Paranaviトップ ノウハウ お金 ビットコインの価格は今後、暴落するの?専門家の予想と高騰する理由

ビットコインの価格は今後、暴落するの?専門家の予想と高騰する理由

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「ビットコインの価格って今後も高騰していく見込みはある?」

「ビットコイン取引を今から始めてもチャンスがあるってホント?」

この記事では、ビットコインの価格が今後どうなるのかを専門家の予想を踏まえて紹介し、ビットコインを取引する際のポイントを整理します。

\仮想通貨の初心者におすすめ/

取引所キャッシュバック取引所手数料
無料
入金手数料
無料
評判

公式サイトへ


2,000円


※BitMatch取引手数料を除く

公式サイトへ

公式サイトへ

ビットコイン(BTC)は今後高騰する?それとも暴落する?

ビットコインの価格は約10カ月間で約8倍、価格が高騰しました。

実際、ビットコインの価格は2020年3月頃は一時、1BTC=約58万円まで下落しましたが、2021年2月9日には一時約490万円まで高騰しました。

ビットコインのチャート

(画像参照:みんなの仮想通貨)

今回はビットコインの価格が今後どうなるのかを見ていきましょう。

大暴落にも負けないといわれるビットコイン(BTC)の強み4つ

ビットコインの強み大暴落にも負けないといわれるビットコインの強みは以下の4つです。

ビットコインの強み4つ

  1. ビットコインは仮想通貨としての知名度が高く、時価総額が第1位
  2. ビットコインは金(ゴールド)と共通点が多い
  3. ビットコインは発行上限があるので、希少性が高い
  4. ビットコインは仮想通貨の基軸通貨なので、大抵の取引所で購入できる

強み1.ビットコインは仮想通貨としての知名度が高く、時価総額が第1位

ビットコインは、知名度が高く時価総額も第1位の仮想通貨です。

なぜならビットコインは最初に誕生した仮想通貨であり、最も長い歴史があるからです。

実際に仮想通貨の取引を始める人の多くはビットコインから始めています。

仮にビットコインの価格暴落が起きても通貨の知名度が高いので、ふたたび価格が回復する可能性もあるでしょう。

強み2.ビットコインは金(ゴールド)と共通点が多い

ビットコインと金は共通点が多いといわれています。

なぜなら、ビットコインは「金」をモデルにして作られたと言われているからです。

ビットコインの価値は金の価値と同様に、各国の政府や国の政策による影響を受けません。

金が暴落しにくい安全資産であるように、金と共通点が多いビットコインも暴落しにくい通貨であるといえるでしょう。

強み3.ビットコインは発行上限があるので、希少性が高い

ビットコインの希少性は今後も増していくでしょう。

なぜなら、ビットコインには2,100万BTCという発行上限が設けられているからです。

ビットコインは供給量が限られるため、将来的には供給に対するビットコインへの需要がさらに大きくなる可能性があるでしょう。

2021年1月時点ですでに、ビットコインは発行上限の85%に到達しています。

ビットコインの希少性が高まることで価格が下落しにくくなり、暴落のリスクが下がるといえるでしょう。

強み4.ビットコインは仮想通貨の基軸通貨なので、大抵の取引所で購入できる

ビットコインは大抵の取引所で購入できます。

なぜならビットコインは他の仮想通貨にとっての基軸通貨だからです。

  • 基軸通貨:金融取引の際に基準として使われる通貨

他の仮想通貨をビットコインで購入できるのはビットコインが基軸通貨だからです。

基軸通貨は取引で利用される機会も多く、需要が高まるので価格が暴落しにくいでしょう。

\キャッシュバックキャンペーン中/

ビットコイン(BTC)に投資する

ビットコイン(BTC)価格が今後も高騰するといわれる理由

ビットコインが今後も期待される理由ビットコインの価格が今後も高騰するといわれる理由は以下の4つです。

高騰するといわれる理由

  1. ビットコインは2020年5月の半減期から半年で価格が2倍に高騰した
  2. 新型コロナの影響で、機関投資家がビットコインに注目している
  3. 米国企業もビットコインを保有する動きが広がっている
  4. 一般の中国人がビットコインを購入可能になると、価格高騰が見込まれる

理由1.ビットコインは2020年5月の半減期から半年で価格が2倍に高騰した

ビットコインは半減期が訪れるたびにさらなる価格の高騰が期待できるでしょう。

実際、ビットコインは2020年5月の半減期からわずか半年で価格が2倍に高騰しました。

半減期とはビットコインの採掘(マイニング)報酬が半分になるタイミングです。

ビットコインの半減期が来る時期を事前にチェックし、価格高騰の機会に備えましょう。

理由2.新型コロナの影響で、機関投資家がビットコインに注目している

新型コロナウイルスの影響で、今後もビットコインの価格が高騰する可能性があります。

なぜなら、新型コロナウイルスの影響で各国が法定通貨を増刷し、法定通貨の価値が下落したからです。

法定通貨の価値が下がったことで、機関投資家がビットコインに注目するようになりました。

ビットコインの将来的な価格を予想するためにも、投資家の今後の動向には注目しておく必要があるでしょう。

\キャッシュバックキャンペーン中/

ビットコイン(BTC)に投資する

理由3.米国企業もビットコインを保有する動きが広がっている

米国企業の間でもビットコインを保有する動きが広がりました。

実際、MicroStrategy社が4.25億ドル相当のビットコインを購入したり、モバイル決済企業のSquare社も5,000万ドル相当のビットコインを購入したりしています。

資産を防衛する手段としても、ビットコインへの需要が高まっているといえるでしょう。

理由4.一般の中国人がビットコインを購入可能になると、価格高騰が見込まれる

中国は2017年9月以前は世界最大のビットコイン市場と言われていました。

しかし、2021年1月現在は実質的に仮想通貨市場に参加できない状況です。

なぜなら、現在は中国の一般人は売り手と買い手が一対一で行うOTC取引まで、規制が厳しくなっているからです。

中国の一般人が再び取引市場に参入可能になれば、ビットコインの価格上昇が見込まれるでしょう。

著名人が予想!ビットコイン(BTC)の価格は今後どうなる?

著名人が予想!ビットコインはどうなる?著名人がビットコイン(BTC)の価格が今後どうなるかを予測しています。

気になる著名人の予想を見ていきましょう。

専門家の予想

  • 仮想通貨取引所バイナンスUSのキャサリン・コリーCEOが「2021年末までに10万ドルに達する」と推測
  • ストック・フローモデル考案者PlanBが「2021年12月に10万ドルに到達するのは間違いない」
  • 「金持ち父さん 貧乏父さん」の著者ロバート・キヨサキ氏が「2021年に5万ドルに向かって上昇する」と推測

予想1.仮想通貨取引所バイナンスUSのキャサリン・コリーCEOが「2021年末までに10万ドルに達する」と推測

キャサリン・コリーCEOは「2021年末までに、1BTCの価値が10万ドルに達する」と推測しています。

ビットコインの高騰を予想する理由は以下の通りです。

  • 2017年7月の半減期の1年後にビットコインの価格が上昇した
  • 2020年の半減期を受けて、1年後の2021年も同じようにビットコイン価格が上昇すると見込んでいる

予想2.ストック・フローモデル考案者PlanBが「2021年12月に10万ドルに到達するのは間違いない」

ストック・フローモデル考案者PlanBは「2021年12月に1BTCの価格が10万ドルに到達するのは間違いない」と主張しています。

ビットコインの供給量が時間とともに減少することで、インフレが継続に起きるという考えを背景にしたS2Fモデルがあります。

つまり、仮想通貨に対して法定通貨がインフレを起こすことで、相対的に仮想通貨の価値が引き上げられるということです。

さらに、S2Fモデルは2024年までには1BTCあたり5.5兆ドルになるとも推測していて、今後の継続的なビットコインの価格高騰が期待されています。

予想3.「金持ち父さん 貧乏父さん」の著者ロバート・キヨサキ氏が「2021年に5万ドルに向かって上昇する」と推測

ロバート・キヨサキ氏はビットコインの未来を「2021年に1BTCあたり5万ドルに向かって上昇する」と推測しています。

なぜなら、ロバート・キヨサキ氏は機関投資家のマネーがビットコインに投入されると考えているからです。

実際にロバート・キヨサキ氏は「ビットコインの価格が5万ドルになる」という考えをTwitter上で公表しています。

ビットコイン(BTC)は今が買い時なの?今後の価格を予想する際のポイント

今後の価格を予想する際のポイントビットコインは価格が下落している時が買い時です。

ビットコインは年末から価格が高騰し、2021年2月9日現在は約490万円台で推移しています。

今後も価格上昇が期待されるビットコインの価格予想をする際のポイントを整理していきましょう。

ポイント1.ビットコインETFが承認される可能性がある

ビットコインETFが承認されると、ビットコインの価格が高騰する可能性があります。

なぜなら、ビットコインETFが承認されると信頼性が高まるので、多くの機関投資家のビットコイン取引への参入が期待できるからです。

さらに、ビットコイン取引で得た利益に対して納める税金額が抑えられる可能性もあるでしょう。

つまり、ビットコインETFが承認されると投資家の取引が活発になり、市場が活性化するメリットがあります。

市場が活性化すると通貨の価格上昇も見込めるので、ビットコインを購入しておくのもいいでしょう。

\キャッシュバックキャンペーン中/

ビットコイン(BTC)に投資する

ポイント2.ビットコインを資産の逃避先とみなす投資家が多い

ビットコインを安全な資産だと捉えて、金と同じように資産の逃避先として利用する投資家も多いです。

なぜなら、ビットコインは供給が固定されたデジタル上で保管できる資産だからです。

実際に、仮想通貨取引所ジェミナイの共同創業者のタイラー・ウィンクルボス氏は、2020年9月21日にTwitter上で「ビットコインは金よりも金として優れている」と述べています。

ビットコインは「金」よりも手軽で安全な資産の逃避先だと捉えられているといえるでしょう。

ビットコイン(BTC)を購入する流れは3STEP

ビットコイン(BTC)を購入する流れは以下の3STEPです。

  1. 仮想通貨取引所で口座開設をする
  2. 口座に日本円を入金する
  3. 取引所または販売所でビットコインを購入する

販売所の場合、仮想通貨取引所が保有しているビットコインを購入するので、手数料は高いですが、好きな時にビットコインを購入できます。

一方で取引所の場合、利用者同士のやり取りなので希望額分のビットコインを購入できない場合がありますが、相場に近い価格で購入しやすいでしょう。

ビットコインの取引におすすめの仮想通貨取引所3選

ビットコインの取引におすすめな仮想通貨取引所は以下の3社です。

取引所キャッシュバック取引所手数料
無料
入金手数料
無料
評判

公式サイトへ


2,000円


※BitMatch取引手数料を除く

公式サイトへ

公式サイトへ

1.最短当日から取引できる!DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのおすすめポイント

  1. キャッシュバックのお金で実質無料で取引が始められる
  2. もちろん口座開設は無料
  3. 取引できる仮想通貨(暗号資産)が多いので、資産の分散がしやすい

(キャンペーン期間:2021年6月1日(火)7時00分~2021年7月1日(木)6時59分)

DMM Bitcoinで無料で口座開設する

※3分程度で登録できます。

2.マネックスグループの傘下で信頼性が高い「Coincheck」

coincheckCoincheckは国内のダウンロード数が308万で、2020年上半期でのアプリダウンロード数が国内NO1です。

また、取り扱い通貨数においても15種類と豊富なので、国内取引所では取り扱い通貨数もNO1です。

通貨の最小購入単位は500円と少額なので、複数のアルトコインに投資したい人も利用しやすいでしょう。

また、通常の取引サービス以外の貸仮想通貨や積立投資などの独自サービスも充実しています。

3.取引画面が見やすく、初心者でも取引しやすい「bitbank」

bitbank

bitbankは金融庁の認可を得ていて、リップルの取引高が日本最大です。

またセキュリティが高く、2018年10月3日 ICORating調べにおいて国内NO1を獲得しています。

安心して取引ができるのはもちろん、スマホアプリの操作が容易なので、操作に不安がある人も使いやすいでしょう。

まとめ

  • ビットコインは今後も価格が高騰する見込みがある
  • ビットコインは通貨として暴落に負けない特徴がある
  • 一部の機関投資家は「ビットコインは安全な資産の逃避先である」と捉えている

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
飯田 瑞季
Writer 飯田 瑞季

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top