Paranaviトップ お仕事 働き方 実は限界かも?仕事がしんどいときのSOSサインとすぐに試せる対処法

実は限界かも?仕事がしんどいときのSOSサインとすぐに試せる対処法

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「仕事はしんどいもの」「しんどいのが当然」だと自分に言い聞かせて、日々無理をしていませんか?

そのしんどいはあなた自身からのSOSサインかもしれません。

今回は放っておくと危険な仕事がしんどいときの状態や、根本的な解決方法などをまとめました。

今すぐにしんどい状態を和らげたい人「スグに試してほしい対処法」に目を通してみてくださいね。

甘えではない!見逃すと危険な仕事がしんどいときのサイン2つ

甘えではない!見逃すと危険な仕事がしんどいときのサイン

仕事がしんどいと感じるのは、甘えではありません。

甘えどころか、見逃すと心身に悪影響を与えるような危険なサインである可能性もあります

肉体的・身体的に分けて、仕事がしんどいときに起こりやすいサインをみていきましょう。

肉体的にしんどいときに起こりやすいサイン

肉体的にしんどいときに起こりやすいサインは以下の3つです。

  1. 食べる楽しみが感じられず、食べ物がおいしく思えなくなる「食欲不振」
  2. なかなか寝付けなかったり、夜中に目が覚めてしまう「不眠傾向」
  3. 常に体がだるく、帰宅するのもしんどくなる「倦怠感」

これ以外にも、以下のような症状がある場合は、仕事がしんどいことで身体がSOSを出している可能性が高いです

仕事がしんどいときの肉体的なサイン
(画像出典:厚生労働省「みんなのメンタルヘルス」

精神的にしんどいときに起こりやすいサイン

精神的にしんどいときに起こりやすいサインは以下の3つです。

  1. 会社に行かないといけないとわかっていても、ベットから起き上がれないなどの「意欲の低下」
  2. 目の前の出来事に関心が持てなくなる「現実感の低下と感情の鈍化」
  3. 毎日がつまらなく感じ、気持ちが追い詰められてマイナスの情報に振り回されてしまう「焦燥感と不安」

そのほか、以下のような状態が2週間以上にわたり毎日絶え間なく続いているようであれば、精神的に限界がきているといえ、早急な対応が必要です

仕事がしんどいときに精神的に表れるサイン
(画像出典:厚生労働省「みんなのメンタルヘルス」

仕事がしんどいと感じる原因

仕事がしんどい状態から抜け出すには、まずはどうしてしんどいのか原因をつきとめましょう。

仕事がしんどい原因は、以下の5つが考えられます。

  1. 物理的に業務量が多すぎる
  2. 残業時間が長い
  3. 給与が低い
  4. 労働環境が悪く、ハラスメントを受けている
  5. 努力をしているのに、なかなか昇進や昇給に繋がらない

原因1.物理的に業務量が多すぎる

物理的に業務量が多すぎると、仕事がしんどいと感じることがあります。

なぜなら業務量が増えると疲れがたまってしまい、人為的なミスも起きやすくなってどんどん辛さが増すからです。

体が疲れていると精神的にも病んできて、勝手に涙が出てきたり吐き気を感じたり、最終的にはうつ病などの症状が出ることもあります。

仕事でミスをすると信用を失い、効率が悪くなり、さらに辛い思いをすることもあるでしょう。

対処法:「上司に相談する」

原因2.残業時間が長い

残業時間が長いと、仕事がしんどくなってきます。

なぜなら長時間労働は心臓や脳疾患の重要な要因になりうるほどの身体的な負担が大きいからです。

実際に厚生労働省が公表する労災認定基準によると、残業や休日労働が月45時間を越えるにつれて脳や心臓疾患をもたらす可能性が高いといわれています。

長時間労働は疲労を蓄積させるため、仕事がしんどいと感じる原因にもなるでしょう。

対処法:「部署異動を打診する」

原因3.給与が低い

給与の低さも、仕事がしんどく感じる原因になります。

なぜなら給与が少ないと、自分が正当に評価されていないのではと感じてしまい、業務が不毛に思えるからです。

転職理由のトップ3には「給与が低い」がランクインするほど、多くの人が不満を抱えています。

働く上では給与の低さにより、仕事がしんどいと感じてもおかしくはないでしょう。

原因4.労働環境が悪く、ハラスメントを受けている

職場の労働環境が悪く、ハラスメントを受けている場合は当然のことながら仕事はしんどいと感じます。

なぜならハラスメントは、精神的なダメージが大きいからです。

ハラスメントを受けるのは自分に至らない点があるかもしれないと思う必要はありません。

ハラスメントは100%、「ハラスメントをする側」が悪いといえます。

ハラスメントに遭っていると訴えられず、ひとりで抱え込んでしまうと、どんどん仕事が苦痛になってしまうでしょう

対処法:「転職を検討する」

原因5.努力をしているのに、なかなか昇進や昇給に繋がらない

仕事を頑張っているのになかなか昇給・昇進しないと仕事がしんどくなることもあります。

なぜなら、人間には「集団の中で高く評価されたい」と考える承認欲求があるためです。

仕事を一生懸命取り組んでいるのに、目に見える形で仕事の成果を認められないのは辛いものです

仕事の成果が認められないと「認められたい」という気持ちが高まり、必要以上に仕事を頑張りすぎてしんどくなる可能性もあるでしょう。

対処法:「転職を検討する」

スグに試してほしい、仕事がしんどいときの対処法

スグに試してほしい、仕事がしんどいときの対処法今すぐにでも試せる「仕事がしんどい気持ちを軽減させる」方法を4つ紹介します。

  1. 数日間の休みを取り、好きなことを楽しむ
  2. 睡眠の質を上げるため、就寝前の入浴スタイルを見直す
  3. 1日の終わりに自律神経を整える時間を設ける
  4. 相談しやすいと思える人に話してみる

対処法1.数日間の休みを取り、好きなことを楽しむ

仕事がしんどいときは数日間の休みをとり、好きなことを楽しみましょう。

なぜなら好きなことをすれば、仕事の悩みを忘れてリセットすることができるからです。

散歩やショッピングでも気分転換はできますが、思い切って休みを楽しむのがおすすめです。

数日間の休みを取り、普段できない旅行や遠出などの好きなことを楽しんでみましょう。

対処法2.睡眠の質を上げるため、就寝前の入浴スタイルを見直す

仕事がしんどいときは睡眠の質を上げるために、就寝前の入浴スタイルを見直しましょう。

なぜなら質の良い睡眠がとれれば不眠傾向が改善でき、目覚めも良くなるからです。

寝る90分前には自分の基礎体温(平熱)プラス2〜3度くらいを目安にした、ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かるのがおすすめ。

質の良い睡眠は体が疲れているときだけでなく、気分が落ち込んだときにも効果的です。

対処法3.1日の終わりに自律神経を整える時間を設ける

仕事でしんどいときは、1日の終わりに自律神経を整える時間を設けましょう。

自律神経のバランスが崩れてしまうと、心身に不調が生じることがあります

質の良い睡眠をとるとともに食生活を改善して腸内環境を整える、リラックスして深呼吸ををするなどを実践してみましょう。

自律神経の乱れを整えれば心身に不調があらわれるのを防げ、働きやすい健康な身体を保てます。

対処法4.相談しやすいと思える人に話してみる

仕事でしんどいと思っていることを、相談しやすいと思える人に話してみましょう。

ひとりで思い悩んでいるてもらちが明かないことが、誰かに話すことで解決策が見つかることもあります。

信頼できる上司や仕事仲間、身近な家族や友人、周りに話せそうな人がいなければ「総合労働センター」などの相談窓口を頼ってもよいでしょう。

仕事がしんどいなら自分が1番相談しやすい相手を選んで、相談してみましょう

仕事がしんどい状態が続く人向け|根本的に解決する方法

仕事がしんどい状態が続く人向け|根本的に解決する方法しんどいのが長く続いている場合は、一時の対処法だけではなく根本的に問題を解決する必要があります。

ここでは、大きく環境を変えるためのアクションを4つ紹介していきます。

  1. 仕事内容が原因でしんどいなら、部署異動を打診する
  2. 業務量が原因でしんどいなら、上司に相談する
  3. 心身の不調が原因でしんどいなら、病院で診察を受ける
  4. 働く環境や人間関係が原因でしんどいなら、転職を検討する

解決法1.仕事内容が原因でしんどいなら、部署異動を打診する

仕事内容が原因でしんどいのなら、部署異動を希望する方法があります。

なぜなら仕事を辞めるよりも簡単に、自分の周りの状況を変えられるからです。

繁忙期など時期によっては希望してもすぐに異動できないこともあるので、まずは上司に相談してみましょう

部署異動が叶ったら、また新鮮な気持ちで仕事に取り組むことができます。

解決法2.業務量が原因でしんどいなら、上司に相談する

業務量が原因で仕事がしんどいのなら、上司に相談するのが一番です。

なぜなら、上司があなたの仕事量をコントロールしているからです。

相談するときには「仕事が終わらない」や「仕事が多すぎてつらい」と感情的に話すのではなく、自分が置かれている状況を客観的に伝えます。

上司には「この業務を別の人にも振ってほしい」や「〇〇の業務の締め切りを延ばしてほしい」など、具体的に伝えることが大切です

解決法3.心身の不調が原因でしんどいなら、病院で診察を受ける

心身の不調が原因で仕事がしんどいのなら、病院で診察を受けましょう。

自分では「まだ大丈夫」と思っていても、深刻な症状が生じている可能性もあります

病院に行く暇もないからと先送りにしてしまうと症状が悪化する恐れもあるでしょう。

自分の体調を軽く考えず、早めに医師に相談した方がよいです。

解決法4.働く環境や人間関係が原因でしんどいなら、転職を検討する

働く環境や人間関係が原因でしんどいなら、転職を検討してみてはいかがでしょうか。

なぜなら新しい会社へ移れば、体も気持ちもリセットできるからです。

自分が働きかけても職場環境が改善される見込みがないのなら、自分が職場を離れるのも1つの方法です。

転職活動は退職後ではなく、在職中から始めた方が時間をかけて転職先を探せます。

リクルートエージェントで転職相談をする

仕事がしんどい状態を抜け出し、無理せず働くコツ

仕事をしんどいときに、心を軽くしてくれるコツを紹介します。

  1. 「仕事がしんどいのは当たり前」と思うのをやめて、無理に我慢しない
  2. すべての仕事を最初から完璧にこなそうとしすぎない
  3. 仕事がしんどいと感じた時の相談先や逃げ場をつくっておく

コツ1.「仕事がしんどいのは当たり前」と思うのをやめて、無理に我慢しない

仕事がしんどいのは当たり前と思うのを止め、無理して我慢しないようにしましょう。

なぜなら我慢を続けていると、その後心身を壊して取り返しがつかなくなるおそれがあるからです。

仕事に影響しないからと小さなストレスをそのままにしていると、次第に大きくなって心身に不調をきたします。

責任を感じすぎて限界まで仕事を頑張ろうとせず、体調の変化を見過ごさないようにしましょう。

コツ2.すべての仕事を最初から完璧にこなそうとしすぎない

すべての仕事を、最初から完璧にこなそうとしすぎないようにします。

完璧主義でありすぎると頑張りすぎてしまい、仕事がしんどくなってしまいます

仕事を完璧主義にしないための工夫

  • 全力ではなく7割程度の力ではじめる
  • 業務に時間制限をつける
  • タスクに優先順位をつけ、優先度の高いものに集中する
  • 自分を責めすぎない

仕事はチームで行うものなので、自分一人でどうにかしようと思うわず、適度に「人任せにする」部分を作るのも大切です。

コツ3.仕事がしんどいと感じた時の相談先や逃げ場をつくっておく

毎日働いていると、仕事がしんどいと感じる瞬間は誰にでもあります。

仕事がしんどいなと感じたら、我慢しすぎずにストレスを発散することが大切です。

たとえば、何でも話せる友人に話を聞いてもらう、ストレス発散ができる趣味をもつなどしてみましょう。

「仕事がしんどいのは仕方ない」気持ちを発散し続けずにいると、ある日限界に達して立ち直れなくなってしまう可能性もあります

仕事がしんどいと感じるのであれば、自分なりのストレス発散法をもっておくようにしましょう。

まとめ

  • 仕事がしんどいとき、限界をむかえると精神的・肉体的に不調のサインが出る
  • 仕事がしんどい状態を軽減するには、睡眠の質をあげたり誰かに相談したりする
  • 問題を根本から解決するには、部署異動や転職を検討すべき

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top