同僚や先輩との関係が上手くいかなかったりなど人間関係が難しいこともあります。

介護職を辞めたことで、悩んでいた人間関係のストレスから解放された人も多いです。

理由2.人手不足が原因で起こるきつい業務から解放された

介護業界では慢性的な人手不足が続いていて、業務がきついと感じやすいでしょう。

なぜなら、日本は少子高齢化が進み、4人に1人が75歳以上であるのに対して、介護職に就く若者は年々減少傾向にあるからです。

実際、2018年に発表された公益財団法人介護労働安定センターの調査によると、介護職員の約20%以上が60歳を超えていて、介護施設の半数以上が人材不足を感じています。

理由3.賃金が低くく、労働に見合わないと感じる労働環境から解放された

介護業界では人材不足によって従業員の業務が苛酷になる一方で、賃金水準が低いです。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、全産業の平均年収が約463万円であるのに対して、介護職員の年収は約359万円です。

介護職を辞めたことで、労働に見合った賃金をもらえたと感じ、働きやすくなったという人も多いでしょう。

理由4.つらい腰痛や夜勤などの肉体的な負担から解放された

介護職を辞めたことで、身体介護による腰痛や、夜勤による体の不調に悩まされなくなった人もいます。

社会福祉施設の介護職員における腰痛の実態調査によると、介護職員の89.4%は「腰痛を抱えている」と回答し、腰痛は介護職の職業病といえます。

別業種へ転職すると身体的負担が軽減しやすいため、多くの人が体調の改善を実感するでしょう。

理由5.有休がとりやすくなり、プライベートを楽しめるようになった

介護職は慢性的に人手不足なうえ、年中無休で営業している施設も多いです。

たとえば老人ホームの場合、入居者は基本的にホームで1日を過ごすため、一般企業のように年末年始やGWなども営業しています。

よって、介護施設によっては従業員が有給を取得しにくい場合や、有給取得中でも人が足りないから出勤してほしいなどと言われる場合もあるでしょう。

介護職から事務職などの異業種に転職した人の多くは、有給が取りやすくなり、プライベートを楽しめるようになったことで、転職してよかったと感じている人も少なくありません。

介護職を辞めたいと思いながら働き続けるデメリット

介護職を辞めたいのに働き続けるデメリット介護職を辞めたいと思いながら働き続けるデメリットは以下の通りです。

  1. 年を重ねると、異業種への転職が難しくなる可能性がある
  2. ストレスが限界に達し、生活に支障が出る可能性がある

デメリット1.年を重ねると、異業種への転職が難しくなる可能性がある

年を重ねると、介護職から異業種に転職しにくくなるでしょう。

なぜなら、30代以降の転職は一般的に即戦力として期待される事も多く、介護職で培ったスキルや経験は異業種で活かしづらいからです。

実際、2014年のdodaの調査によると介護職に限らず、24歳以下の異業種への転職の割合が70%であるのに対して、35歳から39歳は50%と低いです。

よって、年齢を重ねると介護職から異業種に転職したいと思っても、未経験からだと転職しづらい可能性があるでしょう。

デメリット2.ストレスが限界に達し、生活に支障が出る可能性がある

身体面の不調や職場でのストレスが蓄積され、限界を超えてしまうと、日常生活にも支障をきたす可能性があります。

2019年の介護労働実態調査によると、介護業界で働く人の約30%が身体的負担を感じています。

ストレスが限界を超えてしまうと「食欲が湧かない」「眠れない」といった症状に悩まされ、治療が必要になるかもしれません。

介護職をすぐにやめたほうがいいケース

すぐにやめたほうがいいケース介護職をすぐにやめた方がいいケースは以下の通りです。

  1. 労働基準法に違反した働き方を求められている
  2. 夜勤をしても宿直扱いにされてしまう
  3. 介護職員が行うと違法な医療行為をさせられている
  4. いじめやパワハラに悩んでいる
  5. 仕事が原因の体調不良やうつ症状が2週間以上続いている

ケース1.労働基準法に違反した働き方を求められている

労働基準法が守られていない場合は転職を考えた方がよいでしょう。

なぜなら、労働基準法では、労働時間1日8時間・1週40時間という法定労働時間というものが定められているからです。

よって、雇用者と労働者が「36協定」を締結せずに残業や休日出勤させると罰則の対象になるでしょう。

以下のような行為は労働基準法違反です。

  • 有給休暇を取得できない
  • 残業をしても残業代が出ない
  • 36協定を締結していないのに、法定労働時間の週40時間を超える残業がある

ケース2.夜勤をしても宿直扱いにされてしまう

夜勤を宿直扱いにしている職場も要注意です。

宿直とは「見回りや非常事態に備えて待機する」などの軽易な労働をいいます。

夜勤と宿直の回数は、休日の回数に大きく関わります。

「夜勤」の勤務時間は法定労働時間に含まれますが、「宿直」は法定労働時間外の勤務になります。

よって、宿直は1週40時間という制限を超えて業務が可能ですが、割増賃金の規定は適用されません。

ケース3.介護職員が行うと違法な医療行為をさせられている

基本的に介護職員は、高齢者の身の回りの世話をする職種であり、医師や看護師のような医療行為はできません。

たとえば、血糖測定や摘便、床ずれの処置などは医療行為にあたるため、看護師を呼んで処置してもらう必要があります。

介護職員が医療行為を実施すると違法行為に該当するので、罰則の対象となるでしょう。

ケース4.いじめやパワハラに悩んでいる

職場でいじめやパワハラにあっている場合、仕事を続けるのが非常につらくなります。

パワハラとは「パワーハラスメント」の略で、職場内の立場や優位制を利用して「労働者に対して精神的・身体的苦痛を与える」ことを指します。

たとえば「上司からの嫌がらせ」「仕事中に話しかけても無視される」「わざと聞こえるように悪口を言われる」などがあります。

いじめやパワハラは犯罪行為の1つなので、無理に我慢して働き続ける必要はありません。

ケース5.仕事が原因の体調不良やうつ症状が2週間以上続いている

仕事が原因で体調不良やうつ症状が続くなら注意しましょう。

たとえば、2週間以上以下のような症状が続く場合は無理をしないほうがよいです。

  • 何をしても楽しくない
  • 思考力が落ちている
  • 疲れているのに眠れない

ほかにも、以下のような症状を感じる場合は休息が必要でしょう。

仕事が辛いときの注意点うつの症状

体調不良を我慢し続けると、仕事がしたくてもできない状態に陥る可能性があります。

自分を労われるのは自分自身だけなので、体調不良は我慢せずに心療内科を受診しましょう。

介護職を辞めたい、向いていないかもと思ったときの判断基準

介護職を辞めたいときの判断基準介護職を辞めたい、向いていないかもと思ったときの判断基準は以下の通りです。

  • 現職を辞めたいのか、介護職を辞めたいのかを考える
  • 5年後や10年後に介護職を続けている自分をイメージしてみる

判断基準1.現職を辞めたいのか、介護職を辞めたいのかを考える

離職を考えた時、辞めたいのは「今の職場」なのか、それとも「介護職そのもの」なのかを判断する必要があるでしょう。

労働環境や人間関係、雇用条件に不満がある場合には、職場を変えることで、介護職を続けられる可能性があります。

体力的に介護の仕事が続けられない、仕事にやりがいや意義を見いだせないなどの理由で転職を考えているのであれば、新たに別業界へチャレンジする道もあります。

判断基準2.5年後や10年後に介護職を続けている自分をイメージしてみる

5年後、10年後、あなた自身が介護職員として働く姿をイメージできるでしょうか?

「全くイメージできない」という方は、今の職場で成長していきたいという主体性も仕事への情熱も失いかけている可能性が高く、今の仕事を続けていくのは難しいかもしれません。

もし、ぼんやりとでもイメージが湧くならば、今の自分と照らし合わせて仕事を続けていくかどうかの判断基準としてみるといいでしょう。

介護職からの転職におすすめの仕事9種

介護職からの転職にお勧めの仕事介護職からの転職におすすめの仕事を仕事のタイプ、転職の難易度、スキルの活かしやすさ、具体的な仕事の項目に分けて、一覧の表にまとめました。

仕事のタイプ

転職の難易度

スキルの活かしやすさ

仕事の例

同業界×異職種



介護事務、ケアマネージャー

異業界×同職種



保育補助、看護助手、接客業

異業界×異職種

営業職、ITエンジニア

業界が同じなので経験を活かしやすい「同業界×異職種」

同業界×異業種同じ介護の業界で異なる職種に就く場合、経験が活かしやすいでしょう。

同業界で異なる職種に該当する仕事は以下の通りです。

  • 介護施設の利用者を獲得する「営業職」
  • 介護経験を活かして、介護や福祉用品の魅力を伝える「メーカー営業」
  • 介護サービス施設で働く「介護事務」
  • 介護業界でスキルアップできる「ケアマネージャー(介護支援専門員)」

同業界×異職種|介護施設の利用者を獲得する「営業職」

経験を活かせる別業種への転職を考えているのなら、介護関連サービスの利用に関する営業職がおすすめです。

なぜなら、これまで介護現場で学んできた知識や対人コミュニケーション技術を活かせるからです。

仕事内容としては、介護施設の入居者を増やすための営業活動や、入居を検討している人へ施設を案内する仕事などがあります。

同業界×異職種|介護経験を活かして、介護や福祉用品の魅力を伝える「メーカー営業」

介護・福祉系の「メーカー営業」も、介護職としての経験を活かせる同業界の仕事です。

扱う商品としては、主に介護用品や福祉用具があり、介護系の資格や介護士としての実務経験があれば転職に有利です。

今後、高齢化社会でますます受容が高まっていく業界なので、業界としての将来性も期待できるでしょう。

同業界×異職種|介護サービス施設で働く「介護事務」

「介護事務」とは、介護サービス施設などに勤務する事務スタッフを指します。

通常の受付業務のほかに、レセプト作成と呼ばれる介護報酬請求業務や介護に関わる手続きの代行などを行います。

介護保険に関する知識や基本的なPCスキルが必要ですが、特別な資格は要りません。

同業界×異職種|介護業界でスキルアップできる「ケアマネージャー(介護支援専門員)」

「ケアマネージャー」とは、正式には「介護支援専門員」といいます。

介護保険に関するスペシャリストとして、ケアプランの作成やサービス事業者の調整役を担います。

ケアマネージャーになるには、まず受験資格として、指定業務を5年以上かつ900日以上経験しているという条件をクリアしなければなりません。

受験資格取得後、ケアマネージャーとして働くまでの流れは以下の通りです。

1.「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格する
2.合格後は実務研修を修了して登録簿へ登録する
3.「介護支援専門員証」の交付を受ける

以上のステップを踏むと、ケアマネージャーとして働けます。

誰かの役に立ちたい!サポートが得意な介護職経験者におすすめ「異業界×同職種」

異業界×同職種介護業界とは異なる業界で同じ職種に就く方法もおすすめです。

介護職経験のある人なら、きめ細やかなサポートをしてきた経験を活かせるでしょう。

異業界で同職種に該当する仕事は以下の通りです。

  • 介護士としてのサポート経験が活かしやすい「保育補助」
  • 多くの患者や看護師をサポートする「看護助手」
  • きめ細やかなサポートやコミュニケーション力を活かせる「接客業やサービス業」

異業界×同職種|介護士としてのサポート経験が活かしやすい「保育補助」

保育補助の仕事は「資格なしで働ける」「未経験でも可能」といった求人もあります。

よって、子どもが好きで心身共に健康という人がチャレンジしやすい職種でしょう。

介護職で培ったサポート経験も活かしやすく、保育補助として働きながら、保育に関わる資格取得も目指せます。

異業界×同職種|多くの患者や看護師をサポートする「看護助手」

「看護助手」は、看護補助者やナースエイドとも呼ばれ、主に看護師のサポートをする仕事です。

看護助手に特別な資格は必要ありません。

仕事内容は、病院やクリニックなどで、患者の身の回りの世話、シーツ交換や配膳、医療器具の消毒などを行います。

医療行為はできませんが、患者を支えるチームの一員として活躍できるでしょう。

異業界×同職種|きめ細やかなサポートやコミュニケーション力を活かせる「接客業やサービス業」

人と接するのが好きな人には、「接客業」や「サービス業」などもおすすめです。

「お客様が満足できるサービスを提供する」という考え方は、介護職とも共通する点が多くあります。

相手の立場に立って物事が考えられる人であれば、誇りとプライドを持ち、接客業としていきいきと働けるでしょう。

新しいスキルや経験を手に入れたい「異業界×異職種」

異業界×異業種新しいスキルや経験を手に入れたい人は、介護業界とは異なる業界で新しい職種にチャレンジするのもおすすめでしょう。

  • インセンティブで高収入を狙える「営業職」
  • IT技術の発展により、ニーズが高い「ITエンジニア」

異業界×異職種|インセンティブで高収入を狙える「営業職」

「営業職」は多くの仕事で基本となるコミュニケーション技術、商談の進め方、契約の流れなどが体系的に学べる業種です。

給与面は結果が出れば、基本の給与にプラスしてインセンティブが得られるでしょう。

よって、営業職として高収入を目指せます。

異業界×異職種|IT技術の発展により、ニーズが高い「ITエンジニア」

ITエンジニアは専門性が高い職業なので、市場価値が高く、平均年収も高い傾向にあります。

実際にITエンジニアとして働くには、プログラミングスキルの習得が欠かせません。

未経験からITエンジニアとして転職するなら、プログラミングスクールでスキルを身に付けてから転職する方法がおすすめです。

たとえば、侍エンジニア塾の「転職保証コース」なら、オリジナルカリキュラムで効率よく学習し、エンジニアとしての転職活動を全面的にサポートしてもらえるので安心です。

「本当に、エンジニアとして転職できるのか不安」

「プログラミングスクールに興味があるけど、初期費用を抑えたい」

侍エンジニア塾では転職できない場合、条件を満たすと受講料金の返金保証制度があり、受講料金の分割払いにも対応しているので始めやすいでしょう。

また、高度なスキルを独学で習得すると挫折する可能性が高いため、スクールでプロに教わる方法が効率的です。

介護職からの転職におすすめの転職サイト4選

介護職からの転職おすすめサイト介護職からの転職におすすめの転職サイトは以下の4社です。

  1. 研修制度が充実した求人が豊富な「DYM就職」
  2. 転職活動へのサポートが手厚いと定評がある「doda」
  3. 看護助手やケアマネジャーへ転職したいなら「マイナビ介護職」
  4. 保育助手に転職したいなら「ジョブメドレー」

1.研修制度が充実した求人が豊富な「DYM就職」

DYM就職は研修制度が充実した求人が豊富なので、経歴に自信がなくても、長いブランクがあっても応募しやすい求人がそろっています。

また、面倒な面接の日程調整はもちろん、よく聞かれる質問や傾向などの面接対策も手厚いので、面接が苦手な人も安心して選考を受けられます。

研修が手厚い求人も多数あるので、未経験の異業種や異職種に挑戦したい人にもおすすめでしょう。

\未経験の業種にも応募しやすい/未経験から異業種に転職するなら「DYM就職」に相談してみる

2.転職活動へのサポートが手厚いと定評がある「doda」


「doda」は手厚いサポートと抜群の知名度で、転職初心者に最適な転職エージェントです。

面倒な日程調整や条件交渉など、入社が決まるまではもちろん、入社後2年間、困りごとやトラブルなどの相談に乗ってくれるアフターフォローも充実しています。

初めての転職でも、安心して転職活動が進められますね。

dodaで転職相談してみる

リクルートエージェントの評判や口コミが知りたい人は「dodaの口コミ・評判」に目を通してみてくださいね。

3.看護助手やケアマネジャーへ転職したいなら「マイナビ介護職」

マイナビ介護職

看護助手や介護業界での転職を希望しているなら、求人数の多さと質の高さが特徴の「マイナビ介護職」がおすすめです。

なぜなら「マイナビ介護職」は、職場の採用担当者や過去にサポートを受けて転職を決めた方からの情報をもとに、良質な求人を多く保有しているからです。

そのため、質の高い求人に応募したいという方は、ぜひ登録しておきたい転職エージェントです。

マイナビ介護職で転職相談してみる

4.保育助手に転職したいなら「ジョブメドレー」

ジョブメドレー「ジョブメドレー」は、利用者満足度96%と高い評価を得ている医療・介護・保育などの分野に強い転職エージェントです。

株式会社メドレーが運営する最大規模の求人数を誇る求人サイトでは、保育助手の求人についても多くの取り扱いがあります。

スカウト機能が充実しているため「好条件の案件があれば転職を検討したい」という方にとって、利用するメリットは大きいでしょう。

ジョブメドレーで転職相談してみる

介護職を辞めて転職する際のQ&A

介護職転職する際のQA介護職を辞めて転職する際のQ&Aは以下の通りです。

Q1.40代でも介護職から転職できる?

40代からでも転職は可能ですが、転職を成功させるためには入念な準備が必要です。

なぜなら、30代と比較して求人数は減る傾向にあり、転職の難易度が上がるからです。

そのため、40代からの転職活動では、転職エージェントを活用しながら、スキルの棚卸しや転職する目的の明確化などをしっかりと行うことで、転職成功への道が開けるでしょう。

Q2.介護の仕事をばっくれてしまいたいぐらい嫌な時はどうしたらいい?

仕事をしていると、だれでも仕事をさぼりたい、どうしてもやる気が出ないと思う時はあるもの。

仕事をしたくないと思うのは悪いことではありません。

介護の仕事ををバックレたいくらい嫌だと思ったら、無理をせずに思い切って1日休むのがおすすめです。

休む時はばっくれてしまうのではなく、メールでもいいので休む連絡をします。

有給取得は労働者の権利なので、休みづらいと思っても思い切って休み連絡を入れましょう。

Q3.介護職から転職する際は、在職中に転職活動した方がいい?

在職中に転職活動を行うと、経済面の不安が少ないです。

収入が途切れることもないため、じっくり時間をかけ、納得できるまで転職先を探せるでしょう。

一方で仕事が忙しい場合、転職活動に充てられる時間が確保できないので、企業研究や面接対策などが不十分になりやすいです。

まとめ

  • 介護職を辞めて転職する人は多い
  • 介護職を辞めて転職するなら、現職を辞めたいのか、介護職を辞めたいのかを考えて判断する
  • 在職中に転職活動をすると、経済的な負担が少ない

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top