Paranaviトップ お仕事 働き方 「社会不適合者は仕事が続かない」はホント?適職で自立するためのアイデア

「社会不適合者は仕事が続かない」はホント?適職で自立するためのアイデア

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「仕事が続かないのは社会不適合者だから?」

「社会不適合者には一体どんな仕事が向いているの?」

自分は社会不適合者なのかもしれないと悩んでいる人にも、一人ひとり合う仕事が必ずあります。

この記事では、いわゆる「社会不適合者」の特徴、仕事の探し方・向いている仕事、おすすめの診断サービスを紹介します。

この記事が目指すこと

  • このページは「社会不適合者」と指摘をされたり、「自分もそうなのでは?」と思う人が、悩みを解決できる記事を目指しています。

いわゆる「社会不適合者」とは?意味と定義

世間一般的に言われる「社会不適合者」とは、「他者とうまく折り合いを付けられなかったり、ルールに沿って行動できないことで社会の要求に応えられなかったり特性を持つ人」のことを指す場合が多いです。

社会の要求、つまり「常識を守る」「空気を読む」「人と合わせる」といった社会で必要とされる行動が苦手で、他者とうまく関わることができない人を社会不適合者とここでは定義します。

いわゆる「社会不適合者」の特徴5つ

いわゆる「社会不適合者」の特徴5つ

いわゆる社会不適合者のもつ特徴について、具体的に5つに分けて紹介します。

  1. 時間、規則などを守ることが苦手
  2. 協調性がない
  3. 人が嫌い
  4. プライドが高い
  5. 仕事が続かない

特徴1.時間、規則などを守ることが苦手

社会不適合者と悩む人は、会社や集団内でのルールに従えないと指摘されたことがあるかもしれません。

これにより、周囲との信頼関係を築きにくいという特徴があります。

具体的な例

  • 毎日の出社時刻やクライアントとのアポにも遅れてしまう
  • 締切を忘れる、それを繰り返す
  • 時間に限らず会社の規則や社会全般の常識を無視してしまう

特徴2.協調性がない

協調性が無く集団行動が苦手なことも、社会不適合者の特徴です。

集団行動をしたくない意思を口にしたり、行動で表したりしてしまいます。

具体的な例

  • 会社や学校など複数人で協力して進める場面で「自分には関係ない」という態度をとる
  • 思い通りにならないとイライラしてしまい、不満を口にする
  • チームの和を乱す行動をする

特徴3.人が嫌い

自己中心的で自分以外を大切にできないという側面から、 社会不適合者のなかには「人が嫌い」と自覚する方が多いようです。

具体的な例

  • 他者の気持ちを想像したり汲み取ることが苦手
  • 意図しないのに相手の気分を害してしまうことがある

特徴4.プライドが高い

プライドが高く人から注意されることに強い嫌悪感を感じる人もいます。

小さな頃から親に甘やかされて育ってきた、という人に多くみられる傾向です。

具体的な例

  • 他人に高圧的な態度をとる
  • 自尊心を守ろうと、些細なところで嘘をつくことがある

特徴5. 仕事が続かない

社会不適合者の人は、苦手なことや辛いことを我慢することができません。

そのため「仕事が続かない人」と思われることが多いと言われています。

具体的な例

  • 目標を掲げて「さぁ、やるぞ!」とはじめても、途中で壁にぶち当たるとすぐに投げ出してしまう
  • 仕事が続かず、自信を無くしている

いわゆる「社会不適合者」にになってしまう原因

いわゆる「社会不適合」になる要因は、以下の2つが考えられます。

  1. 生まれ持った気質
  2. 子ども時代の親との関係

先天的にも後天的にも、社会不適合者になってしまう可能性はあります。

原因1.生まれ持った気質

パーソナリティ障害の場合、生まれ持った気質と考えられるでしょう。

パーソナリティ障害とは、大多数の人と違う反応は行動をすることで本人が苦しんだり、周囲が困っている場合に診断がつく精神疾患です。

ものごとの認知や感情・衝動のコントロール、対人関係でトラブルが起きやすいです。

原因2.子ども時代の親との関係

親から過保護に甘やかされて育ったことから社会不適合者になってしまう場合もあります。

親がなんでもやってあげることで、自立心が育たないまま大人になると、ストレスや逆境に向かっていけない性格を形成することがあります。

反対に、厳しく叱られて育った場合にも社会不適合者になりえます。

何をするにも「親が怒らないこと」を基準にしてしまうことで本当の自分を見失い、社会に適合できません。

「生きづらい……」社会不適合者の生き方を変えるためにできること3つ

社会不適合者が生きづらさを和らげるためにできること 社会での生きづらさに苦痛を感じている社会不適合者の方も多いでしょう。

ちょっとでも生きづらさを和らげるための、ちょっとしたポイントを紹介します。

まずは無理せず、「挑戦できそう」と思えることから始めてみてください。

  1. 周りの環境を変えてみる
  2. 苦手なことではなく、強みに目を向ける
  3. 思いを言語化する

1.周りの環境を変えてみる

仕事がつらい、生きづらいと感じている人は、いま置かれている環境に目をやってみましょう。

具体的な例

  • デスクの配置を変えてみる
  • 観葉植物をおいてみる
  • オフィスではなくコワーキングスペースで仕事してみる
  • 思い切って転職する

    周りの環境が原因で「自分は社会不適合者ではないか」と感じることもあるため、ちょっとした変化でも気分が晴れることもあります

    また、ガラッと環境を変えたいなら、思い切って転職するのも有効な方法です。

    2.苦手なことではなく、強みに目を向ける

    これは社会不適合者かどうかに限らず、全ての人に共通していえることですが、「自分の得意分野」を知ることは働くうえで大切なことです。

    社会不適合者の場合、苦手なことばかりに気目を向けてしまうと、自信を失って悪循環を生むことに繋がります。

    苦手なことを克服するよりも、得意なことにフォーカスし、その強みを活かした仕事探しをすると長続きしやすいでしょう。

    3.思いを言語化する

    自尊心が高く、それを補うために小さな嘘をついてしまうことがある社会不適合者。

    なにが本当でなにが嘘か、わからなくなってしまう人もいるようです。

    自分の思いを理解するためにも、日記やブログに自分の気持ちを書いて確認することが有効です。

    本音を言語化することで、自分の考えが確認でき、次第に気持ちが整理できるでしょう。

    社会不適合者が適職を見つける方法・具体的な仕事の例3つ

    社会不適合者に合った仕事|3つのポイント
    社会不適合者に合った仕事がどんなものか、具体的にみていきましょう。

    1. 人とコミュニケーションをとらずにできる仕事
    2. 在宅ワークなど時間や場所が選べる仕事
    3. あなたの強みを活かせる仕事

    おすすめの仕事1.人とコミュニケーションをとらずにできる仕事

    人との関わることが苦手な社会不適合者にとって、他者と積極的にコミュニケーションをとる必要がある仕事は向いていると言えません。

    一方で、1人でもくもくと進めることができ、苦手なことを排除して集中して取り組める仕事が向いています

    極力コミュニケーションを取らずに済む仕事は以下のようなものです。

    仕事の例

    • 警備員
    • ドライバー
    • ビルメンテナンス
    • (製造業などの)工場勤務 など

    おすすめの仕事2.在宅ワークなど時間や場所が選べる仕事

    時間を守ること、会社のルールに従うことがとくに苦手な社会不適合者。

    先ほどもお伝えした通り、社会不適合者は苦手克服のため自分を変える努力をするよりも、仕事をする場所や時間を自分に合わせた方がより良い仕事ができるはずです。

    在宅ワークが可能で、場所や時間を自分で選べる働き方ができる仕事を探してみましょう。

    仕事の例

    • ライター
    • WEBデザイナー
    • イラストレーター
    • 動画クリエイター
    • システムエンジニア
    • プログラマー
    • データ入力
    • 翻訳 ・農業 

    デスクワークだけでなく、畑や田んぼといった自分のフィールドでの仕事も良いでしょう。

    おすすめの仕事3.あなたの強みを活かせる仕事

    自分の思い通りにならなければ気が済まない 、一つのことに没頭して高い専門性を身につけることができる、というのも社会不適合者の特性です。

    得意を仕事に結びつけることで唯一無二の仕事を見つけることができます。

    仕事の例

    • 起業
    • フリーランス
    • スキルシェア
    • ブログ運営 

    社会不適合者が仕事について悩んだときにおすすめの診断サービス

    「自分の強みってなに?」「伸ばすべき得意分野がわからない」

    そういった方は、自己分析の診断サービスを利用してみるのがおすすめです。

    客観的に自分の性格や強みを知ることができるので、適職や今後の生き方を変えるためのヒントをくれるかもしれません。

    おすすめ1.リクナビNEXTのグッドポイント診断

    リクナビNEXTグッドポイント診断

    リクナビNEXTの「グッドポイント診断」は、リクナビNEXTが提供する自己分析ツールです。

    自己分析と聞くと難しそうで面倒に感じてしまいますが、グッドポイント診断なら質問に答えるだけで効率的に自分の強みを見つけることができます。

    リクナビNEXTの会員になれば無料で診断できるので、「自分ではぜったいに長所を見つけられない」「自己分析って何からはじめたらいいの?」という方に、まずやってみてほしいサービスです。

    ▽グッドポイント診断を試してみる

    おすすめ2.ミイダスコンピテンシー診断・パーソナリティ診断

    ミイダスでは、以下の2つの自己分析診断サービスを受けることができます。

    社会不適合者におすすめのサービスミイダスコンピテンシー診断パーソナリティ診断

    • コンピテンシー診断: あなたの持っている強みや向いている仕事、相性の良い上司・部下など、ビジネスマンとしてのコンピテンシー(行動特性)がわかる
    • パーソナリティ診断: 生まれ持った個性や今の心のコンディション、どうすれば仕事で力を発揮できるのかなどがわかる

    ミイダスは経歴を登録することで企業側からオファーがもらえるアプリですが、この診断を受けておくとよりあなたの性格にあった企業からオファーが来るようになります。

    客観的な評価で決まった企業からのオファーなら、きっとあなたに合った仕事が見つかりますよ。

    ▽ミイダスで診断してみる

    社会不適合者についてのQ&A

    ここでは、社会不適合者についてのよくある疑問をQ&Aにまとめました。

    社会不適合者としてどうやって生きるべきか、生きる上での悩みなどを解決していきます。

    Q1.人付き合いがうまくいく方法はある?

    人付き合いが苦手、嫌いと感じている人は、相手のちょっとした言動に過剰に反応してしまうこともあるでしょう。

    自分だけがおかしくて、自分以外の人はみな正しいと感じてしまう人もいるかもしれませんが、世の中は十人十色で、みんな違って当然なのです。

    「自分が社会不適合者だから」と考えるのではなく「世の中にはいろんな人がいて当たり前」と一歩引いて考えてみるようにしてみましょう。

    捉え方を変えることで、少し気持ちが楽になるかもしれません。

    ▽仕事で他者とコミュニケーションがうまくとれず辛かったり、どうしても仕事を続けるのが難しい場合は、「「生きづらい……」社会不適合者の生き方を変えるためにできること3つ」を参考にしてみてください。

    Q.社会不適合者の性格はなおせる?

    社会のルールや常識になじめず、苦しい思いをしている社会不適合者の中には、なおしたいと思っている人も多くいるでしょう。

    しかし、無理になおそうとすると、いざ壁が生じたときに「自分はだめな人間だ」とくじけ自信を失ってしまう悪循環におちいる可能性があります。

    なおすのではなく「自分のどういった面が社会に適応できていないか」を正しく認識し、自分を苦しめているものを避ける方が効率的です。

    例えば、「毎日同じ時間に出社することが苦手」という人は、フレックスタイムが利用できる会社に転職する、在宅ワークに切り替えるなどで対策できます。

    ▽「何が苦手で何が得意か、自分では判断できない」という人は、「社会不適合者が仕事について悩んだときにおすすめの診断サービス」で紹介したようなサービスを利用してみてくださいね。

    まとめ

    • 社会不適合者も自分にあった仕事・働き方なら続けられる
    • 辛かったら、今の仕事環境を見直そう
    • 「診断サービス」を使って自分の強みに目を向けよう

    SHARE

    Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
    アバター
    Writer パラナビ編集部

    VIEW MORE

    パラナビオンラインサロン
    Page Top