Paranaviトップ 企業の声 副業関連サービス プログラミングスクール 【初心者向け】プログラミングを趣味にする方法|基本の始め方・続けるコツ

【初心者向け】プログラミングを趣味にする方法|基本の始め方・続けるコツ

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

プログラミングを趣味で始めてみたいという方が増えています。

「プログラミングって難しそう、続けられるかな」]

「まず何から始めたらいい?」

難しいイメージがあるプログラミングですが、きちんと手順を踏んで始めれば長く続けられる趣味にできます。

プログラミングに向いている人の特徴やあなたに合った学習方法の選び方、学習を続けるコツなどをまとめました。

プログラミングは初心者でも趣味としてはじめられる

プログラミングは初心者でも始められる!

プログラミングが初心でも学びやすい理由

  • 専門書・参考書などで、ある程度独学で進められるから
  • 初心者向けのプログラミングスクールが増えているから

市販の参考書のほか、無料の学習プログラムなども豊富にあるので、「ひとりで」「無料で」始めやすい環境にあります。

「自分はひとりでは続けられそうにない」「誰かにマンツーマンでついててほしい」場合は、プログラミングスクールに通うのがおすすめです。

このように、自分の目的や学習方針に合った学び方を選べる環境が整っているため、初心者でもはじめやすいといえるでしょう。

あなたは挫折しない?プログラミングの趣味が向いてる人

あなたは挫折しない?プログラミングの趣味が向いてる人

まずは、どんな性格の人がプログラミングを趣味にするのに向いているのかをみていきましょう。

向いてる人1.集中して何かを作れる人

プログラミングは、集中して何かを作れる人に向いています。

なぜならプログラミングは、集中力が必要な細かい作業だからです。

集中し続けることや、ものづくりの細かい作業が苦手な人は、プログラミングがストレスに感じ、続けにくいかもしれません。

一つのことに集中できるかどうかは、プログラミングに求められる最低限のスキルともいえます。

向いてる人2.物事を論理的に整理できる人

プログラミングは、物事を論理的に整理できる人にも向いています。

なぜならプログラミングでは問題を細分化し、解決法を導くための論理的な思考が求められるからです。

バグ(プログラムの欠陥や誤り)が生じたとき、なぜ想定通りの動作ができてないのか、どうすればバグが解決できるのかを考え、実行します。

バグには必ず原因があるので、それを論理的に突き詰めていける人はプログラミングに向いているといえます。

向いてる人3.細かい作業に苦手意識がない人

プログラミングは、細かい作業に苦手意識がない人に向いています。

なぜならプログラミングはソースコードを作成するコーディングや、デバッグ作業などの細かい作業の連続だからです。

プログラミングを学んでいる人の多くは、細かい作業が続くことでモチベーションが下がってしまうといいます。

もともと細かい作業が好き、コツコツと作業を進めるのを苦にしない人なら、プログラミングも楽しく取り組めるでしょう。

向いてる人4.なんでも効率的に進めることが好きな人

プログラミングは、なんでも効率的に進めるのが好きな人にもおすすめです。

なぜならプログラミングでは作業効率を高め、短い時間で完成させることを求められるからです。

IT企業の開発現場では効率性を追求する考えが浸透していますし、ソースコードは複雑でなく、単純なほど良いとされています。

プログラミングは非効率な作業を省き、時短できるかを考えながら作業する人に向いているといえます。

向いてる人5.座って長時間の作業が苦にならない人

プログラミングは、座って長時間作業することが苦にならない人に向いているでしょう。

なぜならプログラミングに取り組むにはスキマ時間でちょこちょことはいかず、まとまった作業時間が必要だからです。

プログラムを完成させるためには長時間PCに向かい、作業し続ける集中力が要ります。

長時間の座り作業が平気な人には、プログラミングが向いているかもしれません。

プログラミングの趣味が向いているか向いてないかを判断する唯一の方法

まとめた通り、向いている人にはある程度特徴があるが、具体例をみても「自分にはあっているのか」と判断しかねている人もいるのでは?

自分にプログラミングが向いているのかどうか、調べる唯一の方法があります。

それは実際にプログラミングに触れてみることです。

プログラミングの無料学習ツールのプロゲートなどで試す方法もあるので、まずは無料で向き不向きを試すのもよいでしょう。

しかしプログラミングの独学の挫折率は90%を超えていると言われています。

ゼロからプログラミングを学ぶのはハードルが少し高いので、まずはプロに一度相談してみるのがオススメです。

向き・不向きを判断するなら、プログラミングスクールの無料体験会に参加するのがおすすめ

「何をしたらいいかわからない」
「そもそも続けられるかも不安」

そう感じている人なら、プログラミングスクールの無料体験会に参加してみましょう。

1時間程度で、プログラミングの基礎がオンライン上で学べます。

コロナの影響で、今ならほぼすべてのプログラミングスクールでオンラインでプログラミングの無料体験ができます。

MacもしくはWindowsのパソコン、ネット回線が自宅にある人なら、誰でも参加できますよ!

オンライン体験会でプログラミング基礎を学ぶならテックアカデミーがおすすめ

テックアカデミーの無料体験会がとくにおすすめです。

なぜなら現役エンジニアのテックアカデミーのメンターが、完全な初心者向けにプログラミングを教えてくれるからです。

テックアカデミーはコースが豊富にあるので転職したい人だけでなく、あなたのように趣味で始めたい人にも向いています。

「プログラミングに興味がある」
「どんな言語だったら、気軽に趣味として始められる?」

一生続けられる趣味の第一歩として、まずは1時間の無料体験会に参加してみましょう。

プログラミングの趣味でできること。代表的な例5つ

プログラミングの趣味でできること

プログラミングを趣味ではじめると、以下のようなことができるようになります

具体例を参考に、あなたも自分に合ったプログラミングの趣味でなにをしたいのか、目標を決めてみましょう。

1.Webサイトを作る

プログラミングを趣味にすると、Webサイトを作れるようになります。

なせならプログラミングができると、Webサイトの細かい部分まで自分のオリジナルに仕上げられるからです。

プログラミングでJavaScriptとPHP、Rubyを学んでおくと、Webサイト開発に役立ちます。

プログラミングを学んでおけば、無料のサイト作成サービスとは一味違う、個性的なWebサイトが実現できます。

2.スマホアプリを開発する

プログラミングを趣味にすると、スマホアプも作れます。

iOSアプリを開発するならXCodeの開発環境を用意し、Objective-CまたはSwiftの言語を学びましょう。

AndroidアプリならAndroid Studioの開発環境を用意し、KotlinとJavaを学ぶのがおすすめです。

スマホアプリの開発市場は今後も伸びが期待できるので、趣味が仕事につながる可能性もあります。

3.業務を効率化させるツールを作る

プログラミングを趣味にすると、業務を効率化させるツールを作ることもできます。

なぜならプログラミングができれば、自分が欲しいツールを思い通りに実現できるからです。

プログラミングでツールを作り、毎日繰り返す単純作業を自動化できれば、本業の仕事効率を高められます。

日頃のストレスが軽減されますし、あなたの社内での評価も高まるかもしれません。

4.ゲームを開発する

プログラミングを趣味にすると、ゲームを開発できるようになります。

なぜなら企業でなく、個人でゲーム開発できる環境が整ってきているからです。

近年は「Unity」などゲーム制作用の機能をまとめた「ゲームエンジン」ツールもあり、ハードルが低くなってきています。

C++やSwift、JavaScriptとRubyなどを学ぶと、ゲーム開発に活かせるでしょう。

5.プログラミングコンテストに出場する

プログラミングを趣味にして、プログラミングコンテストに出場してみてはいかがでしょうか。

なぜならプログラミングコンテストは、ゲーム感覚でプログラミングができるようになるからです。

プログラミングコンテストや競技プログラミングとは、制限時間内で指定された課題について、早く正確にプログラミングすることを競うものです。

プログラミングコンテストを目標にすることで、プログラミングを学ぶためのモチベーションも高められます。

趣味でプログラミングを始める前に知っておきたい「必要なもの」2つ

趣味でプログラミングを始める前に知っておきたい「必要なもの」

プログラミングをはじめるために必要なものは多くありません。

必要なもの

  1. パソコン(Windows・Macどちらでも可)
  2. ネット回線

必要なもの1.パソコン

趣味でプログラミングを始めるには、パソコンを用意しましょう。

OSはWindowsとMacのどちらでもよいですが、プログラミングに対応したスペックは必要です。

ストレスなく使うには処理速度のあるCPUと大きめのメモリを重視し、ストレージはHDDよりもSSDがおすすめです。

また、デスクトップとノートパソコンのどちらにするかは、使用シチュエーションに合わせて選ぶとよいでしょう。

必要なもの2.ネット環境

趣味でプログラミングを始めるには、ネット環境も必要です。

家とカフェでなど、ノートパソコンを持ち歩いて複数の場所でプログラミングをする人は、ポケットWi-Fiなどのモバイル回線がよいでしょう。

近年はネット環境のある自習施設やカフェが増えているので、家では光回線などの固定回線を契約して併用する方法もあります。

初心者が趣味でプログラミング始める方法4STEP

初心者が趣味でプログラミング始める方法

プログラミングを趣味ではじめる方法を4STEPで解説します。

STEP1.プログラミングで何を作るのか目的を決める

初心者が趣味でプログラミングを始めるなら、何を作るのかの目的を決めましょう

なぜなら目的があった方が、何を準備すべきかがわかりやすいからです。

プログラミングスキルを身につけるためには、挫折しない強い意志が必要です。

最初に作りたいものや目的がしっかりと決まっていた方が、モチベーションを保って学習を進められるでしょう。

STEP2.目的に合った学ぶべき「言語」を決める

初心者が趣味でプログラミングを始めるときは、目的に合わせて学ぶべき言語を決めましょう。

なぜなら作るものによって、必要なプログラミング言語は違うからです。

たとえばスマホアプリの作成ならKotlinやSwift、Webサイトの開発ならRuby、WebデザインならHTMLとCSS、JavaScriptなどが必要です。

最初からCやC++、Javaなどの難しい言語を学ぶと挫折することも多いので、目的に合った簡単なものから選ぶのをおすすめします。

STEP3.学び方を決め、環境を整える

初心者が趣味でプログラミングを始めるときは、学び方を決めて環境を整えましょう。

なぜならプログラミングはパソコンだけではできず、その中にプログラミングを実行させるための開発環境を構築する必要があるからです。

統合開発環境(IDE)なら、プログラムのソースコードを書くエディタとオブジェクトコードをソースコードから生成するコンパイラ、プログラムのバグを見つけ出すデバッガなどの必要なソフトウェアを統合的に扱えます。

また、一部のプログラミング学習サイトではプログラミング環境をブラウザ上ですべて提供しているので、利用してみてはいかがでしょうか。

STEP4.実際に学ぶ

プログラミングを始める用意ができたら、実際に学んでみましょう。

なぜなら実際に作業することが、学びには一番有効だからです。

目的に合った参考書を買ってみたり、Webで利用できるプログラミング学習サービスを利用したりするのもよいでしょう。

プログラミングスクールは費用はかかりますが、開発環境の整え方から教えてくれ、独学よりも効率的にプログラミングを学べるメリットがあります。

目的で選ぼう!プログラミングを学ぶ方法3つ

目的で選ぼう!プログラミングを学ぶ方法

「プログラミングの趣味は初心者でもはじめられる」でも紹介した通り、プログラミングの学び方にはさまざまあり、その中から自分に合った始め方ができます。

学び方の種類について詳しく説明していきます。

学ぶ方法1.書籍などによる独学

プログラミングは、書籍などを使った独学で学べます。

なぜなら近年は、プログラミング学習関連の書籍やWebサービスが充実しているからです。

ですが独学は途中挫折が9割以上ともいわれており、最後まで続けようとする強い意志が必要です。

プログラミング学習では最初から難しい参考書は使わず、初歩から少しづつ始めましょう。

学ぶ方法2.プログラミング学習サイト

プログラミングは、プログラミング学習サイトを使って学ぶことも可能です。

プログラミング学習サイトでは、ブラウザ上で実際にコードを書きながら実践的にプログラミングを学べます。

プログラミング学習サイトには有料と無料のものがあるので、まずは無料で試してみてから有料に切り替えるとよいでしょう。

学ぶ方法3.プログラミングスクール

本気で確実にスキルを身につけたいのであれば、プログラミングスクールでの学習がおすすめです。

プログラミングスクール「侍エンジニア」の調査によると、プログラミングの学習で「つまずいた経験がある・挫折したことがある」と回答したのは全体の87.5%にものぼっています。

その挫折を感じた理由は「不明点を聞ける環境に無かった」からが1位。3位に「モチベーションが続かなかった」が入っています。

これらはプログラミングスクールに通うことで解決します。

プログラミングスクールであれば不明点をすぐにプロに質問できます。

つまづいても解決できる環境で学ぶことができればモチベーションの維持にもつながるでしょう。

関連記事:おすすめ13社を比較!オンライン型プログラミングスクールの選び方

おすすめのプログラミングスクール3選

おすすめのプログラミングスクール

プログラミングを学ぶのにおすすめのプログラミングスクールを紹介します。

おすすめ1.専任講師のマンツーマンレッスンが魅力「侍エンジニア」

2013年創業の「侍エンジニア」は、日本で初めてのマンツーマン専門のプログラミングスクールです。

きめ細かいマンツーマン指導で生徒一人ひとりに合わせたレッスンを行え、ペース調整も可能です。

初心者向けには、月3,278円(税込)の定額料金で学べるコースがあります。

受講前でも無料でオンラインカウンセリングを受けられ、学び方やキャリアについて相談することもできます。

侍エンジニアの相談会に参加する

おすすめ2.本格的にプログラミングを始めたい人向け!転職サポート付きの「テックキャンプ」

「テックキャンプ」は、受講生1万人以上の実績があるプログラミングスクールです。

プログラミング学習の目標をゼロからオリジナルのサービスを作り出せることとし、そのための実践的な学習プログラムを提供しています。

テックキャンプではWebデザインとWebサービス開発、AIやDXプログラミングの4つのプログラミングスキルを習得できます。

パーソナルメンターが受講生の進捗状況を確認するので、サービスを作りきるまでのサポートが受けられるのも魅力です。

テックキャンプの無料相談会に参加する

おすすめ3.現役のエンジニア講師から自宅で学べる「テックアカデミー」

「テックアカデミー」は、現役エンジニアから学べるプログラミングスクールです。

約1,000名もの経験豊富な現役エンジニアが指導にあたっており、プログラミング学習をマンツーマンでサポートしてくれます。

Webアプリケーションやスマホアプリ、Unityなど多くのコースがあり、初心者向けに「はじめてのプログラミングコース」も設置されています。

オンラインだけで授業とメンタリングが完結するので、ネット環境があれば受講可能です。
テックアカデミーの無料体験会に参加する

趣味でプログラミングを身に着けるメリット4つ

趣味でプログラミングを身につけるメリット

プログラミングを身に着けることは、趣味の範囲を超え、自分のキャリアでもメリットが多いです。

メリット1.自分の好きなものを作れる

趣味でプログラミングが身につくと、自分の好きなものを作れます。

なぜならプログラミング学習でサイトやアプリなどのしくみや作り方を知れば、自分が理想とするそれらを実現できるからです。

プログラミングを知っていると欲しいサイトやアプリに必要なプログラムがわかり、自分でコードを書いて作れるようになるでしょう。

メリット2.趣味を副業にして、収入を得られる

趣味でプログラミングが身につくと、趣味を副業にして収入を得ることもできます。

なぜならクラウドソーシング系のサイトには、プログラミングの案件が豊富だからです。

プログラミング案件は初心者向けの簡単なものから、スキルが必要な高単価の案件まで多種多様です。

副業でプログラミングをして、本業以外の収入をプラスすることも可能です。

メリット3.就職や転職に役立つ

趣味でプログラミングが身につくと、就職や転職に役立てられます。

なぜならIT業界は人手不足が続いており、プログラミングスキルが転職のアピール材料になるからです。

プログラミング経験者は即戦力としてのニーズが高いですし、企業によってはプログラミング未経験者を採用し、育てるところもあるといいます。

プログラミングスキルは業種を問わずに通用するため、手に職をつけたいと考える方にもおすすめです。

メリット4.一人で稼げるスキルが身につく

趣味でプログラミングが身につくと、一人で稼げるスキルを得られます。

なぜならプログラミングスキルがあれば、プログラマーやエンジニアとして独立して活動することも可能だからです。

趣味でプログラミングを上達させた後、本業を辞めてフリーランスになった例は多数あります。

人手の足りないIT企業がフリーランスに仕事を依頼するケースも増えているので、独立してもやっていける見込みがある分野といえます。

プログラミングを趣味にするときのコツ

プログラミンスを趣味にするときのコツ

プログラミングの趣味を形になるまで続けるには、モチベ―ションの維持などが必要になってきます。

始める際も一歩踏み出すのにきっかけがいる方もいるでしょう。

記事の最後に、プログラミングの趣味をはじめる・続けるためのコツをみていきましょう。

コツ1.何はともあれ、とりあえず始めてみる

「自分に向いてるかな?」「続けられるかな?」

悩みは多いかもしれませんが、まずははじめてみることが大切です。

「プログラミングの趣味が向いているか向いてないかを判断する唯一の方法」でも紹介した通り、向いているかどうかは実際にプログラミングに触れてみないとわかりません。

まずは書籍を買ってみる、とりあえず無料体験会に参加してみる、など、自分が一歩踏み出しやすいやり方ではじめてみましょう。

コツ2.プログラミングスクールの無料体験に参加する

プログラミングスクールの無料体験会は、プログラミングの趣味をはじめる第一歩に最適です。

独学ではじめても知識は得られますが、直接プロのエンジニアに話を聞き相談できるのは貴重な体験といえるでしょう。

オンラインで参加できる環境にあるいま、PCさえあればどこからでも参加できるのでハードルも低くなっています。

まずは参加して、自分にプログラミングができそうか、どんな学習をしてくのかなど相談してみましょう。

コツ3.必ず目標を決める

プログラミングを趣味にするなら、必ず目標を決めておきましょう。

なぜなら目的が漠然としているとプログラミングに飽きてしまい、続かなくなってしまうからです。

「月間50万以上のユーザーがアクセスするWebサイトを作る」や「欲しい機能を持つスマホアプリを実現する」などの目標があると、学習するモチベーションを保ちやすくなるでしょう。

コツ4.同じ趣味の仲間を作る

プログラミングを趣味にするなら、同じ趣味の仲間を作るのをおすすめします。

なぜなら仲間がいると、プログラミング学習の励みになるからです。

SNSを活用すれば、プログラミングを学ぶ人と繋がりやすくなります。

オフ会に参加して意見交換をし、アドバイスをもらうことも、プログラミング学習を続ける力になるでしょう。

コツ5.趣味の時間を確保する

プログラミングを趣味にするなら、趣味の時間を確保しましょう。

なぜならプログラミングはすぐに習得できるものではなく、ある程度時間をかけて取り組むことが必要だからです。

加えて、プログラミングの目的と期限を設定しておくと現在の進捗状況を把握しやすくなり、程よい緊張感を持ってプログラミング学習ができます。

プログラミングの趣味に関するQ&A

プログラミングの趣味に関するよくある疑問をみていきます。

Q1.初心者が学ぶのに、おすすめのプログラミング言語はなに?

学びやすさで選ぶのも続けるうえでは大切ですが、「初心者が趣味でプログラミング始める方法4STEP」で紹介した通り、自分の目的にあった言語を学ぶ必要があります

また、将来的に収入を得ることを目標にするのであれば、需要がある言語やトレンドにマッチした言語を学ぶべきでしょう。

Q2.プログラミングを趣味ではじめて仕事にすることはできる?

趣味でも仕事を得られるスキルさえ身につけば可能です。

スキルを証明するためにポートフォリオを作成・公開したり、クラウドソーシングや案件紹介サービスなどで自分にできそうな仕事を獲得して実績を積んだりなどの努力が必要です。

まとめ

  • プログラミングの趣味は、プログラミング初心者でもはじめられる
  • プログラミングが自分に向いてるのか向いていないのか、判断するには実際にプログラミングに触れてみることが大切
  • まずはなぜプログラミングを始めたいのか「目標」を明確にして、それに合った学習言語・方法を選ぼう

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top