Paranaviトップ お仕事 資格/勉強 管理栄養士のスキルで副業|資格を活かしてスキマ時間に働くおすすめの方法

管理栄養士のスキルで副業|資格を活かしてスキマ時間に働くおすすめの方法

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「管理栄養士ではどんな副業ができる?」

「管理栄養士が副業するにはどんな副業がおすすめ?」

この記事では、管理栄養士が副業をするのにおすすめな副業や、資格を活かせる副業を選ぶコツを分かりやすく説明します。

管理栄養士の資格はもちろん副業に活かせる

管理栄養士の仕事は食につながりが深く、生活に密着した資格なので副業に活用しやすい資格でもあります。

管理栄養士の資格を活かした副業は在宅でできるものが多いため、本業に支障なく始めやすいでしょう。

管理栄養士は国家資格ですし、副業が軌道に乗れば将来的にはフリーランスも目指せます。

佐藤 麻祐子さん

管理栄養士
佐藤さん

私自身、副業を機にフリーランスとして独立しました。

 

現在働いている分野とは異なる、色々なジャンルのお仕事に挑戦できるのも副業の魅力だと思います。

管理栄養士が副業を選ぶコツは2つ

管理栄養士が副業を選ぶコツ

管理栄養士の資格を活かした副業を選ぶ際に、知っておきたいコツを2つ紹介します。

本業と並行して無理なく続けるには、どうすれば良いのでしょうか。

コツ1.【管理栄養士の知識や経験+α】を活かせそうな副業を選ぶ

管理栄養士が副業をする際には、その知識と経験に加えて自分の特技や能力を活かせる仕事を選ぶことをおすすめします。

たとえば、文章を書くのが得意な方は管理栄養士の知識と経験に基づいた記事の執筆を、コミュニケーション能力の高い方は、管理栄養士の資格が必要なトレーナー業務を選んでみてはいかがでしょうか。

管理栄養士の資格に自分の特技をプラスできれば周りの人と差別化が可能で、仕事を続けやすいメリットがあります。

コツ2.在宅ワークやテレワークができる案件を選ぶ

副業にするなら、在宅やテレワークでできる仕事の方が始めやすいでしょう。

管理栄養士として飲食店でのアルバイトやパートも可能ではありますが、シフト制勤務であったり、勤務場所で出勤しなければならなかったりで本業とのバランスが取りづらくなります。

副業は在宅でかつ自分のペースで進められれば、仕事量がプラスになっても体力の消耗を抑えることができます。

佐藤 麻祐子さん

管理栄養士
佐藤さん

管理栄養士の副業は出社の必要が無いことが多いですが、電話業務や面談業務が伴うものもあります。

 

求人に在宅勤務可能と書いてあっても、応募前に確認することが大切です。

管理栄養士が活かせるおすすめの副業は6つ

管理栄養士の資格が活かせるおすすめの副業

管理栄養士の資格を持っている方向けの副業を、6つ紹介しましょう。

自分の得意なことや好きなこと、経験に合わせて選ぶことをおすすめします。

副業1.在宅でできる知識を活かした【記事の執筆】

記事の執筆は、文章を書くことが好きな方におすすめです。

案件によっては有資格者が優遇される場合があり、食に関するテーマのほか、管理栄養士の立場からの商品レビュー、または資格取得や勤務経験についての記事などが執筆できます。

文字数は案件によって異なり、1文字1円ほどで1件1,500円から5,000円ほどの報酬です。

慣れてくると執筆スピードが上がって、さらに収入増が見込めます。

副業2.ダイエットのサポートや食事指導をする【トレーナー】

食の専門家としてダイエットや糖質制限に関する質問に答えたり、食生活のアドバイスをしたりします。

質問形式は多岐にわたりますが対面よりもWebで行われるケースが多いので、在宅でできて始めやすい副業といえるでしょう。

たとえば、依頼者が送ってきた食事の写真を見ながら食生活と栄養バランスのアドバイスをする、またはダイエットをしている人へ食生活のアドバイスをするなどの案件があります。

単価は案件ごとに異なりますが、1件500文字で1,000円ほどのものがあります。

副業3.専門家の視点を活かす【特定保健指導】

特定健診で生活習慣病の発症リスクが高いと診断され、生活習慣の見直しが必要になった方をサポートする仕事です。

特定検診とは特にメタボリックシンドロームを予防するための検診で、40歳から74歳の方が対象になります。

そして特定健康保険指導ができるのは管理栄養士のほか医師と保健師、看護師のみと法律によって定められています。

専門性が高い知識が求められ、特定保健指導の経験者であれば優遇されます。

時給は1,400円から1,700円ほどで、依頼者と面談ののち、メールや郵便を使って継続して健康指導を行います。

副業4.栄養のバランスを考えた【レシピの考案】

管理栄養士の知見を活かしたレシピを考案する仕事です。

たとえばある特定の疾病者やダイエット中の方向けのレシピのほか、企業の新製品開発のアドバイスをすることも

報酬の目安は1レシピで500円で5〜10品納品ですが、2万円〜5万円で旅館のメニューを総合的に開発するような高額な案件もあります。

献立の作成経験を活かせる仕事で、自分の興味のあるものやこれまでの経験に合わせて案件を選ぶことができるでしょう。

副業5.スマホアプリやサイトの監修者の仕事

アプリやサイトの監修者となり、コンテンツやサイト制作のために専門的なアドバイスを行います

近年は健康志向が高まっており、ニーズに合わせたヘルスケアアプリの開発支援や、Webサイトのコンテンツの内容確認などの案件があります。

サイト監修者として記事の校正やリライトをした場合、1案件1,700円ほどの報酬が得られるでしょう。

自分の顔写真とプロフィールも掲載される場合もあり、将来独立を検討している方にとっては、経験値とともに知名度も高められるためステップアップも期待できます。

副業6.食や美容の関連商品を試すモニターやアンケートの仕事

食や美容関連の商品を試して、モニターをしたりアンケートに回答したりする仕事です。

単発や継続の案件などさまざまなので、気軽に始められるでしょう。

好奇心が強く、新しいものを試すのが好きな方に向いています。

報酬は1件1万円から2万円ほどで、チャットで完結するまたは写真撮影が必要なものなど、案件ごとに異なります。

佐藤 麻祐子さん

管理栄養士
佐藤さん

ライフスタイルに合った副業を選ぶことが大切です。

 

たとえば、ダイエットトレーナーであれば、日中にお客様から送られてくるメッセージに返信する必要があるため、本業中にパソコンやスマートフォンを操作できる環境でないと難しいことも。

 

私自身、副業を始めた当初は、スキマ時間を使える記事の執筆などを中心にお仕事をしていました。

管理栄養士として副業するメリットは3つ

管理栄養士として副業をすることで得られるメリットもあります。

将来のステップアップを目指す方にも、副業はおすすめです。

メリット1.国家資格を活かした副業なので、案件の単価が高い

管理栄養士は国家資格で、誰もが簡単に取得できるものではありません。

管理栄養士を取得するためには、養成施設に4年間通うか短大卒業後に実務経験を積んではじめて、資格取得のための試験を受けることができます。

持っている人が少ない資格のため、案件単価の高い副業を見つけやすいメリットがあります。

メリット2.専門知識を活かして、新たなスキルを身に付けられる

管理栄養士として副業をすることで、本業ではできない経験ができるチャンスがあります。

たとえば、副業のレシピ考案やサイト監修では一般企業の商品開発や商品PRに関わることができ、マーケティングやPRについての知識を得ることができるでしょう。

管理栄養士の専門知識を活かした仕事を通して、別の専門知識やスキルを増やすことが可能です。

メリット3.将来的に管理栄養士としての独立も目指せる

副業で管理栄養士としてのキャリアを積むことで、将来的に独立を目指すこともできます

個人でいきなり独立しても、すぐに仕事を得ることは難しいかもしれません。

ですが副業で経験を積むうちに人脈を広げることができれば、管理栄養士として独立した後も仕事を得られやすくなるでしょう。

佐藤 麻祐子さん

管理栄養士
佐藤さん

私自身、副業で応募した会社からお声がかかり、独立と同時にその会社の立ち上げに関わらせていただきました。

 

副業での人脈は、その後の副業の仕事の幅を広げたり、独立後の仕事に影響することもあります。

 

また、副業の報酬については、同じような内容の案件でも、お仕事を依頼している会社によって大きく異なることがあります。

 

管理栄養士向けの求人であっても非常に単価の低いものもあるので、ご自分のスキルや経験と照らし合わせて最適な案件に応募してみましょう。

管理栄養士の資格を活かして副業を始める方法は2STEP

管理栄養士の資格を活かして副業を始めるためには、以下の2STEPを踏みましょう。

副業を始める2STEP

  1. 副業を探すためのサイトに登録する
  2. 役立つ専門知識をSNSなどから情報発信する

まずはネットを使って、活動するところから始めてみてはいかがでしょうか。

何から始めたら良いか分からないという方は、サイトに登録することから始めてみましょう。

サイトによって、管理栄養士向けの案件登録数に大きく違いがあるので、事前にチェックして登録するのがオススメです。

管理栄養士の副業探しにおすすめなサイト6選

おすすめの副業サイト・サービス

管理栄養士の副業をする際に役立つサイトをまとめました。

どんな副業をするかによっても、利用するサイトを選ぶと良いでしょう。

1.管理栄養士の資格保有者だけが登録できる【フィッツプラス】

登録無料の管理栄養士専門の求人サイトで、契約社員として働くことになります。

資格を活かせ、さまざまな種類の案件が揃っているのが魅力です。

管理栄養士の資格を持っていれば、実務経験がなくても無料で研修を受けることができます。

報酬は出来高制で、案件に応じて支払われます。

2.日本最大のクラウドソーシングサイト【クラウドワークス】

クラウドワークスでは登録料はかかりませんが、報酬を得たときには額に応じてシステム利用料が5〜20%差し引かれます。

70万社以上の企業が発注者として登録しており、案件数が豊富。

扱っている案件には管理栄養士の資格が要らないものもあり、自分が興味あることや関心のあることに合った案件を選ぶことができます。

3.管理栄養士の資格が活かせる案件も多数掲載【ランサーズ】

クラウドソーシングの大手サイトであり、クラウドワークス同様に管理栄養士の資格が要らない案件も選べます。

登録料はかからず、報酬額に応じてシステム利用料が5〜20%差し引かれます。

クラウドソーシングサイトでは、マメにチェックして新規案件を探しましょう。

4.やりたい仕事を自分で掲載できる【ココナラ】

ココナラでは、栄養指導やダイエットサポート、献立作成、転職相談などの案件から、自分に合ったものを選ぶことができます。

登録料は無料なので、気軽に管理栄養士の資格を活かして仕事をしたい方向け。

案件の報酬額に応じて、利用料10〜25%と消費税10%が差し引かれます。

5.30分のスキマ時間で始められる【タイムチケット】

30分単位のスキマ時間で副業を始められるサイトです。

登録料は無料で、報酬額に応じて15〜25%+税の利用料がかかります。

ダイエットサポートや健康相談、カウンセリングなどを受注することができ、自分ができること、好きなことを登録することができます。

佐藤 麻祐子さん

管理栄養士
佐藤さん

時期によってお仕事の数や内容に変動があるので、定期的にサイトをチェックするのがお仕事獲得のコツです。

管理栄養士として副業するデメリットは3つ

管理栄養士として副業することにはデメリットもあります。

始める前には、どんなことに注意すべきかを知っておきましょう。

デメリット1.副業禁止の会社の場合、基本的に副業はできない

勤務先で副業を禁止している場合、副業をすることはおすすめできません

もしも勤務先に副業をしていることが発覚したら、就業規則違反で解雇される可能性があるからです。

勤務先に報告せず、黙ったまま副業をすることも避けたほうが良いでしょう。

デメリット2.公務員の管理栄養士は基本的に副業できない

保健所や保健センター、公立学校や病院などの公的機関に勤務している管理栄養士は公務員であり、基本的には副業ができません。

公務員は法律によって副業を禁止されていて、例外的に農業など一部のものに限定されています。

公的機関に勤務している管理栄養士の方は、勤務先に無断で副業することは避けるようにしましょう。

デメリット3.休日に自由に使える時間が減る

本業でも管理栄養士として勤務している方は、学校や老人介護施設などで献立を考えていたり、厨房の管理で立ち仕事をしていたりすることも多いのではないでしょうか。

本来は本業が休みの日にはリフレッシュをしたり、身体を十分に休めたりする時間が必要です。

副業を本業以外の時間で行うと休日の時間が減り、身体を休める時間が減ってしまいます。

佐藤 麻祐子さん

管理栄養士
佐藤さん

休日はゆっくり休みたいという方は、モニターやアンケートなどスキマ時間に取り組める副業から始めてみると良いかもしれません。

企業アンケートの中には管理栄養士向けの高単価の物もあるので、子育て中など時間が取れない方はそういった案件を探すのも手です。

ただし、案件数が少なくすぐ締切になってしまうので、こまめにチェックする必要があります

管理栄養士が副業する際のQ&A2つ

管理栄養士の方が副業する際の疑問点をQ&Aでまとめました。

気になる点は事前に確認し、整理しておきましょう。

Q1.管理栄養士として会社にバレずに副業できる?

管理栄養士として会社にバレずに副業をすることは難しいかもしれません。

なぜなら副収入が増えると、支払う税金も増えるからです。

とくに住民税の請求額が会社の給与額に対しての額よりも多かった場合に、発覚するケースが多いといいます。

会社に秘密にしたまま副業をすることは、避けたほうが良いでしょう。

Q2.管理栄養士として副業をした場合、確定申告は必要

管理栄養士の副業をして、年間20万円以上の所得があった場合に確定申告は必須になります。

佐藤 麻祐子さん

管理栄養士
佐藤さん

副業が軌道に乗ってきたら確定申告のことも考えましょう。

 

心配な方は税務署の窓口に相談することができます。

 

私も独立当初に相談に行きましたが、丁寧に指導してもらえましたよ。

まとめ

副業資格のまとめ

  • 管理栄養士の資格を活かせば、資格を軸に様々なジャンルでの副業ができる
  • 管理栄養士の経験や知識に加えて、自分の特技を活かせる副業を選ぶことがコツ
  • 管理栄養士での副収入が20万円超えたら、確定申告をする

 

 

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

Page Top