Paranaviトップ ノウハウ 制度/法律 最短1日!失業保険の『求職活動の実績』の作り方と4つの注意点

最短1日!失業保険の『求職活動の実績』の作り方と4つの注意点

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「失業保険の手当を貰いたいけど、どうしたらいいの?」

「求職活動の実績はどのように示せばいい?」

この記事を読めば、このような疑問を解決できます。

「今すぐ求職活動の実績を作る方法を知りたい!」という人は、『最短1日!「求職活動実績」の作り方』の項目から目を通してみてくださいね。

ハローワークで失業保険の手当をもらうには「求職活動」の実績が必要

ハローワークによって決められている求職活動実績は、月に2回以上求職活動をしたことを示すものです。

失業保険手当ての給付は、あくまで今後働く意思がある方のみが対象です。

そのため、求人票を検索したり面接の予約を行うなどの求職活動を行う必要があります。

求職活動を行うと、失業保険手当てをもらうための「認定」をもらうことができます。

失業保険をもらう際の注意点については、こちらの記事で詳しく解説しています。

「不認定」が2回続くと、失業保険は受け取れなくなる

求職活動を行っていないとみなされると、失業保険を申請しても「不認定」になります。

この不認定が2回になると求職活動を行っていない、すなわち働く意思がないとみなされ、失業保険を受け取れなくなってしまいます。

求人応募のほか、ハローワークでの職業相談やセミナー等に参加することも広く求職活動とみなされるため、失業保険手当てを受け取るためには、2回の不認定を受けないよう何らかの求職活動を行わなくてはなりません。

では、失業保険の申請を行うために、さらにどのようなことを行えば良いのかを見てみましょう。

失業保険の申告方法は「初回認定日」と「2回目以降」で異なる

失業保険手当ての申請で重要なのが「認定日」です。

認定日とは、失業保険申請者が本当に失業している状態かを確認し、手当ての給付に値するかどうかを見るためのもので、申請者は決められた認定日に必ずハローワークへ行く必要があります。

初回の認定日は「就職相談・失業認定申告」の両方を行う必要がありますが、2回目以降は「失業認定申告」のみでよいというルールです。

認定日は人によって異なっているため、4週間に1回、決められた日に必ず失業認定を受けるためにハローワークへ行きましょう。

認定日を基準に手当が振り込まれる

失業保険手当ては、ハローワークで失業認定を受けた日から約1週間ほどで振り込まれることになっています。

その後も4週間に1回、失業の状態が続いており、なおかつ求職活動実績をきちんと残している方は続けて失業保険手当てを受け取ることができます。

注意点としては、年末年始や祝日・休日の振り込みは遅れる可能性があるということ。

いつ振り込まれるのか、認定日に管轄のハローワークを訪れた際に尋ねておくと良いでしょう。

認定日が祝日になる場合は、認定日の日付がずれる

失業保険手当ての振り込み日が祝日などの休日の場合、振り込みが前後することがありますが、認定日が祝日になる場合にも同様にずれが生じます

認定日が祝日の場合はハローワーク自体の営業が休みのため、ハローワークへ行けないことから、認定日自体がその前後にずらされることがあるため、注意が必要です。

違う週の別の曜日になる可能性もあるため、認定日なのにうっかりハローワークへの来所を忘れてしまったということにならないよう気を付ける必要があります。

しっかりと失業保険手当てを受け取るためにも、認定日は忘れないようにしておきましょう。

『会社都合』での退職では、実績は最低1回必要

会社から退社を促されたり解雇されたりするなど「会社都合」の退職の場合、失業保険手当てをもらうための求職活動実績は最低1回以上必要になります。

ただ、求職相談や面接などの活動を行う前に、ハローワークにて失業手当受給説明会を受ける必要がありますが、これに参加することが求職活動実績とみなされるため、初回は特に求職活動をする必要はありません。

2回目以降の認定日は、認定日前日までに2回以上の求職活動を行う必要があります。

求人へ応募するほか、職業相談を受けるなどして求職活動実績を作っておきましょう。

『自己都合』での退職では、実績は最低3回必要

会社によるものではなく「自己都合」による退職の場合、失業保険の手当てが給付されるまで3か月以上かかり、求職活動実績は3回以上が必要となります。

その内訳は、失業手当受給説明会に参加して1回とカウントされ、さらに求職活動を2回の計3回です。

2回目以降の認定日は、次の認定日前日までに2回以上の求職活動を行わなくてはなりません。

会社都合の退職と異なり、給付までに時間がかかること、求職活動をより多く行わなくてはならないという注意点があります。

求職活動実績とは認められない4つの活動

求職活動にはさまざまなものが含まれますが、求職活動実績とは認められないものがあります。

1つ目はインターネットでの求人検索、2つ目は求人情報雑誌での求人閲覧、3つめは職業紹介所への登録、そして4つ目はハローワークでの求人検索です。

4つ目のハローワークでの求人検索ですが、以前は求職活動実績に認められていたもの。

しかし、現在は他の3つと同様に、失業保険を受け取るための活動実績とは認められていないため注意しておきましょう。

自宅でかんたん最短1日!「求職活動実績」の作り方

最短1日!求職活動の実績の作り方

求職活動実績と言えば、管轄のハローワークに赴いて相談をしたり、実際に見つけた求人に応募したりするというイメージがありますが、実は在宅でもすぐに実績を作ることは可能です。

インターネットでの求人検索は、前述の通り活動実績とはみなされません。

しかし、インターネットでの求人に応募することは求職活動として認められており、ハローワークに出向くことなく活動実績を作ることができます。

この求人応募については合否は関係なく、あくまで「求人に応募した」ということが活動実績として認められるため、最短1日・自宅で求職活動実績を作ることが可能です。

実績の作り方1.転職サイトに登録する(3分で完了)

では、まず求職活動実績を作るために、転職サイトへ登録しましょう。

次の項目で詳しく説明しますが、実績を作るには人材募集に応募する必要があります。

もしあまり登録先に悩みたくないという人におすすめのサイトは国内最大級の紹介会社、doda(デューダ)です。

求人数の多さが強みの転職エージェントなので、実績を作りたい人にはおすすめの人材会社です。

dodaで実績を作る

実績の作り方2.企業の人材募集に2社応募する

次に、転職サイトで見つけた人材募集に2社ほど応募しましょう。

2社という数字は、2社への応募で求職活動2回とみなされるためです。

また、合否にかかわらず失業保険認定のための活動実績となるため、転職サイトで応募するのは自身の希望条件の整った企業にすると良いでしょう。

これで、面接後に希望通りの条件で再就職できる可能性があるほか、不採用になった場合も失業保険をもらうための実績ができます。

実績の作り方3.『失業認定申告書』に応募した企業を記入する

続いて、求人に応募したことを求職活動と認定してもらうために、失業認定申告書に応募した企業名を記入しましょう。

どのような求職活動を行ったかを選んで記入しますが、求人に応募した企業名や応募日のほか、インターネットや電話などどのような方法で応募をしたか、職種などを記入します。

このうち、応募の結果について記入する欄がありますが、この部分は「選考結果待ち」と記入して提出すれば良いでしょう。

これで、失業認定をしてもらうための求職活動実績となります。

セミナー、職業相談のみもOK!そのほか認められている「求職活動実績」

認められている求職活動

求職活動とみなされるものは、求人に応募することだけではありません。

たとえば、許可・届出がある民間機関が行う職業相談、公的機関等が行う講習やセミナーの受講、個別相談ができる企業説明会等の受講などが挙げられます。

これらのことも求職活動実績として認められるため、実際に求人に応募をしなくても、慎重に再就職先を決めることができます。

また、資格試験を受けたことも、求職活動とみなされるものがありますが、どの資格が認められるのか・認められないのかは管轄のハローワークで尋ねましょう。

「求職活動実績」のほかに必要な5つの書類

失業保険手当てをもらうためには、求職活動実績を作るだけでなく、以下の5つの書類が必要となります。

マイナンバーカードや通知カード、個人番号が記載されている住民票のうち、どれかひとつ。

運転免許証やパスポート、写真付きの資格証明書など官公庁が発行した身分証明書、もしくはこれらのものが無ければ公的医療保険の被保険者証や、児童扶養手当証書などをひとつ。

そして、最近の写真2枚と印鑑、本人名義の預金通帳もしくはキャッシュカードを用意する必要があります。

失業保険の求職活動の実績を申告する際の4つの注意点

注意点

失業保険をもらう上で必要となる求職活動実績ですが、申告する際には注意しておくべき点があります。

活動実績が認められないと失業保険の「不認定」になってしまいますが、だからと言って不正を行ったり、ルールに反したことを行うと手当てが減額になるほか、実績が認定されなくなる可能性もあります。

そういったことがないよう、次の4つの点に注意して実績を申告しましょう。

注意点1.応募した会社の面接は辞退しない方がよい

インターネット経由でもハローワーク経由でも、求人に応募して面接を行うことになった場合、面接を辞退することは避けましょう

面接を辞退した場合、求職活動としての実績が無効になる可能性があるからです。

だからこそ、応募を行う場合には自身の希望に沿った待遇・職種かどうかをしっかりと考え、応募することをおすすめします。

求職活動とみなされなければ失業保険手当ても不認定になる可能性があるので、面接は辞退しないようにしましょう。

注意点2.失業保険の認定申告の時に嘘の内容は書かない

失業保険手当てをもらうための認定申告を行う際、活動内容に嘘の内容を書くと「不正受給」とみなされる可能性があります。

嘘をついて手当てを受給することは悪質であり、不正受給が発覚した場合には失業保険金をもらえなくなるどころか、その給付金を3倍で返還しなくてはなりません。

非常にリスクが高いため、求職活動実績をごまかして嘘の内容を書くことは止めましょう。

注意点3.離職理由を説明できるようにする

前職を辞めた理由、離職理由をきちんと説明できるようにしておきましょう。

自己都合退社の場合も会社都合退社の場合も、受給資格があるかどうかの審査においてその理由を尋ねられるからです。

離職理由を聞かれたときに、どのような理由であっても自分で正直に離職理由を答えられるかどうかで、不正受給などの悪質な受給者をはじく目的があります。

離職理由が会社都合か自己都合かで、失業保険手当ての受給開始時期が異なるため、こちらもきちんと答えましょう。

注意点4.有償のボランティア参加は手当が減額される可能性あり

失業中に給与・報酬が発生するアルバイト等は制限されており、手当ての減額や失業とみなされなくなる可能性もあります。

これは、アルバイトではなく有償のボランティアでも同じことが言えます。

失業中であっても、有償・無償問わずボランティアに参加することはできますが、有償の場合は失業保険手当ての基本手当が減額されてしまう可能性もあります。

かといって黙って有償のボランティアを行い、後になってそのことが発覚した場合は失業保険手当ての不正受給とみなされる可能性もあるため、リスクを回避するためにも事前に相談・申告しましょう。

失業保険の求職活動の実績に関するQ&A

それでは、最後に失業保険の求職活動の実績に関する疑問にお答えします。

疑問1.失業認定申告書を紛失したらどうすればいい?

誰でも紛失することはあるので、ハローワークの係員に申し出れば再度もらえます。

疑問2.失業保険をもらうまでにアルバイトをしてもいい?

ハローワークに申告しておけばアルバイトをすることは可能です。 

疑問3.手当を受給中で、再就職先が決まったらどうしたらいい?

就職日が次回認定日より後であれば、指定されている次回の認定日に住居所を管轄するハローワークで就職が決まったことを申告する必要があります。

就職日が次回認定日より前の場合は、就職日の前日までに来所し、就職の申告をするようにしましょう。

就職日の前日が土日祝日の場合は、その前の日までにハローワークへ行くする必要があるので注意しましょう。

疑問4.株やFXで利益が出たが申告は必要?

一時的に利益が出るだけであれば申告は不要です。

ただし、継続的に利益が出る状態なら取引をしている旨を申告する必要があります。

疑問5.虚偽の申告をしてしまったらどうしたらいい?

注意点にも記載したように、失業保険を受け取れないだけでなく「不正受給」として処分される可能性があります。

悪質な場合は詐欺罪等で処罰される可能性もあるので、虚偽の申告は最初から避けるべきです。

まとめ

副業資格のまとめ

  • 失業保険をもらう際の求職活動の実績は、会社都合での退職か自己都合かで異なる
  • 『会社都合』での退職では、実績は最低2回必要(初回)
  • 『自己都合』での退職では、実績は最低3回必要(初回)
  • おすすめの実績の作り方は、求人サイトから求人に応募する方法。

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

Page Top