Paranaviトップ お仕事 働き方 仕事が楽しい人の特徴は?楽しい仕事に出会う方法と楽しむコツ

仕事が楽しい人の特徴は?楽しい仕事に出会う方法と楽しむコツ

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「楽しいと思える仕事ってある?」 「仕事が楽しいと思うのはおかしいの?」

「仕事は楽しくない、今日は行きたくないな」と思う瞬間もある反面、「仕事が楽しい、頑張ろう!」と思う瞬間もあるでしょう。

人によっては「仕事が楽しいなんておかしい!」と思う人もいるかもしれません。

今回は仕事が楽しい人の特徴や仕事を楽しむコツを整理し、自分にとって楽しい仕事を見つける方法を紹介します。

52%の人が仕事を楽しいと感じている

仕事が楽しいのは、おかしいことや珍しいことではありません。

実際、マイナビニュースの調査によると、仕事が楽しい人は約52%、楽しくない人は約48%という結果が出ています。

つまり、仕事が楽しいかどうかは人によって感じ方がさまざまといえます。

仕事が楽しくない人でも、楽しい仕事を見つけることはできるでしょう。

仕事が楽しいと感じる人の特徴は4つ

仕事が楽しいと感じる人の特徴仕事が楽しいと感じる人の特徴は以下の4つです。

  1. ちょっとしたことでは落ち込まない
  2. 自分なりのストレス発散方法がある
  3. 自分の仕事にやりがいや誇りがある
  4. 常にできる仕事の幅を広げ、経験やスキルを蓄えている

特徴1.ちょっとしたことでは落ち込まない

仕事が楽しいと感じる人はちょっとしたことでは落ち込みません。

大雑把に仕事をするのがよいという意味ではなく、相手の小さなミスや自分の些細なミスに落ち込みすぎないということです。

どんな仕事も完璧を目指しすぎると神経質になり、余計なストレスが増えるでしょう。

上手に取捨選択をし、ちょっとしたことに気をとられて疲弊しないのが大切です。

特徴2.自分なりのストレス発散方法がある

仕事が楽しいと感じる人は仕事以外で自分なりのストレス発散方法をもっています。

たとえばモチベーションを上げる音楽を聴く、就寝前に好きな香りを嗅ぐ、ストレス発散ができる趣味があるなどがあります。

ストレス発散方法は人それぞれです。

しかし、過度な飲酒や夜更かしなど翌日に疲れを残したり、生活リズムが乱れたりする発散方法は要注意でしょう。

日々のストレスを溜めすぎないことで、前向きに仕事に取り組む原動力が得られます。

休日をどう過ごしたらいいかわからない人「ベストな休日の過ごし方」に目を通してみてくださいね。

特徴3.自分の仕事にやりがいや誇りがある

仕事が好きな人は自分の仕事にやりがいや誇りをもっています。

たとえば、自分の好きな分野の仕事に就いていたり、憧れの仕事に挑戦できていたりするなどがあります。

仕事へのやりがいや誇りがもてると、自分の仕事に対する自信や責任感をもつことにもつながるでしょう。

4.常にできる仕事の幅を広げ、経験やスキルを蓄えている

仕事が好きな人はできる仕事や経験を増やそうとしています。

なぜなら、できる仕事や経験が増えると迷った時の選択肢が増えるので仕事をスムーズに進めやすいからです。

できる仕事が増えることで、将来的に挑戦してみたい目標や展望への視野も広げやすくなるでしょう。

1歩踏み出したい!「楽しい」と思える仕事に出会う方法

楽しいと思う仕事に出会う方法仕事を楽しむコツを実践しても、なかなか仕事を楽しめないという人は楽しい仕事を改めて探すのもおすすめでしょう。

「楽しい」と思える仕事に出会う方法は以下の通りです。

1.新しい資格を取得し、できることを増やす

仕事を楽しめない人は新たな資格を習得するのがおすすめです。

資格取得の勉強はどんな分野でも新たな知識取得につながります。

結果としてすぐに仕事に結びつかなくても、自分自身の力になるでしょう。

資格取得を通して、仕事や自分自身のスキルに対する自信がつけられます

2.自分の強みや特技を活かせる副業をする

仕事を楽しみたいが、転職をする勇気が沸かないという人には副業がおすすめでしょう。

まずは会社の就業規則を確認し、副業が可能かをチェックするのが大切です。

副業が可能なら、自分の特技や趣味を活かして好きなことで副業してみましょう。

副業が楽しいと思えれば、副業を通して得られた仕事を楽しむコツを本業にも応用してみましょう。

\手軽に強みや特技を活かすなら/

クラウディアで副業を始める

3.転職活動をして自分に合う仕事を見つける

仕事を楽しめない人は転職活動をして自分に合う仕事を見つけるのもおすすめでしょう。

たとえば、転職エージェントを活用すればプロの転職エージェントが自分の経歴や希望に合う転職先を提案してくれます。

まずは楽しい仕事を手軽に知りたい人は、スキルや経験を登録して企業からのスカウトを待つヘッドハンティング式の転職サービスの利用がおすすめです。

楽しい仕事を見つけたい人は1人で悩まずに、プロの転職エージェントに相談したり、ヘッドハンティング式の転職サービスを利用してみたりするとよいでしょう。

\自分の経歴や希望に合う楽しい仕事を見つけたいなら/

リクルートエージェントで転職相談してみる

\スキルや経験を活かせるワクワクする仕事がしたいなら/

ビズリーチに登録して企業からスカウトをもらう

ムリに仕事が楽しいと思い込む必要はない

無理に仕事が楽しいと思いこむ必要はない仕事は毎日行う人が多いので、仕事が楽しいと思えると幸せでしょう。

しかし仕事が楽しくないと感じているなら、無理に「仕事が楽しい」と思い込む必要はありません。

なぜなら、楽しくない気持ちを無理に我慢すると、身体や心に大きな負荷がかかるからです。

「仕事が楽しい方がよい」という考え方もあります。

しかし、「仕事が楽しくない」と感じた自分の気持ちを押し殺し、無理に楽しむ必要はありません。

【仕事が楽しくない人向け】今日から試せる!仕事を楽しむコツは3つ

今日から試せる仕事を楽しむコツ仕事が楽しくないという人向けの仕事を楽しむコツは以下の3つです。

  1. 周りと自分を比較しすぎない
  2. 日々の業務を自分なりに振り返り、自分をほめてあげる
  3. 相手の目線に立って仕事をしてみる

コツ1.周りと自分を比較しすぎない

仕事をする際に周りと自分を比較しすぎないようにしましょう。

なぜなら、他人は自分よりも良く見えやすいからです。

他人を羨むのは悪いことではありませんが、自分の長所に目を向けることも大切です。

自分の長所や強みが分からないという人は親しい人や友人に率直に聞いてみるのもおすすめでしょう。

自分の短所ばかりではなく、長所にも目を向けることで自然と自分に自信がつきます。

コツ2.日々の業務を自分なりに振り返り、自分をほめてあげる

仕事が楽しくない人は日々の業務を自分なりに振り返るのがおすすめです。

たとえば、1日の業務をカンタンに書き出してみると、1日にこなした業務を目でみて確認できます。

達成した業務を振り返ることで、明日の業務整理もできるでしょう。

終了した業務は自分なりに努力したポイントを振り返ると、自分の仕事をこなすスキルへの自信にもつながります。

コツ3.相手の目線に立って仕事をしてみる

仕事が楽しくない人は相手の目線に立って仕事をするのがおすすめです。

なぜなら、相手の目線に立って仕事をすると今まで見えていなかった新しい視点で仕事に取り組めるからです。

たとえば、「依頼者はなにを悩んでいるか?」「どんな成果を求めているか?」など相手の立場に立って想像してみましょう。

相手の期待に沿う仕事の成果を目指していると、周囲からの評価も高まり、仕事を通して人の役に立てるようになります。

結果として周囲からの信頼が高まり、仕事が楽しいと思えるようになっていくでしょう。

転職をして楽しい仕事を見つける際の注意点は2つ

楽しい仕事を見つける際の注意点転職をして楽しい仕事を見つける際の注意点は以下の通りです。

  1. 今の仕事を楽しめない原因を知る
  2. 仕事を楽しむための譲れない条件を明確にする

注意点1.今の仕事を楽しめない原因を知る

仕事が楽しくない人は楽しめない原因を探ることが大切です。

なぜなら、仕事を楽しめない本当の原因を知ることで解決策を考えやすくなるからです。

たとえば、仕事内容に興味が持てない、仕事内容に不満はないがもう少しプライベートの時間が欲しいなどがあります。

仕事を楽しめない本当の理由が分かることで、最適な解決策を見つけられるでしょう。

漠然と今の仕事が楽しくないから「転職や退職をしたい」と考えるのは次の会社でも同じ結果になる可能性が高いので要注意です。

注意点2.仕事を楽しむための譲れない条件を明確にする

仕事が楽しくない人は仕事を楽しむために譲れない条件を明確にすることが大切です。

なぜなら、譲れない条件を明確にすることで自分が仕事を楽しいと感じる状態に近づくからです。

たとえば、働き方、仕事内容、職種など、転職先に求める条件を箇条書きに、1つずつに優先順位をつけるのがおすすめでしょう。

仕事を楽しむための優先順位ができることでやみくもに迷う心配がなくなります。

転職先は自分の優先順位に基づいて選択できるでしょう。

楽しいと思える仕事を見つける際のQ&A

楽しいと思える仕事を見つける際のQ&Aは以下の通りです。

Q1.「仕事は楽しいわけがない」と言う人もいますがホントなの?

仕事は楽しいわけがないと言う人も多いです。

仕事は個人の自由が許される「遊び」や対価を求めない「ボランティア活動」ではないので、仕事をすると必ず報酬が発生します。

よって仕事は遊びやボランティア活動のように自分の都合や仕事が楽しくないという理由で途中で投げ出すことは許されません。

ただ、「報酬が発生する=仕事が楽しくない」というわけでもないでしょう。

仕事が楽しいと思う人もいれば、楽しくないと思う人もいます。

Q2.働く女性が「仕事が楽しい」と感じる瞬間はどんなとき?

働く女性が「仕事が楽しい」と感じるのは人によってさまざまです。

たとえば、人から感謝されたり、自分の仕事が正当に評価されたりしたときなどが挙げられるでしょう。

2019年実施の女の転職typeの調査によると、「仕事が楽しい」と答えた女性は約44%です。

人によって仕事に対する感じ方が異なるとわかるでしょう。

たしかに仕事は楽しいばかりではないかもしれません。

しかし、年齢を重ねてできることが増えたり、ポジティブに考えたりすることで「仕事が楽しい」状態に近づくチャンスはだれにでもあります。

まとめ

  • 仕事をムリに楽しいと思う必要はない
  • 仕事を楽しい人と楽しくない人の割合は約半数なので人によって異なる
  • 「仕事が楽しい」と口にする他人と自分を比較しすぎないことが大切

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア
アバター
Writer パラナビ編集部

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top