Paranaviトップ お仕事 働き方 Webデザイン副業の初心者におすすめの案件紹介サイト、安心して収入を得るコツ

Webデザイン副業の初心者におすすめの案件紹介サイト、安心して収入を得るコツ

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Webデザイナーとしてデザインの仕事を副業にしたい人に向けて、Webデザイナーを始める前に気を付けるべき点や仕事の探し方をまとめました。

Webデザイナーを始める前にやっておくべきこと、用意すべきものなど注目ポイントを見てみましょう。

またWebデザイナーの副業を始めるなら知っておきたい、おすすめのサービスも紹介しています。

いますぐにチェックしたい人は、「おすすめサービス一覧」の項目から目を通してみてくださいね。

Webデザイナーのスキルは副業に活かせる!

Webデザインのスキルは副業として活かすことができるため、スキマ時間を見つけて副業をしてみるのがおすすめです。

Webデザインはインターネット環境とパソコンさえあれば、場所や時間を選ばず在宅ワークとして取り組むことができ、顧客がつけば安定的・継続的な副収入として活動することもできるでしょう。

需要が高いため案件が豊富であること、業務量に見合った案件を自分自身で選べるのも、副業としてwebデザインを行う大きなメリットです。

収入を得るという目的はもちろんですが、webデザインのスキルアップにもつながるため、webデザイナーとしてのステップアップを目指す方にもおすすめです。

副業Webデザイナーの代表的な3つの仕事内容

Webデザイナーの副業の仕事

では、Webデザインの副業はどのようなものがあるのかを見てみましょう。

本業とはさほど大きな違いのない仕事内容ですが、おもに次の3つの業務があることを知っておきましょう。

仕事1.Webサイトデザイン

Photoshop(フォトショップ)などのソフトを使って、Webサイト・コンテンツのデザインを作成する仕事です。

webサイトは1ページだけでなく、複数のページで構成されることが多いため、デザインの統一性を持たせるためにもまとめて依頼されることが多くあります。

そのため、業務量によっては長期的な案件になりますが、そのぶん報酬も高くなるという特徴があります。

仕事2.ロゴ・バナー作成

ロゴ・バナー作成は、企業の顔となるロゴやサイトのバナーをデザインする重要な仕事です。

企業側は希望に沿ったもの、妥協をせず良いものを求めるため、コンペ(コンペティション)形式で募集が行われることが多いという特徴があります。

採用されれば商品やサービス、社名などに使われるため非常に重要で、そのぶん報酬も比較的高くなります。

バナー作成も、企業や商品・サービスをPRする際に欠かせない仕事で、要望に応えながらも人の目を惹くバナー作成スキルが求められます。

仕事3.コーディング

HTMLやCSSといった、いわゆる「コード」を書いて形にする仕事です。

デザインしたものをWeb上で最適に反映させるために必要な仕事で、思い描いたデザインをきれいにweb上に作り出すスキルが必要になります。

絵を描いたりロゴを描いたりするデザインとは異なっているため、このコーディング作業ができるだけで仕事の幅が一気に広がると言っても過言ではないでしょう。

資格・スキルは必要?副業Webデザイナーに必要なもの

Webデザイナーの副業に必要なもの

副業でWebデザイナーとして活躍するために、とくに必要な資格はありません。

必要なものはWebデザインの経験とスキルであり、経験を長く積んで実力を高めているほど仕事も受けやすくなります。

実績としてこれまでの作品をまとめたポートフォリオなどがあれば、よりいっそう仕事を受注しやすくなるでしょう。

では、Webデザインの副業を行う上で必要なスキルを、3つご紹介します。

1.デザインツールを扱うスキル

Webデザインを行うにあたり必要不可欠なスキルが、デザインツールを扱うスキルです。

Photoshop(フォトショップ)やillustrator(イラストレーター)はどちらも使いこなせるようになっておくと良いでしょう。

このふたつのツールですが、とくにPhotoshopはWebデザインを行う上で利用する標準ソフトとして使われることも多いため、必須と言えます。

バナー制作の案件ではPhotoshopを使ったデザインスキルは副業でも必要で、illustratorもロゴやアイコンなどを作成する際に使われることが多くあります。

2.CMS(コンテンツ管理システム)のデザインのカスタマイズスキル

Webサイトやコンテンツを作成・管理・更新できるスキルも、Webサイト運営に携わるWebデザイナーには必要です。

とくにWordPress(ワードプレス)は非常に需要が高く、企業だけでなく個人で立ち上げるブログのデザインを作成する依頼などが増えています。

WordPressをカスタマイズできる条件の求人も多いため、副業案件でも必要と言えるでしょう。

3.コーディングスキル

Photoshopなどのデザインツールを使ってデザインをするだけでは、従来の仕事と何ら変わりありません。

制作したデザインを実際にWeb上に表示させるためには、コーディングスキルが必要です。

コーディング技術は進化がめまぐるしいため、常に最新のスキルを持つようアンテナを張り巡らせておくことも大切です。

副業初心者のWebデザイナーもこれで安心!知っておきたい4つのコト

Webデザイナーの副業で知っておきたいこと

続いては、これからWebデザイナーとして副業を行う方も知っておきたいポイントについてご紹介します。

副業を始める前に知っておきたいことはもちろん、注意点についても見てみましょう。

1.本業の就業規則をチェックする

まずは、副業を始める前に本業の就業規則を確認しておきましょう。

本業の会社が副業を許可しているかどうかを調べるためです。

もし副業を禁止している場合、隠れてこっそり副業をして発覚すると解雇理由になるほか、信頼を大きく損なうことになってしまいます。

こうしたトラブルがないよう、webデザイナーとして副業を始める前に会社の就業規則をしっかり確認しておくほか、同業種で副業を行っても良いのかについても調べておきましょう。

2.在宅の副業webデザイナーも確定申告は必要!

たとえ在宅ワークであっても、本業とは別に副業での所得が年間で20万円以上ある場合には確定申告をしなくてはなりません。

税務署に確定申告書やマイナンバー、取引を行った帳簿などの必要書類を提出する必要があります。

副業の収入については、本業の会社が申告をしてくれるわけではありません。

そのため、月々の収支については自分で管理をし、翌年の2月から3月に自分で確定申告書を作成して提出しなくてはならないことを知っておきましょう。

3.経験やスキルをアピールできるポートフォリオを作っておく

副業でwebデザインの仕事を請け負うためには、自分がどのような作品を手掛けてきたのかがすぐわかる「ポートフォリオ」を準備しておきましょう。

webデザインの経験については、文章で並べるよりも実際のデザイン・作品を見てもらう方がクライアントにも理解してもらいやすいメリットがあります。

少しでも経験を積んだら、その作品をポートフォリオとして利用しても良いかクライアントに尋ねると良いでしょう。

契約内容によってはポートフォリオとして公開できないものもあるため、取り決めを交わしておきましょう。

4.安定した仕事を受けるために、自身の収入単価を決めておく

副業を行う際にとても重要なのが、単価・収入です。

本業とは違い、webデザインの副業はすべてを自分で行わなくてはいけません。

そのため、価格設定や交渉もクライアントと直接やり取りをする必要があり、適切な予算や見積もりを出すためにも相場を知っておいたり、自身の単価を設定しておいたりすると良いでしょう。

副業初心者の場合、相場よりも単価を低く設定してしまいがちですが、リピーターがついても思うような収入アップにつながらない可能性があり、安定した収入を継続させていくためにも過度な値下げや低い単価設定をするのは避けましょう。

収入単価の相場の目安

webデザインの気になる収入単価について、以下のように相場をまとめました。

時給換算すると、まだWebデザインを始めたばかりの初心者の場合、時給1,500円~2,000円程度と考えてよいでしょう。

また、クラウドソーシングサービスを利用すると案件は多くありますが、そのぶん手数料がかかったり多くのwebデザイナーがいるため、時給換算単価は少し下がると考えられます。

多少であれば単価設定は臨機応変に対応し、さらに経験やスキルによっては時給2,000円からという設定にするなども考えておきましょう。

副業webデザイナーの仕事の探し方

続いては、webデザインの副業の探し方について見てみましょう。

どのような方法で仕事を受注すれば良いのか、さまざまな方法をご紹介します。

1.クラウドソーシングを利用する

仕事を依頼したい企業と、仕事をしたい個人とを結びつけてくれるクラウドソーシングサービス

webデザインの案件が豊富にあり、さまざまな仕事を受注することができます。

クラウドソーシングを利用すれば、個人で営業活動をすることなく仕事を請け負うことができますが、同じようにwebデザインの仕事をしたい人、すなわちライバルの数も多いため競争率が高いと言えるでしょう。

そこで、ポートフォリオがあれば自分の経験をアピールできるため有利です。

大手のクラウドワークスやランサーズといったサイトを利用するのがおすすめですが、逆に特定のサービスしか利用していない場合もあるため、受注率を高めるためにもさまざまなクラウドソーシングを併用しましょう。

2.知人から紹介してもらう

友人をはじめ、ジネスの場で知り合った知人を介して仕事を請け負う方法です。

まったく見知らぬ人からの依頼に比べて依頼者からの信頼を得やすく、リピーターになってもらえる可能性も高いでしょう。

しかし、その一方で紹介してくれた人の顔に泥を塗ることがないよう努めなくてはなりません。

また、知人の紹介をただ待つだけでなく、多くの依頼が来るように自身で積極的に宣伝や営業をすることも必要です。

自身のホームページやポートフォリオ、SNSなどを使って積極的に作品を発信していくのも良いでしょう。

3.Webデザイナー向けの案件紹介サイトを利用する

一番オススメの方法は、Webデザイナー向けの案件紹介サイトを利用することです。

なぜかというと、案件紹介サイトではあなたの希望にあった仕事を紹介してくれるからです。

たとえば「週3日、時給2,000円以上」などの要望から、仕事が探せます。

次の項目でWebデザイナーなら絶対にチェックしておきたい4つのサービスを紹介します。

Webデザイナーに評判のオススメ案件紹介サイト

おすすめのサービス

Webデザイナーが副業を始めやすいWebサービスは以下の5つがあります。

Webデザイナー副業におすすめな副業紹介サービス4選

  1. DYMテック
  2. Workship
  3. ITプロパートナーズ
  4. ランサーズやクラウドワークス

それぞれ得意とする分野や、活用の仕方に特徴があります。順番に解説していきます。

1.非公開の優良案件を見つけたい人向け!DYMテック


DYMテックは、5,000社超の取引実績があるIT人材向けのエージェントです。

高単価で質のよい非公開案件を多く保有していることでも有名で、優良案件を得たい人は登録後の面談には絶対に参加した方がよいです。

「週1×高単価案件」などもあるので、副業エンジニアを目指しているなら、ぜひ相談してみてくださいね。

DYMテックで優良案件の相談をする

2.土日や週1でWebデザインの副業ができるWorkship(ワークシップ)

Workship(ワークシップ)は、土日や週一からWebデザインの副業を始められるクラウドソーシングサービスです。

案件成約時にお祝い金の贈呈サービスがあったり、最短1日でマッチングする案件も豊富で、週一からのスキマ時間を副業にあてたい方にはぴったりです。

Workshipで案件を見る

3.在宅やリモートの案件を見つけられるITプロパートナーズ

ITプロパートナーズは、WebデザイナーをはじめとしておもにIT企業家やフリーランスの自立を支えるサービスです。

週2日から働ける案件数が圧倒的に多く、リモート案件や時間がフレキシブルな案件も数多く取り揃えているため自分のスケジュールをうまく調整し効率的に副業を始められます。

また、ITプロパートナーズは間に仲介業者を挟まずに直接クライアントと契約しているため中間マージンがなく、高単価な案件が多いのも魅力です。

特にIT起業やフリーランスを考えている人にとっては、サポートも充実しているため向いています。

ITプロパートナーズの案件を探す

4.Webデザイナー向けの副業以外も充実!【ランサーズやクラウドワークス】

クラウドソーシング界ではとくに有名なクラウドワークス やランサーズも副業デビューにピッタリです。

この2社は国内のクラウドソーシングサービスとしては競合する大手2社なので、知名度が高く、ユーザ数も圧倒的です。

そのため、案件数も豊富で、エンジニア以外の仕事も幅広く見つけることができます。

たとえばライター、ネーミング企画、webデザイン、画像編集、動画編集、アンケート回答など・・・。スキマ時間が5分でもあればできる仕事も多いです。

利用する際は、しっかりと自分のプロフィールを充実させ、スキルや仕事内容に合った報酬の案件を探すようにしましょう。

Webデザイン未経験者が副業デビューするために必要なこと

Webデザイン未経験の方が、副業のためにWebデザイナーとして活躍するためには時間がかかります。

何らかの資格が必要というわけではありませんが、経験やスキルレベルを上げていくことが欠かせません。

そのため、webデザインに興味がある・好きという方以外は、副業にするのはあまりおすすめできません。

では、どうすればwebデザインを副業にできるのでしょうか。

スクールに通ってスキルを身に着ける

Webデザインを学ぶためのスクールがあり、本やネットで独学をするのは限界があるという場合におすすめです。

こうしたスクールでは、目まぐるしく進化する技術を常にアップデートしており、最新のスキルを身につけることができます。

さらに、スクールを介して仕事の案件を紹介してもらえることもあるため、スキルを身に着けながら副業を始めるのにぴったりです。

未経験者がWebデザインの副業を始める方法2STEP

もしWebデザインの副業を始めたい人は、以下のフローで学ぶのがオススメです。

未経験者がプログラミングの副業を始める方法

  1. Webデザインを学ぶ
  2. 学んだデザインスキルを活かして、副業案件を受注する

おすすめのWebデザイン学び方はTechAcademyが一番オススメ

「どうやって学習すればいいかわからない」という人は、TechAcademyのWebデザインコースの受講がオススメです。

なぜこのコースがオススメかというと、Webデザインを独学でやって挫折した人でも理解できる内容になっているからです。

これらのコースで学習して、ぜひWebデザインの仕事を初めてみてくださいね。

TechAcademyのコース内容を見る

必要ツールの操作に慣れるためにトレースをする

ツールの操作に慣れるため、そして自身の実力を向上させるためにも、他人の作品を積極的にお手本にしましょう

デザインに利用するツールは、自身で使いこなしていく必要があります。

「習うより慣れよ」ということわざの通り、ツールはさまざまな機能を実際に利用して覚えるのがおすすめ。

クラウドソーシングサービスで案件を引き受けて実績を作る

Webデザインを学んでいる最中でも、できそうな案件を見つけたらどんどんチャレンジするのがおすすめです。

少しずつ実績を積み重ねられますし、Webデザイナーとして副業を続けていくためにも、コツコツと案件を受けて作品作りをしましょう。

クラウドソーシングサービスでは常にWebデザイン関連の案件があるため、積極的に提案し、依頼してもらえるように努めましょう。

副業webデザイナーに関するQ&A

副業でwebデザイナーとして活動するために、知っておきたいQ&Aをまとめました。

どのようなことに気を付けるべきなのか、気になる点を見てみましょう。

Q1.WebエンジニアとWebデザイナーの副業は異なる?

WebエンジニアとWebデザイナーは異なる業種で、webデザイナーはweb上で利用するアプリケーションやサービスを開発する人たちのことを指します。

それに対して、Webデザイナーはサイトやサービスの入力画面サイト内の人目に触れる部分を作る仕事です。

つまり、Webエンジニアは目に見えない部分を作る縁の下の力持ち。

Webデザイナーは、エンジニアが作った土台をもとに、目に見える部分を作り上げていくということです。

Q2.収入をアップさせるためのコツはあるの?

コツは、仕事がない・少ないからと言って単価を安易に下げないことです。

単価を低く設定していると仕事を多く受注できる可能性が高まりますが、そのぶん単価が安いためいくつかの案件を終えても労力に見合った収入が得られないというデメリットがあります。

さらに、あらかじめ単価を下げておくと値上げがしづらく、いつまで経っても思うように収入が増えないということにつながります。

まずは相場を知り、高すぎず低すぎず適切な料金設定をすることが大切です。

また、Webデザイナーが収入をアップさせるためには、常にスキルアップを目指して勉強することも重要なポイントです。

Q3.公務員がWebデザイナーとして副業できる?

公務員の副業は、残念ながら法律で禁止されています。

中には公務員ができる副業もありますが、webデザイナーは公務員が行える業務ではないため、行わないようにしましょう。

もちろん、公務員でなくとも本業の会社で副業が禁止されている場合、解雇の理由になりかねないため、隠しながら副業をするのは止めておきましょう。

公務員の副業については、こちらの記事で詳しく解説しています。

まとめ

副業資格のまとめ

  • 副業webデザイナーは、スキルアップしながら収入を得られる在宅ワーク
  • 経験やスキルをポートフォリオでアピールできるようにしておく
  • webデザイナー未経験者は、スクールに通って副業デビューしよう

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top