Paranaviトップ お仕事 働き方 退職代行ガーディアンって実際どう?口コミ・評判から見る失敗しない活用法

退職代行ガーディアンって実際どう?口コミ・評判から見る失敗しない活用法

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

退職代行ガーディアン活用のコツをみる

「退職をしたいのに言いづらい」 そんなときに頼れるのが、退職代行サービスです。

ここでは、東京労働経済組合が運営する「退職代行ガーディアン」をピックアップ。

退職代行ガーディアンの評判や口コミから、利用がオススメな人や失敗しないための上手な利用方法などをまとめました。

退職代行ガーディアンの特徴3つ

退職代行ガーディアンの特徴

退職代行ガーディアンは、悪質業者への注意喚起を行うなど、退職代行業界の安全な環境づくりを進める優良な業者です。

退職代行ガーディアンの、とくに知っておくべき特徴を紹介します。

特徴1.東京労働経済組合(TRK)が運営する退職代行サービス

退職代行ガーディアンは「東京労働経済組合(通称TRK)」が運営している退職代行サービスです。

退職代行ガーディアンは労働組合が運営しているため、労働組合法に基づく団体交渉権があります

団体交渉権があるので、退職代行ガーディアンは一般の退職代行業者にはできない「退職に伴う職場との交渉」が合法で行えます。

特徴2.料金は一律29,800円で、追加料金もかからない

退職代行ガーディアンは料金は一律29,800円で、追加費用は一切発生しません

一般的な退職代行業者は、退職の難易度の違いから「正社員」「派遣」「アルバイト」などの雇用形態で料金が異なるサービスが多いです。

加えて、給与・有給交渉などのサポート内容を依頼すると、追加料金を請求される場合もあります。

しかし、退職代行ガーディアンでは、雇用形態に関わらず料金は一律で、会社に連絡した回数や連絡の時間帯なども料金に影響しないので安心して利用できます。

特徴3.違法・詐欺業者の注意喚起のためにサービスの提供を開始

東京労働経済組合が退職代行サービスを提供するにいたった理由は、退職代行業界の現状にあります。

現在の退職代行業界は、弁護士法違反の非弁行為を行う違法業者や、料金だけ取りサービス自体を提供しないという詐欺業者が横行している状態です。

東京労働経済組合は、そういった悪質業者の注意喚起をするとともに、合法で適切なサービスを提供することで利用者が安心できる環境づくりをするためサービスの提供を開始しました

こういった姿勢から、退職代行ガーディアンが提供するサービスは信頼が持てると言えます。

退職代行ガーディアンに相談する

退職代行ガーディアンの良い評判・口コミのまとめ

退職代行ガーディアンの良い口コミ・評判

退職代行ガーディアンの良い口コミ・評判から、利用するメリットを見ていきましょう。

良い評判1.退職に関する条件交渉を行ってもらえる

本来、企業側と「交渉」ができる権利をもつのは弁護士のみで、弁護士資格を持たない者が交渉を行うと「非弁行為」として違法になります。

退職代行ガーディアンは、合同労働組合が運営しており、団体交渉権が認められています。

労働組合は、弱い立場にある労働者が企業に立ち向かうための団体ですので、雇用主側と交渉・協議ができる権利を有しています。

そのため、退職代行ガーディアンは有給消化や退職金などの退職時の条件交渉が可能なのです。

退職の意向を「伝達する」ことしかできない業者ではらちが明かない、複雑な状態での退社にも退職代行ガーディアンなら対応してもらえます

良い評判2.追加料金が無いので安心して利用できる

退職代行ガーディアンは、料金は一律29,800円です。

また、オプションなどが存在せず、追加料金は一切発生しません

万が一退職交渉が長引いたりこじれたりしても、追加料金が発生しないので、安心して納得がいくまで相談することができますよ。

良い評判3.LINEで申し込みが可能なので気軽に相談できる

退職代行ガーディアンは電話とラインで相談の受付を行っていますが、ほとんどがライン経由での申し込みです。

休日や深夜など、普通なら相談を控えようと思う時間帯でも、LINEであれば相談がしやすいです。

自分のペースやタイミングで相談できるので、ふとしたスキマ時間にも気軽に利用を始めることができます

良い評判4.即日対応してくれる


即日対応も可能なので、相談したその日から出社しなくてもいいようにサポートしてもらえます

就業規則として「退職の場合は〇週間前の申告が必要」としている企業は多いが、退職代行ガーディアンは合法的に交渉を行ってくれます。

休日や深夜でも、できる限り即日対応してくれますので、相談してみましょう。

退職代行ガーディアンに相談する

退職代行ガーディアンの悪い評判・口コミのまとめ

退職代行ガーディアンの悪い評判・口コミから、利用する際の注意点を見ていきましょう。

悪い評判1.訴訟を起こされた場合は弁護士への相談が必要

労働組合は交渉権があるとはいえ、万が一訴えられて裁判になった場合は対応できません。

裁判になれば、代理人として弁護士を立てることになります。

しかし、裁判になることは企業側にとってもデメリットな部分が多いため、退職しただけで訴えられる可能性はほぼ0です

どんな退職パターンでも、退職代行ガーディアンでの対応で充分だと言えるでしょう。

悪い評判2.比較的新しいサービスのため口コミ・評判が少ない

退職代行ガーディアンは2020年2月に正式に開始されたサービスです。

新規サービスのため口コミや評判が少ないため、参考にできる事案が見つかりにくいと言えます。

とはいえ、退職代行ガーディアンを利用して辞められなかったというケースは過去一度もありません

法律に則って確実に退職を進めてくれる、信頼できる退職代行です。

悪い評判3.「転職サポート」がない

退職代行サービスの中には、退職だけではなく転職も支援してくれる業者もありますが、退職代行ガーディアンには転職サービスはありません。

しかし、転職サポートがあるからと言って、退職後の転職が成功するわけではないです。

退職代行自体の転職サポート以外にも、転職エージェントなどに登録することで効率的に進めることができます。

退職代行ガーディアンの相談から退職までの流れ

退職代行ガーディアン利用の流れ

退職代行ガーディアンを利用する流れは、以下の通り4ステップです。

利用の流れ

  1. LINE(もしくは電話)で相談
  2. 支払い(クレジットカード・銀行振込)
  3. 退職の手続きの開始、退職日等の連絡・交渉
  4. 退職

退職が完了するまで、電話・LINEでの相談は回数無制限で対応してもらえます。

退職に関する交渉はもちろん、退職届の提出なども任せられるので、出社の必要はありません。

退職代行ガーディアンの利用がオススメの人、オススメできない人

退職代行ガーディアンの利用がオススメの人は以下のような人です。

  • 労働組合運営の信頼性の高い退職代行サービスを探している人
  • 追加料金で不安を感じたくない人
  • 申し込んだ日から一切会社と連絡が取りたくない人

反対に、退職代行ガーディアンの利用をオススメできない人は以下のような人です。

  • とにかく料金の安さで退職代行を選びたい人
  • 退職後、転職のサポートが受けたい人

退職代行ガーディアンを上手に利用するコツ3つ

退職代行ガーディアンを上手に利用するコツ

退職に失敗しないために知っておきたい、退職代行ガーディアンを上手く利用するコツをまとめました。

1.LINE・電話相談を活用する

退職代行ガーディアンは、追加料金が一切ありません。

電話やLINEでの相談は何度しても料金は変わりません。

退職代行の利用で重要なのは、代行業者に自分の状況や要望を伝え、意志をすり合わせることです。

完璧なサポートを受けるためにも、担当者とは密にやりとりしましょう

LINE・電話相談を活用する

2.退職の理由は、できるだけ詳細に伝える

退職を望む理由は、できるだけ詳細に担当者に伝えましょう。

退職代行サービスを利用した退職の場合、本人にとっては長期的に悩み勇気をもって下した決断でも、会社としては寝耳に水という状態です。

理由がふわっとしたものだと、会社側も退職を認めるにも認められません

伝言で自分の思いを直接伝えられない分、業者には明確で詳細な退職理由を伝えておく必要があります。

理由がはっきりしないことで代行作業がスムーズに進まず、必要以上の時間がかかってしまう可能性もありますので、代行業者にはきちんと伝えるようにしましょう。

3.会社からの要求にはすぐに対応する

退職にあたり、会社から退職届の提出や支給物の返却などを求められたら、先延ばしにせずなるべく迅速に対応しましょう。

対応が遅れた、もしくは無視したとなるとトラブルに発展することもあります。

また、退職届の提出が遅れてしまった場合は、無断で欠勤しているという扱いになり、立場も悪くなってしまいます。

業者が退職のサポートをどんなにスムーズに進めても、本人がトラブルを起すような行動を行ってしまっては意味がありません

対応が遅れる場合などは、退職代行業者を通して理由や期日の変更を伝達してもらいましょう。

退職代行ガーディアンに関するQ&A

 

退職代行ガーディアンのQ&A退職代行ガーディアンの利用に関するQ&Aは以下の通りです。

Q1.退職代行ガーディアンを使って退職に失敗したケースはある?

退職代行ガーディアンで、辞められなかったというケースは過去に1件もありません

労働基準法第5条で「労働者には自由に辞める権利がある」ことが認められています。

雇用期間に制限がない正社員(無期雇用)の場合、民法627条で「解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する」と定められており、退職を会社側が認めようが認めまいが、労働者が退職を申し出てから2週間たつと自動的に雇用は終了することも定められています。

辞めることは労働者の権利ですので、退職が失敗するということは無いに等しいと言えます。

Q2.退職代行ガーディアンを使うことで訴えられる可能性はある?

訴えられる可能性は0ではありませんが、限りなく低いと言えます。

裁判は会社側に費用が掛かるだけでメリットがほぼないため、「退職する」というだけで訴訟を起こされることはまずありません

もちろん退職代行を利用することは違法ではありません。

また、退職代行ガーディアンは、東京労働委員会に認証されている法的に何ら問題のない東京労働経済組合が運営しているため、違法性の心配がない代行業者です。

Q3.退職代行ガーディアンで退職したことが、転職先にバレて不利になることはある?

退職代行を利用したことが、業者から転職先にばれることはありえません

そのため、退職代行の利用が、転職活動や転職先での立場に悪影響を及ぼすことはないでしょう。

万が一なにかのきっかけでバレしまったとしても、退職代行を利用した正当な理由がある限り悪い印象を与えることはありません。

退職代行サービスを利用したことだけで、転職が不利になることはありませんので、安心してください。

Q4.退職代行ガーディアンに退職届を作ってもらうことはできる?

ガーディアンをはじめとした退職代行業者は、退職届の作成を代行することはできません。

公的書類である退職届を代理で作成できるのは弁護士資格のある者のみですので、労働組合が運営している退職代行ガーディアンでも、退職届の作成だけは代行してもらえません。

しかし、退職届はテンプレートが用意されている企業も多く必要事項を記入するだけで完成しますので、手間もかからず自分一人で作成することも可能です。

退職の理由も、明らかにしなければいけない義務はないので、「一身上の都合」とだけ記入すれば問題ありません。

労働組合運営の退職代行は、「交渉」はできるとはいえ、弁護士にしかできない業務もあるということを覚えておきましょう

まとめ

  • 退職代行ガーディアンは東京労働経済組合が運営する退職代行サービス
  • 退職代行ガーディアンは、雇用形態に関わらず料金が一律で、追加料金はない
  • 退職代行ガーディアンはLINEで時間帯関係なく相談できる

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top