Paranaviトップ 企業の声 副業関連サービス Uber Eats(ウーバーイーツ)で副業する方法やメリット・デメリットを紹介

Uber Eats(ウーバーイーツ)で副業する方法やメリット・デメリットを紹介

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Uber Eats(ウーバーイーツ)で商品配達して副収入を稼ぐ人が増えており、会社員の副業にぴったりだと評判になっています。

どうやってUber Eatsの副業を始めるのかや、稼ぎ方・本業との兼ね合いについて説明します。

好きな時に働ける副業【Uber Eats(ウーバーイーツ)】

Uber Eats(ウーバーイーツ)の働き方は「アルバイト」ではなく、Uber Eats(ウーバーイーツ)側から個人が仕事を受けるという「業務委託」の形式です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用する際のアカウント登録は無料ででき、シフトもないので好きなときに働くことが可能です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で働くための方法は2つで、ひとつはUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録して働く方法と、もうひとつは個人事業主として働く方法があります。

個人事業主の場合、自分で事業を独立・継続・反復している人を指し、税務署に開業届を出して仕事を行うスタイルです。

自分の好きなタイミングで働くことができるため、本業とバランスを取りやすいメリットがあります。

インセンティブ制度の活用で、時給約1,000円以上が目指せる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の収入は1件当たり約500円で、内訳は受け取り料金・受け渡し料金・距離料金です。

配達に慣れてくると配達数をこなせるので、時給を上げやすいという魅力があります。

さらにUber Eats(ウーバーイーツ)には、 「インセンティブ制度」という雨の日や休日、注文の多いお昼時などに発生する追加報酬が存在します。

インセンティブ制度を活用することで、1日当たりの売上金額をさらに上乗せして増やすことができるでしょう。

たとえば、需要もリスクも高まる雨の日の配達や土日など、忙しい曜日・時間端を狙った配達・配達経験を増やすことで、収入を効率良く増やしていけます。

また、曜日や時間帯以外にも、自分がたびたび利用している場所など土地勘があるエリアの配達なら、よりスムーズな配達が可能になるため、配達件数が稼ぎやすいでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、自分に合った方法を取り入れてコツコツと取り組むことで、時給約1,000円以上を目指すことが可能です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で副業を始める前の注意点は4つ

UberEatsで副業を始める前の注意点

実際にUber Eats(ウーバーイーツ)で副業を始める前に気を付けておきたい点について見てみましょう。

具体的な注意点は、以下の4つです。

1.Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達中の事故は労災保険が適用外

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行っている際、万が一事故に遭った場合は傷害補償制度があります。

ただし、一般的な企業で勤務時間中にケガをした場合に適用される労災保険は適用外となっています。

理由はUber Eats(ウーバーイーツ)が配達車を直接雇用していないため、労災保険が適用外となっているからです。

しかし、2019年10月からは傷害補償制度が開始され、「配達中」の事故に対して見舞金が出されるようになりました。

Uber Eatsの公式ページでは、以下のように規定されています。

Uアプリで配達依頼を了承した時から、注文品を店舗から受け取り、配達が完了するでの間。注文のキャンセルが入った場合は、配達が完了したとき、もしくは注文キャンセルのどちらか早い方とする

 

医療費・最大25万円、死亡時・最大1千万円、葬儀費用・100万円までの補償がありますが、バイクや自動車のように自身が加入している保険の適用がない限り、この傷害補償制度しか利用できない点には注意しましょう。

2.Uber Eats(ウーバーイーツ)での副業は18歳未満だとできない

Uber Eats(ウーバーイーツ)で副業を始めることができるのは、18歳以上の人のみです。

未成年や学生で身分証明書を持っていないという場合には、学生証と健康保険証を提出することも可能です。

年齢をごまかしたりせず、ルールを守って行いましょう。

3.Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達員の副業をしたら確定申告は必須

Uber Eats(ウーバーイーツ)で副業をする場合、基本的に確定申告をしなくてはなりません。

なぜなら、Uber Eats(ウーバーイーツ)の副収入が、会社員の確定申告をしなくてはならない基準となる年間20万円以上の収入であっても、業務委託で得た収入のため、源泉徴収されていない場合があるからです。

源泉徴収とは、報酬を受け取る時に国に納めるべき税金を差し引くことですが、源泉徴収されていない場合は報酬を受け取ったあと、自分で確定申告をして税金を支払わなくてはならないということです。

つまり、会社員がUber Eats(ウーバーイーツ)での副業を始めた場合には、基本的に毎年20万円未満の収入であっても確定申告をしなくてはならないと考えておきましょう。

無料で使える確定申告サイト「freee」

確定申告と聞くと難しそうに感じますよね。

そこでおすすめするのが、無料で使える確定申告サイト「freee」。

ステップに沿って必要項目を入力していくだけで、簡単に確定申告を完了することができます。

「freee」で確定申告書を自動作成したら、税務署に提出するだけ。

さらにマイナンバーカードとカードリーダーがあれば、自宅からでもすぐに提出することができます。

  • 簿記の知識がなくても家計簿感覚で入力できる
  • 税金関係も質問に答えるだけで自動計算してくれる

会計に関する知識がゼロでも、簡単に確定申告をすることができるのでおすすめですよ!

確定申告を簡単に終わらせられる「freee」

4.Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達バッグは4,000円の費用がかかる

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達には専用の配達バッグが必要で、登録センターでアカウント登録をした後に支給されます。

配達バッグは無料で配布されますが、保証としてバッグ代金4,000円分が4週間ごとの給与から差し引かれることになるため、副業開始の初年度は注意しなくてはなりません。

ただ、もちろんUber Eats(ウーバーイーツ)での副収入が0円の場合は控除されることはないため、お金がないのに支払いをしなくてはならないということはありません。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)を辞める際、バッグを返却すると保証金の4,000円が返却される仕組みになっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で副業する前に準備すべきものは3つ

副業する前に準備するべきもの

Uber Eats(ウーバーイーツ)で副業をする際に準備しておかなくてはならないものがあります。

実際に副業をすることを考えている方は、ぜひチェックしておきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の副業で必要なのは、以下の3つです。

1.配達で使う乗り物の整備や用意

配達を徒歩で行うには限界があります。

そのため、自転車・原付バイク・自動車か125cc超えのバイクなどを用意しておきましょう。

配達用の乗り物がない場合、Uber Eats(ウーバーイーツ)の提携先なら月額4,000円で車両レンタルをすることが可能ですが、納車完了までに最短でも1日かかります。

よって、乗り物はあらかじめレンタルを済ませておく必要があります。

自分の所有する乗り物を使う場合は、自転車のパンクに注意・自動車やバイクのガソリンを補給しておき、乗り物の保険は万が一に備えて必ず加入しておきましょう。

2.アプリを使う際のスマホと充電器

配達にはUber Eats(ウーバーイーツ)の専用アプリが必要になるため、スマホにあらかじめダウンロードしましょう。

また、スマホのアプリを起動している間が就業可能時間となるため、スマホの充電は常に100%にしておくことを意識すると良いでしょう。

万が一に備えて、スマホの予備のバッテリーを持っておくのがおすすめです。

3.配達時に身に付ける帽子やグローブ

配達は外のため、配達中に身に付ける帽子やグローブなどを用意しておきましょう。

帽子は日よけとして使えるのはもちろん、移動中の風による髪の乱れを防ぐことも可能です。

グローブは自転車・バイクなどの配達をする際、手の疲れを軽減できるでしょう。

少しでも多くの配達をして収入を得たいという場合、いかに効率的に配達ができるかがカギとなるため、快適に配達ができるよう工夫をすると良いでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で副業を始めるメリットは4つ

Uber Eats(ウーバーイーツ)で副業を始める人が増えていますが、そのメリットは多くあります。

どのようなメリットがあるのか、以下の4つの理由について見てみましょう。

1.シフト制ではないので、自分のペースで働ける

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事はシフト制ではないため、自分の空いた時間を有効活用して副業をすることが可能です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の専用アプリをオンラインにし、仕事の依頼を受けられる状態にしておけば配達依頼が来るため、気軽に始めやすいでしょう。

注文を受けて配達が終わると収入になるため、オンライン中にどれだけ多くの配達を完了させたかで収入が変わる「出来高制」です。

つまり、オフラインの間は仕事を受ける必要がないため、本業とのバランスを取りやすいと言えるでしょう。

2.副業で働いた分の給与を翌週に受け取れる

アルバイトも社員も、報酬は月に1度で支給されることがほとんどですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の場合、働いた翌週の水曜日に報酬として受け取ることが可能です。

よって、急な出費にも対応しやすいでしょう。

締め日は毎週月曜日の午前4時、翌週水曜日に入金され、報酬は海外から登録された給与口座に振り込まれる仕組みです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬の受取には、海外に対応している三井住友銀行や三菱UFJ銀行がおすすめです。

一方で、ゆうちょ銀行や信用金庫、ネット銀行の登録は対応していないため利用できないので注意しましょう。

3.インセンティブ制度があるので副収入を増やしやすい

Uber Eats(ウーバーイーツ)にはインセンティブ制度があります

インセンティブはランチやディナー時、土日などの忙しい時期にもらえるインセンティブと配達数を伸ばすともらえるインセンティブなど、さまざまなインセンティブが用意されています。

  • 「ブースト」と呼ばれる曜日・時間帯・配送料で変動があるインセンティブ
  • 「ボーナス制度」と呼ばれる指定された時間に配達するともらえるインセンティブ

他にも不定期に開催されるインセンティブのイベントがあるため、インセンティブ制度を活用するとより効率良く副収入を増やすことができるでしょう。

4.働きながら日頃の運動不足も解消できる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の副業を積極的に取り組むことで、日ごろの運動不足解消にもつながるというメリットがあります。

お金を払ってわざわざジムに行くよりも、Uber Eats(ウーバーイーツ)で副収入をもらいながら効率的に運動できるのでおすすめです。

そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)を始める人は体力に自信がある人、体を動かすことが好きな人に特におすすめです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で副業を始めるデメリットは5つ

さまざまなメリットがありましたが、Uber Eats(ウーバーイーツ)で副業を始める際のデメリットについてもチェックしておきましょう。

実際に始めてみて思っていたのと違うとならないようにあらかじめデメリットを理解しておくとイメージの違いを防ぐことができます。

1.アルバイトや正社員ではないので【労災保険】が下りない

前述のとおり、Uber Eats(ウーバーイーツ)はアルバイト・社員などのように雇われて配達の仕事をするのではなく、配達パートナーとして「業務委託」をする形式で仕事をします。

アルバイトや正社員になれば、配達時間を含む勤務時間中に何らかの事故、ケガを負った場合には労災保険が適用されます。

一方でUber Eats(ウーバーイーツ)の場合は直接的に個人を雇っているわけではないため、労災保険の適用外になってしまいます。

仮に、配達中に事故に遭ってしまうと、傷害補償制度の25万円の支給しかなく、それ以外の治療費はすべて自己負担になってしまうことを知っておきましょう。

そのため、配達に自転車・バイクなどどのような方法を用いるにしても、事故にはじゅうぶんに気を付けなくてはなりません。

2.事故に遭う可能性が高い

Uber Eats(ウーバーイーツ)はバイクや自転車などを使って、さまざまな場所へ配達をする仕事です。

さらに、料理が冷めたり傷んだりしないようにスピーディーに配達をしなくてはならないため、配達中は必然的に急ぐことになります。

そのため事故のリスクが高く、特に昼時や土日など人も車も多い日にはさらに事故のリスクが高まってしまうため、細心の注意を払わなくてはなりません。

どんなに気を付けていても相手側の不注意で事故に巻き込まれる可能性もあるため、少しでも品物を早く届けようとすることは大切ですが、自分の身の安全を守るためにも事故には気を付けましょう。

3.けがや体調の管理が難しく、体調が万全でないと副業ができない

Uber Eats(ウーバーイーツ)で副業をすると、体調管理やケガの管理が難しくなると言えます。

理由として、配達員は身体が資本であり、体調を崩すと副業ができなくなってしまうからです。

特に真夏・真冬は気温の寒暖差も大きく、日によって体調を崩しやすくなるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の副業で稼げる金額は体調にも左右されやすいことを知り、本業に支障が出ないように体調管理を徹底することを意識しなくてはなりません。

4.自転車だと体力面が厳しい

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達には自転車を利用する人も多く見られますが、数時間かけて何件もの配達をこなすため、通常の自転車だと体力面でかなり厳しいでしょう。

電動自転車やロードバイクなどのスムーズに移動できる乗り物を用意するのがおすすめです。

もし普通の自転車しかない場合は、レンタルや購入をする方法もありますが初期費用がかかるので注意しましょう。

5.悪天候の日は配達しにくい

悪天候の日は自転車に限らず、どんな配達方法も配達が難しいでしょう。

特に悪天候の日はスリップしやすい、渋滞しやすい、商品をしっかり保護しながら届ける必要があるなど、とても配達しづらくなります。

しかし、悪天候の日はオフィスや家から出たくないという方が多いため、逆に配達の需要が高まるとも言えるでしょう。

また、雨の日の配達はインセンティブが付き、効率的に副収入を増やせるチャンスでもあります。

悪天候の日の配達は事故に気を付けて、無理をしないようにしましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達員として副業を始める方法は2STEP

Uber Eats(ウーバーイーツ)を実際に始める方法は以下の流れです。

どのような流れでUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員になれるのか、具体的な登録方法を見てみましょう。

1.基本情報の登録と身分証などの必要書類の提出

基本情報と必要書類の提出を済ませる必要があります。

基本情報は氏名・メールアドレス・電話番号・パスワード・都市(自宅の近くがおすすめ)・給与振り込み用の銀行口座などが必要で、もし招待コードがある場合は入力します。

必要書類は配達に使用する乗り物によって異なります。

  • 自転車の場合:身分証明書と証明写真
  • バイク(原付)の場合:運転免許証・自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)・ナンバープレート・プロフィール写真
  • 軽自動車やバイク(125cc以上)の場合:運転免許証・車検証または軽自動車届出済証・自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)・任意保険または自動車共済証書・ナンバープレート・証明写真

自転車以外乗り物を使用する場合、自分で保険に加入しておかなくてはなりません。

2.登録センターでアカウントの有効化

Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録センターへ、実際にアカウントの登録に行きましょう。

登録センターに行く際には事前の予約は不要ですが、念のため確認書類などがあるとスムーズに手続きができるでしょう。

所要時間は30分ほどで、登録手続き後に配達用のバッグを支給されます。

ただ、2020年5月現在、新型コロナウイルスの影響で感染予防のために登録センターが休ししているため、予約センターへの問い合わせをしましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達する手順は4STEP

Uber Eats(ウーバーイーツ)で実際に配達する手順について見てみましょう。

実際の業務内容になるため、これからUber Eats(ウーバーイーツ)で副業をしたいと考えている人はしっかりと流れを理解しておく必要があります。

1.アプリをオンラインにして、配達依頼が来るまで待機

まずは、専用のアプリをダウンロードして「オンライン」状態にしておきます。

アプリをオンラインにしておくことで、Uber Eats(ウーバーイーツ)の勤怠管理の役割となるため、オンライン後は配達依頼が来るまで待機しましょう。

また、待機中はいつでも配達を受けられるような状態にしておき、依頼が来たときすぐ反応できるようにしましょう。

2.1分以内に配達のリクエストを承認

配達のリクエストが着たら、1分以内に承認します。

1分を過ぎて放置すると、リクエストは他の配達者に移ってしまうため注意しなくてはなりません。

リクエストの承認をしたら、その後は商品を受け取るお店の情報が表示されるのを待ちましょう。

3.店舗に商品の受け取りに行く

どのお店に受け取りに行けば良いかがわかったら、店舗に向かいましょう。

アプリの画面上に地図が表示されるので、これを参考にして受け取り先のお店へ。

この地図には自分の現在地も表示されるため、地図を読むのが苦手な方も迷いにくいというメリットがあります。

商品を店舗で受け取ったら配達バッグへ移し、配達中にこぼれないように注意しながら運びます。

4.注文された商品を配達

最後に、店舗で受け取った商品を注文者の自宅に届けます。

注文者の自宅へは、店舗への受け取り同様にアプリ上の地図を見ながら向かいましょう。

万が一道に迷っても、アプリで注文者とダイレクトチャットができるため安心して配達ができます。

商品を渡したら終了で、配達後に注文者と店舗から任意で評価がつけられることがありますので確認しましょう。

この評価、低評価が増えると配達リクエストが回ってきづらくなる可能性があるため、注意して配達をするように心がけましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の副業で収入を増やすコツは3つ

UberEatsの副業で収入を増やすコツ

Uber Eats(ウーバーイーツ)での副業の流れがわかったところで、続いてはさらに収入を増やすための3つのコツは以下です。

多くの配達員がいる中で、どのようなことに取り組めば収入を増やすことができるのかを見てみましょう。

1.副収入から必要経費を精算して節税する

Uber Eats(ウーバーイーツ)の副収入から、必要経費は精算して節税をしましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で得た収入は、個人事業主の場合は「事業所得」に、それ以外が「雑所得」に当てはまり、それぞれ経費を控除することができます。

つまり、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達時に使用した以下のようなものを経費精算できます。

  • ガソリン代
  • 自動車やバイクの保険料
  • 帽子やグローブ
  • 携帯電話の通信料

事業所得から必要経費を控除することで、副収入の金額から課税される部分が少なくなり、確定申告時に納める税金を少なくすることが可能です。

2.サービス開始直後の配達エリアで「時給保証制度」を利用する

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達エリアは拡大中ですが、新規のエリアやサービス開始直後のエリアは最初の数か月間のみ、時給の保証があるのでおすすめです。

なぜなら、サービス開始直後のエリアは配達リクエストの件数を予測できないため、通常のように出来高制だと報酬が得られないからです。

未開発のエリアで配達をすると単価アップを目指すことができるため、効率良く収入を増やせるでしょう。

3.需要が高い都市部で配達する

Uber Eats(ウーバーイーツ)でより需要が高いのは、都市部です。

新宿や渋谷などの都市部はもちろん、最初にサービスが導入された港区がおすすめです。

都市部の需要が高いエリアで配達をすれば、収入を効率良く増やせるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の副業を始める際のQ&Aは3つ

UberEatsで副業を始める際のQ&A

Uber Eats(ウーバーイーツ)の副業を始める際に気になるQ&Aについて見てみましょう。

「副業」として、本業とともに並行する際の注意点や税金などの気になる点をまとめました。

Q1.Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達員の副業をすると会社にバレる?

Uber Eats(ウーバーイーツ)での副業は、副業禁止の会社で副業するのは避けた方がよいでしょう。

なぜなら、副業禁止の会社での副業がバレると就業規則違反で解雇になる可能性があるからです。

たしかにUber Eats(ウーバーイーツ)の副業は個人事業主になるので会社にバレにくいでしょう。

ただ、Uber Eats(ウーバーイーツ)の特性上、配達しているところを誰かに見られたり、収入が増えて税金の請求額が変わったりすることで会社にバレる可能性があります。

就業規則で副業が禁止されている会社の場合、副収入が解雇理由になる可能性があるので黙って副業する行為は控えましょう。

Q2.Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員になる際にマイナンバーの提出は必要?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員になる際、マイナンバーの提出は必須ではありません。

自転車で配達する際に提出しなくてはならない身分証明書は、マイナンバーを使うことが可能です。

ただ、身分証明書はパスポートや運転免許証など他のものを用いることもできるため、提出したくない場合はマイナンバーを使わなくても良いでしょう。

Q3.Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で得た副収入はふるさと納税で節税できる?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の副収入を使い、ふるさと納税で節税することは可能です。

ただし、ふるさと納税を使うと、住民税の徴収は普通徴収を選べないことがあるので注意しなくてはなりません。

普通徴収とは、自宅に住民税の請求書が届き、自分自身で支払いをする方法のことです。

会社の給与から住民税を差し引いて納付するのは特別徴収といい、普通徴収であれば会社に知らせることなく自分で住民税の支払いをすることができるというメリットがあります。

副収入でふるさと納税をすると節税できるものの、住民税の支払い方法は選択できない場合があることを知っておきましょう。

まとめ

まとめ

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の副業は、業務委託を受けておこなうのでアルバイトと雇用形態が異なる
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の副業はシフト制ではないので、時間の自由が利く
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の副収入はインセンティブ制度があるので収入UPが目指せる

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top