Paranaviトップ ノウハウ お金 株式投資型クラウドファンディング「ユニコーン(UNICORN)」の口コミ・評判と注意点

株式投資型クラウドファンディング「ユニコーン(UNICORN)」の口コミ・評判と注意点

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

AIなど最先端技術に投資ができる「ユニコーン(unicorn)」に注目が集まっています。

株式投資型クラウドファンディングの中でも、成長が期待できる未上場のベンチャー企業に投資できると話題の「ユニコーン」。

今回は、ユニコーンで投資をした人の口コミや評判、注意点を紹介します。

「ユニコーン(UNICORN)」とは株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム

ユニコーンは2019年に運営を開始した株式投資型クラウドファンディングサイトです。

扱う案件数も増えており、今後期待が高まる株式投資型クラウドファンディングサイトの一つです。

株式投資型クラウドファンディングとは?

インターネットを介して不特定多数の人々から少額ずつ資金を調達することをクラウドファンディングといいます。

このクラウドファンディングの形式で株式を購入する仕組みが「株式投資型クラウドファンディング」です。

上場前のベンチャー企業の株式を多数の投資家が少額ずつ購入し、将来上場や企業売却をしたときに大きな売却益を期待できます。

一方、企業側は資金調達や会社のPRができ、双方にとってWin-Win(ウィンウィン)の関係性が築ける仕組みです。

ユニコーン(株式投資型クラウドファンディング)の特徴3つ

ユニコーン(株式投資型クラウドファンディング)の特徴3つ

ユニコーンにはどんな特徴があるか見ていきましょう。

特徴1.未上場の成長企業に投資できる

クラウドファンディングの方法で多くの投資家から資金を少しずつ集めて企業への投資を行うユニコーン。

ユニコーンでは、提供する案件のコンセプトとして「社会の課題を解決する可能性を有する企業」「最先端技術で社会を豊かにする企業」としています。

扱う出資案件は、今注目されるAI(人工知能)やIoT関連のテクノロジー分野、ヘルスケア分野などの最先端技術に関したものが中心です。

こうした今後の成長が期待される業界や企業に投資できます。

Unicornの公式サイトを見る

特徴2.金融のプロが運営している

運営元である株式会社ユニコーンには、投資銀行や証券出身の金融のプロが多く在籍しています。

そのため、他社に比べてネットワーク、情報力、目利き力が優れています。

しっかりと審査が行える体制があり、優良な案件が揃うのが特徴です。

特徴3.社会貢献性の高い技術やサービスに関われる

ユニコーンが扱う出資案件であるAIやIoTなどの最先端技術は今後、社会の課題解決に繋がる分野として期待されます。

環境問題や高齢化、労働力不足など社会にはびこる様々な問題に有用とされるテクノロジーだからです。

利益のみならず、「社会貢献度の高い企業に投資したい」と考える投資家にとっては魅力的です。

ユニコーンで投資を行うメリット

ユニコーンで投資を行うメリットは何があるでしょうか。

メリット1.成長企業の株主になれる

まだ世に広く認知されていない、将来性のある成長企業の株主になれるのがメリットと言えます。

様々な金融機関やVC(ベンチャーキャピタル)よりも早い段階で投資が可能です。

いずれ上場やIPOなどがあった場合、恩恵を受けることができます。

※VC(ベンチャーキャピタル)とは……ベンチャー企業やスタートアップ企業など、高い成長が予想される未上場企業に対して出資を行う投資会社

メリット2.大きな利益を狙える

ユニコーンでは投資金額に応じて企業から定期的に株主優待が受けられます。

また、もし投資先の企業の株式上場(IPO)や合併買収(M&A)があれば保有する株式を売却することも可能です。

投資を行ったときよりも企業価値が大きくなっていると考えられるので、大きな利益が狙えます。

メリット3.間接的に社会問題の解決に寄与できる

社会問題を解決するために最先端技術を提供する企業を応援できます。

そうした企業を応援することで、社会を豊かにしたり社会問題を解決することに間接的に関われるのです。

投資によって社会問題の解決に寄与できるというのは、何ものも代えがたい喜びになります。

ユニコーンで投資を行う際の注意点

ユニコーンで投資を行う際の注意点

一方、デメリットもあるので一つひとつ確認しましょう。

3つの注意点

  1. 注意点1.倒産のリスクがある
  2. 注意点2.短期間で簡単に利益は出ない
  3. 注意点3.購入した株は現金化が難しい

注意点1.投資先企業の倒産のリスクがある

一番知っておくべきなのが倒産のリスクがあるということです。

ユニコーンで扱う企業は経営状態も健全ですが、万が一プロジェクトに失敗したり、経営が行き詰まった場合、最終的に倒産もあり得ます。

資本力が限られるベンチャー企業は、常に倒産リスクがあることを認識しておきましょう。

注意点2.短期間で簡単に利益は出ない

株式投資型クラウドファンディングで利益を出すには、イグジットすることが必要です。

イグジットとは、投資先の企業の株式上場(IPO)や合併買収(M&A)により第三者へ売却して投資回収することを指します。

ベンチャー企業はまだ設立から日が浅く、プロジェクトが成功したとしても上場するには社内体制を整えたり資金力を増やすなどが必要となり、すぐにイグジットとはいきません。

長期的視点で株式を持ち続けてベンチャー企業を応援する気持ちが必要です。

注意点3.購入した株は現金化が難しい

株式投資型クラウドファンディングで購入した株の現金化は難しいです。

株式市場に出回っていないため、自由に売買することができず、売却できるのはイグジットしたときのみです。

売却したいときにできない可能性が高いので、緊急で現金が必要な人は投資に回さないように注意しましょう。

ユニコーンに関する良い評判・口コミ

ユニコーンを利用している投資家から寄せられた評判・口コミを見てみましょう。

良い評判・口コミ1.少額から投資ができる

10万円程度からの少額で株式を購入できます。

これは国内の株式投資型クラウドファンディングでは一番低い金額です。

他のサービスに比べて手軽にベンチャー企業への投資が可能です。

Unicornの公式サイトを見る

良い評判・口コミ2.上場企業が運営に関わっていて信頼できる

株式会社ユニコーンは株式会社ZUUと資本提携しています。

株式会社ZUUは、月間400万人を超える金融メディア「ZUU online」を運営する上場企業です。

これはユニコーンが株式投資型クラウドファンディングを運営する会社として、信頼を得ている理由でもあります。

ユニコーンに関する悪い評判・口コミ

ユニコーンに関する悪い口コミも確認しましょう。

悪い評判・口コミ1.案件数が少ない

ユニコーンは、2019年8月に株式投資型クラウドファンディングを開始しています。

これまでに募集された案件は20件。(2021年3月時点)

資金の募集はうまくいっていますが、開始してまだ日が浅いこともあり、投資家から見ると案件数が少ないのが現状です。

悪い評判・口コミ2.イグジットの実績がない

投資家に利益があるのは、イグジット(株式売買による投資回収)したときのみです。

ユニコーンが募集した案件では今のところまだイグジットが実施されていません。

収益化が実現できていないのは投資家にとって不安要素とも言えます。

ユニコーンでの投資がおすすめな人

ユニコーンを利用するのにおすすめな人は以下です。

  • ベンチャー企業を長期的に応援したい人
  • 余裕資金で大きな利益を上げたい人
  • 投資で社会貢献したい人

【手順】ユニコーンを始める手順

ユニコーンを始める手順

ユニコーンを始める手順は簡単です。

  1. ユニコーンのサイトにて会員登録
  2. 審査(2~3日かかります)
  3. ログイン情報の郵送(ログイン情報は簡易書留で届きます)
  4. 登録完了

ユニコーンに関するQ&A

ユニコーンに関するよくある質問を整理しました。

1.ユニコーンではいくらまで投資できる?

投資者1人あたり、1社に対して年間50万円まで投資できます。

2.会員登録のとき、審査はある?

主に以下の項目について確認されるなど、当社の基準に基づき審査を行っています。

  1. 反社会的勢力でないこと
  2. 取引時の年齢が20歳以上75歳未満であること
  3. 保有する金融資産が200万円以上であること
  4. リスク性の金融商品に対して1年以上の投資経験があること
  5. 日本国内に居住していること

まとめ

  • ユニコーンは未上場の成長企業へ投資できる株式投資型クラウドファンディング
  • AI技術やIoTなど社会貢献性が企業に投資ができる
  • 自由に現金化できないので余裕資金で投資を行う必要がある

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top