Paranaviトップ お仕事 働き方 初心者や未経験者向けのプログラミングの副業と学習しやすい言語

初心者や未経験者向けのプログラミングの副業と学習しやすい言語

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

プログラミングを副業で始める場合、初心者や未経験者はどのように学習したら良いのか悩みますよね。

今回は、挫折しない学習方法やおすすめのプログラミングスクールを徹底的に解説します。

プログラミング副業で、本業を超える収入が得られるかも?

初心者や未経験者でも、プログラミングで副業するのがおすすめな理由は3つ

初心者や未経験者でも、プログラミングで副業するのがおすすめな理由は以下の3つです。

  1. IT業界は人手不足なので、副業案件を得るチャンスが豊富である
  2. プログラミングの副業は単価が高いので、月数十万円の副収入を目指せる
  3. 成果報酬型の仕事が多く、本業と両立して副業を始めやすい

理由1.IT業界は人手不足なので、副業案件を得るチャンスが豊富である

現在、IT業界は人材不足です。

残念ながら、IT業界は今後も急速に人材不足が進むことが予想されていて深刻な問題になっています。

よって、IT関連の副業案件は募集が多く、副業を見つけやすいといえるでしょう。

案件の母数が多いので、初心者でも自分のスキルに合う案件を見つけられるので副業を始めやすいといえます。

理由2.プログラミングの副業は単価が高いので、月数十万円の副収入を目指せる

IT分野は専門性が高いので、他の業種の副業案件と比較すると、1案件当たりの単価が高いです。

なぜなら、プログラミング言語やIT技術に関する専門知識が必要だからです。

プログラミングの副業は多岐にわたりますが、1案件当たり約数十万円なので、月に数件こなすことができれば月10万円以上の副収入が得られるでしょう。

仮に、プログラミングスクールで約20万円の講座を受講しても、1~2案件ほどで受講費用を回収できる計算になります。

使用できるプログラミング言語やスキルセットが豊富なほど、仕事の幅を広げることができるので単価をアップさせやすいでしょう。

理由3.成果報酬型の仕事が多く、本業と両立して副業を始めやすい

プログラミングの副業は成果報酬が多いので、本業と両立しやすいです。

成果報酬型とは、期日までに完成品を納品して単価を得る方法です。

期日までに成果物を納品すればよいので働く時間や環境面での自由度が高く、スケジュール管理がしやすいので本業と両立しやすいでしょう。

初心者や未経験からプログラミングの副業を始めるための方法は2つ

プログラミングの副業を始める方法プログラミングは独学で学ぶことも可能ですが、効率よく学習を進めるためにはプログラミングスクールに通うと効率的でしょう。

なぜなら、プログラミングスクールは必要な部分を無駄や漏れを最小限にして学習する環境が整っていいるからです。

またプログラミングスクールでの学習を通して、副業に活かせるポートフォリオや実績を作ることができるのが大きなメリットです。

方法1.プログラミングスクールで転職保証付きのコースを受講する

プログラミングスクールで転職保証付きのコースを受講すれば、実務が未経験でもIT業界に転職できます。

転職保証付きのスクールは数多くあり、転職成功で受講料が無料になったり、転職に失敗したら受講料が全額返金されたりなどの特徴があります。

転職保証コースの受講により、完全な未経験で入社するのではなく、ITに関する基礎知識、最低限のITリテラシーを押さえられるので安心でしょう。

また、IT企業で働きながらプログラミングの副業をすることで本業では学ぶことが難しいコミュニケーションや営業のスキルも体得できるので、副業で得たスキルを本業に活かしやすいです。

方法2.プログラミングスクールでスキルと実績を作り、クラウドソーシングで仕事を探す

初心者や未経験者の場合、プログラミングスクールでスキルと実績を作り、クラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスを利用して副業を探すと良いでしょう。

プログラミングスクールはコースによっては、コースの最後にWEBサイトや成果物の作成をサポートしてくれます。

よって、スクールで作成したものを実績にして、自分で副業を探すことができるのでおすすめです。

目的に合わせたカリキュラムやコースが充実しているので、独学の場合よりも効率的に実績づくりができるでしょう。

初心者や未経験がプログラミングの副業を始める流れは6STEP

プログラミングの副業を始める流れ初心者や未経験からプログラミングの副業を始める流れは以下の6STEPです。

  1. スクールの無料体験や書籍を購入し、プログラミングに触れる
  2. プログラミングに必要なPCを用意
  3.  プログラミングで作りたいものを決めて、学ぶプログラミング言語を決める
  4. プログラミングを学ぶ:最短4週間から数か月
  5. 副業を受注するためのポートフォリオを作成
  6. クラウドソーシングサービスに登録して、プログラミング案件を受注する

STEP1.スクールの無料体験や書籍を購入し、プログラミングに触れる

まずはプログラミングスクールの無料体験や入門者用の書籍を購入して、プログラミングに触れてみましょう。

現在では、Youtubeでも無料でプログラミング講座の動画を視聴できます。

最初のポイントとしてはお金や労力をあまりかけずに、プログラミングの世界に一歩踏み込んでみるといった具合です。

「学ぶ」というよりは、理解できなくても良いので「プログラミングで何ができるんだろう」「どんなことができるんだろう」と考えるための材料を集める、程度でOKです。

STEP2.プログラミングに必要なPCを用意

プログラミングに必須なPCを用意します。

すでに持っている方はそちらを使いましょう。

新たに買う必要はありません。

プログラミング学習に慣れてきて、買い直す必要性を感じたら新規で購入しましょう。

ただし、PCを持っていない場合は新規に購入する必要があります。

つい、安価なノートPCを選びたくなりますが、もし「今後プログラミングで稼ぎたい」「副業のみならず本業にしたい」という思いがあるのなら、Macを買うのをおすすめします。

WindowsPCでももちろんプログラミングはできますが、作業効率やPCの持ち運びの面でMacの方が利便性が高いです。

また、実際の開発現場ではMacを使用している現場が多いです。

言語や業種にもよりますが、Macのインターフェースに慣れておくに越したことはありません。

Macは見た目もスタイリッシュで格好良く、モチベーションもグンと上がるのでおすすめです。

STEP3.プログラミングで作りたいものを決めて、学ぶプログラミング言語を決める

プログラミングと一言で言っても、実は数多くの言語があり、できることも言語によって異なります。

まずは言語の種類をざっくり知り、各言語の得意とすることを把握しましょう。

その上で自分が作りたいものやサービスやシステムと言語の機能を照らし合わせて、何を学習すべきか決めると良いでしょう。

STEP4.プログラミングを学ぶ:最短4週間から数か月

早速、プログラミングを学び始めましょう。

スクールを決め、学びたい言語を中心としたコースを選びます。

スクールによりますが、最短4週間からプログラミングを習得できるコースもあります。

本業が忙しくてなかなかまとまった時間が取れないような人は、半年間じっくり学べる6ヶ月コースを選ぶと良いでしょう。

STEP5.副業を受注するためのポートフォリオを作成

スクールに通いながら、Webサイトやアプリケーションなどの学んだプログラミングを活かして作品作りをしていきます。

「こんなサービスがあったら便利だろうな」「いつもここ不便だと思ってたんだよね」など、日々の気づきから得られる自分なりの発想力や着眼点を盛り込みながら制作しましょう。

最初から100点のポートフォリオを作るのは難しいです。

スクールのメンターにポートフォリオをみてもらい、フィードバックを受けながら改良していくのがおすすめです。

STEP6.クラウドソーシングサービスに登録して、プログラミング案件を受注する

ポートフォリオが完成したら、クラウドソーシングサービスに登録して、早速プログラミング案件を受注してみましょう。

案件受注の際にはポートフォリオのアピールやクライアントにどのようなメリットがあるか提案することも大切です。

案件の受注を通して、営業力やマーケティング力を鍛えましょう。

案件を受注したら、納期に間に合うように計画的に作業して成果物を納め、報酬をもらいます。

未経験や初心者も安心!おすすめのプログラミングスクール3選

数多くあるプログラミングスクールにはスクールごとの特徴や強みがあります。

中でも受講生から選ばれる要因になるのは、転職保証付きのコースです。

受講条件を満たすと補助金制度や全額返金、実質無料制度があるのでお得にプログラミングを学ぶことができます。

ただし、プログラミングスクールは一部のコースには年齢制限があるので注意しましょう。

早速おすすめのプログラミングスクールを3つ紹介します。

1.TechAcademy Pro

TechAcademyProはオンラインに特化したプログラミングスクールです。

現役エンジニアが学習サポートや週2回のマンツーマンメンタリングがあり、モチベーションを維持できる工夫があります。

特に、転職活動のサポートが強力で定評があります。

転職コース「エンジニア転職保証コース」の概要

  • パーソナルメンターがカウンセリング(1回30分)を行い転職をサポート
  • コース料金:298,000円
  • 受講期間:12週間
  • 受講スタイル:オンライン完結型
  • 学習プログラム修了後、6ヶ月間内定が出るまで企業面談を実施
  • 面談を実施しても内定が出ない場合、受講料を全額返金
  • 受講開始時点で32歳以下、期間中に学習時間を300時間以上確保できる、全ての課題に合格する等、条件がある

2.DMM WEBCAMP 


DMM WEBCAMPは、プログラミング未経験からITエンジニアへ転職する人を応援するスクールです。

転職成功率98%の業界最高水準で、転職コース「専門技術講座」は最大560,000円のキャッシュバックが受けられます。

転職コース「専門技術講座」の概要

  • 厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付金制度の対象講座に認定されている
  • 条件を満たすことで支払った教育訓練経費の最大70%が教育訓練給付金として支給される
  • コース料金:828,000円で最大560,000円のキャッシュバックを受ける場合、実質料金は350,800円
  • 受講期間:4ヶ月間(キャリアサポートは受講開始2ヶ月目から開始)
  • 受講スタイル:通学型(11時〜22時教室通い放題)

3.TECH CAMP


TECH CAMPは未経験からプロのエンジニアスキルを身につけることができる短期集中プログラムがあります。

転職コース「転職保証のコース」の概要

  • 学習修了後、マッチングする企業を紹介してもらえる
  • 企業への内定を得るための面接対策も受けられる
  • 入社後、半年、1年、3年のタイミングでキャリアカウンセリングを無償で実施
  • 転職できなければ全額返金(所定の条件がある)
  • コース料金:10週間の短期集中スタイル 648,000円〜、半年間じっくり学ぶスタイル 848,000円〜
  • 受講期間:10週間または半年間
  • 受講スタイル:通学もオンラインも可能で、自分の生活スタイルに合わせて選べる

IT業界未経験者や初心者向けの案件多数!おすすめの転職エージェント4選

おすすめの転職エージェントIT業界未経験者が受けやすい未経験OKの案件がある転職エージェントを4つ紹介します。

転職エージェントの中でも特にIT業界の求人に特化した転職エージェントなら案件数が豊富で未経験から挑戦できる案件も見つけやすいです。

1.マイナビIT


大手転職エージェントのマイナビが運営するマイナビIT AGENTはIT・WEB業界に特化しています。

IT・Web業界の転職市場に精通した「キャリアアドバイザー」と、各企業と太いパイプを持つ「リクルーティングアドバイザー」がチームとなり、転職活動を無料でサポートしてくれるサービスです。

大手転職エージェントなので案件数も豊富で、未経験から挑戦できる案件もあります。

2.レバテックキャリア


レバテックキャリアはITエンジニア、デザイナー向けの転職エージェントです。

レバテックのキャリアアドバイザーは、ITエンジニア、デザイナーの転職市場の動向だけでなく、最新技術についての情報収集や発信もおこなう、キャリアのスペシャリストです。

非公開求人や重要ポジションなど、厳選された多くの求人の中から最適な提案をしてもらえます。

3.Tech Stars Agent

Tech Stars Agentは、IT・ゲーム業界特化型の転職エージェントです。

コンサルタントは、メンバー全員がエンジニア経験や転職/独立支援の豊富な実績をもち、細かいニーズにも柔軟に対応してもらえます。

業界未経験でも案件が豊富なことや、10年先まで見据えたキャリアを提案してもらえるのも魅力でしょう。

4.TechClipsエージェント


TechClipsエージェントは、ITエンジニア専門の転職エージェントです。

高年収&高待遇に特化しており、エンジニア兼任のコンサルタントが技術や経歴から強みを引き出し、希望に沿った企業とマッチングしてくれます。

未経験歓迎の求人というよりは、高年収を実現したい人向けのエージェントです。

未経験者や初心者におすすめの言語は4つ

未経験者や初心者におすすめの言語は以下の4つです。

  1. HTML
  2. CSS
  3. JavaScript
  4. PHP

選ぶポイントとして、勉強しやすいか、応用ができる言語かどうかという点が挙げられます。

たとえば、HTMLならWEBサイト制作やコーディングなどができます。

JavaScriptやPHPはHTMLなどよりも難易度は上がりますが、JavaScriptはWEBサイトに動きをつけられ、PHPはWEBのサービス開発に適しています。

機能の繋がりもあるので、最初にHTML、CSSを学ぶと、おのずと次のステップとしてJavascriptやPHPが候補として上がってきます。

4つの言語を体得すると、WEBサイトの制作の幅が広がるのでおすすめです。

クライアントの「ここは動きをつけたい」「マウスがホバーしたときにアニメーションをつけたい」など、様々な要求に答えることができます。

未経験者や初心者向きの在宅でできるプログラミングの副業3選

未経験者や初心者でも挑戦しやすく、在宅でできるプログラミングの副業は大きく分けて以下3つがあります。

1.WordPressを使ったWEBサイト制作

WordPressはオープンソースのブログソフトウェアです。

WordPressを用いたサイト制作は、高度なプログラミング技術がなくても可能ですし、基本無料でWEBサイトを制作できるのでおすすめです。

案件例としては、WordPressを使ったサイトの立ち上げやサイトの改修などがあり、1案件当たり、数万円〜です。高額なものだと100,000円~300,000円になります。

WordPressを使った作業はもちろん、PHPに精通していたり、SEOに関する知識やWEBデザインの知識が豊富だと案件の単価アップを目指しやすいです。

2.HTMLやCSSを活用したコーディング作業

一般的にコーディングとはHTMLやCSSなどを用いて、コードを書くことを指します。

具体的には、WEBページを指示通り表示させる場合、HTMLでサイト内の文章の「構造」を作り、CSSで背景色をつけたり文章にクリックボタンや見出しをつける「装飾」の指示をします。

依頼されるページ数やサイトの規模によって、コーディングにかかる作業量や複雑さも変わります。

単価は案件によりますが、1案件当たり10,000円~50,000円ほどがクラウドソーシングサービスでの平均的な相場です。

サイトの改修など手間や工数がかかる場合は1案件当たり数十万円ほどの案件もあるので、副業で本業レベルの副収入を得ることも可能になります。

3.ホームページ・LP制作

ホームページやLP(ランディングページ)の制作は未経験者や初心者が引き受けやすいプログラミングの副業です。

HTMLやCSSはもちろん、Javascriptの知識があるとサイトのクオリティも上がり、機能性やデザイン性が大幅にアップするので、始めやすいでしょう。

案件例としては、企業のHP制作や商品の宣伝に使うLP制作などがあります。

案件の単価は1案件当たり約50,000円~100,000円ほどで、慣れてくれば数時間〜数日で完成できるようになるのでおすすめです。

初心者や未経験者がプログラミングの副業で成功するコツは3つ

プログラミングの副業で成功するコツ初心者や未経験者がプログラミングの副業で成功するコツは以下の3つがあります。

コツを押さえてから、プログラミングの副業に挑戦しましょう。

コツ1.学習しやすい言語から学ぶ

初心者が言語を学ぶ際は、学習しやすいものから学ぶようにしましょう。

プログラミングの学習者は9割が途中で挫折します。

プログラミング学習の挫折率が低い言語、そして継続率の高い学習方法を追求していきましょう。

初心者が学びやすい言語を探すコツは以下の3つです。

  1. プログラミング案件が豊富な言語か
  2. 応用ができる言語か (例)HTML:WEBサイト制作やコーディングなど
  3. IT業界の需要とマッチしているか (例)Python:AIや機械学習、IOTに活用できるなど

まずはHTMLやCSSなどを学び、思い通りにWEBサイトの制作ができるようになったら、JavascriptやPHPなどを学び、徐々に扱う言語を増やすことで引き受けられる案件の幅を広げていきましょう。

コツ2.プログラミング案件を複数引き受けて実績を増やし、継続受注を目指す

初心者でプログラミングの副業を始める際は、まずは実績を増やすことが肝心です。

実績を増やすことでポートフォリオを充実させられるので、依頼者がスキルセットを把握しやすくなるので案件を受注しやすいでしょう。

案件を継続して引き受けられるように、初めのうちはクラウドソーシングサービスなどを活用して簡単な案件から始め、徐々に案件の難易度や引き受ける案件数を増やすのがおすすめです。

コツ3.受注案件の数は想定よりも少なめに引き受け、スケジュールに余裕を持つ

プログラミングの副業を始めたての頃は、思ったよりも1つの案件に時間がかかることがあります。

初めての作業に戸惑ったり、クライアントの要望をうまく汲み取れなかったり、エラーを解決できない等、様々な問題が発生するでしょう。

プログラミングの副業案件の多くは成果報酬型で完成したものを納品する形なので、期限内に納品できないと報酬が得られません。

納期になって「間に合いませんでした」は通用しません。

プログラミングで副業する場合、本業以外の限られた時間で作業するので、時間やタスクの管理が重要です。

本業のためにも副業のためにも、初めのうちは案件数は少なめに受注し、スケジュールに余裕を持つことが大切でしょう。

初心者や未経験からプログラミングの副業をする際の注意点は4つ

プログラミングの副業をする際の注意点初心者や未経験からプログラミングの副業をする際の注意点は以下の4つです。

  1. 独学だけでプログラミングの副業を未経験から始めるのは難しい
  2. プログラミングは独学よりもスクールに通ってスキルを習得する
  3. 自分のスキルに合わせて案件を選ぶ
  4. ポートフォリオを充実させる

注意点1.独学だけでプログラミングの副業を未経験から始めるのは難しい

独学だけだと、プログラミングの副業を未経験から始めるのは難しいです。

なぜならプログラミングは専門性が高いので独学だけだと挫折しやすく、学習のルートも明確にわかりません。

第三者からのアドバイスや指導もないと、プログラミングで実績を積むのは難しいです。

よってIT企業への転職やプログラミングスクールに通って、スキルと経験を積んだあとの方がプログラミングで副業しやすいでしょう。

注意点2.プログラミングは独学よりもスクールに通ってスキルを習得する

プログラミングは独学よりもスクールに通ってスキルを習得した方が効率的です。

なぜなら、プログラミングの副業は独学だと9割近い人が挫折するといわれているからです。

スクールに通うことで、疑問点をメンターに聞くことでその都度解消して効率的に学習し、挫折率を低くすることができます。

また、通学性のスクールなら共に学ぶ仲間もできるので心強く、挫折しにくくなります。

注意点3.必ず、自分のスキルに合わせて案件を選ぶ

プログラミングの副業は自分のレベルに合わせた案件を選ぶようにしましょう。

なぜなら、プログラミングの副業は成果報酬型のため、納期までに完成物を納品する形をとります。

途中でできない部分があると思わぬ時間がかかって提出期限に遅れたり、クライアントとのトラブルになったりして完成品を納品できない恐れがあります。

必ず、受注前に副業案件の募集要項を確認して自分にできそうかを見極めましょう。

慣れないうちは、募集要項を読んで作業のイメージができない場合は手を出さないようにする堅実さも大事です。

また、仕事内容や納期に関して不安があれば、作業に着手する前に必ず確認をするようにしましょう。

事前の確認を念入りにすることで、修正作業の手間も減ります。

注意点4.ポートフォリオを充実させる

プログラミングの副業を継続的に受けるためにはポートフォリオを充実させることが必須です。

特にプログラミングが未経験の場合、依頼者側は期日までに完成品を納品できるのか依頼する際に不安になります。

ポートフォリオを充実させることで依頼者側が相手のレベルを想像できるので、スキルや経験でのミスマッチが減り、自分に合う案件を引き受けやすいというメリットがあります。

ポートフォリオを充実させることで、より自分のスキルにマッチした案件を引き受けやすくなります。

また、ポートフォリオ制作のきっかけや作る上での苦労をまとめておくと良いでしょう。

ノウハウとして活かせるうえ、文章化しておくことで新たな問題点も明確になります。

将来的にプログラミングの副業からフリーランスになりたい!人向けおすすめのエージェント2選

将来的にプログラミングの副業が軌道に乗ったら、プログラミングでフリーランスとして働くことも可能になります。

場所や時間に囚われずフレキシブルに働くことができるフリーランスは、昔に比べ、社会的地位が少しずつですが上がってきました。

フリーランスで働く場合は、フリーランスのITエンジニアの案件に特化した以下のサービスを活用するのがおすすめでしょう。

1.フォスターフリーランス


フォスターフリーランスは、フリーランスのITエンジニアを支援する案件・求人情報サイトです。

1996年のサービス開始以降、20年以上に渡りフリーランスITエンジニアに特化したサービスを提供していて、ノウハウが凝縮されています。

  1. 選べる案件
    案件は、新しい技術に触れたい場合は直受け案件、大規模開発をチームでしたい場合はプライムSier案件など、希望に沿った案件を紹介してもらえます。
  2. 心強いコーディネーター
    また、コーディネーターのフォローも厚く、コーディネーターは元エンジニアの方も多いので、より専門的な相談にも乗ってもらえるでしょう。

2.DYMテックフリーランス

DYMテックフリーランスは社長と直に単価や条件交渉ができる、IT・Web業界のフリーランスのエンジニア・デザイナー向けのエージェントです。

  1. 社長と直で交渉できる
    5000社を超える取引の中で培った経営者層とのネットワークにより、社長と直に単価や条件を交渉できる強みがあります。
  2. 充実したサポート
    企業側に言いにくいことも何でも相談でき、要望に応じて企業に改善の提案をしてもらえます。また、継続して案件を提案してもらえるので、フリーランスとしての収入面の不安も軽減されます。

プログラミングの副業の初心者や未経験者向けのQ&A

プログラミングの副業に関するQ&Aプログラミングの副業の初心者や未経験者向けのQ&Aを以下にまとめました。

プログラミングの副業に関する不安や疑問を解消しておきましょう。

Q1.プログラミングの初心者でもできる在宅ワークの案件はある?

プログラミングの初心者でもできる在宅ワークの案件はあります。

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスを活用して、在宅案件を探すのがおすすめです。

プログラミングの副業を在宅で行う際は、プログラミングするためのパソコンと環境整備は必須なので、予め用意してから案件に応募しましょう。

Q2.40代で未経験から始めて、プログラミングを副業にできる?

プログラミングの副業は、40代未経験で始めることもできます。

ただし、プログラミングスクールによっては入校の際に年齢制限があるところがあります。

また、40代での転職となると即戦力や管理職採用が多くなるのが現実です。

プログラミングを未経験から学んで転職したい場合、20代のようにはうまくいかないことも覚悟しましょう。

よって、40代プログラミング未経験の場合は転職よりもプログラミングスキルをスクールで体得して、副業ベースで行う方がおすすめです。

副業で安定し、それなりに実績も積めたら、本業へシフトすることを検討しましょう。

Q3.プログラミングの副業は本で独学する方法とスクールに通う方法だとどちらがおすすめ?

プログラミングの副業は本で独学するよりも、スクールに通う方法がおすすめです。

なぜならプログラミングは文理関係なく、誰でも挑戦しやすい反面、初心者がつまづきやすいポイントも多く、独学で挫折する人が9割を超えるからです。

プログラミングを学ぶ際は独学よりもスクールに通う方が、即座に質問できる環境はもちろん、カリキュラムも用意されているので挫折しにくいです。

まとめ

  • 未経験者や初心者はプログラミングスクールでプログラミングを学び、副業するのがおすすめ
  • 独学よりもプログラミングスクールで学ぶ方が副業に活かせる実績を作りやすい
  • プログラミングの副業の初心者はWEBサイトの制作案件がおすすめ

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top