Paranaviトップ お仕事 働き方 女性におすすめの副業13選 | 安全な副業を選ぶコツと注意点

女性におすすめの副業13選 | 安全な副業を選ぶコツと注意点

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「女性におすすめの副業はある?」

「女性にも安全で始めやすい副業を選ぶポイントはある?」という疑問を解決していきます。

とくにこの記事では、女性向けの副業や副業を成功させるコツや副業を選ぶポイントを紹介します。

すぐに女性が始めやすい副業を知りたいという人は「女性におすすめの安全で始めやすい副業13選」に目を通してみてくださいね。

女性が副業を選ぶポイントは2つ

女性が副業するポイント

女性が副業を選ぶときのポイントは以下の2つです。

本業と両立でき、自分の趣味と特技を活かせる副業なら始めやすいでしょう。

ポイント1.場所や時間に縛りがなく、本業と両立しやすいか

副業を選ぶ際は本業と両立しやすい仕事を選びましょう。

本業を持っている場合、時間と場所を拘束される副業は本業と両立しにくいのでおすすめできません。

とくに、働く場所や時間が固定された副業は通勤時間や新たな人間関係を構築する手間があります。

副業は本業を基準に柔軟に働く時間と場所を決められるものや、在宅でできるものを選ぶと続けやすいでしょう。

ポイント2.自分の趣味や特技を活かせるか

副業は自分の趣味や特技を活かせる仕事がおすすめです。

なぜなら、副業は本業以外に新しい仕事をするので物理的に忙しくなりやすく、慣れるまでは体力的にもきついことがあるからです。

趣味や特技でできる副業であれば、モチベーションを保ちながら仕事ができます。

副業を選ぶときは、自分の特技や趣味が活かせそうなものを選びましょう。

女性におすすめの安全で始めやすい副業13選

以下の3つのポイントをもとに、女性におすすめの副業を紹介します。

  1. 場所と時間に縛られず、本業と両立しやすい
  2. 自分の趣味や特技を活かせる
  3. 目標金額を得られる

初心者でも行いやすい副業7選

副業未経験、特別なスキルのない人でも比較的始めやすい副業です。

時間さえ作れれば、副収入が得られます。

1.家事代行

家事代行は20代から60代まで幅広い年代で始めやすく、家事サービス会社が仲介するのでトラブルが起こりにくいのが特徴です。

掃除や洗濯、料理など何気なくやっている家事全般を手伝う仕事で、はじめやすいでしょう。

例えば、家事代行サービスのCasyなら、時給1,450円以上で1日2時間から始められます。

拘束時間が少なく、研修制度が整っているので誰でも始めやすいでしょう。

2.覆面調査

覆面調査とは、特定の商品やサービスを利用して評価する仕事です。

たとえば、覆面調査会社のヴィーナスウォーカーの場合、会員登録後にノルマがなく、消費者を装うので特別なスキルも不要です。

好きなときに副業をできるのが特徴で、新しい商品やサービスを試してアンケートに回答し、謝礼を受け取ることができるので手軽に始めやすいでしょう。

3.アンケートモニター

アンケートモニターはスマートフォンで手軽にできる副業です。

スマホから無料登録とアンケート回答が可能で、1アンケートあたりの報酬は500円から1,500円程度です。

報酬はアンケートに応じてポイントが付与され、貯めたポイントは商品券や現金に換金できます。

のアンケートモニターをもっと詳しく知りたいという人は「アンケートモニターの6つの種類と初めてでも副業収入を得るコツ5つ」に目を通してみてくださいね。

4.時間販売

時間販売サイトでは、自分の余った時間を販売できます。

例えばタイムチケットの場合、30分単位で時間を切り売りすることが可能です。

1時間3,000円で書類整理の手伝いをする、1時間5,000円で悩みや愚痴を聞くなどの仕事が登録されています。

趣味や特技を活かして、副収入を得られるのが特徴でしょう。

5.データ入力

データ入力はパソコンを持っていて、タイピングができれば始めやすい副業です。

クラウドソーシングサービスで案件を見つけられますが、1文字あたり約0.5円、1ページあたり約800円ほどと単価は低めです。

タイピングの速さに自信がある人は始めやすいですが、データ入力だけで定期的に副収入を得るのは難しいかもしれません。

6.新品を売るせどり

せどりとは、商品を転売した差額で利益を得ることをいいます。

商品をできるだけ安く仕入れ、高く売ることで利益額は大きくなります。

新品を売るせどりなら、誰でも簡単に始められます。

仕入れにいくら使うかで利益が変動しますが、利益率は仕入れ値の2割から3割が目安になるでしょう。

7.フリマアプリでの不用品販売

フリマアプリを活用し、自宅の不用品を販売します。

フリマアプリのメルカリの場合、無料で会員登録し、スマホで写真を撮って商品を登録するだけです。

商品の売上からは、販売手数料10%が差し引かれます。

未使用のものや、定価が高いものは売りやすいでしょう。

趣味や特技を活かせるおすすめの副業4選

趣味や特技を活かせる副業は自分の好きなことで副収入を得られるのでおすすめでしょう。

報酬額は初心者向けの副業よりも高めで、楽しみながら副業ができます。

1.クラウドソーシングで、記事執筆の案件を引き受ける

クラウドソーシングを通じて、記事の執筆を引き受けます。

報酬単価は1文字1円ほどで、文字数にもよりますが1案件あたり数千円ほどです。

執筆ジャンルは多岐にわたるので、自分の好きなことや詳しいことからから挑戦すると良いでしょう。

ライティング経験がある人や、文章を書くのが好きな人に向いています。

2.自分のネットショップでハンドメイド商品を販売

自分が製作したハンドメイドグッズを、ネットショップで販売します。

たとえばBASE(ベース)では無料で自分のネットショップを開設でき、登録料と利用料も商品が売れるまでは費用がかかりません。

商品が売れたタイミングで、送料込みの合計金額に対して、決済手数料3.6%+40円とサービス利用料3%が差し引かれます。

手作りすることや、細かい作業が好きな人におすすめです。

3.写真販売

自分で撮った写真を販売する副業です。

一眼レフだけでなく、スマートフォンで撮影した写真も活用できます。

利益率は写真の大きさによっても異なり、報酬率は約20~30%です。

写真販売サイトのスナップマートの場合、Sサイズ1枚あたりの報酬は324円×30%で226円となります。

写真を撮るのが好きな方や、撮った写真が溜まっている方に向いています。

4.オンライン英会話の講師

Skypeやインターネットで、オンラインの英会話レッスンをする副業です。

いつでも好きな時間に働きやすく、時給は1,000円から2,000円ほどです。

応募するには、英検準一級やTOEIC750点以上などの条件が求められます。

英語力や講師としての人気の高さで給料が変動します。

女性が安全に副業を始める方法は3STEP

副業を始めるまでの流れ

女性が安全に副業を始める方法を紹介します。

3つのSTEPを順を追って見ていきましょう。

STEP1.会社の就業規則を見て、副業可能かをチェック

副業をする前には、本業の就業規則の副業に関する規定を確認しましょう。

副業禁止の会社では、副業はしない方が良いでしょう。

どうしても副業をしたい場合、副業できる会社へ転職するのがおすすめです。

STEP2.始めたい副業の種類と目標金額を決める

副業が可能なら、始めたい副業の種類と目標金額を決めましょう。

副業でやりたいことが明確でない場合、複数のクラウドソーシングサービスに登録して、目標金額に合う副業を選ぶのもおすすめです。

クラウドソーシングサービスには、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などがあります。

目標金額を事前に決めると、副業の種類や目的を明確にしやすいでしょう。

STEP3.希望の副業が見つかるクラウドソーシングサービスに複数登録する

希望する副業を決めたら、クラウドソーシングサービスに登録しましょう。

家事代行をするなら家事代行サービス、記事執筆をするならクラウドソーシングサービスなど仕事に合ったサービスを選びます。

副業の仕事を自分で作りたいのなら、時間販売サイトで好きな時間に好きなことを副業にする方法もあります。

自分の希望に合う副業を見つけるためには、複数のクラウドソーシングサービスに登録すると良いでしょう。

高収入を目指せて、在宅でできるおすすめの副業2選

高収入を目指す人向けの副業を2つ紹介します。

どちらも在宅で行えるので、本業と両立させやすいのもポイントです。

1.プログラミング

IT企業での就業経験がある方はプログラミングを副業にするのがおすすめです。

プログラミングは専門性が高く、案件単価が数十万円からと高額なのが特徴です。

クラウドソーシングサービスで案件を探すことができ、成果報酬型の案件が多いので、本業と副業との時間管理がしやすいメリットもあります。

プログラミングの未経験者は独学よりも、プログラミングスクールで学ぶことをおすすめします。

多くのプログラミングスクールでは無料体験を行っているので、まずは利用してみると良いでしょう。

おすすめのプログラミングスクールを詳しく知りたいという人は「女性におすすめ・評判のプログラミングスクール7選【転職支援があるから安心】」に目を通してみてくださいね。

2.ブログを開設し、記事執筆をする

自分でブログを開設し、記事を執筆します。

ブログを開設した初期は記事更新に時間と手間がかかりますが、成果報酬型の広告を掲載すれば、月数万円程度の利益が出るブログを目指せます。

ブログ開設費用は数千円なので、サイトが安定すれば継続的な収益化が可能でしょう。

ブログ開設後は記事作成に専念し、ブログが軌道に乗ったら広告を掲載して利益を出せるようにしましょう。

女性が副業するメリットは5つ

副業をすることで収入アップはもちろん、自分の能力を活かせたり、さらに本業で活躍できるようになったりすることもあります。

空き時間に何かを始めたいと考える人にも、副業はおすすめです。

メリット1.本業以外でも収入が得られて、年収をアップできる

副業をすれば本業以外からも収入を得られ、年収がアップします。

国税庁の「民間給与実態統計調査」では女性の平均年収は293万円で、給与所得者全体の平均年収441万円と比較すると140万円ほど低い数字です。

仮にプログラミングなど専門性の高い副業をすると、1案件あたり数十万円の報酬が得られるので、月10万円以上で年間100万円以上の副収入になります。

本業だけで年収を上げるのは難しいですが、副収入をプラスして収入総額を増やすことは可能です。

メリット2.時間を有効活用できる

副業をすることで時間を有効活用できます。

なぜなら、本業のスキマ時間で副収入が得られるからです。

今までなんとなく使っていた空き時間や休日を、有効に活用できます。

休日にやることがなく、退屈と感じている人におすすめです。

メリット3.趣味や好きなことを活かせる

副業では、趣味や特技を活かせます。

趣味や特技を副業にすることで、好きな趣味を続けたり、お金をかけたりがしやすくなります。

また、好きな仕事をするので副業を続けるための原動力にもなります。

メリット4.本業以外で人脈が増える

副業をすると、本業以外の場所で人脈を広げられます。

通常は営業職ではないと本業で人脈を広げるのは難しいですが、業は自分で仕事を獲得して進めるので、人脈を広げやすいでしょう。

副業で人脈が広がれば、本業のビジネスチャンスも見つけられます。

メリット5.本業にも活かせるスキルが身に付く

副業をすると、本業にも活かせるスキルや知識が身につきます。

なぜなら副業は自分で仕事を進めるので、スケジュールの管理や依頼者との連絡や交渉などの基本業務をすべて自分で行なうからです。

仕事の一連の流れを経験できるので、スキルと知識を向上させやすいでしょう。

女性が副業するデメリットは2つ

女性が副業することで考えられるデメリットが2つあります。

本業に支障が出ないように副業を両立しましょう。

デメリット1.副業禁止の会社に勤めている場合、懲戒解雇になる恐れがある

副業禁止の会社に勤めていて、副業していることがバレた場合、懲戒解雇になる可能性があります。

なぜなら、副業禁止の会社は法律ではなく、就業規則に則って社員を処罰するからです。

どうしても副業をしたい場合、副業が認められている会社に転職するのも良いでしょう。

デメリット2.本業が休みの日に副業をするので、自由時間が減る可能性がある

副業は本業の合間の時間で行います。

しかし、本業の休みの日は気分をリフレッシュしたり、身体を休ませたりする日でもあります。

副業をすると本業以外の時間に働く必要があるので、休息の時間が減ってしまいます。

副業も大事ですが、体調管理を第一にして、本業と副業のバランスを取るようにしましょう。

女性が副業を成功させるコツは2つ

女性が副業を成功させるコツ

女性が副業を成功させるには、どんなことに気をつければ良いでしょうか?

女性が副業する際のコツは以下の2つです。

コツ1.副収入の目標金額を決めておく

女性が副業をするときは、副収入の目標金額を明確にしましょう。

目標金額を決めれば、始める副業を選びやすくなります。

また、副収入額に見通しが立つと、確定申告であわてる必要がありません。

副業を決めたら、案件の相場価格と使える時間で目標金額を算出しましょう。

コツ2.副業のスケジュールに余裕を持たせる

副業をするときは、スケジュールに余裕を持ちましょう。

なぜなら副業は本業の合間に行い、本業に支障が出ない範囲にとどめる必要があるからです。

副業に慣れるまでは本業に影響しないよう体調管理を万全にし、引き受ける案件は少なめにしておくのが良いでしょう。

女性が安全に副業する際の注意点は3つ

女性が安全に副業する際の注意点

女性が安全に副業をするには、以下の3つに気をつけましょう。

  1. 会社の就業規則に副業禁止とある場合は黙って始めない
  2. メールレディやパパ活などの危険な副業はしない
  3. 年間の副収入が20万円を超えたら確定申告し、追加で税金徴収を受けないようにする

女性が避けた方がよい副業2選

出会い系に近い仕事や、「スマホで簡単に稼ぐ」などの怪しい文言がある案件は詐欺の可能性もあります。

安全に副業しようと思ったら、以下2つのような仕事は避けましょう。

1.パパ活やレンタル彼女

「パパ活」や「レンタル彼女」の副業は避けた方が良いでしょう。

これらは男性の食事や買い物に同行するもので、1時間5,000円から数万円を稼げます。

報酬単価の高さを魅力に感じる人も多いですが、仕事中のトラブルの被害届が出される事例が多くあります。

必ずしも全てが危険とは限りませんが、本業に支障が出るトラブルが起こる可能性が高いでしょう。

2.メールレディ

メールレディとは、男性とメールのやり取りをする仕事です。

パパ活やレンタル彼女のように直接会わないので安全なようにも思われますが、詐欺が横行しています。

例えば、振込手数料やシステム利用料、会費の支払いを請求される事例があります。

メールレディは詐欺被害に遭う可能性に加えて、口座番号などの個人情報が漏れやすいのでおすすめできません。

女性が副業する際のQ&A

女性が安全に副業する際のQ&A

女性が副業をする際に心配になりがちな点をQ&A形式でまとめました。

副業をする前に、確認しておくと安心です。

Q1.女性が副業をバレないように始める方法はある?

女性に限らず、副業禁止の会社では副業はしない方が良いでしょう。

なぜなら、会社の就業規則に違反すると懲戒解雇になる可能性があるからです。

副業をする前には、就業規則を確認しましょう。

Q2.アラサーや40代の女性が始めやすい副業はある?

アラサーや40代女性でも始めやすい副業はあります。

特技を活かせるものや、主婦なら家事の合間にできる在宅でできる副業がおすすめです。

副業は会社の規則に違反しなければ、誰にでもできるでしょう。

Q3.会社員の女性が土日にできる副業はある?

会社員の女性が、土日を使って副業することは可能です。

副業なら在宅でできる案件も多いので、本業と両立させながら取り組めるでしょう。

まとめ

  • 副業すると、年収全体をアップさせることができる
  • 明確にやりたい副業がない人は、副収入の目標金額に合わせて副業を選ぶ方法もある
  • 副業は自分の特技や趣味が活かせるものがおすすめ

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

Page Top