Paranaviトップ お仕事 働き方 “複業研究家”・西村創一朗さんדレースクイーン広報”・橋本岬さんと探る「生存戦略としてのパラレルキャリア」

“複業研究家”・西村創一朗さんדレースクイーン広報”・橋本岬さんと探る「生存戦略としてのパラレルキャリア」

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

今世界を激震させている「コロナショック」の影響で、自宅にいる時間も長くなり、在宅でできるパラレルキャリアに踏み出す人も増えているとか。今回は「複業の教科書」著者で、複業研究家・複業の第一人者として知られる株式会社HARES(ヘアーズ)代表取締役の西村創一朗さん、そしてIT企業の広報&レースクイーン&ライターという異色のパラレルキャリアを実践している橋本岬さんに、これからの時代を生き抜いていくためのヒントとなりそうなパラレルキャリア成功の秘訣について語っていただきました。

コロナで注目されるパラキャリ、成功者の共通点は?

――コロナショックは、私たちの労働環境にも影響を及ぼしました。

西村

BeforeコロナとAfterコロナでは、潮目がガラッと変わりました。理由は2つあって、まずは外出自粛によって可処分時間が増えたこと。そして、「1つの企業に依存していては危ない」という意識が高まったことです。実際、副業系サービスの登録者数は軒並み伸びているようですね。

橋本

私が広報をしている、副業したい個人と企業をマッチングするサービス「シューマツワーカー」の登録者数も増えています。「副業始めたい!」という相談もたくさん寄せられるようになりました。正社員採用は冷え込んでいるようですが、副業人材のニーズは個人・企業ともに高まっていると思います。

IT企業の広報&レースクイーン&ライターという異色のパラレルキャリアを実践している橋本岬さん

――今パラキャリが脚光を浴びつつありますが、成功者に共通点はありますか?

IT企業の広報&レースクイーン&ライターという異色のパラレルキャリアを実践している橋本岬さん

橋本

まず、本業で圧倒的に結果を出していることですね。だから周りからも会社からも批判されず、むしろ後押ししてもらえるんだと思います。
株式会社HARESの代表であり「ファザーリング・ジャパン」の理事も務める西村創一朗さん

西村

また、パラキャリの成功者は、知的好奇心が旺盛な人ばかりです。複数の分野でパラキャリしていれば、わからないことや知らないことがたくさん出てきます。それを「わからないから無理」ではなくて、「わからないから面白い!」と思えるかどうか。

――パラキャリ初心者が、第一歩を踏み出すためにできることってなんでしょう?

IT企業の広報&レースクイーン&ライターという異色のパラレルキャリアを実践している橋本岬さん

橋本

自分のスキルを言語化・細分化して、「キャリアタグ」を増やしていくのがオススメですね。私なら「ライター」「PR」「レースクイーン」の3つです。この掛け合わせで仕事をもらえたりしますから、小さくてもとにかくコツコツ続けて、スキルにしていくことが大事です。
株式会社HARESの代表であり「ファザーリング・ジャパン」の理事も務める西村創一朗さん

西村

意識として必要なのは、いきなりお金を稼ごうと考えないことです。お金を主目的にしてしまうとまずもってうまくいかない。あとは、支援サービスに登録してみるのも有効です。プロフィールを書くだけでも、スキルを棚卸しできますよ。
IT企業の広報&レースクイーン&ライターという異色のパラレルキャリアを実践している橋本岬さん

橋本

シューマツワーカーも含め、たくさんの副業支援サービスがあります。出ている案件を眺めるだけで、自分に足りないスキルや、ギャラの相場が見えてきます。

IT企業の広報&レースクイーン&ライターという異色のパラレルキャリアを実践している橋本梢さん、株式会社HARESの代表であり「ファザーリング・ジャパン」の理事も務める西村創一朗さん

「二兎を追って二兎を得られる」世の中になっていく

――パラレルキャリアの第一人者と言われる西村さんですが、その原点を教えてください。

株式会社HARESの代表であり「ファザーリング・ジャパン」の理事も務める西村創一朗さん

西村

きっかけは19歳の時、今の妻との間に子どもができたことでした。その日から大学生活のゴールを「いい会社に就職する」に据えて、毎日日経新聞を読んだり、理想の父親を目指す「ファザーリング・ジャパン」というNPOに参加したりして、自分の世界を広げていきました。
IT企業の広報&レースクイーン&ライターという異色のパラレルキャリアを実践している橋本岬さん

橋本

出産・育児によるキャリアへの不安って、どうしても女性の問題になりがち。ここまで思える男性は珍しいかもしれませんね。
株式会社HARESの代表であり「ファザーリング・ジャパン」の理事も務める西村創一朗さん

西村

背景には、僕の生まれ育った家庭環境があったと思います。父は専業主婦の母に家事・育児を丸投げする人で。僕はずっと、父のような男性には絶対にならないと思って生きてきました。逆に、順風満帆な家庭に育っていたら、ここまで思いを強くすることはなかったかもしれません。

――そして3年半後、リクルートに入社されました。そこにはどんな思いがあったんですか?

株式会社HARESの代表であり「ファザーリング・ジャパン」の理事も務める西村創一朗さん

西村

端的に言えば、日本人の働き方を変えたいと思ったからです。ファザーリング・ジャパンの仲間はみんな、プロボノで参加している社会人。彼らのようにパラレルに活躍する人が増えれば、社会全体がよくなるだろうと思ったんです。それで、当時から人材業界を牽引していたリクルートエージェントを目指しました。
IT企業の広報&レースクイーン&ライターという異色のパラレルキャリアを実践している橋本岬さん

橋本

その後、会社設立に至ったのはどういう経緯だったんですか?
株式会社HARESの代表であり「ファザーリング・ジャパン」の理事も務める西村創一郎さん

西村

リクルートに入ってすぐ、新人の自分でもできることはないかと考えて「毎日記事を100本を読み、大事なものにコメントをつけて、社内にメルマガ配信する」ということを始めたんです。コツコツ続けているうちにブログメディアに進化することとなり、それをきっかけに自分の目指す道が具体化していきました。そして2015年、HARES(ヘアーズ)を設立しました。
IT企業の広報&レースクイーン&ライターという異色のパラレルキャリアを実践している橋本岬さん

橋本

その頃はまだ、パラキャリという概念自体なかったですよね?
株式会社HARESの代表であり「ファザーリング・ジャパン」の理事も務める西村創一朗さん

西村

そうですね。でも、僕の周りには意外と、会社に隠れて副業している人が結構いて。ニーズがあるということはこれから伸びる分野だと信じてやっていましたね。僕はずっと「二兎を追って二兎を得られる世の中」を追求していますが、これからはパラキャリもライフイベントとの両立も、しっかり実現できる時代になると思います。

株式会社HARESの代表であり「ファザーリング・ジャパン」の理事も務める西村創一朗さん

「レースクイーンライター」という生存戦略

――最近は不況の影響からか、女性の専業主婦志向が高まっているともいわれています。

株式会社HARESの代表であり「ファザーリング・ジャパン」の理事も務める西村創一朗さん

西村

選択肢の1つとしてはいいと思います。でも、専業主婦以外にもなれるスキルは身につけておかないと、将来の選択肢が狭まって大きなリスクになります。
IT企業の広報&レースクイーン&ライターという異色のパラレルキャリアを実践している橋本岬さん

橋本

これだけ不安定な時代。大企業だって数年後は見えないし、パートナーが失業したり病気になったりする可能性もありますよね。家庭の収入源が多いに越したことはないと思います。
株式会社HARESの代表であり「ファザーリング・ジャパン」の理事も務める西村創一朗さん

西村

そう言う橋本さんは、どうやってパラキャリを実践してきたの?
IT企業の広報&レースクイーン&ライターという異色のパラレルキャリアを実践している橋本岬さん

橋本

まず新卒で編集プロダクションに入ったんですが、ここがとてもブラックで。1カ月まるまる家に帰れず、季節の移り変わりにすら気づけなくなっていました(笑)。そこを半年で辞めて、スキルも人脈もないのにどうしようと途方に暮れながら、キャリアについて考えはじめました。

IT企業の広報&レースクイーン&ライターという異色のパラレルキャリアを実践している橋本岬さん

株式会社HARESの代表であり「ファザーリング・ジャパン」の理事も務める西村創一朗さん

西村

そこからどうやってレースクイーンに辿りついたの!?
IT企業の広報&レースクイーン&ライターという異色のパラレルキャリアを実践している橋本岬さん

橋本

「メディアの仕事で食べていく」をゴールに据えて、そこから逆算したんです。ライターに何を掛け合わせたら目立てるかなあと考え、思いついたのがレースクイーンでした。レースクイーンは4年続けて結果的に好きな仕事にはなったけれど、当初はやらなきゃいけないからやっていた。いわば生存戦略でした。当時は他人にばかにされたり、地元に写真が出回ったり……大変でした(笑)。でも、続けているうちに仕事を回してくれる人が出てきて。1年経ったら営業も不要になりました。
株式会社HARESの代表であり「ファザーリング・ジャパン」の理事も務める西村創一朗さん

西村

橋本さんは当時から、軸がぶれていないよね。「私の本業はライター」という姿勢を貫いてる。
IT企業の広報&レースクイーン&ライターという異色のパラレルキャリアを実践している橋本岬さん

橋本

そこは絶対譲りませんでした! ライティングの時間が最優先。「副業した結果、自分がどうなりたいか?」というゴールをはっきり持っていないと、どこかでブレると思います。で、レースクイーン界のお局になり始めた頃(笑)、シューマツワーカーに声をかけてもらって入社を決め、今の広報の仕事をするに至ります。

――2人のようにパラキャリをしてみたいけど、勇気が出ない。そんなパラナビ読者に一言お願いします!

IT企業の広報&レースクイーン&ライターという異色のパラレルキャリアを実践している橋本岬さん

橋本

本業が倒れてもパラキャリで生きていける、という安心感は何ものにも代え難いです。会社と家以外の居場所ができるのも、いい気分転換になりますし。考えすぎず、気楽に始めてみたらいいんじゃないでしょうか。
株式会社HARESの代表であり「ファザーリング・ジャパン」の理事も務める西村創一朗さん

西村

友達や家族、職場の先輩など誰でもいいので、「半径5メートル以内の誰かに、何かを与えること」を意識してみてください。身の周りの人の困りごとに対して、自分がどう役立てるか。それが巡り巡って、パラキャリになっていくと思います。

西村創一朗さん、橋本岬さん

西村 創一朗(にしむら そういちろう)●HRマーケター、株式会社HARES代表取締役、NPO法人ファザーリング・ジャパン理事、3児の父。2011年に株式会社リクルートエージェントに入社。本業の傍ら「二兎を追って二兎を得れる世の中をつくる」を掲げ、2015年にHARESを創業。翌年リクルートキャリアを退職し、独立。週末は地域の少年サッカークラブのコーチも務める。

西村さんのTwitterアカウントはこちら

西村さんのnoteはこちら

橋本 岬(はしもと みさき)●ファッション系の編集プロダクションを経て独立。現在はIT企業・シューマツワーカーで広報・PRとして働きながら、フリーライター、レースクイーンのパラレルキャリアを築いている。フリーライターとしては「R25」や「週プレNEWS」、「日刊!SPA」などで執筆するほか、オウンドメディアの運営実績も持つ。

橋本さんのTwitterアカウントはこちら

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

椿 萌
Writer 椿 萌

VIEW MORE

Page Top