Paranaviトップ 未分類 実は「妥協点」が転職成功の鍵だった!してもよい妥協といけない妥協

実は「妥協点」が転職成功の鍵だった!してもよい妥協といけない妥協

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

転職活動中、希望条件に合う会社がなかなか見つからないと焦りますよね。

「妥協したくない、でも妥協しないと転職できないのかな」と悩む方もいるかもしれません。

だけどちょっと待って!

じつは、「妥協」は考え方次第では転職成功のための「鍵」になるのです。

今回は、上手に妥協して転職活動を成功させるためのヒントをお伝えします。

記事の内容

転職における妥協は「叶えたい条件」を叶えるための作業

転職における妥協は「叶えたい条件」を叶えるための作業

転職活動が長引くと、焦ってしまい、転職に失敗することもあります。

すべての希望を満たそうとするとなかなか見つからずに時間を要し、転職できないのではないか、とマイナス思考に陥ってしまうことも。

そこで、数多くの希望条件から「どうしても叶えたい条件」をピックアップし、整理をすることが「妥協」です。

妥協することは、仕事探しで絶対に「叶えたい条件」を叶えるために必要な作業と考えましょう。

転職は、してはいけない妥協・してもよい妥協を見極めるのが重要


転職活動における妥協には、してはいけない妥協としてもよい妥協の2つがあります。

してはいけない妥協をすると、せっかく転職してもさらに条件の悪い会社に入ることになりかねません。

逆にいうと、してもいい妥協は、転職成功の近道になるのです。

転職活動を効率的に進めるには、してはいけない妥協としてもいい妥協を見極めるのが重要なポイントと言えるでしょう。

転職でしてはいい妥協といてはいけない妥協を見極める方法

では、してもいい妥協としてはいけない妥協はどのように見極めればいいのでしょうか。

ここでは、転職を成功させる妥協の方法を3つ紹介します。

  1. なぜ転職するかを明確にする
  2. 将来やりたいことを明確にする
  3. 転職先に求める条件の優先順位を明確にする

方法1.なぜ転職するかの理由を明確にする

転職で成功したいなら、退職したい理由を明確にすることが第一歩です。

なぜなら今の職場ではどうしても叶えられない条件や不満が、次の就職先を探す時に「優先したい条件」になるからです。

いまの職場に無い=妥協してはいけないポイントになります。

なぜ辞めたいのかを明確にすることで、仕事に求めるものが分かり次のステップに進むことができるでしょう。

方法2.将来やりたいことを明確にする

転職する前に、今後やりたいことやチャレンジしたいことを明確にしておくことが大切です。

やりたいことがはっきり分かると、どの業界の就職先を検討するべきか、今後どんなスキルを身に付けていくべきかの方向性が定まり、妥協点の基準にもなります。

専門分野で知識や技術を高めていく方法もあれば、未経験の分野に挑戦することもできるので、自分の進みたい道をじっくり考えることが大切です。

方法3.転職先に求める条件の優先順位を明確にする

転職する際に「この条件だけは外せない」というものを明確にし、優先順位をつけていきましょう。

優先順位がつけることで、自分のなかの絶対に叶えたい条件が明確になり、転職先を選ぶ際の判断基準となります。

たとえば「お給料は〇〇万以上がいい」「子育てとの両立がしやすい職場がいい」などを出していき、自分にとって優先度の高い条件が叶えられる職場を選ぶといいでしょう。

【参考】こんなにある!転職の際の条件・チェックすべきポイント

転職先を考える上でチェックすべきポイントには以下のようなものがあります。

これらの中から自分が求める条件の優先順位を1~3位くらい選び出したものが叶えたい条件、すなわち妥協できないポイントと言えるでしょう。

 

項目 内容
企業理念・経営理念 企業の活動方針の基礎となる基本的な考え方
会社概要 設立年や資本金、売上高、従業員数など
(上場企業であれば)IR情報 会社の業績(将来性)
業務内容 行っている業務(自分がどんな業務にあたるか)
福利厚生 給与以外の施策や制度(年金や保険)
給与体系 給与額、各種手当、賞与の有無など
労働条件 休日、残業時間の目安など
勤務場所 働く場所(通勤方法、通勤時間の長短など)

上手に妥協して転職を成功させるコツ

上手に妥協して転職を成功させる方法上手く妥協をして、転職を成功させるためのコツを紹介します。

  • コツ1.「絶対に」叶えたい条件を明確にする
  • コツ2.ほかの条件は妥協してもよいと割り切る
  • コツ3.転職のプロに相談する

コツ1.「絶対に」叶えたい条件を決める

あなたが転職して「絶対に」叶えたい条件を明確に決めておきましょう。

「絶対に叶えたい条件」が「妥協してはいけないポイント」ということです。

この条件が叶えられないなら転職はしない、というくらいに、揺るぎない絶対条件は何なのかを考えてみましょう。

コツ2.ほかの条件は妥協してもよいと割り切る

転職は人生を変える決断ですので、転職することで叶えたい条件は一つや二つでは収まらないでしょう。

しかし、すべてを叶える転職先を見つけようとすると、いつまでたっても転職はできません。

数ある条件のなかでも「できれば叶えたい」くらいの条件は妥協すると割り切ることが大切です。

絶対に叶えたい条件をブレさせないで他を整理していくことで、寄り道せずに希望を叶える転職先が見つかります。

コツ3.転職のプロに相談する

「どうしても一人では妥協ポイントを決められない」という方は、転職のプロに相談してみるのがおすすめです。

たとえば、「転職エージェント」は経歴や希望の条件から、あなたに合った求人を見つけてくれます。

自分で探さず、第三者に見つけてもらうことができるので、客観的に自分にあっている職場がどんなところなのかを知ることができるでしょう。

また、どこを妥協すればより良い点先が見つけられるかなども相談できるので、転職活動をはじめたらまずは登録しておくのがおすすめですよ。

転職エージェントで妥協点を相談し転職を成功させよう

転職エージェントで転職を成功させよう転職エージェントを利用して、叶えたい条件を叶える転職先を見つけましょう。

プロのキャリアアドバイザーがあなたの希望をしっかり聞いたうえでアドバイスをしてくれます。

業界に関する知識と情報を持ち得ているので、効率的に転職活動が進められます。

大手総合型のおすすめ転職エージェント

大手総合型のおすすめ転職エージェント
まずは、さまざまな業種を見つけられる総合型の転職エージェントを紹介します。

求人数が多いので、この中からひとつは登録しておきたいですね。

おすすめ1.DYM就職

「仕事がうまくいかない自分に転職先は見つかる?」「経歴に自信が無い……」など、経歴や学歴に不安がある方にオススメなのが、手厚いサポートが受けられる転職エージェントDYM就職です。

DYM就職は研修制度が充実した求人が豊富なので、経歴に自信がなくても、長いブランクがあっても応募しやすい求人がそろっています。

また、あつかっている求人は100%正社員の求人ですので、不安定な雇用形態から脱して正社員を目指したい方にもオススメです。

DYM就職に求人を載せている企業は、未経験者OK・研修制度が整っている企業ばかりですので、ミスマッチ無くあなたにぴったりの転職先が見つかりますよ。

DYM就職に相談する(無料)

おすすめ2.doda(デューダ)


dodaでは業界・業種問わず多数の求人を扱っているため、転職先の分野を絞らず検討したい人におすすめです。

今までの経験やスキルを活かすお仕事や、未経験からチャレンジできるお仕事まで幅広く対応しているのでやりたい仕事が見つかりやすいと言えるでしょう。

オンラインでの転職セミナーや個別相談会があり、登録してから今後のキャリアについて具体的に考えることもできるので安心です。
dodaに相談する

おすすめ3.マイナビエージェント


マイナビエージェントでは初めての転職や若い世代の転職に強みがあります。

キャリアアドバイザーが今の状況を確認し、お仕事の提案、応募や面接の方法、転職後のフォローなど一貫して支えてくれるので転職に慣れていない方や心配がある方でも安心して登録できます。

求人情報の約80%が非公開で、マイナビエージェントでしか扱っていない求人があるため、まずは登録して情報収集から始めるといいでしょう。
マイナビエージェントに相談する

ハイキャリア・ハイクラス向けのおすすめ転職エージェント

ハイキャリア・ハイクラス向けのおすすめ転職エージェント
総合型のエージェントの中でも、ハイキャリアやハイクラス向けの転職エージェントは以下です。

同職種でよりプロフェッショナルを目指したい、収入アップをしたいという人におすすめです。

おすすめ1.BIZREACH(ビズリーチ)


ハイキャリア・ハイクラスの転職を成功させたい方はビズリーチに登録しましょう。

ビズリーチでは求人の3分の1以上が年収1000万以上の高収入求人です。

優秀な人材をより早く効率よく採用したい企業と、スキルの高い求職者をマッチングをすることを得意としています。

ハイレベルな技術や知識を活かして、好待遇の優良企業への転職を目指す方人におすすめです。
BIZREACH(ビズリーチ)に相談する

おすすめ2.CAREER CARVER(キャリアカーバー)

CAREERCARVER
CAREER CARVER(キャリアカーバー)はリクルートが運営するハイクラス求人に特化したエグゼクティブ向けの転職サービスです。

キャリアカーバーに登録するとハイクラスな求人と出会えるチャンスがあり、企業からスカウトを受けることや非公開の高収入求人の情報を得ることができます。

今までの経歴を活かして即戦力で働ける方や、スキルが高くさらにキャリアアップしたい方におすすめです。
CAREER CARVER(キャリアカーバー)の詳細を見る

転職活動の妥協点に関するQ&A

転職活動の妥協点についてよくある質問をまとめました。

年齢による妥協するポイントの違いや、どの時点で妥協すべきなのかなどをみていきましょう。

Q1.第一志望ではない会社から内定をもらった。妥協して受けるべき?

第二、三志望の会社からの内定を受けたとき、第一志望の採否が分からない場合は、まず返事を少し待ってもらいましょう。

第一志望の採否がどうか分からないのに転職を終わらせてしまっては必ず後悔が残るからです。

採用内定を出してくれた会社に正直に話し、「他の選考も受けており、しっかり考えて決めたいので〇日ほどお返事をお待ちいただきたいです」と伝えましょう。

本当にあなたを採用したいと考えてくれている会社なら、あなたの返事を待ってくれます。

Q2.40代をこえてからの転職はどこまで妥協が必要?

40・50代での転職は、20~30代での転職に比べてスムーズに進みにくいと考えましょう。

しかし、若い世代にはない知識やスキルを持っているのは40・50代の強みでもあります。

同業種への即戦力での採用から、異業種でもマネジメント能力を買われての採用もありえます。

スキルを活かせる仕事に就くことにこだわりながら、妥協できる点とそうでない点をしっかり見極めて転職活動をしましょう。

まとめ

  • 「叶えたい条件」=妥協しないポイントを決めることが転職成功の鍵
  • 妥協してもよい条件は、思い切って割り切ること
  • 効率的に転職活動をするなら転職エージェントに登録しよう

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
清水 妙子
Writer 清水 妙子

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top