Paranaviトップ お仕事 転職 信用できない転職エージェントの見分け方|対処法とおすすめエージェント

信用できない転職エージェントの見分け方|対処法とおすすめエージェント

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「転職エージェントは信用できない!」と、転職エージェントの利用を悩んでいる方も多いのでは?

転職エージェントは、一人一人に担当者がつき、個々に合った転職活動のサポートをしてくれる心強いサービスです。

しかし、任せるエージェントが信用できないと、安心して転職活動が行えませんよね。

ここでは、信用できない転職エージェントの見分け方や、実際に信用できないエージェントにあたってしまった時の対処法などを紹介します。

「信用できない」転職エージェントの特徴4つ

信用できない転職エージェントの特徴

求人の紹介だけでなく、面接・書類の対策や面接日のスケジュール調整までサポートしてくれる、本来はとても心強い転職エージェントの存在。

しかし、中には「信用できない」転職エージェントがあるのも事実です。

まずは、信用できない転職エージェントに多い特徴を4つ紹介していきます。

利用しているエージェントが特徴に当てはまる場合は、「「信用できない」転職エージェントに引っかかってしまった時の対処法2つ」を参考に対処しましょう。

1.返信が遅い・連絡がつかない

信用できないエージェントは「連絡をしても、1日以上返信が来ない」、「連絡が途絶えてしまった」ということが多いです。

連絡へのレスポンスの早さやタイミングも、転職活動を成功させる重要なポイントと言えます。

そんな中で返信が遅かったり、なかなか連絡がつかないエージェントは信用できません。

連絡が来ない状態が続くのであれば、遠慮せず連絡しましょう。

2.希望条件と全く違う求人を紹介してくる

「希望を伝えても、その条件に合った求人を紹介してくれない」、「希望とまったく違う業種を紹介され続ける」などの対応をとる転職エージェントも存在します。

この場合、あなたに合う・合わないに関係なく、経歴に見合った「とりあえず受かりそうな会社」を紹介している可能性があります。

転職は縁なので、最初からぴったりの求人が見つかるとは限りません。

とは言え、希望を伝え続けても求人の質が改善されない場合は、信用できない転職エージェントと言えます。

3.希望関係なく大量の求人を紹介してくる

希望条件に関係あるなしに限らず、ただただ大量の求人を紹介してくるケースもあります。

抱えている求人数や種類が多い大手の転職エージェントの中には専門性が低いキャリアアドバイザーが一定数在籍しており、業界への理解が浅いため見当違いの求人を紹介してくる場合があります。

希望をしっかりと伝えているのにも関わらず、ただ大量の求人を紹介してくるアドバイザーは信用できません。

ただ、転職者本人の希望の伝え方が不明瞭であったり、ざっくりしすぎている場合にも大量の求人を紹介される可能性があることを覚えておきましょう。

4.すぐに結論を求めてくる

企業に応募する・内定承諾をするなどの際に、結論を急かしてくる場合もあります。

何社か受けているのに、1社だけしか内定が出ていない時点で承諾を迫ってくるということも。

転職先で働くのは転職者本人。決断を急ぐかどうかは働く本人が決めることで、転職エージェントの都合は関係ありません。

「応募者が多い」「応募の締め切りが近い」など、特別に急ぐ理由がないのであれば妥協する必要はありません。

希望や意見を聞かず、結論だけを求めてくるエージェントは限りなく信用できません。

転職エージェントが「信用できない」対応をとってしまうワケ

なぜ、転職エージェントが「信用できない」と思われるような対応をとったり、利用者によって転職エージェントの評価に波があったりするのでしょうか。

信用できない転職エージェントが存在するのは、「エージェントサービス」の仕組みに理由があります。

主な理由4つを見ていきましょう。

1.契約が成立して初めて報酬が発生する成果報酬型ビジネスだから

転職エージェントの多くは、転職者は無料で利用できます。

なぜなら、転職エージェントが転職者ではなく求人を出している企業から報酬を得ているからです。

「転職者に求人を紹介したとき」ではなく、「企業と転職者が雇用契約をむすんだとき」に初めて報酬が発生します。

すぐに内定承諾の結論を求めてくるのは、契約が成立しないと報酬が発生しないためです。

また、契約が成立した数だけ報酬が増えるため、企業から内定を受けやすい転職者を優先する傾向にあります。

転職に対する意欲が低いと思われたり、経歴的に紹介する求人が無いとアドバイザーが感じると、優先順位がさがり連絡もつきづらくなります。

2.達成ノルマがあるから

転職エージェントにもノルマがあることが多く、定められた期間内での売り上げ目標があります。

「ノルマが達成できない」場合、それなりのペナルティが存在することもあります。

ノルマ達成に焦りを感じているアドバイザーが担当になると、一人一人に丁寧に向き合うという姿勢を求めるのは難しいと言えます。

もちろんすべての転職エージェントがノルマを課しているとは言えませんが、あまりにも急かしてくるアドバイザーはノルマ管理に焦っている可能性が高いでしょう。

3.一人に対する担当人数が多いから

大手の転職エージェントでは、一人のアドバイザーが数十人の担当につくのが普通です。

一人が担当する人数が多いことでアドバイザーが忙しくなり、一人一人に割く時間が物理的にとれなくなる場合もあるのです。

そうなると対応が雑で信用できないものになっていくのは当然と言えます。

また、自分の担当している中で比較して雇用契約に近い人物を優先するアドバイザーもいるため、同じアドバイザーでも人によって対応が違うこともあります。

4.キャリアアドバイザーの質に波があるから

経験豊富なキャリアアドバイザーはもちろんのこと、新人も担当を持ちます。

転職に関するスキルが個人によって差があるため、アドバイザーによって対応の質に良し悪しがでるのはある意味当たり前のことと言えます。

転職エージェントを「オススメする」人と「信用できない」人が存在するのは、担当したアドバイザーの質による違いが大きく影響しているのです。

転職エージェントを利用した転職が成功するかは、アドバイザーのスキルと転職者との相性が重要になります。

優秀な転職エージェントの特徴4つ

では反対に、優秀な転職エージェントはどんな特徴があるのでしょうか。

優秀な転職エージェントの主な特徴は以下の4つです。

  1. 転職の希望条件に近い求人をマメに送ってくれる
  2. 相談のレスポンスが早い
  3. 選考が進んだ企業の特徴や企業の面接状況などの細かい情報を共有してくれる
  4. 自分が希望する業界や職種に関する専門知識が豊富

選考が進んでくると、ひときわ転職活動にも熱が入るものです。

優秀な転職エージェントは、希望する企業の選考状況や面接官が抱いたあなたへの印象、次の面接担当者の情報などを把握している場合が多いため、事前に相談し積極的に情報を収集しましょう。

信用できる転職エージェントを見分けるには、複数のエージェントに登録して比較するのがオススメ

 

信用できる転職エージェントの見分け方

転職エージェントが信用できないかどうか見分けるには、複数の転職エージェントに登録するのが一番効果的な方法です。

なぜなら、それぞれのエージェントの対応を比較することで、自分と相性の良いアドバイザーを厳選することができるからです。

1社しか利用しない場合、そのエージェントの基準しか知ることができないため、信用できない対応をとられても受け入れてしまいます。

複数登録することで、どこが自分にとって最適なのか「比較して選ぶ」という手段がとれます。

転職エージェントを複数同時に利用することは失礼な行動ではなく、転職の効率を上げるためにもとても一般的でオススメの方法です。

「登録すべき転職エージェントの数は?」「どんな組み合わせで登録するの?」などの疑問は「転職エージェントを複数登録すべき3つの理由|有効的な使い分け方法に誘導」の記事を参考にしてくださいね。

失敗しない転職のために!オススメ転職エージェント5選

ここでは編集部オススメの転職エージェントを紹介します。

信用できる転職エージェントに出会うために、求人数や種類・多さやが魅力の大手転職エージェントは必ず1社登録してみましょう。

オススメ1.リクルートエージェント

リクルートエージェント
大手転職エージェントの「リクルートエージェント」は、大手エージェントの中でも求人数や取り扱う職種が業界一です。

非公開も含め、約20万件の求人数を誇っており、幅広い世代が利用しています。

転職の相談やサポートを行ってくれるキャリアアドバイザーは各業界に精通しており、どの業界への転職も的確なアドバイスがもらえる、非常に信用できるエージェントです。

時間の取りにくい平日だけでなく、土日や平日の夜など柔軟に対応してくれるのも大きな魅力です。

リクルートエージェントで相談する

オススメ2.doda転職エージェント

doda
doda転職エージェント」は、非公開求人を含め約10万件近い求人数を取り扱う転職エージェントです。

転職が初めての方、未経験からのキャリアチェンジはもちろん、同業種でのキャリアアップを目指す方にもオススメ。

幅広い業種の求人を扱っているほか、全国各地に面談場所が展開されているため、都市部だけでなく地方の転職でも利用できるのが魅力です。

転職の際は必ず登録しておくべきエージェントと言えるでしょう。

doda転職エージェントに相談する

オススメ3.マイナビエージェント


マイナビエージェントは求人数約2万件、そのうち8割ほどが非公開求人という転職エージェントです。

利用者は若年層が多いことが特徴で、8割以上が34歳以下ということもあり、初めて転職をする方にとって信用度の高いエージェントです。

職種や勤務先の地域だけでなく、第二新卒や未経験もOKなどの条件で求人を探すことも可能です。

もちろん、応募書類の添削や面接対策などをサポートしてくれる転職支援サービスは無料で利用でき、親身に相談にのってくれます。

マイナビエージェントで相談する

オススメ4.ビズリーチ

CMでもおなじみの「ビズリーチ」は、国内外の優良企業や一流ヘッドハンターから直接スカウトを受けられる転職サービスです。

年収1,000万円以上の求人が全体の3分の1を占めているのが特徴で、基本的には無料プランで企業からのスカウトを待つのみですが、有料プランを利用することで、こちらからも求人を検索・応募できるようになります。

最高クラスのプランであれば、年収1,000万円以上の求人に応募可能です。

求人数は公開されているもので10万9,000件以上、非公開求人も2万3,000件以上と非常に多く、利用者層は現職で年収600万円前後の男女です。

ビズリーチに相談する

オススメ5.JAC Recruitment

総合型転職エージェントではあるものの、とくに外資系に強いのが「JAC Recruitment」です。

外資系・国内企業のグローバルポジションについては国内実績ナンバー1を誇っており、年収600万円~2,000万円のミドル層以上のハイキャリア求人を専門にしています。

市場価値が低いとみなされた場合には求人をもらえないこともあるため、これまでのキャリアに自信があり、大きくステップアップしたい方におすすめです。

求人数は約4,000件でそのうち6割ほどが非公開求人、取引企業数は2万5000社と多く、利用者層は30代以上の年収600万延~2,000万円のミドル~ハイクラス向けになっています。

「信用できない」転職エージェントに引っかかってしまった時の対処法2つ

信用できない転職エージェントへの対処法

実際に「信用できないな」と感じてしまう転職エージェントにあたってしまった場合の、対処法を見ていきましょう。

少しでも信用できないと感じたら、早めにアクションを起こすのが賢明です。

1.担当者を変えてもらう

転職エージェントを利用した転職が上手くいくかどうかは、担当者であるキャリアアドバイザーの腕次第です。

もし、キャリアアドバイザーが信用できないと感じた場合は、速やかに担当の変更を申し出ましょう。

アドバイザーの変更を申し出るときには、「自分が何を求めているのか」、「なぜアドバイザーの変更が必要なのか」を明確に伝える必要があります。

詳細に伝えないと、同じことの繰り返しになり変更した意味がないためです。

人間同士、合う・合わないはあって当然ですので、キャリアアドバイザーの変更の申し出は決して失礼なことではありませんので安心してください。

転職は人生を左右する大きな選択です。サポートしてくれる相手の選定は妥協しないよう心がけましょう。

2.他の転職エージェントに乗り換える

キャリアアドバイザーを変更しても上手くいかない場合は、転職エージェントそのものを変えてしまうのも一つの手です。

転職エージェントは数多くあり、そのすべてのエージェントが強い業種や専門性の高いジャンル、女性・若年層向けの求人が豊富など、何かしらの「強み」を持っています。

逆に言うと不得意な分野や、弱いジャンルもあるということです。

担当者というよりも、転職エージェント自体があなたに合っていない可能性もあるので、別のエージェントへの乗り換えを検討しましょう。

複数の転職エージェントに登録しておけば、すぐに乗り換えることができるので時間のロスなく転職活動を進められますよ。

転職エージェントを上手に利用するコツ4つ

転職エージェントを上手に活用するコツについてみていきましょう。

転職エージェントに信用できない対応をとられないためにも、転職者本人が気を付けておきたいポイントがあります。

コツ1.転職の意志が強いことをアピールする

キャリアアドバイザーが担当している転職者内での優先度をあげるためにも、転職の意志が強く「すぐにでも」転職したいという気持ちをはっきり伝えましょう。

「とりあえず相談だけでも」と伝えると、転職の意志が低いと思われるため優先度は低くなり、なにか突出したスキルや経歴がなければ後回しにされてしまいます。

転職時期の希望を聞かれたら「合う求人があれば今すぐにでも」と伝えるのがベストです。

最初の面談で、はっきり転職の意志があることを伝えましょう。

コツ2.転職先で長く勤めたいと伝える

転職エージェントは、「紹介した転職者が入社してから所定の期間内に退職した場合、企業側へ報酬を返金する」というルールを定めているところが多いです。

これは、転職エージェントが転職者の希望に合わない求人に無理やり応募させたり、強引に内定承諾させたりと言うことを防ぐために定められています。

退職時期や返金の割合はエージェントによりまちまちですが、転職者が短期で辞めてしまうことは転職エージェントにとっては痛手なのです。

「転職先ですぐに辞めてしまいそうだな」と思われると、優良な求人を紹介してもらえない可能性が高いと言えますので、「転職後は長く勤めたい」という意思を伝えるようにしましょう。

コツ3.希望は詳細に伝える

転職に関する希望は、できるかぎり詳細に・明確に伝えましょう。

転職者の希望がざっくりしすぎた場合、こだわりが無いと思われ「経歴的に受かりやすそう」な求人を紹介される危険性があります。

「年収はいくら」「職種はこれ」「勤務時間は〇時まで」など詳細に伝えることで、より理想の転職先を紹介してもらえるようになります。

また、紹介された求人が自分に合ってないと感じた場合、ただ「あっていないので断ります」ではなく、「なぜ自分に合ってないと思ったのか」「どこが嫌で(譲れなくて)断ったのか」を説明するようにしましょう。

紹介とフィードバックをなんども繰り返すことで、紹介される求人の精度が上がります。

コツ4.紹介された企業は自分でも調べてみる

キャリアアドバイザーに紹介された企業は、自分でも調べてみましょう。

キャリアアドバイザーは、求人票に記載されている事柄のみしか把握していないというケースも多いため、求人が大げさだったり、嘘だったりしても転職エージェントは感知できません。

転職先で働くのは自分自身ですので、キャリアアドバイザーに頼り切らずに自分でも調べるという意識を持っておきましょう。

また、ただ紹介されるだけより自分でも調べた方が企業への理解も深まります。

転職エージェントを利用する際の注意点4つ

転職エージェント利用の際の注意点

信用できない転職エージェントを避けることも大切ですが、こちらが転職エージェントに対し信用できない態度をとってしまっては意味がありません。

転職エージェント利用の際に、やってはいけない不適切な対応をみていきましょう。

注意点1.複数のエージェントから同じ求人に応募するのは厳禁

複数のエージェントから同じ案件に応募することは、絶対にしないようにしましょう。

重複しての応募で内定がでた場合、最終的にどのエージェントで進めるのか問題になってしまいます。

各エージェントの担当者からはもちろん、企業の担当者にも悪い印象を持たれかねません。

通常の流れには無い手順をふむことになるため、最悪の場合「破断」という可能性もあるのです。

同じ求人に応募しないためにも、転職エージェントを複数併用している場合は、各エージェントの担当者に複数利用していることは伝えるようにしましょう。

注意点2.丁寧でマナーを守った対応を心掛ける

キャリアアドバイザーは転職のプロではありますが、一人間です。横柄で失礼な対応をしてくる人材に求人は紹介しません。

まず、マナーやの悪い人間を企業はとろうと思いません。

下手に出る必要は全くありませんが、社会人としてのマナーや節度を守った対応を心掛けるようにしましょう。

注意点3.経歴・スキルなど嘘はつかない

キャリアに自信がなかったり社会人経験が浅かったりすると、転職の焦りから見栄を張りたくなります。

嘘をつき経歴を盛ることで印象が良くなり、紹介してもらえる求人は増えるかもしれませんが、自分の実力以上の求人を紹介されるなどのミスマッチがおきてしまいます。

経歴の虚偽がバレれば、「嘘の申告を行う要注意人物」と見なされ、求人を回してもらえなくなる可能性もあるのです。

どんなことも正直に、嘘が無いように伝えましょう。

注意点4.転職エージェントに頼りすぎない

転職エージェントは転職のプロですので、信頼できるエージェントに出会うことができれば、転職活動はとても円滑に進みます。

ただし、面接をしたり書類を作成するのは転職者で、実際に働くのも転職者本人です。

転職エージェントを頼りきって自分で行動をおこさなかったり、転職エージェントの言いなりになったりするようでは、自分の理想の転職先を見つけるのは難しいと言えます。

転職エージェントはあくまで転職のパートナーと割り切り、意思決定などは自分ですることが大切です。

義理を感じて転職先を決めたり、言われたことすべてをうのみにしたりしないようにしましょう。

信用できない転職エージェントに関するQ&A

転職エージェントについて、気になる疑問をみていきましょう。

Q.転職エージェントを利用しても、転職に失敗することはある?

信用できる・できないにかかわらず、転職エージェントを利用したからと言ってかならず内定が出るとは限りません。

なぜなら、内定には転職者自身の努力が欠かせないためです。

登録したからと言って受け身にならず、積極的に転職活動を行うことが肝心です。

キャリアアドバイザーと協力して、前向きに転職活動に挑みましょう。

Q.転職エージェントの登録を拒否される可能性はある?

転職エージェントに登録自体を拒否されることはある

理由としては以下の4つが考えられます。

  1. そのエージェントの弱い分野への転職希望の場合
  2. 居住地がサービス範囲外の場合
  3. 転職回数が多い・ブランク期間が長い場合
  4. 「紹介できる求人がない」と判断された場合

エージェントが登録を拒否するのは、信用できない質の悪い転職エージェントだからではなく、正当な理由があっての場合が多いのです。

転職エージェントは数多く存在し、中には業種や第二新卒・社会人未経験者専門という属性に特化した転職エージェントもあります。

自分の目指す業種に強い転職エージェントを探してみるなど、自分の今の状況に合った転職エージェントを見つけることが転職の成功の鍵です

まとめ

  • 転職エージェントが信用できない対応をするのは、転職エージェントが成果報酬型であるから
  • 信用できる転職エージェントを見つけるには、複数の転職エージェントに登録するのがおすすめ
  • 信用できない担当者にあたってしまったら、すぐに変更を申し出る

 

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top