Paranaviトップ 未分類 プログラミングの在宅副業のおすすめ一覧|副収入を得る方法

プログラミングの在宅副業のおすすめ一覧|副収入を得る方法

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「プログラミングの副業は在宅でできる?」

「プログラミングの初心者ができる副業はある?やっぱり無理なの?」という疑問を解消します。

プログラミングの副業はプログラミング言語に関するスキルが必要なので、単価が高く、在宅でできる案件も多いのが特徴です。

この記事では、未経験者と経験者向けに分けて、おすすめの副業を紹介します。

記事内容まとめ

プログラミングの副業は単価が高く、在宅でできるのでおすすめ

プログラミングは、在宅でできるおすすめの副業のひとつです。

パソコンとネット環境があればどこでも仕事がしやすく、すでにパソコンを持っている人なら初期費用はほとんどかかりません。

またプログラミングの副業をするにはプログラミング言語に関するスキルが必要なので、案件の単価が高い傾向にあります。

近年はさまざまな場所や環境でIT化が進んでおり、プログラミングの需要が高いので副業におすすめでしょう。

プログラミングの副業で副収入を得るには案件紹介サイトを利用する

プログラミングで副収入を得るためには、案件紹介サイトを利用するのがおすすめです。

利用料無料で登録者が多いため、希望の仕事を見つけやすいでしょう。

またさまざまな種類、多くの案件が登録されており、自分のスキルレベルに合ったものを選べます。

プログラミング副業を始める際は複数のクラウドソーシングサービスに登録し、自分に合った案件を探しましょう。

プログラミングで副業するコツは3つ

プログラミングで副業をするコツプログラミング副業をするためのコツは以下の3つです。

  1. エージェントサイトを使う
  2. プログラミング言語の学習は、自分のレベルに合わせて選ぶ
  3. とにかく数をこなす

自分のレベルに合った案件を選び、数を多くこなしていきましょう。

コツ1.エージェントサイトを使う

プログラミングの実績があるのにコネクションが少ない方は、エージェントサイトを利用してみましょう。

自分の経験と要望をエージェントに伝えると、おすすめの副業を紹介してもらえます。

おすすめ1.在宅やリモートの案件を見つけられるITプロパートナーズ

ITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは、エンジニアをはじめとするフリーランスの自立を支えるサービスです。

週2日から働ける案件やリモート案件の数が圧倒的に多く、自分のスケジュールをうまく調整し効率的に副業を始められます。

また、ITプロパートナーズは間に仲介業者を挟まずに直接クライアントと契約しているため、中間マージンがなく、高単価な案件が多いのも魅力です。

とくにエンジニア経験3年以上の方や 、1人で開発を進められるスキルがある方はすぐに活躍できる案件が多数揃っていますよ!

ITプロパートナーズで副業を始める

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に在住の方が対象

おすすめ2.給与の保証制度があるMidworks(ミッドワークス)

midworks

ミッドワークスは、フリーランスエンジニアが選ぶアンケートにおいて、価格満足度部門・専門エージェント部門・案件充実度部門第1位のフリーランスエージェントです。

一番の特長は、フリーランス向けのエージェントサービスの中でも手厚いサポートにあります。

充実した福利厚生で、フリーランス協会への加入や、Midworks経由で加入した生命保険の保険料を半額負担する保障制度などがあります。

正社員のようなサポートが受けられるので、フリーランスになりたての方におすすめのフリーランスエージェントです。

Midworks(ミッドワークス)で無料で案件を探す

コツ2.プログラミング言語の学習は、自分のレベルに合わせて選ぶ

プログラミング言語は約200種類以上もあるといわれていますが、案件ごとに必要になる言語は異なります

まずは専用の開発ソフトが要らない、パソコンだけで学べる言語から覚えていきましょう。

たとえば、HTMLとCSS、JavaScriptなどがあります。

また学ぶ言語に迷ったら、作りたいものに必要な言語や近年需要の高まっている言語から学習を始めてもよいでしょう。

コツ3.とにかく数をこなす

プログラミング副業を軌道に乗せるには、とにかく数をこなしていくことが大切です。

案件数をこなすことで仕事に慣れ、プログラミングのコツをつかめます。

また実績が増えれば、ポートフォリオでスキルをアピールしやすくなるので、次の案件も受注しやすくなるでしょう。

副業初心者がプログラミング副業案件を獲得する方法は3つ

プログラミングで副業するコツ初心者がプログラミングの副業案件を獲得する方法は以下の3つです。

  1. プログラマーとしてのプログラミングの実績を作る
  2. ポートフォリオを作る
  3. プログラミング初心者や未経験者は本で独学より、スクールで効率的に学ぶ

方法1.プログラマーとしてのプログラミングの実績を作る

専門知識が求められるプログラミングの副業は、プログラマーとしての仕事の実績を持っている方が受注しやすい傾向にあります。

発注者は受注者のこれまでの経験を元にプログラミングスキルのレベルを把握し、依頼するかどうかを決定するからです。

プログラミングの案件を得るには、自分でWEBサイトを作るなど、第三者にもわかりやすい形で製作したものを公開しましょう。

あわせてプログラミングの経験と実績を増やし、プロフィールを充実させることも大切です。

方法2.ポートフォリオを作る

プログラミング副業を始める際には、実績をアピールできるポートフォリオを作成しましょう。

ポートフォリオがあれば、依頼者に自分のスキルレベルをすぐに把握してもらいやすくもあります。

自分のWEBサイトへのリンクを載せ、自分のプログラミングスキルを具体的に記載します。

副業で実績が増えるたびにポートフォリオにもプラスすれば、内容をさらに充実できます。

方法3.プログラミング初心者や未経験者は本で独学より、スクールで効率的に学ぶ

プログラミングは本を読んで独学することもできますが、未経験や初心者の方はスクールで学ぶとよいでしょう。

プログラミングスクールではプロの講師に質問しやすい環境が整っているので、疑問点をすぐに解消し、要点を押さえた学習が可能です。

たとえば侍エンジニア塾では、マンツーマンでの学習指導はもちろん、学習メンターがいるので学習のスケジュールや進捗管理もしやすいので効率的に学習をしやすいでしょう。

侍エンジニア塾の詳細を見る

初心者が始めやすい!在宅でできるプログラミングの副業おすすめ2選

在宅でできるプログラミング副業プログラミング初心者の方は、比較的簡単なWEBサイト製作から始めるのがおすすめです。

また業務効率化のためのツール開発の案件にも、初心者が挑戦できるものもあります。

おすすめ1.比較的始めやすい!WordPressなどの【WEBサイトの制作】

WEBサイト製作は、プログラミング副業の中でも始めやすいものの1つです。

プログラマーの勤務経験がなくても、自分が製作したWEBサイトを成果物として提出すればチャレンジしやすいでしょう。

WordPressを用いたWEBサイト製作は、HTMLやCSSなどの基本知識に加えPHPの知識があれば始められます。

報酬は1案件あたり約5万円から10万円です。

固定報酬制が多く、成果物の納品締切を守れば時間に縛られずに作業できるため、本業の空き時間を活かしやすいでしょう。

おすすめ2.初心者が挑戦できる案件もある【業務効率化ツールの開発】

ビジネスの業務効率化のためのツールを開発します。

たとえば勤怠管理や計算ツール、WEBの問い合わせフォームやメールへの対応ツールなどです。

報酬の相場は1案件1万円から30万円ほどと、案件によって大きく異なります。

案件の内容を選べば、初心者にもチャレンジできるでしょう。

プログラマーや経験者におすすめ!在宅でできるプログラミングの副業3選

プログラマーなどのプログラミング経験者の方なら、高単価の案件も狙えます。

自分の得意分野を活かせる案件を選んでみましょう。

おすすめ1.プログラミング言語の知識を活かす【スマホアプリの開発】

スマートフォンにインストールして使うアプリの開発を行います。

使用するプログラミング言語がiOSとAndroid向けとで異なるために必要なスキルが多く、初心者には難しいかもしれません。

たとえば、ゲームや英語学習などのアプリ開発の案件があります。

報酬は1案件あたり1万円以上のものが多く、中には100万円以上の高額なものまであります。

おすすめ2.高いプログラミングレベルが必要な【WEBサービスの開発】

スマホやパソコンから利用できるWEBサービスを製作します。

長期で取り組む案件が多めのため拘束時間が長くなりがちで、必要なプログラミング言語は案件ごとに異なります。

プログラミング未経験者や初心者には難しい案件が多いですが、その反面プロジェクト単位の案件の報酬単価は数十万円と高額な傾向です。

おすすめ3.プログラミングの知識を人に教える【プログラミング講師】

プログラミング講師は近年需要の高い職業で、教室には大人から子どもまで幅広い世代の方が受講しています。

教える形式はオンラインや対面形式などがあり自分に合った働き方を選択できます。

プログラミング講師の時給相場は、約2,000円から3,000円で、経験やスキルに応じて異なります。

高校の授業にもプログラミングが導入されたり、企業がIT化のためにプログラマーを育成したりするなどしており、今後もプログラミング講師のニーズは高まっていくでしょう。

関連記事:プログラミング講師におすすめの教室3選

在宅で行うプログラミングの副業に関するQ&A3つ

プログラミング副業に関するQ&Aを3つまとめました。

疑問や不安を解消して、プログラミング副業にチャレンジしてみましょう。

Q1.プログラマーなら、プログラミングの副業を土日に始められる?

プログラミング副業は在宅でできるので、土日を使って働くことは十分に可能です。

土日の限られた時間でも作業しやすいよう、所要時間と報酬が明確になっている固定報酬制の案件を選びましょう。

時給制の案件は拘束時間が長くなりやすく、土日だけと限定することが難しい場合もあります。

Q2.プログラミング初心者が副業できるレベルになるまで時間はかかる?

プログラミング初心者が副業する場合、まずはプログラミングに関するスキルを身に付ける必要があるでしょう。

スキルが身に付き副業を始められるようになるまでには、独学なら半年以上、スクールで学べば最短で4週間ほどかかります。

プログラミング言語は200種類以上もあるので、まずは必要な言語に絞って学習しましょう。

比較的簡単にできるWEBページ製作をスクールで学び、得たスキルを使って実績を積んでいくことをおすすめします。

Q3.Python(パイソン)やRuby(ルビー)を知らないとプログラミングで副業はできない?

プログラミング副業では特に、プログラミング言語に関するスキルが求められます

ですが案件によって必要なプログラミング言語は異なり、中にはPython(パイソン)やRuby(ルビー)が不要なものも。

求められるスキルレベルもさまざまですので、自分に合ったものを選択すると良いでしょう。

まとめ

  • プログラミングは在宅でできる副業で、単価が高いのでおすすめ
  • プログラミングの初心者が副業するなら、まずスクールでスキルと実績を身に付ける
  • プログラミングの副業は単価が高いので、プログラマーが副収入を得やすい

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top