Paranaviトップ お仕事 働き方 menu(メニュー)配達員バイトの評判・口コミは?気になる働き方と注意点3つ

menu(メニュー)配達員バイトの評判・口コミは?気になる働き方と注意点3つ

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

新しいデリバリーサービス・menu(メニュー)で、配達員としてどのように稼ぐのか、その方法や口コミ・評判を紹介します。

ほかのデリバリーサービスとの違いや対応エリア、より稼ぎやすいインセンティブ制度などmenuの使い方を見てみましょう。

menu(メニュー)の配達員の仕事はシフトがなく、好きな時に働ける

配達クルー募集[menu]
menuの配達員の仕事は、自分の好きな時に自由に働くことができます。

なぜなら、menuでの配達業務は直接的な雇用関係を結んでいるわけではなく、menuから配達業務を委託された「個人事業主」という位置づけだからです。

配達員になると、個人事業主として24時間好きなタイミングで働くことができます。

menu(メニュー)の配達員として収入を得る仕組み

menuの配達員として収入を得る仕組みmenuの配達料は「基本料金-サービス手数料+インセンティブ」で算出されます。

サービス手数料はmenu側の収益で、配達員に支払われる基本報酬から10%が差し引かれますが、2020年8月時点ではキャンペーン中なので無料です。

基本料金には「配達の固定報酬1件につき230円+走行距離1㎞につき75円」が含まれます。

走行距離は、自分の現在地から商品を受け取る店舗までの「ピック料金」と、商品を受け取った店舗から配達・引き渡しを行うまでの「ドロップ料金」の合計で計算されます。

つまり、1件当たりの固定報酬はどの配達でも変わらず、走行距離が長くなればなるほど配達単価が上がるといえるでしょう。

menu(メニュー)のインセンティブ制度は4つ

menuのインセンティブ制度menuで配達業務をこなすと、配達1回につき「経験値」が10もらえます。

また、ランチやディナー時など比較的忙しい時間帯に稼働している配達員の数に対して、注文数が多い場合、経験値が最大で5倍になります。

つまり、忙しいときは1回あたり50の経験値を獲得できるということです。

そして、インセンティブの制度は以下の4つです。

1.基本料金が上がる【RANK(ランク)】

直近8週間の配達数で基本料金が上がるのが、RANK(ランク)です。

ランクは最大2倍で8週間ごとに変動するため、毎週月曜日の早朝時点の合計配達数が減ると、ランクも下がります。

毎週月曜日の早朝時点で決められたランクは、次の配達から適用されます。

上がると追加報酬がもらえる【LEVEL(レベル)】

配達を重ねて経験値が一定数増えると、LEVEL(レベル)が上がります。

レベルが上がると基本料金に加えてインセンティブを受け取ることができるようになります。

レベルは1から50まであり、レベルが上がることで最大約5,000円のインセンティブが支払われる仕組みです。

よって、経験値を稼ぎやすいランチやディナー時に積極的に配達をしていくのがおすすめでしょう。

3.不定期でボーナス加算がある【ブースト】

ブーストは配達員の数と注文数のバランスに応じて、限られた時間で発生するインセンティブです。

全エリアにブーストとエリア限定ブーストの2種類があるので、ブーストが発生した際に積極的に注文を受けるようにすれば効率良く報酬を得られるでしょう。

対象になっているブーストのエリアは、配達員専用のアプリから確認でき、地図上で赤い範囲が表示されます。

4.注文者から任意で得られる【チップ】

チップは、注文者から任意でもらうインセンティブです。

必ずしも受け取ることができるわけではありませんが、誠実な配達やスピーディな配達をするともらうチャンスがあるでしょう。

注文者からのチップは100%配達員の収入になるため、チップを受け取るためにどのような配達を心がければ良いのかを考えて配達をするのがおすすめです。

menu(メニュー)で配達員をする人の良い評判・口コミまとめ

menuで配達員として働くにあたり、良い評判や口コミについて紹介します。

menuで働く際に、どのようなことに取り組めば良いのかをチェックしてみましょう。

良い口コミ1.前日の報酬を最短当日に受け取ることができる

menuは2020年7月31日から、報酬の「即時引き出し」プログラムを開始しました。

「即時引き出し」プログラムは、配達で得た報酬を最短で当日に引き出せるという画期的なサービスです。

配達アプリから出金申請をすると、指定の口座へ出金が可能になります。

ただし、利用している銀行口座によって即日出金ができないケースもあり、最大で7営業日かかる場合もあるので注意しましょう。

良い口コミ2.ピック料金があるので走行距離が高い

前述しましたが、menuの配達で得られる収入には走行距離の「ピック料金」があります。

ピック料金とは、自分の現在地から商品を受け取る店舗までの移動距離に支払われる料金です。

つまり、仮に受け取り店舗が現在地から遠くても、移動距離も収入になります。

よって現在地から移動距離が長くても、仕事を引き受けやすく、配達時間が伸びても配達単価も上がるので安心でしょう。

良い口コミ3.原則24時間配達の受付をしているので、好きな時に働ける

menuの配達はランチやディナータイムだけでなく、24時間いつでも受付しています。

よって、30分程度のスキマ時間でも配達ができ、気軽に配達員として収入を得られるようでしょう。

本業の終了後や週末の空き時間など自分の好きな時間に仕事ができます。

menuは副業としてスタートしやすいでしょう。

良い口コミ4.初心者でもキャンペーンやボーナスを活用しやすい

menuの配達は、配達の初心者でもキャンペーンやインセンティブ制度を利用し、収入を増やしやすいでしょう。

キャンペーンの一例は以下です。

  • 配達1回あたりの単価が750円にアップする
  • ブーストが最大2倍になる
  • 友達紹介キャンペーンで条件を満たすと合計50,000円もらえるなど

配達の初心者でもキャンペーンやインセンティブ制度を活用して、収入を増やすことができるので誰でも始めやすいでしょう。

良い口コミ5.指定の配達バッグががないので好きなものを使用できる

menuでは、配達に利用するバッグは指定がありません。

好きなバッグを使用できるため、ロゴ入りの配達バッグが目立って恥ずかしいという人も安心です。

また、menuのロゴ入りバッグも用意されているので、menuの配達員として登録をした後に1人1つ購入も可能です。

バッグは赤・白・黒の3種類、価格は一律3,900円ですが、自分でオリジナルバッグを用意したり、普段使い慣れているバッグを用意したりしても良いでしょう。

menuに登録する

menu(メニュー)で配達員をする人の悪い評判・口コミまとめ

menuで配達員をする人の悪い評判や口コミは以下です。

menuで配達員をする際に気を付けることや、こんなはずではなかった…とならないように注意点を見ていきましょう。

悪い口コミ1.配達距離が長くなりやすい

menuは2020年4月にスタートしたばかりのサービスなので、登録している配達員や店舗が少なく、1案件当たりの配達の走行距離が長くなりやすいでしょう。

よって、短時間で多くの配達案件をこなすのは難しく、体力的に自信がないとより多くの収入を得られないでしょう。

しかし、menuは店舗へ商品を受け取りに行くまでの走行距離も収入になるので、走行距離が長いほど1件あたりの単価が高くなります。

体力勝負ですが、ブーストやインセンティブを合わせると少ない配達数でも効率良く副収入を得られます。

悪い口コミ2.加盟店が少ないので配達の受注が少ない

menuのサービスはまだ始まったばかりのため、加盟店舗が少ないことがデメリットです。

配達サービスのエリアは拡大中なので、配達の受注が少なく、すぐに注文が入るわけではありません。

また配達員が注文数を上回ると、1つの配達が取り合いになるため、1人当たりの配達受注数が減る可能性もあるでしょう。

しかし、今後menuの加盟店や利用者が増えて対応エリアが拡大すれば、注文数も増えるので、配達員当たりの受注数も安定するでしょう。

悪い口コミ3.2020年4月開始のサービスなので、認知度が高くない

menuはもともと、テイクアウトのみのサービスでした。

しかし、menuは2020年4月からデリバリーサービスも開始したため、他のデリバリーサービスと比べて認知度は高くありません。

今後は利用者が増えていくことで認知度も高まり、利用者も加盟店もさらに増えていくでしょう。

悪い口コミ4.配達エリアが都内集中している

menuの配達対応エリアは、関東・関西の一部エリアに限定されています。

特に、都内であれば新宿区や渋谷区などの都心に集中していて、都内や関西圏に住んでいない場合、menuで配達員で副業をするのは難しいでしょう。

現在も配達エリアを順次拡大中のため、都心以外に住んでいる人はエリア拡大に期待しましょう。

menu(メニュー)とUberEats(ウーバーイーツ)の大きな違いは3つ

menuとUberEatsの大きな違いmenuのデリバリーサービスは大手デリバリーサービスのUberEats(ウーバーイーツ)と異なる3つの特徴があります。

  1. menuの方が走行距離の単価が高いこと
  2. menuは最短即日で給料を受け取れること
  3. menuは原則24時間配達を受け付けているので、好きなときに働きやすいこと

UberEatsは多くの配達員、加盟店、注文者がいる一方、配達時のトラブルや配達員のマナーについて問題になることも少なくありません。

新たに参入したmenuは配達料の単価が高いことで、UberEatsと比べると配達員にとって働きやすいでしょう。

配達に慣れたら、menuとUberEatsの両方に登録して、効率良く収入を得るのがおすすめです。

口コミや評判を踏まえたmenu(メニュー)での配達員の仕事がおすすめの人

ここまでの口コミや評判を踏まえて、menuで配達員の仕事をするのにおすすめの人は以下です。

  • 配達初心者でも高収入を得たい方
  • 配達距離が長くても体力に自信がある方
  • ランチ時やディナー時など時間を拘束されず、24時間好きなタイミングで働きたい方

menuは、UberEatsなど他のデリバリーサービスではなかなか難しかった条件をクリアしており、配達員のモチベーション向上につながる働き方ができます。

menuなら初心者でもインセンティブを受け取りやすく、24時間好きなタイミングで配達を受け付けられるので、始めやすいでしょう。

menu(メニュー)の配達員として登録する方法は5STEP

配達クルー募集[menu]
menuの配達員として登録する方法は、次の5つのSTEPが必要です。

  1. menu公式ホームページで個人情報を登録
  2. 応募番号を記録し、メールを確認
  3. メールから身分証明書や給与の振込口座などを設定、本登録をする
  4. 登録審査の結果を待つ
  5. 配達者専用のアプリをダウンロードし、パスワードとメールアドレスを入力

5STEPを経て、登録審査に通過すれば最低2週間で登録が完了するので、配達員として働き始めることができます。

menuに登録する

menu(メニュー)の配達員として仕事をする流れは4STEP

menuの配達員として実際に仕事をする流れは、次の4STEPです。

  1. 配達者用アプリにログインし、アプリをオンライン状態にしておく
  2. 配達リクエストを待つ
  3. 配達リクエストがきたら「受け付ける」ボタンを長押しして受注する
  4. 贈られた地図をもとに店舗へ向かい、商品を受け取って注文者のもとへ配達する

アプリを起動し、オンライン状態にしていなければ注文が来ることはないため、時間に余裕がある際にアプリを起動して受注しましょう。

また、配達時には商品の受け取り完了ボタン、配達完了ボタンを押し忘れないように気を付けてくださいね。

menu(メニュー)の配達員として効率よく稼ぐコツ

menuの配達員として効率よく稼ぐコツmenuの配達員として、より効率良く稼ぐためのコツは以下の3つです。

  1. menuから送られる稼働レポートのメールを参考に、注文人気が高いエリアを狙う
  2. 迅速に配達リクエストに対応して、注文依頼を逃さない
  3. 配達業務に慣れてきたら、menuなどの他のデリバリーサービス併用する

稼働レポートをチェックしよう

menuから送られる「稼働レポート」のメールがを参考にして注文人気が高いエリアを積極的に狙いましょう。

配達リクエストには素早く対応

配達リクエストが来たときには先に受注ボタンを押した配達員が受注、つまり早い者勝ちということになるため、注文を取るためにもリクエストには素早く対応しましょう。

慣れたら他サービスも併用しよう

menuの配達業務に慣れたら、UberEatsなど他のデリバリーサービスも併用しながら、より効率良く空き時間を見つけて働くのがおすすめです。

迅速な対応や誠実な対応を積み重ねていけば、100%自分の手元に入る「チップ」を手に入れられる可能性も高まるでしょう。

menu(メニュー)の配達員として仕事をする際の注意点は3つ

menuの配達員として仕事をする上で、注意しておくべきことを見てみましょう。

後でトラブルが起きないように、事前に注意点を知っておくと安心です。

注意点1.menu(メニュー)の配達業務で得た副収入は必ず確定申告をする

menuの配達業務で得た副収入は、必ず「確定申告」が必要です。

menuで得た収入には、約10%の源泉徴収税が発生するため、確定申告を怠ると追加で税金を支払わなければなりません。

必ず確定申告書の提出を忘れないように気を付けましょう。

注意点2.労災保険はないので、自分で保険に加盟しておくと安心

menuの配達業務を行うにあたり、配達員は前述のとおりmenuとの直接的な雇用関係ではありません。

つまり、menuで配達中に何らかの事故やトラブルがあっても、労災保険が適用されません。

配達業務を行う前に、バイク保険や自転車保険など自分自身で何らかの保険に加入しておくことをおすすめします。

注意点3.配達リクエストは早く引き受けないと、受注を逃す可能性がある

menuの配達リクエストは、発注がきたらできるだけ早く「受付ボタン」を長押ししましょう。

配達リクエストはエリア内で近くにいる複数の配達員に送られているため、ボタンを早く押した人が実際に受注する仕組みだからです。

より多くの注文をこなしたい人は、リクエスト受付中はできるだけ早く対応できるように常にスマホをそばに置いて、リクエストを見逃さないようにしましょう。

menu(メニュー)の配達員として働く際のQ&A

menuの配達員として働く際に気になることを、Q&Aでまとめました。

配達員として働くための年齢制限や、お得な情報を見てみましょう。

Q1.menu(メニュー)の配達員になる際は招待コードを登録した方がおトク?

menuの配達員になる際は、お友達紹介キャンペーンを利用した「招待コード」を登録できます。

配達員として登録する際に招待コードを入力するとキャンペーンに参加できます。

すでにmenuの配達員として働いている友人や知人がいれば、事前にコードを聞いておくのがおすすめです。

招待コードを利用して登録した後に配達の条件を満たすと、紹介した人・紹介された人それぞれに25,000円がプレゼントされるので、登録がおすすめでしょう。

Q2.menuの配達員は18歳未満でもできる?

menuの配達員は18歳未満の人は登録できません。

必ず18歳以上になってから配達員を始めましょう。

配達には自転車もしくは原付バイクが必要になるため、ルールを守って配達員の登録を行いましょう。

また、menuの配達に利用する自転車やバイクは必ず登録をする必要があり、それ以外の車両を使うとアカウント停止になるので注意が必要です。

ただし、登録車両の変更は可能なので、配達員として収入を得るにはルールを守るように努めましょう。

まとめ

  • menuの配達の収入は最短即日受け取ることができる
  • menuの配達は走行距離が現在地~配達先なので単価が高い
  • menuの配達は原則24時間なので好きな時に働くことができる

menuに登録する

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

Page Top