Paranaviトップ お仕事 転職 第二新卒の女性におすすめの転職エージェント&評判から見る上手なサイト活用方法

第二新卒の女性におすすめの転職エージェント&評判から見る上手なサイト活用方法

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「経験が浅い」「在職歴が短い」と転職に踏み切れない第二新卒の女性も多いのではないでしょうか。

新卒と比べて市場価値が低いとされている第二新卒。

しかし、新卒やキャリアのある転職者にはない特長もあり、転職活動のやり方次第ではキャリアアップにつながる企業への転職も可能です。

ここでは、第二新卒の女性の転職活動におすすめの「転職エージェント」についてまとめました。

転職エージェントを探す前に!知っておきたい「第二新卒」の定義と特長

転職エージェントを探す前に、第二新卒の定義を知っておきましょう。

また、第二新卒の方は新卒と違いどんな特徴があるのでしょうか。

第二新卒とは「学校を卒業後、就職して3年以内の人」

求人を見ると、新卒と既卒に加え第二新卒を対象としているものもあります。

「第二新卒」とは一般的な解釈では大学や短大、専門学校、高校などを卒業して一度就職、その後3年以内に転職活動している人です。

似たような言葉に「既卒」がありますが、こちらは学校卒業から間があるものの一度も就職していない人を指しています。

第二新卒には「新卒」のような決まった定義がなく、これらはあくまで一般的な線引きなので、企業によって解釈は異なります。

第二新卒の特長は「ビジネスマナー」と「柔軟性」

第二新卒の特徴は「ビジネスマナーが身に付いていること」と「柔軟性があること」です。

第二新卒は新卒とは違い、社会人としてのマナーをすでに心得ています。

そのため社会人が守るべきルールなども教育する必要がなく、教育にかかるコストを減らすことができます。

一方、社会経験は長く勤務している人よりも少ないので、仕事に対する先入観や固定概念がなく、企業の風土に染まりやすい傾向にあります。

そのため、第二新卒は新卒とキャリアのある転職希望者との中間として扱われます。

第二新卒の女性に「転職エージェント」がおすすめの理由3つ

転職サイトと転職エージェントのうち、第二新卒の方は転職エージェントを使うべきでしょう。

転職サイトでは自ら求人を探す必要があり、企業とのやりとりや転職活動のスケジュール調整も自分でする必要があります。

対して転職エージェントは、あなたの経歴に合った求人を専門のキャリアアドバイザーが提案してくれます。

それでは、第二新卒の女性が転職エージェントを利用するメリットを紹介しましょう。

理由1.自分では伝えきれない「強み」を代わりに伝えてくれる

自分の強みは、案外自分ではわかりにくいものです。

第二新卒は社会人経験が浅い、または全くないという方も多く、就職活動のときに自分の強みをアピールをするのが難しいかもしれません。

転職エージェントではキャリアアドバイザーが客観的に依頼者の強みと長所をとらえ、代わりに企業へ伝えてくれます。

キャリアアドバイザーからの評価は、自分の市場価値を知ることができる良い機会にもなるでしょう。

理由2.転職サイトで落とされてしまう求人も、エージェントなら通る可能性がある

転職サイトでは応募者の数が多く、募集している企業側でフィルターをかけている場合が多くあります

そのため、学歴や転職回数、前職の在職年数で機械的に判断され、落とされてしまうことも。

転職エージェントであれば、キャリアアドバイザーに推薦してもらう形で応募できるので、フィルターにかけられる心配はありません。

経歴に自身がない第二新卒の方にも、転職エージェントの活用をおすすめします。

理由3.非公開求人に応募できる

転職エージェントを利用すれば、非公開の求人に応募できます

非公開求人とはネットで公開していない求人のことで、企業が採用情報を何らかの理由により外部に漏らしたくないときや、急な人事転換で速やかに人材を確保したい場合に設定します。

在籍メンバーよりも給与が高いなど、条件が良いことも多くあります。

こういった非公開求人に応募できるのは、転職エージェントならではのメリットです。

第二新卒女性向け転職エージェント選びのポイント3つ

第二新卒の女性向けに、転職エージェントの選び方のポイントを紹介しましょう。

女性の転職に詳しいキャリアアドバイザーが在籍し、女性向けの求人を多く扱っているところがおすすめです。

ポイント1.女性特有のライフイベントに精通しているキャリアアドバイザーがいるか

転職エージェント選びで一番大切なことは、相性の良いキャリアアドバイザーに出会えるかどうかです。

エージェントでは専任の担当者に個別に転職相談ができるため、良い転職が叶うかどうかはキャリアアドバイザーにかかっています。

将来の結婚出産などの女性特有のライフイベントを理解し、寄り添った提案をしてくれるようなアドバイザーを探しましょう。

多くの転職エージェントがキャリアアドバイザーのプロフィールを公開していますので、事前にチェックしてみることをおすすめします。

ポイント2.希望する業界に強いエージェントか

どんなにキャリアアドバイザーが優秀であっても、求人がなければ意味がありません。

自分がどんな業界へ転職したいのかが決まっているのであれば、その業界を専門とする転職エージェントを選びましょう

転職したい業界が決まっていない方も、利用前にはそのエージェントがどんな業界、職種の案件を多く扱っているのかを確認しておきます。

ポイント3.女性向けの転職コンテンツがあるか

サイトには誰にでも当てはまるような転職ノウハウだけではなく、女性向けの記事コンテンツを掲載している転職エージェントがおすすめです。

なぜなら女性向けコンテンツが多いことは女性の転職に精通しているともいえ、女性の依頼者と真摯に向き合っているというひとつの指標になるからです。

第二新卒の女性にもおすすめ!女性に人気の転職エージェント5つ

20代・第二新卒におすすめのエージェント

第二新卒の女性におすすめの転職エージェントを5つ紹介します。

それぞれに特色が異なりますので、エージェント選びの参考にしてください。

1.リクルートエージェント

リクルートエージェント
日本トップクラスの求人数を扱っているのが「リクルートエージェント」

非公開求人は10万件以上、2017年の年間登録者数は64万人にもなる圧倒的大手です。

ほかの求人サイトにはないような職種もリクルートにはあるというほど、多種多様な求人を扱っています。

多くの求人を紹介してもらえるので、たくさんの中から自分で選びたいと考える方におすすめです。

リクルートエージェントで仕事を探す

2.女の転職@type


女性の転職に特化しているのが女の転職@typeです。

特に東京と埼玉、千葉、神奈川の求人を多く取り扱っています。

年収交渉が強みなので、転職して収入を上げたい方におすすめです。

女性のキャリアアドバイザーが多く在籍しているので、相談しやすい環境といえます。

女の転職@typeで仕事を探す

3.マイナビエージェント

マイナビエージェントは国内最大級の転職サービス、マイナビが運営するエージェントです。

書類の書き方から内定後の手続きまでサポートしてくれるので、転職に不慣れな第二新卒など、若い方におすすめです。

ITと金融、営業の3つの職種に特に強く、関東のみならず全国の求人を扱っています。

マイナビエージェントで仕事を探す

4.doda転職エージェント

dodaは求人の豊富さが魅力、国内最大級の転職エージェントです。

多くの求人の中からキャリアアドバイザーが依頼者に適しているものを絞ってくれるので、自分で選ぶ自信のない方におすすめです。

求人数の多さもさることながら、多種多様な地域と職種、年齢層向けの求人が揃っています。

dodaで仕事を探す

5.パソナキャリア

パソナキャリアは、大手人材派遣会社のパソナが運営する転職エージェントです。

取引実績は1万6,000社で、これまで25万人の転職を支援してきた人材サービスの先駆者です。

2016年3月には女性の活躍支援に特化した「女性活躍推進コンサルティングチーム」を発足させ、働く女性向けの転職セミナーなども開催しています。

女性の転職に数多く携わってきたアドバイザーが在籍していて、業界一二を争う手厚いサポートが魅力です。

パソナキャリアで仕事を探す

第二新卒のサポートが手厚い「第二新卒特化型」の転職エージェント3つ

第二新卒特化型のエージェント

第二新卒向けの転職に特化した転職エージェントを3つ紹介します。

若い人向けの求人が多く、未経験者でも安心して転職活動をお願いすることができます。

1.ハタラクティブ

ハタラクティブは、第二新卒や既卒者を対象とした転職エージェントです。

応募者の経歴を問わないような求人や、未経験者向けで応募のためのハードルが低い求人を多く扱っています

関東の一都三県の求人に特化しており、キャリアに自信のない方や、フリーターから正社員を目指す第二新卒者におすすめです。

2.マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sはすべての求人が20代対象という、第二新卒などの若手に特化した転職エージェントです。

未経験者OKの求人も多く取り揃えています。

20代専門のため、第二新卒者向けの転職市場に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍。

また、人材派遣業界大手のマイナビが運営しているので、安心感があります。

マイナビジョブ20’sで仕事を探す

3.完全無料で平均20時間のサポート!ウズキャリ

ウズキャリも、第二新卒者を専門とした転職エージェントです。

最大の魅力はサポートの手厚さで、完全無料で平均20時間もの徹底サポートがあります。

離職経験のあるキャリアアドバイザーが多数在籍しており、経験に基づくアドバイスを受けられます。

離職率が高い、残業時間が長い、求人情報と違うなどのブラックな企業は絶対に紹介されません。

一人ひとりにじっくりと時間をかけてくれるので、こだわりの求人を見たい第二新卒の方におすすめです。

ウズキャリを無料で見る

【職種別】第二新卒の女性におすすめの転職エージェント

職種別に、第二新卒の女性におすすめの転職エージェントを5つまとめました。

すでに希望職種が決まっている場合や、業界の詳しい情報を得たい場合におすすめです。

事務職の転職におすすめ「Spring転職エージェント」

アデコ株式会社が運営する転職支援サービスで、世界60か国でサービス展開、外資系企業にも強いのが特徴です。

扱っている求人の半数はオフィスワークで、一般事務と貿易事務、営業事務や秘書など、一般的なものから上級者向けまで多数の事務職の求人があります。

女性が活躍する職場を検索できる機能もあるなど、女性転職者へのサポートが手厚いのが特徴です。

アパレル・販売職の転職におすすめ「ファッショーネ」

アパレル正社員希望者の転職支援を行っているエージェントです。

登録企業数は400以上もあり、面接や応募書類のサポートのほか、店舗見学も行っています。

書類審査の通過率は約8割と高く、未経験でもアパレル業界で働きたいと考えている方におすすめです。

エンジニアの転職におすすめ「レバテックキャリア」


レバテックキャリアは、エンジニア特化型の転職エージェントです。

もともとがシステム開発の会社だったこともあり、企業が求めている人材を常に把握しています。

在籍しているキャリアアドバイザーは業界の動向に精通しているので、ハイクラスな転職が望めるでしょう。

IT系全般の転職におすすめ「Geekly」

ITとWeb、ゲーム業界専門の転職支援を行っています。

エンジニア職に限らず、デザイナーやコンサルタント、営業などIT業界の求人が幅広くあります。

転職内定までの早さが強みで、登録から1か月で内定というケースも。

対応の早さと業界の専門性があり、満足度の高い転職エージェントといえるでしょう。

第二新卒の女性が、転職エージェントを活用するおすすめのコツ4つ

転職エージェントを活用するポイント

転職エージェントを上手く活用していくためのコツを、4つ紹介しましょう。

転職活動を成功させるためには、エージェントに自分の希望をちゃんと伝えることが大切です。

1.複数のエージェントに登録する

転職エージェントは、複数に登録すると転職活動の効率が良くなります

エージェントにはそれぞれ強みや特徴があるので、面接の練習ができるところ、専門知識を得られるところなど、自分の目的やしたいことによってエージェントを使い分けると良いでしょう。

また多くのエージェントに登録しておけば、紹介してもらえる求人数や種類が増え、希望のものに出会える可能性が高くなります。

2.「これは譲れない」という希望をもつ

転職エージェントを利用するのが初めての第二新卒の方も多いのではないでしょうか。

ですが勝手がわからないからと、キャリアアドバイザーの言うことを鵜呑みにしてしまってはいけません

キャリアアドバイザーとの認識のズレは、企業とあなたとのズレにもなります。

晴れて内定が決まったとしても、ミスマッチな企業に勤めることになっては本末転倒でしょう。

キャリアアドバイザーには、「年収はいくら」「職種はこれ」「勤務は◯時まで」などど、率直に詳細な部分まで自分の考えを伝えましょう。

特に希望条件がない方は絶対に嫌なこと、避けたいことを伝えると良いでしょう。

3.合わないキャリアアドバイザーはすぐに変更してもらう

転職には、自分の人生がかかっています。

キャリアアドバイザーと少しでも合わないなと思ったら、躊躇せずに担当者を変えてもらいましょう。

担当のアドバイザーを変更することは転職査定に響くことはありませんし、相性が合う合わないは人間同士なら当たり前のことです。

担当変更をお願いするときは、メールを使うことをおすすめします。

もしも変更を申し出ずらいときは、転職エージェント自体を変えることも検討しましょう。

4.推薦文を見せてもらう

キャリアアドバイザーは、応募企業にあなたを推薦する文章を書いてくれます。

面接などの転職活動ではとても参考になるので、積極的に読ませてもらうようにしましょう。

またキャリアアドバイザーの中には、応募者の経歴を丸写しするだけの手抜き推薦文を書く人もいます。

そういったことがないかを確認するためにも、見せてもらうと良いでしょう。

第二新卒の女性が転職エージェントを利用する際の注意点3つ

転職エージェントを使う際の注意点

転職エージェントを利用する際の注意点を紹介します。

エージェントには誠実に対応し、幅広いタイプのエージェントに登録して自分に合ったところを見つけるようにしましょう。

注意点1.複数のエージェントから同じ求人に応募しない

複数のエージェントから同じ求人に応募すると、各エージェントの担当者に迷惑をかけてしまいます

重複して応募してしまうと、最終的にどのエージェントで話を進めていくのかが問題に。

通常とは違う手順を踏むことになるため、企業の担当者からも悪い印象を持たれかねません。

同じ求人に応募しないためには、各エージェントの担当者に複数利用していることを伝えておきましょう。

注意点2.キャリアやスキルなどで嘘をつかない

第二新卒はキャリアが少なく社会人経験が浅いため、見栄を張ってしまうことも。

見栄を張ればあなたの印象は良くなり、もらえる求人は増えるかもしれません。

ですが自分の実力以上の求人を紹介され、ミスマッチが起こる可能性もあります。

キャリアの虚偽がわかれば「嘘の申告をする要注意人物」とみなされ、転職エージェントから求人を回してもらえなくなるかもしれません。

転職エージェントには誠実に対応して、自分が希望する形の転職を叶えましょう。

注意点3.大手転職エージェントはライバルが多い

転職エージェントに初めて登録する第二新卒の方は、安心安全な大手エージェントに登録しましょう。

ですが大手は登録数が多く、求人を探すライバルが多いということでもあります。

転職エージェントとは、内定者が決まってはじめて紹介料が発生する、完全成果型のビジネスです。

キャリアアドバイザーの人数は限られていますので、数か月待ってもなかなか求人を紹介してもらえない事態があることを把握しておきましょう。

大手から専門性の高いところなど幅広い転職エージェントに登録しておき、自分と相性の良いところを見つけるのが転職成功の近道です。

第二新卒の女性向け、転職エージェントについてのQ&A

転職エージェントについてのQ&Aです。

第二新卒の女性の方が疑問に思いがちなことをまとめていますので、参考にしてください。

Q.転職エージェントはすぐに退会できる?

転職エージェントは、メール連絡で簡単に退会することができます。

電話連絡も可能なので、やりとりをしていた担当者もしくは支店に退会の旨を伝えましょう。

もしくはサイト内の「退会フォーム」に必要事項を入力し、手続きを行える場合もあります。

何も連絡せずにフェードアウトするのはマナー違反ですから、避けるようにしましょう。

Q.育休、産休制度についてもエージェントで聞いてもらえる?

育休と産休についても、転職エージェントから企業へ聞いてもらうことは可能です。

転職エージェントは、職場や仕事に関する質問をあなたの代わりにしてくれます。

そしてそれを問い合わせたからといって、企業からのあなたの評価が下がることはありません。

入社後のミスマッチを避けるためにも、育休産休以外の福利厚生についても聞いてもらうのがベターです。

Q.転職エージェントと合わせて利用すべきサービスは?

転職するときに不安になのは、入社後に会社とのミスマッチに気が付くことです。

その不安を払拭するためにも、入社希望の企業の口コミを確認してみましょう。

これらの転職口コミサイトでは、現役社員や元社員の口コミを閲覧することができます。

企業の基本情報に加えて社内の雰囲気を知ることができるので、その企業で働いたときのイメージがしやすくなります。

まとめ

副業資格のまとめ

  • 第二新卒とは「学校を卒業後、就職して3年以内」の人を指す
  • 第二新卒の女性には、強みや長所を客観的に評価してくれる転職エージェントがおすすめ
  • 第二新卒の女性が選ぶべき転職エージェントは、女性のライフイベントに精通しているアドバイザーがいるエージェント

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

Page Top