Paranaviトップ 未分類 「看護師の仕事はきつい……」原因と今スグためせる対処法・転職した方がいいケース

「看護師の仕事はきつい……」原因と今スグためせる対処法・転職した方がいいケース

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

看護師の仕事は、精神的にも肉体的にも「きつい」とされています。

今回は、なぜこのように言われているのか、理由を整理し今すぐに試せる対処法などをまとめました。

「患者さんはもっと、きつい病気やけがと向き合っているのだから……」「看護師は人命を預かる仕事だからきついのも仕方ない」

と、あまり根を詰めすぎるのはよくありません。

この記事を読んでいる間だけ、患者さんではなく自分自身のきつさ・辛さについて考えてみましょう。

看護師の仕事は、精神面・体力面すべてにおいてきつい

看護師の仕事は精神面・体力面全てにおいてきつい

看護師の方であれば、「看護師の仕事は3K」とよく耳にするのではないでしょうか。

「3K」とは、「きつい」「汚い」「危険」のそれぞれの言葉の頭文字「K」を意味する言葉です。

最近はこれに「帰れない」「給料が安い」「休暇が取れない」「婚期が遅れる」「化粧のノリが悪い」「過酷な労働環境」がプラスされて9Kともいわれています。

看護師のための総合サイト「看護roo!」のアンケート」によると、この9Kのうち現役の看護師が一番実感しているのが「きつい」という結果でした。

夜勤などの体力面でのきつさ、人命を預かる精神面でのきつさなど、看護師の仕事はいろいろな面で「きつい」と感じる方が多いです。

看護師が「仕事がきつい……」と感じる原因5つ

看護師が仕事がきついと感じる原因
一口に「仕事がきつい」といっても、その人の働く環境によってその理由はさまざまです。

看護師が仕事をきついと感じる代表的な原因を、以下の5つにまとめました。

  1. 夜勤がある
  2. 人間関係に問題がある
  3. 慢性的な人手不足で仕事が多い
  4. 激務のわりに給料が低い
  5. 新人で知識や経験が足りない

原因1.夜勤がある

看護師が仕事がきついと感じる原因でまずあげられるのが、夜勤があることです。

なぜなら夜は全体の勤務人数が少ないため、一人当たりの業務量が増えるからです。

勤務している科によっては高度な処置が必要な患者を抱えていることがあり、担当になると夜通し目が離せないようなこともあるでしょう。

夜勤帯は記録保持と申し送りのための事務作業などもあり、多くの業務を少人数で行うので負担が大きくなってしまいます。

原因2.人間関係に問題がある

看護師が仕事がきついと感じる原因の2つ目は、人間関係の問題です。

看護師にかぎったことではありませんが、人間関係がうまくいかない職場で働いているとどうしても精神的な負担は大きくなります

ベテランと若手の考え方のギャップや指導役のプリセプターとうまくいかないこと、先輩看護師からのパワハラや嫌がらせに悩むケースなどがあります。

居心地の悪い職場では働くのも憂鬱になり、仕事がさらにきつく感じてしまうでしょう。

原因3.慢性的な人手不足で仕事が多い

看護職専門の紹介や派遣を行う株式会社ナイチンゲールの調査によると、現職への不満の第一位が「人員不足」です。

看護師の数は年々増えてはいるものの超高齢化社会をむかえる日本では看護師のニーズは高く、十分に足りている職場のほうが少ないといっても過言ではありません。

実際、厚生労働省の発表によると、2025年には最大で約45万人程度需要数が供給数を上回るという予想されているほどです。

少ない人員で多くの業務を抱えると、一人一人の負担が増えてしまいおのずと激務になっていきます

人手不足が解消されないと職場環境の改善もしない、という現場も多いでしょう。

原因4.激務のわりに給料が低い

看護師の仕事は、激務のわりに給料が低いと感じる方も多いのではないでしょうか。

激務のなかで給料が低すぎると仕事のモチベーションも上がりません。

「新人時代を経て中堅になり仕事量が増えているのに給料がそれほど上がっていない」と看護師の職に見切りをつけ、辞めていく人もいます。

人の命を預かる責任や、夜勤などの負担の大きな業務に見合った報酬がもらえていないと感じてしまうと、仕事がきつく思えてしまうでしょう。

原因5.新人で知識や経験が足りない

新人看護師が仕事をきついと感じるのは、知識や経験が足りていないことが原因かもしれません。

わからないことが多いと先輩から怒られることも多く、自分の至らなさを痛感してしまうからです。

とくに新人のうちは先輩のように仕事ができず、悶々とすることも多いでしょう。

看護師の業務には経験を積んでわかってくることも多いため、最初から仕事が楽しいと思える人は少ないかもしれません。

代表的な「看護師がきつい科」3つとその理由

代表的なきつい科とその原因きつい看護師のなかでも、とくに「きつい」といわれている診療科があります。

なぜきついとされているのか、各科できつさの違いやその理由をみていきましょう。

  1. 精神科
  2. 産婦人科
  3. 外科系

1.精神科

精神科は、患者さんとのコミュニケーションがとくに重要な科といえます。

患者さんに寄り添うあまりネガティブな感情にのまれてしまい、自分も病んでしまうケースが多いようです。

また、精神的な病気は快復の様子がわかりにくいため、看護のモチベーションの維持が難しいという点もきついとされる理由でしょう。

2.産婦人科

産婦人科も、きついといわれる科のひとつです。

なぜなら出産というデリケートなことがらを扱うため、その分精神的にも肉体的にも負担が大きい科だからです。

産婦人科は患者とその家族からのクレームも多く、心身ともに疲れてしまう場合もあるでしょう。

看護師を下に見る助産師とうまくいかない、産科領域に関わりたくても婦人科の業務しかできないなど、仕事が思うようにいかないことがきついと感じる人もいます。

3.外科系

外科系の診療科も、きついと感じる看護師が多いようです。

なぜなら勤務時間が患者の状況に左右されやすく、残業が多くなってしまうためです。

外科系の中でも脳神経外科や心臓外科は緊急性の高い患者が多く、退勤時に患者が搬送されてくると帰れなくなるなどもあって、とくに忙しいといえるでしょう。

また、医療技術の進歩により治療方法がすぐに更新されるため、休日も使いつねに勉強し続ける必要があります

きついからって辞めてもいい?今の職場を辞めた方がいいケース3つ

今の職場を辞めた方がいいケース「看護師の仕事がきついのは当たり前」と思うあまり、辞めるかどうかを悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

人命を預かる手前、きついことが多いのはある程度我慢すべきかもしれませんが、限界を超えてまでその職場で我慢する必要はありません。

職場を辞めてしまった方があなたにとっていい場合もあるのです。

ここでは、判断の一つの基準として「すぐにいまの職場を辞めるべきケース」を3つ紹介します。

  1. 精神的なストレスで体調に異変があるとき
  2. 夜勤の回数があまりに多いとき
  3. パワハラ・セクハラなどが横行しているとき

ケース1.精神的なストレスで体調に異変があるとき

精神的なストレスで体調に異変があるなら、すぐに退職を検討すべきでしょう。

なぜなら無理に仕事を続けてうつ病を発症してしまったら、働くこと自体が難しくなってしまうからです。

環境を変えればストレスが軽減されて、体調が回復することもあります。

体調の悪化に気づいたらすぐに医師に相談し、休職か退職かを判断してもらってもよいでしょう。

ケース2.夜勤の回数があまりに多いとき

夜勤は心身に与える悪影響が大きいため、夜勤の回数があまりに多く改善の余地がないのであれば職場を変えることを検討すべきです。

日本看護協会は「看護師の夜勤に対するガイドライン」を出しており、それには「夜勤回数は3交代制勤務は月8回以内を基本とする」と明記されています。

また、日本医療労働組合連合会 2018年度夜勤実態調査によると、看護師の平均夜勤回数は、3交代制では7.62回/月、2交代制では4.12回/月となっています。

この平均回数は診療科によって大きく違い、ICU・CCUなどは月9日以上だ4割という結果も出ています。

平均やガイドラインから逸脱するような夜勤回数の職場は、体調に影響がでるまえに転職を考えてみましょう

ケース3.パワハラ・セクハラなどが横行しているとき

パワハラやセクハラが横行している職場も、すぐに辞めた方がよいでしょう。

職場を変えずに無理して働き続けると、看護師の仕事そのものを嫌いになってしまう可能性があります

侮辱的な言葉や嫌がらせなどの精神的な攻撃や、物を投げられるなどの威嚇、過大な要求をされるケースは、パワハラに該当することがあります。

上司や同僚、患者からのセクハラについても改善の見込みがない場合も、違う病院で働くことを検討しましょう。

とにかく今がきつい!すぐに試せる対処法4つ

すぐに試せる対処法「いまがきつい」「とにかくいま、楽になりたい」

転職のような大きな決断をする前に、とりあえずこの状況を少しでも楽にしたいと思う看護師の方も多いはずです。

そんなときに、明日にでもすぐに試せる対処法をまとめました。

  1. 夜勤がきついときには日光に当たる
  2. 「きつい」という感情を紙に書き出す
  3. 信頼のおける人にアドバイスをもらう
  4. キャリア相談をしてみる

対処法1.夜勤がきついときには日光に当たる

夜勤がきついと感じたときは、意識的に日光に当たるようにしてみましょう。

太陽の光には頭と身体を覚醒させ、身体のリズムを整える効果があります

夜勤明けはできるだけ太陽光を浴びないよう、日傘や帽子を使って帰宅し、暗くした室内でそのまま寝てしまいましょう。

夜勤の翌日は朝目覚めたらすぐにカーテンを開け、陽の光をたっぷりと浴びるようにすると、体内時計を正常に戻せます。

対処法2.「きつい」という感情を紙に書き出す

とにかくきついこと、ストレスを感じていることを紙に書き出してみましょう。

自分の中にあるモヤモヤを紙に書き出し可視化することで自分の感情を客観的に把握できるため、ストレスの発散になるといわれています。

また、悩みを「自分にはどうしようもできないこと」「自分でどうにかできそうなこと」など分類していく方法もおすすめです。

自分にどうにかできそうなことから着手する、などものごとの優先順位をつけることで、対処法や解決法を見出せるでしょう。

対処法3.信頼のおける人にアドバイスをもらう

看護師の仕事がきついと感じたら、信頼できる人にアドバイスをもらいましょう。

なぜなら他人に話して自分の考えや感情をアウトプットすると、頭の中が整理しやすくなるからです。

身近な家族や友人、職場の同僚などに相談し、「仕事がきつく逃げだしたい」と話してみてはいかがでしょうか。

自分が信頼できる人や、自分のことを理解し肯定してくれる人に相談すれば、あなたの気持ちを受け止めた上で客観的なアドバイスにも期待できます

対処法4.キャリア相談をしてみる

看護師の仕事がきついと感じたら、一度キャリア相談をしてみるのもおすすめです。

なぜなら、転職サイトのキャリアコンサルタントには、求人情報だけでなく転職すべきかどうかやこの先も看護師を続けるべきかなどを相談できるからです

実際に「転職したい」となったときも、看護業界の転職状況や働いている人にしかわからないような内部事情など、転職に有益な情報を手に入れることができます。

登録も利用も無料ですので、「今の職場に不満はあるものの転職を迷っている方」は、とりあえず登録してみるというのも状況を打破する一つの方法です。

たとえばナースネクストなら、LINEで簡単にキャリア相談ができるのでおすすめです。

ナースネクストで求人を見てみる

おすすめのサービスをまとめてご覧になりたい場合は、記事後半の「看護師の転職に役立つ転職サービス」をチェックしてみてください。

きつい状態を根本的に解決するためにすべき行動

きつい状況を根本的に解決するためにすべき行動
「きつい状態から抜け出したい」「時間をかけても前に進みたい」

仕事がきついこの状況をがんばって前に進めようとしているあなたに、根本的に環境を変えていくための解決策を提案していきます。

  1. スキルアップに力を入れる
  2. 仕事を休んでみる
  3. 異動を申し出る
  4. ほかの病院に転職する
  5. 看護師からほかの職種へ転職する

解決策1.スキルアップに力を入れる

新人の場合、中堅看護師とくらべて圧倒的に足りないのは「経験」と「知識」です。

解決するためには、この2つを身に着けてスキルアップしていくほかありません。

看護師の現場は人手不足で先輩も新人に丁寧に教える時間が取れないこともありますが、そんなときも自分から進んで仕事をやり、わからないことはその場ですぐ質問を心掛けましょう

先輩看護師にきつい対応をされるかもしれませんが、何もしないで過ごすよりも確実にあなたは成長できています。

解決策2.「1日休む=悪」ではないので、仕事を休んでみる

結論、「きつい」と感じるのは悪いことではありません。

なぜなら、人間ならだれにでも肉体や精神に疲れを感じる瞬間はあるものだからです。

自分が休むと周りに迷惑がかかると思うかもしれませんが、「きつい」と感じる基準は人それぞれで、自分の限界を判断して、自分を守ってあげられるのはあなただけです

まわりを気にすることなく、自分を休ませてあげる時間を持ってみましょう。

解決策3.異動を申し出る

複数の診療科がある場合、異動を申し出てみるのも状況を改善する方法です。

なぜなら今の部署から離れられれば、きつい状態が楽になれることがあるからです。

異動希望を出せば必ず通るとは限りませんし、実際異動できるまでに時間がかかることもあるでしょう。

ですが上司に話を聞いてもらうだけでも、問題が解決に向かう可能性があります

解決策4.ほかの病院に転職する

看護師の仕事のきつい状態を解決するために、ほかの病院への転職を考えてみましょう。

なぜなら転職はネガティブな「逃げ」の行為ではなく、より自分に合った職場を見つけるためのポジティブな行為だからです。

きつくて辞めたいと思うような職場で働き続けることに見切りをつけ、積極的に転職に向けて動いてみるのもおすすめです。

解決策5.看護師からほかの職種へ転職する

きつい状態を解決するために、看護師から他の職種に転職する方法もあります。

なぜなら職場だけでなく業務内容も変われば、仕事のストレスが劇的に減る可能性があるからです。

たとえば介護士や薬剤師などの同じ医療業界の職種であれば、これまでの経験と知識を活かすこともできるでしょう

看護師経験者は病院以外からも求められており、看護師資格を活かせる他業種への転職を検討するのもおすすめです。

看護師の転職に役立つ転職サービス

看護師の転職に役立つ転職サービス
実際に転職を考えたとき「何から始めればいい?」「転職活動に割く時間がない」など、看護師の転職はなにかと不安が多いはず。

そんなときは、看護師専門の転職サービスを利用してみましょう。

転職サービスはあなたに代わって求人を探してくれたり、転職先の職場環境をしらべ内部事情を細かく教えてくれたりします。

看護師の転職を支えてくれる、心強いサービスを紹介します。

  1. 豊富な求人数と丁寧なサポートが魅力の「看護のお仕事」
  2. 高い交渉力で希望の職場が見つかる「ナースネクスト」

おすすめサービス1.豊富な求人数と丁寧なサポートが魅力の「看護のお仕事」

看護のお仕事

「看護のお仕事」では非公開求人数がトップクラスなので、まずは登録して好条件の求人や人気求人の情報を提供してもらう方法がおすすめです。

今後の方向性が決まっていない段階でも、登録すると転職の相談ができます。

話し合いを通して希望の条件が明確になることがあり、キャリア形成のアドバイスをもらうこともできます。

看護のお仕事でキャリア相談してみる

おすすめサービス2.高い交渉力で希望の職場が見つかる「ナースネクスト」

nursenext

「ナースネクスト」は、独自のネットワークで10万件以上の医療機関や福祉施設の情報を扱う転職サービスです。

医療機関の看護師や求人担当者とのコネクションがあり、施設の評判や内部事情の情報を常に把握しています。

通常の交渉成功率は9割越えで、ブランクがある方や現在の勤務先に不満がある方、IターンやUターンをする方も満足できる転職先を見つけられるでしょう。

ナースネクストで転職の相談をする

看護師が転職活動に入る前に心得ておきたいこと4つ

看護師が転職活動に入る前に心得ておきたいこと転職活動は何回も続けて行うわけではないため、不慣れな部分も多いでしょう。

次に、実際に転職活動に入る前に心得ておきたい「転職における注意すべきポイント」をみていきます。

  1. どこの職場も人手は足りていない
  2. 人間関係は転職したからといって改善されるとは限らない
  3. 診療科を変えたら0からのスタートになる
  4. 転職活動は時間と労力がかかる

ポイント1.どこの職場も人手は足りていない

転職活動前の心得として、「どこの職場も人手は足りていない」と知っておきましょう。

労働人口が年々減りつつある日本では、看護師業界よりも人手が足りておらず残業時間の多い職種が存在します

たとえば1か月に10時間以上残業している人の割合は、看護師よりも他の職種の方が多い傾向です。

ほとんどの業種は看護師とは違って夜勤はないものの、残業時間が多くなる可能性は高いと思っておいた方がよいでしょう。

ポイント2.人間関係は転職したからといって改善されるとは限らない

2019年に「看護のお仕事」が行ったアンケートによると、すべての年代で転職理由ランキングベスト3に「人間関係」が入っています。

これは看護師のみに言えることではなく、2019年のエン・ジャパンの1万人を対象にした調査によると、退職を考え始めたきっかけの4位に人間関係がランクインしています。

どの職場、どの職種でも人間関係の悩みはあり、転職で解消されるとは限らないと心得ておきましょう

ポイント3.診療科を変えたら0からのスタートになる

転職して診療科を変えた場合、知識やスキルはまた0からのスタートになると知っておきましょう。

なぜなら診療科によって、看護師の業務内容は大きく変わってしまうからです。

患者層が違うために検査や診療内容、観察すべき症状やケア内容が違うため、診療科を変えるとまたイチから勉強し直す必要が出てきます

別の診療科を経験してさらにキャリアを積みたいと考えるのでなければ、安易に診療科を変えるてしまうと転職で大変な思いをする可能性があります。

ポイント4.転職活動は時間と労力がかかる

希望に合った転職をするのには、時間と労力がかかります。

看護師の激務をこなしながら、情報収集をし転職先を見極めるという作業を進めるのは、相当手間のかかることといえるでしょう。

効率的に、負担なく進めるには「看護師の転職に役立つ転職サービス」で紹介したような転職支援サービスの利用がベストです。

転職に関する悩みを相談し、あなたにあった職場を探すためのサポートをしてもらいましょう。

看護師の悩みに関するQ&A

看護師の悩みに関するQ&A
看護師の仕事の悩みは、「きつい」という一言だけにとどまりません。

ここでは、仕事の悩みに関する疑問に回答していきます。

Q1.看護師は性格がきついといわれるのはホント?

確かに性格がきつくみえる看護師は多い傾向にあります。

なぜなら看護師の仕事は激務の場合が多く、睡眠不足やストレス状態が続いて肉体的、精神的な余裕がなくなるからです。

残業や夜勤などのシフト勤務で生活は不規則、自分の生活はなおざりになっている看護師は多いかもしれません。

忙しさからくる睡眠不足と食生活の乱れにより精神的にも不安定でイライラすることも多く、一般的に「性格がきつい」といわれるケースがあるのでしょう。

Q2.意地悪な先輩や同僚看護師に遭遇した時の対処法はある?

意地悪な先輩や同僚の看護師とは、ある程度距離をたもって接するのが一番です。

なぜなら完全に離れて仕事をすることはできませんが、心の距離を取ることはできるからです。

自分と合わない人だと感じたら、「仕事だけの関係」と割り切って接してみましょう

オフには家族や友達、恋人などと関わって、プライベートを満喫するのをおすすめします。

まとめ

  • 看護師は、精神面・体力面においてきつい仕事が多い
  • 理由としては、夜勤がある、人手不足による過労、などがあげられる
  • 体調に悪影響がある場合は転職を検討してみよう

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top