Paranaviトップ 未分類 エンジニア副業におすすめのプログラミング案件紹介サービス(土日・週1可など)

エンジニア副業におすすめのプログラミング案件紹介サービス(土日・週1可など)

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

編集部おすすめの案件紹介サイトを見る

「エンジニアの知識を活かして副業したい」

「貴重な土日の時間を使うんだし、自分にぴったりな副業を見つけたいな」

「そもそも、少ない勤務日数・時間でも稼げるの?」

おそらくこんな風に思っているITエンジニアの方は多いでしょう。

今回は、ITエンジニアに副業がお勧めできる理由と、自分にぴったりの副業の探し方、そしておすすめの副業を特別に教えます。

記事内容まとめ

  • エンジニアができる副業は『土日』や『週1から』できる案件も多い
  • エンジニアの副業探しにおすすめの『副業紹介サービス』は以下の3つ
    週1日〜フルタイム常駐、リモート案件を受注するならBizlin(ビズリンク)
  • 週2からの案件が豊富なITプロパートナーズ
    クラウドワークスなどのクラウドソーシングサービス

ITエンジニアの副業経験率は約40%!エンジニアは副業しやすい職業

スペシャリスト

パーソルグループのパーソルキャリア株式会社が実施した調査によると、ITエンジニアの副業経験率は40%という結果が出ています。

当サイト、パラナビが25~39歳の男女8,988名を対象に実施した調査(2020年10月)だと、「副業・複業に興味がある」と回答した人は53.5%と半数を超えるも、実際に副業・複業を行っている人は12.4%に留まっています。

ITエンジニアの副業経験者は全体より30%も多く、副業に意欲的なことがうかがえます。

エンジニア副業におすすめなプログラミング副業紹介サービス

おすすめの副業サービス

ITエンジニアが副業を始めやすいWEBサービスは以下の3つがあります。

エンジニア副業におすすめな副業紹介サービス

  1. 週1日〜フルタイム常駐、リモート案件を受注するならBizlin(ビズリンク)
  2. 週2からの案件が豊富なITプロパートナーズ
  3. ランサーズやクラウドワークス

それぞれの得意とする分野や、活用の仕方に特徴があるので、順番に解説します。

1.週1日〜フルタイム常駐、リモート案件を受注するならBizlin(ビズリンク)

bizlink

また週1〜働ける仕事を探している人は、Bizlinkもおすすめです。

月額20万円以上の案件が9割以上を占めており、平均単価は45万円。

高単価な案件が多数揃っています。

週1案件、フルタイム常駐、リモート案件、システム開発案件など、募集案件の働き方・仕事もさまざまなので、まずは登録して希望の案件を見つけてみましょう。

Bizlinkに無料登録する

2.週2からの案件が豊富なITプロパートナーズ

ITプロパートナーズ
ITプロパートナーズは、エンジニアをはじめとするフリーランスの自立を支えるサービスです。

週2日から働ける案件やリモート案件の数が圧倒的に多く、自分のスケジュールを調整して効率的に副業を始められます。

また、ITプロパートナーズは間に仲介業者を挟まずに直接クライアントと契約しているため、中間マージンがなく、高単価な案件が多いのも魅力です。

とくにエンジニア経験3年以上の方や 、1人で開発を進められるスキルがある方はすぐに活躍できる案件が多数揃っていますよ!

ITプロパートナーズで仕事を始める

※東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に在住の方が対象

※ITプロパートナーズは週2日からの案件紹介が可能なものの、会社員をされている方の副業は紹介できません

3.ITエンジニア向けの副業以外も充実!【ランサーズやクラウドワークス】

クラウドソーシング界ではとくに有名なクラウドワークスやランサーズも副業デビューにピッタリです。

この2社は国内のクラウドソーシングサービスとしては競合する大手2社なので、知名度が高く、ユーザ数も圧倒的です。

そのため、案件数も豊富で、エンジニア以外の仕事も幅広く見つけられます。

ただし単価はエージェントと比べると低い傾向にあるので、しっかり稼ぎたい人はエージェントに登録しましょう。
クラウドワークスで案件を見てみる

エンジニアが副業を始めるべき理由4つ

ITエンジニアが副業を始めるべき理由幅広く専門的な知識をお持ちのITエンジニアのみなさんにこそ副業をおすすめする理由があります。

知ればきっと動かずにはいられないはず。順番に見ていきましょう。

ITエンジニアこそ副業をすべき理由

  • 理由1.ITエンジニアができる副業の案件は単価が高い
  • 理由2.ITエンジニアの副業はリモートや在宅でできる
  • 理由3.ITエンジニアとしての経験やスキルが上がる
  • 理由4.フリーランスへの足がかりになる

    理由1.ITエンジニアができる副業の案件は単価が高い

    ITエンジニアが土日や隙間時間にできる副業の案件は、単価が高いものが多いです。

    なぜなら、ITエンジニアは技術的に高度な知識や、ハードウェア機器の専門知識を求められるからです。

    たとえば、以下のようなスキル・知識が必要とされます。

    システム構築の作業の場合

    • プログラミングの知識
    • Webサーバーの仕組み
    • APサーバー、DPサーバーの役割
      など

    サーバー構築の場合

    • サーバーやセキュリティの知識
    • 分析力と設計力
      など

    ネットワーク構築の場合

    • ネットワークの知識、ルータやスイッチをはじめとするハードウェアの知識など

      ITエンジニアとしての経験や知識がそれなりにあれば、高度な技術力を発揮し、クライアントの要望に答えられるでしょう。

      また、経験によるリスク回避や提案力も発揮できるため、副業の単価が高いです。

      理由2.ITエンジニアの副業はリモートや在宅でできる

      ITエンジニアの副業は、リモートや在宅でできる案件が多いので始めやすいです。

      なぜなら、開発した完成品を決められた期日までに納品すれば良いケースが多いからです。

      たとえば、成果物はメール添付や指定されたファイルサーバに置いて「納品完了」という場合も少なくありません。

      また、業務中のやりとりもメールやチャット、オンラインミーティングなどを用いて、遠隔で行われる場合が多いです。

      現場に向かう移動時間を割く必要がないので、浮いた時間を作業に使えるでしょう。

      理由3.ITエンジニアとしての経験やスキルが上がる

      ITエンジニアの副業のメリットの3つ目は、経験やスキルをあげられる点です。

      なぜなら、副業をするとその分野での知識やスキルが一層深まり、本業に活かせるからです。

      実際、以下のようなケースもあるでしょう。

      • 「本業ではコーディングなどの下流工程しかやらせてもらえないけど、設計などの上流工程もやってみたい」
      • 「ネットワークの運用と保守は経験があるけど、理解を深めるために構築もやってみたい」

      とくに、本業では今すぐには実現しがたいことも副業ならチャンスが転がっています。

      理由4.フリーランス・独立への足がかりになる

      ITエンジニアの副業は、将来的にフリーランスを目指したい人にとって大きな一歩になるでしょう。

      なぜなら、副業では新しい経験をしたり、様々な人と関わって人脈を大きく広げたりできるからです。

      また、副業は一連の作業を1人でこなす場合が多いため、その経験がフリーランスになったときに活かせるでしょう。

      副業をこなすことで、知らず知らずのうちにフリーランスになるためのトレーニングを積めます。

      ITエンジニアが副業を始めるおすすめの探し方3つ

      エンジニアが副業を始める方法は以下の3つです。

      副業の始め方

      1. 案件紹介サービスに登録する
      2. 友達や知り合いに仕事を紹介してもらう
      3. 自分で宣伝して営業する

      3つの中でとくにおすすめな副業の始め方は、副業紹介サービスを利用することです。

      「副業紹介サービス」は、仕事をして欲しい人と仕事をしたい人を効率よく繋いでくれます。

      ITエンジニアであれば、エンジニア専門の案件紹介サービスを使うと、あなたの希望に沿った仕事が見つかります。

      エンジニア副業におすすめの案件紹介サイトをチェックする

      ITエンジニアとしての経験が浅くても始めやすい副業3選

      経験が浅くても始めやすい副業「エンジニアとしての経験が1年しかない」

      「スキルには不安があるけど副業に挑戦してみたい!」

      副業の中には、ITエンジニアとしての経験が3年未満と浅くても始めやすいものもあります。

      3つピックアップして紹介します。

      1. WEBサービスの制作
      2. プログラミング講師
      3. 記事の執筆

      副業1.WEBサービスの制作

      WEBサービスの制作は初心者が始めやすい副業で、人気があります。

      なぜなら、制作に関わったサービスの反応を利用者から得られるので、モチベーションが上がり、スキル向上にも繋がるからです。

      「自分自身で1つのサービスを作り上げた」という経験は大きな自信にもなります。

      しかし、WEBサービスを一通りすべて自分で作るには以下2つの知識と技術力が必要です。

      • WEBの画面を作る表側の仕事「フロントエンジニア」
      • 裏側のシステム構築などの仕組みを作る「サーバーサイドエンジニア」

      両者では案件の報酬に大きな差があります。

      実際、初心者でもやりやすい「WEBデザインやコーディングのみ」の案件だと単価は数万円ほどです。

      一方で、一連の流れを全て行う場合は固定報酬制で30万円以上の案件が多いです。

      より多くの副収入を得るなら、両方できるのが望ましいでしょう。

      しかし、まずは入りやすいwebデザインのスキルを身につけ、数万円の案件からはじめてみましょう。

      副業2.プログラミング講師

      プログラミング講師は少数ではあるものの、中には研修が充実していて未経験から始められる案件も多いです。

      IT化が進む一方でエンジニア人材は不足しており、プログラミングスキルや知識は社会貢献性や需要が高いです。

      1案件当たり、時給制が多く1時間1,500円~2,000円ほどで、人材が不足している言語になればなるほど時給はあがります。

      とくに最近は完全オンライン制の授業もあるので、在宅やスキマ時間でも始めやすいといえるでしょう。

      「教える」ことでより一層自分の理解も深まるので、スキルアップにもぴったりです。

      副業3.記事の執筆

      エンジニアとしての経験を活かして、経験に基づく記事を書く副業もおすすめです。

      たとえば、エンジニアとしてのサービス開発や実務経験をもとにした記事執筆などあげられます。

      専門的な知識が求められる記事の相場は、1文字1円で1記事あたり約2,000円~5,000円です。

      ライティングスキルは「人に物事を伝える力」を養えるので、本業にも活かしやすいでしょう。

      将来的にフリーランスを目指すITエンジニア向けの副業2選

      フリーランスを目指すITエンジニア向けの副業では次に、将来は本格的にフリーランスを目指したいというエンジニアに向けた副業を2つ紹介します。

      1. インフラエンジニア
      2. データサイエンティスト

      副業1.社会貢献度が高い副業ができる【インフラエンジニア】

      インフラエンジニアは社会貢献度が高く、半永久的に求められる仕事といえるでしょう。

      なぜなら、ITのインフラは情報社会においてあらゆるサービスに活用されているので、副業でスキルを磨くと本業や転職の際にも役立つからです。

      ITのインフラとは

      • 情報システムを稼働させる基盤となる機材、ソフトウェア、ネットワークなどの総体のこと

      案件の多くは業務改善や新規のサーバーの導入などを担うため、リスクを想定した整備が求められます。

      自分が関わりたい仕事と、クライアントのニーズがマッチする可能性も高いでしょう。

      インフラエンジニアとしての経験が3年以上ある場合、月収550,000円以上は目指せる副業です。

      会社員で月収550,000円を目指すのはかなり厳しいですが、副業ならじゅうぶんに狙える金額でしょう。

      エンジニア経験があり、インフラエンジニアの経験が1年未満で副業する場合、月250,000円以上の案件を選ぶのがおすすめです。

      副業2.データ解析言語のPythonや統計学を使う【データサイエンティスト】

      「データサイエンティスト」はエンジニア経験を活かし、データ分析を行う仕事です。

      エンジニアとしての経験や、プログラミングのスキルを存分に活かせます。

      また、データサイエンティストはデータ解析言語と呼ばれる「Python」や「R言語」を利用するため、AIの導入や開発が一層進むと予想されるIT業界で需要が高いでしょう

      副業内容は、データ分析ツールの開発やデータ加工、データを活かしたビジネス改善など、業務の幅が広いのが特徴です。

      たとえば、データ分析の案件は月収1,000,000 円以上のものもあります。

      データサイエンティストの副業は、本気で高収入を狙いたい人におすすめでしょう。

      ITエンジニアが副業を始める前にするべきこと3つ

      ITエンジニアが副業を始める前に準備しておきたいことさて、エンジニアが副業するメリットやおすすめの副業を紹介してきました。

      早速今から始めたいという人もいると思いますが、いざ始めるとなると「まずは何からはじめればいい?」「どのような準備をすべき?」と悩む方も多いはずです。

      ここからは、副業をはじめる前に入念に準備しておきたいことを3つ紹介します。

      1. 相手とのミスマッチを避けるためにプロフィールは丁寧に書く
      2. 案件の相場価格を調べて、1案件当たりの希望報酬額を決めておく
      3. 副業の所得が年間20万円を超えたら確定申告が必要なことを知っておく

      するべきこと1.相手とのミスマッチを避けるためにプロフィールは丁寧に書く

      エンジニアとして副業を引き受ける際は、自分のスキルや経験は詳細にプロフィールに書きましょう

      クライアントは受注者のプロフィールが充実している方が仕事を頼みやすいので、成約率も格段にアップします。

      エンジニアとして過去に作成したWEBサイトや開発に携わったシステムなどがあれば、忘れずにポートフォリオに記載しましょう。

      実績があれば、仕事を受けやすく、相手との認識のミスマッチも防げます。

      するべきこと2.案件の相場価格を調べて、1案件当たりの希望報酬額を決めておく

      エンジニアとして副業する場合は、1案件あたりの希望報酬額を明確に決めておきましょう。

      なぜなら、成果に見合わないと感じる金額で受注すると、働くモチベーションが低下し、副業を継続できなくなるからです。

      本業がない休みを利用して副業するなら、自分が納得する額を受け取りたいですよね。

      副業の仕事を引き受ける前に、自分のスキルセットや経験を整理し、希望報酬額を明確にしておきましょう。

      するべきこと3.副業の所得が年間20万円を超えたら確定申告が必要なことを知っておく

      副業の所得が年間20万円を超えたら確定申告が必要です。

      故意に確定申告を怠ると、罰金が課される可能性もあります。

      確定申告の手続きが不安な人は、freee(フリー)などの無料の確定申告ツールを使うのがおすすめでしょう。

      〇×形式の質問に答えるだけで、だれでも簡単に確定申告用の書類を作成できます。

      freeeで確定申告の負担を軽くする

      ITエンジニアが副業で効率よく副収入を得るコツ3つ

      ITエンジニアが副業で効率よく副収入を得るコツ

      貴重な休日や土日を返上するのだから効率よく副収入を得たいですよね。

      ITエンジニアが副業で効率よく副収入を得るコツは以下の3つです。

      1. 時間管理がしやすい固定報酬制の案件を選ぶ
      2. 案件の単価が安いものは極力避ける
      3. 積極的に副業サービスを利用する

      コツ1.時間管理がしやすい固定報酬制の案件を選ぶ

      1つめは、固定報酬制の仕事を選ぶことです。

      ITエンジニアは本業が忙しく、残業も多めですよね。

      副業の中には時給制の案件も存在しますが、決められた時間以上に拘束時間が長くなりやすく、本業に支障をきたす可能性もあるでしょう。

      固定報酬制のメリットとして、見積もりや時間の管理がしやすいという点が挙げられます。

      しっかりと納期を守れば時間の使い方は当人次第なので、忙しい会社員でも融通が効きます。

      コツ2.案件の単価が安いものは極力避ける

      2つめは、案件の単価が安いものは極力避けるということです。

      先ほども説明した通り、せっかくの貴重な時間を割いて副業に当てるので、報酬が努力に見合わないとモチベーションを維持できません。

      継続して副収入を得たいなら、それなりにモチベーションが維持できるレベルの希望の報酬額を決めておきましょう。

      コツ3.積極的に副業サービスを利用する

      副業にある程度慣れてきたらエージェントサービスを利用するとよいでしょう

      副業は案件を見つける手間や、契約を結ぶ前のやりとりなど複数の業務があり、それらを自分ですべて処理しなければなりません。

      エージェントサービスなら、自分の希望を伝えればそれに合った案件を紹介してくれます。

      限られた時間で副業をするなら、実務以外の面倒な作業を代行してくれるエージェントサービスをうまく活用すると効率的でしょう。

      \週1から働ける案件を見つけるなら/

      Bizlinkに無料登録する

      ITエンジニアが副業する際のQ&A

      では最後に、ITエンジニアが副業する際のQ&Aについてみていきましょう。

      Q1.AWSを活用した副業はどんな形で副収入が得られる?

      AWSとは、「アマゾン ウェブ サービス」の略で、アマゾンが提供するクラウドサービスです。

      AWSを使うと、自分たちでインフラ環境を構築せず、ボタン1つでサーバーを構築できます。

      安定した質の高いリソースにアクセスできるので、物理サーバーをAWSに移行する会社も増えています。

      実際、AWSを使ったシステム開発や構築を希望する案件は非常に多く、1案件あたり50,000円〜100,000万円以上の案件もあります。

      AWSを使いこなせるエンジニアの需要も高まっているといえるでしょう。

      Q2.AndroidやiPhoneなどのスマホ向けのアプリ開発ができる副業はある?

      AndroidやiPhoneのスマホ向けのアプリ開発の技術も、副業でしっかりと活かせます。

      案件の単価は1案件当たり、約500,000円 〜 1,000,000円で高額な報酬の案件が多いです。

      アプリの開発に必要なプログラミング言語には以下のようなものがあります。

      • Androidの場合:「Java」と「Kotlin」など
      • iPhoneの場合:「Swift」や「objective-C」など

      実際の案件は、顧客の完成イメージを聞き、要件化した上で開発までを担う案件が多くあります。

      スマホ向けのアプリ開発なら、上流工程と下流工程を一気に経験できる案件も多いので、エンジニアやプログラマーとしてのスキルアップを狙えるでしょう。

      Q3.テストエンジニアとしての副業は未経験でもできるの?

      テストエンジニアの主な仕事は、ソフトや電子機器の動作確認をテストして、検証や評価することです。

      報酬額は幅広く、1案件あたり30万円以上の案件もあります。

      「テスター」や「QAエンジニア」などとも呼ばれ、未経験でもアルバイトや副業として募集をかけている案件も少なくありません。

      なぜなら、副業の作業中は「未経験者の目線」での新たな発見を求められることも多いからです。

      マニュアルや手順書が手厚いケースが多く、短調な作業のなかで長時間の集中力を求められるでしょう。

      Q4.初心者でもプログラミングの副業をはじめられる?

      結論、初心者でもプログラミングの副業をはじめられるでしょう。

      ただし、プログラミングの副業は完成品を納品して単価を得る「成果報酬型」の求人が多いので、副業を得るにはある程度の実績が必要です。

      もちろん、プログラミングは独学で体得することも可能でしょう。

      しかし、未経験から始めてできるだけ早く副収入を得るなら、スクールに通って実績を作るのがおすすめです。

      関連記事:初心者や未経験からプログラミングの副業を始めるための方法は2つ

      まとめ

      1. エンジニアができる副業は専門性が求められる仕事が多いので、単価が高い
      2. エンジニアができる副業は在宅やリモートでできる案件が豊富
      3. エンジニアができる副業は土日や週1からできる案件も多い

      SHARE

      Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

      Keyword

      アバター
      Writer パラナビ編集部

      VIEW MORE

      パラナビオンラインサロン
      Page Top