Paranaviトップ ノウハウ お金 仮想通貨は少額投資でも利益を増やせる!初心者向けにゼロから解説

仮想通貨は少額投資でも利益を増やせる!初心者向けにゼロから解説

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「仮想通貨の投資に挑戦したいけど、高額なお金を投資するのは怖いな。」

貯金を無理に切り崩して始める必要はありません。

なぜなら仮想通貨投資は、1,000円程度の少額から投資ができるからです。

仮想通貨ってなんだか不安……と感じていたあなたも、この記事を読めばリスクを抑えながら利益を上げられます。

「すぐに仮想通貨の少額投資を始めたい」という人「仮想通貨の少額投資におすすめな取引所3選」に目を通してみてくださいね。

注意

  • このページにおける仮想通貨は、暗号資産のことを指します

仮想通貨・ビットコイン投資は少額で始められる(リスクが低い)

仮想通貨投資は1,000円~2,000円で取引を開始できます。

一般的な「投資」は最低でも、数万円を準備しなければ投資を始められません。

ビットコインの高騰

一方で、仮想通貨の投資は誰でも気軽に少額から始められます。

仮想通貨元年の2017年12月には1BTCの価格が200万円にまで高騰し、資産が1億円を超える億り人が誕生しました。

仮想通貨・ビットコインを少額投資するメリットは2つ

仮想通貨を少額投資するメリットは以下の2つです。

  1. 少額なので複数の仮想通貨に分散投資ができる
  2. 投資の仕組みを勉強できる

1.少額なので複数の仮想通貨に分散投資ができる

仮想通貨を少額で取引する場合、数種類の仮想通貨へ分散して投資ができます。

2~3種類の仮想通貨に分散して投資をすることで、通貨の急な価格暴落で負うリスクを分散しやすいです。

ただし、「少額で複数の仮想通貨に投資ができるから」という理由で安易に投資するのはやめましょう。

2.投資の仕組みを勉強できる

仮想通貨を少額で取引することは、投資の実践練習につながります。

本来、投資は1度の損失金額が大きいため、何度も投資に挑戦することはできません。

しかし、仮想通貨の投資は1000円から始められるので仮に1度、投資に失敗しても再チャレンジが可能です。

失敗から学び、投資で成功したいという初心者におすすめです。

仮想通貨・ビットコインの少額投資方法は3種類

仮想通貨投資におすすめな方法は以下の3種類です。

  1. 現物取引
  2. 積立投資
  3. レバレッジ取引

1.(初心者向き)投資金以上の損失が出ない現物取引

「現物取引」とはその言葉の通り、仮想通貨事業者から仮想通貨(現物)を現金で売買する取引です。

たとえば、投資金の1000円で1000円分の仮想通貨を購入すると、仮に通貨価格が下がっても、1000円以上の損失を負う心配がありません

価格変動が激しい仮想通貨で取引をしてみたけれど、思わぬ借金を負うのは怖いという人も安心です。

仮想通貨を購入するさいは、全額失っても生活に困らない余剰資金を使いましょう。

2. (忙しい人向き)相場に流されずに一定の間隔を保ちながら通貨を購入する積立投資

積立投資とは一定の間隔で仮想通貨を購入して資金を積み立てていく投資方法です。

仮想通貨の激しい価格変動に惑わされず、通貨を購入できるため、通貨の価格変動を毎日見るのが面倒な人向きです。

似たような購入方法として、ガチで通貨を長期保有する「ガチホ」と呼ばれる方法があります。

ガチホは1度仮想通貨を購入すると、一定期間は通貨取引をしません。

ただし、ガチホの場合には必ずいつまで通貨を保有するのか最初に決めましょう。

3. (上級者向き)てこの原理で少額投資で高額利益を狙うレバレッジ取引

仮想通貨のレバレッジ取引では、資金の数倍の金額で取引ができます。

資金にかける倍率をレバレッジ率といい、日本の取引所ではレバレッジ率を2倍までかけられます。

仮に、手元に20万円しか用意できない場合、20万円に2倍のレバレッジをかけて40万円分の仮想通貨取引が可能です。

ただし、2倍のレバレッジをかける分、損失も大きくなりやすい点に注意しましょう。

仮想通貨の投資リスクは3つ

仮想通貨の投資リスクは以下の3つです。

  1. 仮想通貨は価格変動が激しく損失が大きい
  2. 仮想通貨の資産に対するハッキングリスクがある
  3. 偽物の仮想通貨が存在する

1. 仮想通貨は価格変動が激しく損失が大きい

仮想通貨は市場が発展途上のため、通貨の価格変動が激しい分野です。

通貨の価格変動が大きいと大きな利益が見込める反面、投資している資産を大きく失うリスクがあります。

早く沢山のお金を儲けたいと思う気持ちは分かりますが、まずは少額から無理のない範囲で仮想通貨投資を始めましょう。

2. 仮想通貨・ビットコインの資産に対するハッキングリスクがある

仮想通貨の資産は外部からハッキングを受けるリスクがあります。

なぜなら、仮想通貨は実体を持たない電子データで、銀行が管理する法定通貨と異なるからです。

仮想通貨の流出事件は、仮想通貨を保管するインターネットへのサイバー攻撃が原因と考えられています。

大手取引所は仮想通貨をインターネット以外で保管し、ハッキングリスクへの体制を整えました。

しかし、大手取引所には多くの仮想通貨が集まるので、ハッカーから狙われやすいともいわれています。

仮想通貨を購入したら、取引所に放置せず、自分の専用ウォレットに保管しましょう。

3. 偽物のICO(新規仮想通貨)が存在する

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)とは新規仮想通貨公開と訳されます。

ICOは企業が独自の仮想通貨を配布・販売をし、新規事業に向けて資金を集める仕組みです。

しかし、ICOの取り組みでは、資金調達に協力した投資者に新規の仮想通貨を渡さず、資金だけを持ち逃げする仮想通貨の詐欺被害が起こっています。

仮想通貨投資を少額で始める際には取引所に未上場の新しいICOではなく、大手取引所で既に通貨売買が行われている仮想通貨に投資する方がおすすめです。

仮想通貨・ビットコインを少額投資するデメリットは2つ

仮想通貨を少額投資するデメリットは以下の2つです。

  1. 投資する仮想通貨が少額なので手数料の占める割合が高くなる
  2. 仮想通貨の少額投資を積み重ねるので利益を出しにくい

1. 投資する仮想通貨が少額なので手数料の占める割合が高くなる

仮想通貨を少額投資する場合、取引にかかる手数料が投資額に対して占める割合が高くなります。

たとえば、1万円を入金して仮想通貨を1万円分購入したとしましょう。

日本円を取引所に入金する際に、取引所に対する入金手数料は無料です。

しかし、銀行ごとの振込手数料(500円~700円ほど)が自己負担でかかる場合があります。

振込手数料が500円とすると、投資額が少額の場合には手数料だけで1万円の5%分支払うことになります。

少額取引する際には、手数料が安い取引所を選ぶようにしましょう。

2. 仮想通貨の少額投資を積み重ねるので利益を得にくい

仮想通貨を少額投資する場合、損失の負担額が小さく済む反面、大きな利益を得にくいのが特徴です。

仮想通貨の少額投資を成功させるためには、コツコツと根気よく投資を行うことが大切です。

仮想通貨は価格変動が激しいので、沢山投資して効率的に儲けたいと思う気持ちはわかります。

しかし、仮想通貨の投資を成功させる近道こそ、余剰資金以上を投資せず、地道に少額から投資することです。

無理のない地道な投資で、投資の経験値を上げて成功体験を増やしましょう

仮想通貨・ビットコインを少額投資する際の注意点は3つ

仮想通貨を少額投資する際の注意点は以下の3つです。

  1. きちんと投資で利益が出ているのかを確認する
  2. 余剰資金以外では取引しない
  3. 初めは現物取引で行う

1. 仮想通貨・ビットコインの投資で利益が出ているのかを確認

仮想通貨の少額投資の場合、きちんと利益が出ているのかを確認するようにしましょう。

特に以下の2つに注意しましょう。

  1. むやみに通貨売買をしてしまい、取引手数料の支払いがかさむ
  2. スプレッド(通貨の購入価格と売却価格の差)で購入価格よりも安く売ってしまう

仮想通貨の少額取引におすすめな通貨

少額取引におすすめな仮想通貨の特徴は以下の2つです。

  1. 通貨への信用度や注目度を示す、時価総額が高い
  2. 多くの仮想通貨取引所が取り扱っていて、取引しやすい

以上の条件を満たす仮想通貨には、ビットコインやイーサリアム、リップルなどがあります

仮想通貨の少額投資におすすめな取引所3選

仮想通貨の少額投資におすすめ取引所は以下の3社です。

また銘柄は19種類と豊富なので、日本円はもちろん、ビットコインでビットコイン以外のアルトコインを購入できます。

現在、新規口座開設キャンペーン中で2,000円のキャッシュバックがもらえるほか、最短当日から取引ができます。

暗号資産業界初のBitMatch注文はスプレッドを気にせず、ミッド(仲値)価格で取引可能です。

(キャンペーン期間:2021年8月1日(日)7時00分~2021年9月1日(水)6時59分)

仮想通貨を少額で購入する3STEP

仮想通貨を少額で購入するためには以下の3STEPです。

  1. 取引所に登録して口座開設
  2. 取引所の口座に日本円を入金
  3. 取引したい仮想通貨を購入

STEP1.取引所に登録して口座開設

取引所での口座開設にはメールアドレスとパスワードが必要です。

登録したメールアドレスに取引所からのメールが届きます。

案内に従って仮登録をしましょう。

仮登録には必要な基本情報の入力と本人確認書類の提出が必要です。

本人確認書類の写真を携帯電話で撮影し、写真のアップロードをしましょう。

取引所の審査に通ると、登録した住所にハガキが届き、口座開設が完了です。

STEP2.日本円を入金

マイページのメニューから、「日本円の入金」を選択します。

入金先は各取引所から指定される振込先へ入金しましょう。

入金額が反映されるまでに数日かかる場合があるので、注意が必要です。

STEP3.仮想通貨を購入

入金画面から購入したい仮想通貨の種類と数量を選択し、購入しましょう。

まとめ

  • 仮想通貨の投資は少額の1000円~2000円程度から取引可能
  • 仮想通貨の少額投資現物取引がおすすめ
  • 仮想通貨の投資は余剰資金で行う

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
飯田 瑞季
Writer 飯田 瑞季

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top