Paranaviトップ ノウハウ お金 手取り25万は一般的?それとも高い?具体的な生活レベルをチェック

手取り25万は一般的?それとも高い?具体的な生活レベルをチェック

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「手取り25万は少ない?平均的な額?」

結論からいうと、手取り25万円は高い・低いとは言い切れない、いわゆる「普通」の金額といえるでしょう。

全体平均からみると、年齢では30代後半あたりが手取り25万円という人が多い傾向にあります。

ここでは、手取り25万円が高いのか低いのかを徹底比較し、手取り25万円は具体的にどんな生活になりそうかシミュレーションしていきます。

記事内容

    手取り25万円の額面月給と年収

    地域や年齢、前年度の収入などによって控除額が変わるため個人によって差はありますが、一般的に手取りの額は額面の75~85%になるといわれています。

    会社員や公務員の方で手取り25万円の場合、額面月収は約30万円となります

    手取り25万円の年収(ボーナスなし)

    ボーナスが支給されない場合、手取り25万円の人の年収は360万円ほどになるでしょう。
    (※計算方法:額面月収30万円×12か月)

    手取り25万円の年収(ボーナスあり)

    ボーナスありの場合、上記の360万円にボーナス数か月分を追加して計算します。

    ボーナスが月給1か月分で年に一回支給される場合、360万円に一ヶ月分の30万円を足して390万円ほどが年収です。

    手取り25万円は高い?低い?一般的な月給の平均

    手取り25万円は、平均から見ると高いのでしょうか、低いのでしょうか?

    令和2年賃金構造基本統計調査」によると、世代別の平均月給は以下のようになります。

     

    年齢 平均月給
    ~19歳 179,600円
    20~24歳 212,100円
    25~29歳 244,600円
    30~34歳 274,400円
    35~39歳 305,200円
    40~44歳 329,800円
    45~49歳 347,400円
    50~54歳 368,000円
    55~59歳 368,600円

    地域や年齢によってひかれる額は変わってきますが、この額から健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料などを数万円程度が控除された額が手取りとなります。

    この調査では、手取り25万円は35~39歳では平均、34歳未満の年齢では平均より多く、40歳以上では平均より少ないといえるでしょう。

    男女別の平均月給

    手取り25万円は、男女別にするとどの年代で一般的といえるのでしょうか。

    厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査 性別」によると、男性の月給の平均は30~34歳で289,200円、35~39歳で328,300円となっています。

    一方、女性の場合は全年代の平均が251,900円と、平均額で30万に達する年代がありません。

    男性の場合は手取り25万円は30代の平均で、女性の場合はどの年代においても平均より高いといえるでしょう。

    雇用形態別の平均月給

    雇用形態でも平均月給は変わってきます。

    厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査 雇用形態別」によると、正社員の月給の平均は30~34歳で282,800円、35~39歳で316,300円となっています。

    一方、正社員以外の働き方(非正規雇用など)の場合、全世代での平均が214,800円と、平均額で30万に達する世代がありません。

    正社員であれば手取り25万円は30代の平均といえ、正社員・正職員以外の場合はどの世代でも平均より高いといえるでしょう。

    地域別の平均月給

    各都道府県では、手取り25万円が多いのか少ないのかをみていきます。

    厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査 都道府県別」によると、手取り25万円が平均といえるのは以下の都道府県です。

    • 茨城(301,000円)
    • 埼玉(301,500円)
    • 千葉(302,100円)
    • 滋賀(301.500円)
    • 兵庫(301.500円)

    手取り25万円は、東京や大阪など首都圏に近い都市部の平均額といえるでしょう。

    仕事別の平均月給

    各業種では、手取り25万円が多いのか少ないのかをみていきます。

    厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査 産業別」によると、手取り25万円が平均の業界は以下があげられます。

    • 男性の場合:生活関連・サービス業・ 娯楽業(300,700円)
    • 女性の場合:教育・ 学習支援業(306,900円)

    業種で手取りは変わるものの、男性の30代・40代では多くの業界で手取り25万円が平均となっています。

    手取り25万円のリアルな家計・生活費イメージ

    手取り25万円のリアルな家計・生活費イメージ
    手取り25万円で、どのような生活ができるかを具体的にシミレーションしていきます。

    総務省統計局「家計調査(家計収支編)総世帯 詳細結果表」を参考に、暮らし方別の生活費の内訳をみていきましょう。

    独身・1人暮らしの場合

    一人暮らしの場合、生活費の平均は以下の通りです。

    独身・1人暮らしの生活費の平均

    • 食料 38,257円
    • 住居  20,948円
    • 光熱・水道 11,686円
    • 家具・家事用品 5,293円
    • 被服及び履物 4,692円
    • 保健医療 7,029円
    • 交通・通信 18,217円
    • 教育 0円
    • 教養娯楽 15,452円
    • その他の消費支出 28,932円
    • 合計:150,506円

      手取り25万円なら、生活費をのぞいた残りの10万円が自由になるお金です。

      住む地域によっては家賃が高額になりますし、結婚祝いなど突然の高額な出費も考えられます。

      生活は十分していけますが、計画的に支出をおさえなければ将来へのお金が残せません

      2人暮らしの場合

      2人暮らしの場合、生活費の平均は以下の通りです。

      家族二人暮らしの生活費の平均

      • 食料  66,543円
      • 住居 18,545円
      • 光熱・水道 19,459円
      • 家具・家事用品 10,990円
      • 被服及び履物  6,474円
      • 保健医療 14,821円
      • 交通・通信  33,976円
      • 教育 353円
      • 教養娯楽  21,387円
      • その他の消費支出  52,730円
      • 合計:245,278円

        パートナーが収入を得ているかどうかで生活の仕方は変わります。

        もしどちらかの収入がなく手取り25万円の給与だけでやっていく場合、自由になるお金は少なく余裕のある生活はできないといえるでしょう。

        家族5人暮らし

        家族5人暮らしの場合、生活費の平均は以下の通りです。

        家族5人暮らしの生活費の平均

        • 食料 94,673円
        • 住居 15,181円
        • 光熱・水道 25,134円
        • 家具・家事用品  15,397円
        • 被服及び履物  12,863円
        • 保健医療 13,747円
        • 交通・通信   50,138円
        • 教育 29,606円
        • 教養娯楽 30,831円
        • その他の消費支出 48,439円
        • 合計:336,009円

        収入がある人数が何人かによって、生活の仕方は変わります

        夫婦共働きでお子さんがいる場合、この平均より教育費や住居費などはかさむでしょう。

        手取りをアップさせるための転職方法3つ

        手取りアップのための転職方法転職で手取りをアップさせるための方法を紹介します。

        1. 転職エージェントを活用する
        2. 給与が高い業種へ転職する
        3. 同業種に転職する

        方法1.転職エージェントを活用する

        転職で手取りを上げたいのであれば、転職エージェントの活用が必須です。

        転職における給与交渉は内定が出る前がベストといえますが、転職エージェントを利用すると言いにくい手取りの交渉をキャリアアドバイザーに任せられます

        アドバイザーは企業側の採用の背景や経緯を把握しているため、「年収交渉をするべきかどうか」「どのタイミングで行うか」「どのくらいアップできそうか」なども熟知したうえで交渉をしてくれます。

        求人の希望を伝えることで、あなたに合った求人を見つけてくれるでしょう。

        関連記事:おすすめの転職エージェント18社を徹底比較|業種・サービス別にランキング【プロ監修】

        求人数の豊富さで選ぶならリクナビNEXT

        数多くある転職サービス、「登録先に悩みたくない」という方におすすめなのがリクナビNEXTです。

        求人の数や業種の豊富さは業界トップクラスで、ほかの求人サイトにないものでもリクナビNEXTなら見つかるでしょう。

        また、自分の経歴を登録しておくと企業側からオファーが来るシステムもあります。

        一般に公開してないレアな求人に出会える可能性もありますので、まずは経歴登録だけでもしておくのをオススメします。

        リクナビNEXTに経歴を登録してみる

        関連記事:リクナビNEXT(ネクスト)の評判や口コミは?最大限にサービスを使うコツ

        方法2.給与が高い業種へ転職する

        給与が上がらないのは、勤めている業界・職種の給与がほかの業種と比べて低いからかもしれません

        国税庁の「民間給与実態統計調査結果(令和元年)」をもとに、業種別の平均年収額をランキングにまとめました。

        業種 平均給与
        1 電気・ガス・熱供給・水道業 819万円
        2 金融業・保険業 571万円
        3 情報通信業 533万円
        4 製造業 475万円
        5 建設業 450万円
        6 複合サービス事業 423万円
        7 医療・福祉 414万円
        8 学術研究・専門・技術サービス業

        教育、学習支援業

        391万円
        9 運輸業・郵便業 390万円
        10 不動産業・物品賃貸業 378万円
        11 卸売業・小売業 318万円
        12 サービス業 308万円
        13 農林水産・鉱業 219万円
        14 宿泊業・飲食サービス業 194万円

        その業界にいるかぎり思うように上げられないなら、異業種への転職も検討してみましょう。

        方法3.将来性のあるスキルを身に着けて転職をする

        ただ異業種へ転職するといっても、なかなか未経験で給料アップは狙えないかもしれません。

        そんなときは、スキルアップをしてから転職することを考えてみましょう。

        たとえば、プログラミングなどのITスキルは需要も高く将来性のあるスキルですので、身に着けておいて損はないでしょう。

        プログラミングスクールは転職サポートがいっしょになっていることも多く、スキルが身につくうえ転職までできるのでおすすめです。

        未経験からエンジニアを目指すなら侍エンジニア

        侍エンジニア塾は、現役エンジニアからマンツーマンでレッスンが受けられるレベルの高いプログラミングスクールです。

        ひとりひとりのスキルレベルに合わせて作られるオーダーメイドのカリキュラムなので、プログラミング初心者でもはじめやすく続けやすいといえるでしょう。

        実際、利用者の90%が未経験からはじめているにも関わらず、途中で挫折した人は8%と低い割合です。

        申込の前に、まずは無料カウンセリングで学習の相談をしてみるのがおすすめです。

        無料カウンセリングを申し込む

        関連記事:侍エンジニア塾の評判や口コミは?悪い評判も良い評判もまとめて紹介

        方法4.同業種に転職する

        同業種から同業種への転職なら、給料が下がることはまずないといっていいでしょう。

        実績とスキルさえ認められれば即戦力として転職できるため、手取りアップが見込めます

        同業種でも、会社によって手取りは違います。

        転職エージェントなどを活用して、いまの会社より条件の良い会社を探してみましょう。

        即戦力採用で手取りアップを目指すならBIZREACH(ビズリーチ)


        ビズリーチは、保有する求人の3分の1が年収1,000万円以上というハイクラス向け転職エージェントです。

        経歴を登録すると、あなたに魅力を感じた企業やヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます

        「条件の良い求人があれば応募したい」「自分の市場価値を知って、どれくらいの手取りに挑戦できるか知りたい」という方におすすめです。

        ビズリーチでスカウトを待つ

        関連記事:ビズリーチの評判は?口コミからわかるBIZREACHで審査落ちや有料コースがある理由

        転職以外で手取りアップを目指す方法

        手取りをあげるためにできることは転職だけではありません。

        ここからは、転職しないで手取りを上げる方法を紹介します。

        1. 副業で総収入を増やす
        2. 節税対策をする

        1.副業で総収入を増やす

        総収入を増やすには、本業にくわえて副業をするという方法もあります

        副業は収入を増やすだけでなく、自分のスキルアップにもつながります。

        また、本業で収入が途絶えたときのリスクヘッジにもなるでしょう。

        まずは本業の就労規定を確認し、副業が可能かどうかを確かめましょう。

        質問に答えて自分に向いている副業を診断!

        副業診断をしてみる

        副業をはじめるのにおすすめのサービス1.クラウドワークス


        クラウドワークスは、日本最大手のクラウドソーシングサイトです。

        クラウドソーシングとは、ウェブ上で企業が個人向けに仕事を依頼するサービスを指し、個人が簡単に仕事を請け負うことができる人気の副業サービスです。

        なかでもクラウドワークスは国内で最多数の利用者数を誇っており、副業初心者でも安定して仕事を受注しやすいでしょう。

        また、クラウドワークスが発注者の仲介をしているため報酬の未払いも起きにくく、安心して仕事を受けることができます。

        クラウドワークスで副業をはじめてみる

        副業をはじめるのにおすすめのサービス2.ヴィーナスウォーカー


        ヴィーナスウォーカーは、女性が登録できる美容モニターサイトです。

        モニターとは、無料や割引料金でエステや新しい化粧品を体験して、その体験を企業に報告することで報酬をもらうお仕事のこと。

        ヴィーナスウォーカーは美容アイテムやコスメ用品のモニターなど、女性にうれしいモニター案件があることで人気です。

        「お金を稼ぎながら自分磨きもしたい」という女性におすすめです。

        ヴィーナスウォーカーで美容モニターをはじめる

        2.節税対策をする

        収入額を増やすのではなく、引かれる税金額を低くして手取りを上げることもできます。

        代表的な節税対策であげられるのは、「医療費控除」や「生命保険控除」などでしょう。

        医療費は年間10万円を超えると一定の控除が受けられますし、生命保険などもかけている保険料に応じた金額が控除されます。

        どんな控除をうける権利があるのか、一度確認してみるのがオススメです。

        手取り25万円に関するQ&A

        手取り25万円に関する疑問をまとめました。

        Q1.手取り25万円で貯金はできる?

        手取り25万円は、一人暮らしであれば十分貯金ができる額といえます。

        貯金額を増やしたければ、家賃や通信費など生活のために必ずかかる「固定費」を見直してみましょう。

        毎月額が変わる食費や趣味に関する出費などは、長期的に継続して減らすことができないため節約の効果は見込めません。

        とはいえ、節約にも限界があるので、貯金を効率的に行うなら転職して収入を上げることも積極的に検討すべきといえるでしょう

        Q2.仕事を辞めないで手取りをアップさせるおすすめの方法は?

        手取り収入を増やしたい、しかし今の仕事を辞めたくないという方におすすめなのが副業です。

        以下の条件が揃っている場合には副業を検討してみるのもよいでしょう。

        • 本業で副業することが認められている
        • 副業で年収20万円を超えた場合には確定申告を行う必要がある
        • 本業以外の時間を費やす必要があるため、プライベートの時間が削られる

        \サクッと副業をはじめたい方におすすめのサービス/

        クラウドワークスで副業をはじめてみる

        Q3.40代で手取り25万円は低い?

        全国的な平均でいえば、30代後半の平均月収が手取り25万円なので、「少し低い」といえるかもしれません。

        ただ、手取り額は業種や年齢・性別、働いている地域などに大きく左右されます

        そのため、40代で手取り25万円が一律で低いとはいえません。

        まとめ

        • 手取り25万円は、額面で約30万円、年収にすると約360万円程度で、全国均でみると30代後半の平均といえる
        • 一人暮らしであれば十分生活していけるが、生活環境次第では余裕はない
        • 転職で給与アップを目指すなら転職エージェントを活用しよう

        SHARE

        Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
        アバター
        Writer パラナビ編集部

        VIEW MORE

        パラナビオンラインサロン
        Page Top