Paranaviトップ お仕事 転職 女性に評判の転職エージェントのおすすめを徹底比較!希望職種、年代別に紹介

女性に評判の転職エージェントのおすすめを徹底比較!希望職種、年代別に紹介

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「女性におすすめの転職エージェントはある?」

「転職エージェントはどうやって選んだらいい?」

人生や毎日の生活に大きく関わる転職活動。

初めての人はもちろん不安かと思いますが、転職を複数回重ねている人でも、どのエージェントに相談すればよいか迷ってしまいますよね。

この記事では、おすすめの転職エージェントやエージェントサービスの選び方、エージェントを活用するコツを大手転職エージェント出身の転職アドバイザー長野楓さんとともに紹介します。

転職エージェントを活用する転職活動がおすすめな理由

転職エージェントを活用するべき理由

女性に限らず、転職する際に転職エージェントを活用するのがおすすめです。

なぜなら、プロの意見やサポートを受けながら転職活動ができるからです。

面接後も評価やフィードバックをもらえるので、効率的に転職活動しやすく、さらに面接で聞き損ねたことや聞きにくい質問を代弁してもらえます。

面接後の採用側の評価はもちろん、転職側が面接では聞きにくい残業時間や給与交渉などを中立的な立場で聞いてくれます。・

もし転職を考えているなら、転職エージェントを使うことで、転職先への不安や不明点を最小限に抑えた転職がしやすいでしょう。

女性向けに解説!自分に合う転職エージェントの選び方は5つ

自分に合う転職エージェントの選び方

選び方1.転職エージェントに女性スタッフがいるか

転職エージェントを利用する際に注目したいのが、キャリアドバイザーに女性のアドバイザーがいるのかということです。

女性のアドバイザーだと、女性特有のライフイベントに対しても親身になってくれることが多いので相談しやすいでしょう。

長野楓

長野さん

キャリアアドバイザーは、実は男性の方が珍しいくらいの職業なので、高い確率で女性担当者に当たると思います。

 

もし男性が担当になった場合は担当変更をお願いすることもできますが、彼らは女性の働き方を勉強しているプロなので心配せずに何でも相談してOKです。

選び方2.福利厚生や実際の勤務環境が分かりやすい求人があるか

転職エージェントを利用する際、求人の募集要項が詳細な案件が多いとよいです。

たとえば、勤務環境の男女比、人数、年齢層、女性役員の比率などが事前に確認できるとよいでしょう。

とくに女性にとって気になるのが産休や育休の取得率や出産後の復帰率、時短勤務の取得率など。

自分のライフイベントでキャリアを中断せずに勤務できる会社の案件がそろっているのかを事前に確認しましょう。

選び方3.応募から面接対策までのサポートが充実しているか

また、応募から面接対策までのサポートが充実しているのかを確認するとよいです。

たとえば、職務経歴書や履歴書の添削、面接の練習や想定質問に対する回答の相談など、あなたの不安をどれだけ取り除いてくれるかが重要です。

限られた時間のなかで、スムーズに転職活動をするための情報を提供してもらえるかは確認しましょう。

長野楓

長野さん

面接対策や書類の添削といった基本的な転職活動のフォローを求める方は、サポート充実型の大手エージェントを選ぶことをおすすめします。

 

転職活動そのもののノウハウが豊富なので、応募時〜最終面接まで全てのフェーズにおいて段階ごとの対策を行っています。

 

手取り足取りで進めていくので、求人だけ見たい、自力でも活動できるという方には向いていないかもしれません。

選び方4.年齢、職種、転職の目的に合う求人があるか

転職エージェントを利用する際に自分の年齢、職種、転職の目的に合う求人があるかを確認しましょう。

なぜなら、転職する年代や目的は人それぞれだからです。

たとえば、キャリアップや年収アップなど目的に特化した転職エージェントがあるので、転職の目的を明確にして選ぶのがおすすめです。

長野楓

長野さん

特化型のエージェントは、目的に合った求人を確実に紹介してくれます。

 

大手エージェントに沢山の選択肢を提示してもらうより、ピンポイントな求人紹介を好む方にはとてもオススメです。

 

アドバイザーもその分野に詳しいので、女性特有の悩みや、ならではの不安に対する解決法を多く持っています。

選び方5.女性向けの転職コンテンツがあるか

転職エージェントへの登録には、女性向けのコンテンツがあると便利です。

たとえば面接におすすめな服装、ヘアスタイル、履歴書の写真、想定される問答などがある転職エージェントだと、転職のノウハウを勉強できます。

求人応募まで約1~2週間!転職エージェント利用の5STEP

転職エージェントを利用するステップ

転職活動は多くの場合、在職しながらで活動することが多いので思ったよりも時間がかかります。

なぜなら、多くの場合は日中に本業の仕事があるからです。

転職エージェントへの登録から求人の応募までの動きを事前に整理することで、転職活動をスムーズに進めることができます。

転職エージェントの登録から求人応募までの流れは以下5STEPです。

  1. 基本情報を登録
  2. エージェントから電話やメールが来て、面談日程を決める
  3. 面談する
  4. 面談後に職務履歴書を作成し、添削してもらう
  5. 面接対策や志望動機を整理しながら、自分で求人を選んで応募する

求人の本格的な応募までは個人差や転職活動の開始時期もありますが、だいたい1週間から2週間はかかると考えたほうがよいでしょう。

長野楓

長野さん

現職と並行して転職活動をされる方がほとんどなので、平日の夜や土曜日はどうしても面談の予約が取りづらいです。

 

もし平日の日中に初回面談の都合をつけられるなら、登録から数日で転職活動を開始できるでしょう。

年齢や目的別におすすめの転職エージェント

年齢や目的別でおすすめしたい転職エージェントは異なります。

自分に合う転職エージェントを選んで効率的で後悔や不安の少ない転職活動をしましょう。

初めての転職におすすめのエージェント3選

初めての人におすすめの転職エージェント

初めての転職に使いやすいエージェントを紹介します。

初めての転職は慣れない部分も多く、これから紹介する手厚いサポートが期待できる転職エージェントの利用がおすすめです。

エージェント3.doda(デューダ)転職エージェント

doda

パーソルキャリアが運営するdoda転職エージェントは、とくに初めての転職にはおすすめです。

長野楓

長野さん

dodaは、提案できるキャリアの選択肢の多さに定評があります。

 

保有求人数が多い上にスカウトサービスが活発なので、アドバイザーや転職サイト経由では見つけられない求人にも出会うこともできます。

 

doda1社からでも沢山の選択肢を提供してもらえるので、自分では気づけなかったキャリアの可能性と出会うことができます。

dodaに相談する

エージェント2.マイナビエージェント

マイナビエージェントは大手のエージェントで、サポート体制が充実していることで有名です。

とくに20代の転職で高い実績を誇り、エリアや業界で専任のキャリアアドバイザーがいるので安心です。

土日のキャリア相談の予約も可能なので、本業が忙しくて転職活動がしづらい人にとくにおすすめですよ!

マイナビエージェントに相談する

エージェント2.パソナキャリア

人材派遣の領域大手のパソナが運営している転職エージェントです。

専任のキャリアアドバイザ―には、2016年3月に発足した「女性活躍推進コンサルティングチーム」が携わるので女性の転職に寄り添ったスタイルが人気です。

長野楓

長野さん

パソナキャリアは企業側からの信頼が厚いエージェントの一つです。

 

そのため、転職サイト上には掲載していない非公開案件も多く所有しており、パソナキャリアからでしか応募ができない女性向けの求人も多くあります。

パソナキャリアに相談する

20代や第二新卒の転職におすすめのエージェント3選

20代・第二新卒におすすめのエージェント

20代や第二新卒の転職におすすめのエージェントを紹介します。

第二新卒とは一般的には25歳前後といわれる。

20代は若く知識が少ない分、企業に染まりやすく、柔軟性に優れているので将来性が高いと言われています。

20代で転職する場合、未経験でもチャレンジできる案件が多い転職エージェントがおすすめです。

エージェント1.リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数が圧倒的に多く、サポートが手厚いエージェントとしても有名です。

長野楓

長野さん

リクルートは業界トップの豊富な転職ノウハウで、アドバイザーが主導となり個人の転職をリードしていきます。

 

自分でもやりたいことがわからない、初めての転職で不安、といったようにプロの助言が必要な若手には特におすすめのエージェントです。

リクルートエージェントに相談する

エージェント2.type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは、女性に特化したサービスを18年継続しているのでノウハウや実績があります。

とくに女性の転職に関するコンテンツが豊富で、無料の相談セミナーを平日・土曜日に定期的に開催、女性のための面接メイクアップサービスなどを開いてくれています。

type女性の転職エージェントをみる

エージェント3.マイナビジョブ20’

マイナビジョブ20’は、第二新卒や20代に特化したマイナビが運営するサイトです。

未経験者を歓迎案件が全体の50%を占めているので、「新しいことをしたいけど不安」と考えている女性にピッタリのエージェントです。

また全ての求人1,500件以上が20代が対象なのが特徴です。

マイナビジョブ20’に相談する

第二新卒にオススメの転職エージェントをもっと詳しく見る

30代のハイキャリア転職におすすめのエージェント・サイト2選

30代におすすめのエージェント

30代はキャリアやスキルを評価された採用も多いので、選べる案件も多いです。

転職エージェントを使うことで、効率的に転職活動ができるのでおすすめです。

エージェント1.ビズリーチ


30代におすすめの転職エージェントは、CMなどでもおなじみのビズリーチです。

即戦力の採用に強く、直接スカウトが届くので転職がしやすいことでも有名なエージェントです。

とくに年収1,000万円以上の案件も豊富で、有料コースに登録すると、ヘッドハンターへの相談ができます。

新しい環境で、これまで以上に高い年収を狙いたい30代女性にピッタリのエージェントです。

長野楓

長野さん

ビズリーチはエージェントサービスというより、転職サイトとしてのサービスが強みです。

 

専属アドバイザーがついて面談をしたりフォローを行うことはありませんが、企業の担当者と直で接点が取れるので、ハイクラスな女性にはお勧めのサービスです。

 

ハンティングを受け取る形で活動が進められるので、どんな企業からどういう求人の声がかかるのかわかりやすく、自分自身の市場価値を試したいチャレンジングな女性にもオススメです。

ビズリーチに相談する

エージェント1.LiBzCAREER(リブズキャリア)

LiBzCAREER(リブズキャリア)は女性に特化した案件があり、とくに女性向けの事務職の案件数が豊富なエージェントです。

自己分析ができるツールや適性判断ツールがあるので、迷っている人におすすめです。

長野楓

長野さん

LiBzCAREERは、キャリア思考の女性に向けたエージェントサービスです。

 

これまでもバリバリ働いてきた方に向いていて、家庭と仕事を両立しながら本気で生涯キャリアを築いていきたい女性にオススメです。

 

取引企業群も一部上場や大手が多く、一生勤め上げられるフィールドばかりです。

LiBzCAREERに相談する

エージェント2.ミドルの転職

ミドルの転職は、登録者の平均年齢が45歳で30代や40代向けの転職エージェントです。

年収1,000万円以上・役職クラスの求人が多く、経営幹部、営業部長などのハイクラス求人が募集されていることも特徴です。

キャリアを積んできて、よりレベルアップをしたい30代はミドルの転職をぜひ検討してみてくださいね。

ミドルの転職に相談する

職種別に紹介!女性におすすめの転職エージェント

事務系に転職したい女性におすすめの転職エージェント

エージェント1.リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングは、リクルート系から派生した人材派遣会社です。

限られた時間で働きたい人向けの派遣や、契約社員として働ける事務職の案件が豊富にあります。

転職のための無料のビジネススキル研修や資格習得、セミナーなどの応援サービスもあるので安心です。

リクルートスタッフィングに相談する

ITエンジニア・Web業界に転職したい女性におすすめの転職エージェント2選

エージェント1.Green(グリーン)

GreenITやWeb業界に特化した転職エージェントです。

IT業界の求人が中心で17,000件以上の案件があります。

面接前のカジュアルな面談が受けられたり、人事担当から直接スカウトが受けられます。

長野楓

長野さん

IT業界は未経験者の門戸も広いため、これから手に職を付けたい女性にもGreenをオススメしたいです。

 

ITの知識を身につけておけば、長い目で見て自分の市場価値を高めることができます。

Greenに相談する

エージェント2.DYMテック



DYMはITエンジニアの転職に特化したエージェントです。

大手企業の案件が多く、キャリアチェンジもしやすいことで有名です。

U・Iターンしたい女性におすすめ!「地方特化型」の転職エージェント2選

エージェント1.リージョナルキャリア

リージョナルキャリアは、地方特化型の転職エージェントです。

東京からUターンして生まれ育った地元で就職したい人や首都圏で就職をして、転職を機に地方へ出て行くⅠターンにもおすすめです。

エージェント2.リクルートエージェント

首都圏から地方へ転職する場合や地方から首都圏へ転職したい場合は、リクルートエージェントに登録するのがおすすめです。

なぜなら、リクルートエージェントで紹介されている求人は働ける拠点が多く、案件も豊富だからです。

特定の地方での転職を希望する場合、大手転職エージェントと地方特化型の転職エージェントを併用すると案件が集まるので転職しやすくなります。

女性が転職エージェントを上手に活用するポイントは4つ

転職エージェントを活用するポイント

ポイント1.転職理由や転職先への要望はうそをつかずに正確に伝える

転職理由や転職先への要望はうそをつかずに、正確に転職エージェント側に伝えるのが望ましいです。

なぜなら、転職理由や転職先への要望に嘘やごまかしがあると、案件へのミスマッチが起こりやすくなるからです。

たとえば、残業時間が長いのがつらくて転職を検討しているのに、「スキルアップをしたい」と嘘をつくと、ミスマッチがおきてしまう可能性が高まります。

(もちろんスキルアップもしたいと思いますが、あなたが一番望んでいることを伝えた方がよいです)

転職は良いところを見せたいと思いがちですが、まずは転職エージェントにはきちんと正直に話すことで、自分に合う職場や仕事が見つかりやすくなります。

ポイント2.転職時期や退職予定日は最短日を伝える

転職エージェントに対しては必ず、転職時期や退職予定日は最短日を伝えるほうがよいです。

なぜなら、転職エージェントは転職日が最短であるほどに転職に対して熱量があると分かるからです。

実際、転職者を募集する企業側にとっても、退職日が明確な方が採用しやすいことが多く、退職予定日は概算でもいいので、有給消化後で最短の日を伝えるのがおすすめ。

ポイント3.合わないと感じたらすぐに担当変更の希望を出す

転職エージェントを利用すると、多くの場合は専任のアドバイザーがサポートしてくれます

そのため、専任アドバイザーが求人の提案や面接前の準備、フィードバックをサポートしてくれます(アドバイザーと転職者が二人三脚で転職活動するイメージです)。

そのため、少しでもアドバイザーと合わないと感じたら情を移すことなく、担当アドバイザーは変更をした方がよいでしょう。

ポイント4.面接前にキャリアアドバイザーの推薦文は必ず確認する

転職の面接前に、担当アドバイザーからの推薦文は必ず目を通しましょう

推薦文とは、面接まで進んだ各企業宛てに担当アドバイザーが事前に渡す文章のことです。

推薦文と自分の面接内容に齟齬(そご)が生まれたり、怠惰なアドバイザーの場合は履歴書をコピペしただけだったりします。

推薦文で損をしないために、あらかじめ推薦文には目を通しておきましょう。

女性が転職エージェントを利用する時の注意点は2つ

転職エージェントを使う際の注意点

注意点1.キャリアアドバイザーが親身に提案や相談に乗ってくれているかを確認

キャリアアドバイザーが親身に相談に乗ってくれるかは、エージェントを使う転職ではとくに重要です。

なぜなら、女性は特に結婚、出産、育児、介護などとにかくライフイベントが多いからです。

人生100年時代と言われるなかで、女性がライフイベントを経験しながら、キャリアを積む転職は大切なイベントですよね。

後悔がないように、キャリアアドバイザーとは良好な関係性を築けるかどうかという視点でチェックしましょう、

注意点2.キャリアアドバイザーからマメな連絡や求人の提案があるか

転職活動をするうえで特に大切なのが、キャリアアドバイザーからの連絡や求人の提案です。

なぜなら、求人の提案が自分の希望に合わないものばかりだったり、極端に連絡や求人数が少ないと円滑な転職活動ができない場合もあるからです。。

効率的に転職活動をするためには、マメにキャリアアドバイザーと連絡を取ることが大切です。

長野楓

長野さん

企業にもよりますが、アドバイザーは1人で100名規模の転職者を担当しており、担当者としても不本意で返信が遅れてしまうこともあります。

 

すぐに返答が欲しい場合はメールの後に追いかけ電話をするなどして、候補者側から催促するようにしましょう。

 

それでも耐えがたいほどにレスが遅い場合は、担当変更を申し出たり、使用エージェントを変更してもよいでしょう。

女性が転職エージェントを選ぶ際のQ&A

転職エージェントを使う際の疑問

Q1.40代・50代と20代が利用する転職エージェントは何が違う?

20代、30代、40代、50代と年齢が上がるごとに転職で利用するエージェントは変更するべきです。

なぜなら20代は第二新卒と呼ばれ、未経験で挑戦できる案件も多いが、30代や40代と年齢が上がるとスキルや経験を求められることが多いからです。

転職で利用するエージェントも自分の希望やスキルに合わせて選ぶ方がよいでしょう。

Q2.転職エージェントはどうやって比較したらいい?

転職エージェントは比較してから登録した方がよいです。

なぜなら、職種や年齢はもちろん、転職エージェントによって得意分野が異なるからです。

登録する前に、自分の希望に合う求人がありそうかを確認した方がよいでしょう。

長野楓

長野さん

やりたいことが明確だったり、以前に転職経験があって自力でも活動を進められる自信のある方は、目的に特化したエージェントにピンポイントで求人紹介をしてもらうのがよいでしょう。

 

一方で、転職活動自体に不安があったり、進め方がわからない方はノウハウが豊富な大手の総合転職エージェントに相談することをおすすめします。

まとめ

副業資格のまとめ

  1. 女性の転職は転職エージェントを使うのがおすすめ
  2. 転職エージェントはプロのキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので安心
  3. 転職エージェントへの登録から利用開始までは約1~2週間は余裕をみた方がよい

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

Page Top