Paranaviトップ お仕事 働き方 シューマツワーカー代表&ユーザーが語る「副業がうまくいく人」と「ダメな人」の特徴

シューマツワーカー代表&ユーザーが語る「副業がうまくいく人」と「ダメな人」の特徴

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

コロナショックで在宅時間が増えた今、副業をしたいという人が増えています。しかし、何から始めたらいいかわからなかったり、そもそも副業先が見つからなかったり……疑問や不安がたくさんあるのも事実。今回は、副業希望者と企業をマッチングする「シューマツワーカー」の代表・松村幸弥さんと、本業は大手IT企業のwebデザイナーとして活躍しながら、「シューマツワーカー」を活用して個人でもデザイナーやエンジニアとして働いている平沢こずえさんが、パラキャリ実践の最前線について本音で語りました。

副業なら、自分のスキルですぐに誰かの役に立てる

――コロナショックで、どんな部分が変わりました?

「シューマツワーカー」の代表・松村幸弥さん

松村

コロナショックによって、大企業からスタートアップまで多くの企業が、急に変革を迫られることになりました。在宅勤務の導入もそうですし、スキルの高い副業人材を活用しようという機運が高まっていると感じます。
シューマツワーカー 平沢こずえさん

平沢

IT業界では、もともと副業文化がありましたよね。

松村

はい。以前はスタートアップのIT企業がほとんどでしたが、最近は業種業態ともに多様化してきています。この春は、非IT系の企業から問い合わせをいただくことが多かったです。

――企業が、副業社員を活用するメリットに気づき始めているんですね。

「シューマツワーカー」の代表・松村幸弥さん

松村

何といっても、優秀な労働力を得られるメリットが大きいです。働き手を正社員以外にも広げると、一気に候補者の数が増えます。
シューマツワーカー 平沢こずえさん

平沢

私もこれまで、動画配信サービス、金融、動画撮影、教育系、服飾……などいろいろな業界の企業から受注してきました。正社員として転職するのはハードルが高くても、副業としてなら今からでも役に立てる。副業社員側にも企業側にも、大きな可能性があると思います。
「シューマツワーカー」の代表・松村幸弥さん

松村

特に地方企業では、デジタル化という課題が依然として大きくあります。その中で、ITスキルが高い人材の能力を簡単にシェアできるのはいいことだと思います。

「納税」と「契約」が、副業社員の2大課題

――一方で、副業における課題にはどんなものがありますか?

シューマツワーカー 平沢こずえさん

平沢

まずは通信環境、特にセキュリティですね。社外秘情報にむやみにアクセスして、万が一外に漏れてしまったら大変なことになります。
「シューマツワーカー」の代表・松村幸弥さん

松村

さらに根本的な課題という意味では、2つあります。まずは「納税」の問題
シューマツワーカー 平沢こずえさん

平沢

確定申告は本当に面倒だし、節税の基本も最初は知りませんでした。今は、シューマツワーカーのサービスで税理士さんに相談できるのでなんとかなっていますが。
「シューマツワーカー」の代表・松村幸弥さん

松村

そして2つ目が「契約」、労務の部分の問題です。紙でもweb上でもいいから、テキストで契約内容や経緯を残しておくことが基本中の基本。万が一企業ともめるようなことがあれば、本業すら手につかなくなりますよ。
シューマツワーカー 平沢こずえさん

平沢

契約の部分は、確定申告の面倒くささに隠れがちですが(笑)すごく重要です。副業は1人でやることがほとんどなので、わからないことや不安なことがあっても、気軽に周りに聞けないんです。副業サービスを使って疑問を解消したり、企業との間に入ってもらったりして、安心して働けるようになりました。
「シューマツワーカー」の代表・松村幸弥さん

松村

納税まわりや労務は、正社員として働いている限り不要な知識がほとんどですが、副業をするなら必須です。副業社員同士のつながりを作ったり、こまごました不安をなくすお手伝いを、これからも続けていきたいと思います。

――やってみたいけれど、副業先が見つからないという人も多いです。

シューマツワーカー 平沢こずえさん

平沢

まずは、自分がやってきたことや持っているスキルの棚卸しが大事ですね。それから、社会情勢や世の中の流れを見て、自分が持つスキルへのニーズがどこにあるのか探ってみてください。副業においては全員が個人事業主で、いわば「自分会社の社長」。こういう経営者的な視点が必要になります。
「シューマツワーカー」の代表・松村幸弥さん

松村

僕からは、「短期的に考えないこと」「お金にプライオリティを置きすぎないこと」の2点をお伝えしたいです。増えてきているものの、やはり個人側と比べると、企業側の副業ニーズはまだまだ小さいのが現実。短期的に考えるとうまくいかないのは当然だと思います。
シューマツワーカー 平沢こずえさん

平沢

最初は、お小遣いレベルの額から始めるのがちょうどいいかもしれません。
「シューマツワーカー」の代表・松村幸弥さん

松村

そう、そして実績を積むにつれて増やしていく。5年、10年スパンで考えるくらいの姿勢が必要だと思いますよ。

シューマツワーカー 平沢こずえさん

「知らない人に信頼してもらう」難しさはこう乗り越える

――パラキャリ成功者に、何か共通点はありますか?

「シューマツワーカー」の代表・松村幸弥さん

松村

何よりも、コミュニケーション能力ですね。具体的には、きめ細かい情報共有や進捗共有、レスの早さなど。いわば「時短・リモート・非同期」で働くのが副業ですから、共通認識を作るコミュニケーション能力は、どんな仕事でも必ず求められますね。
シューマツワーカー 平沢こずえさん

平沢

信頼関係を作ることは、本業でももちろんのこと、副業ではさらに大事です。そばにいないし、家族でもないし、そもそもよく知らない人に私のことを信頼してもらうにはどうしたらいいか? と考えたら、逆にコミュニケーションを充実させるくらいしかないと思います。
「シューマツワーカー」の代表・松村幸弥さん

松村

平沢さんは、具体的にどんなことに気をつけていますか?
シューマツワーカー 平沢こずえさん

平沢

とにかく即レスですね。基本ですが、いちばん相手を安心させられるかなと思って。副業は信頼の積み重ねです。たとえ短期の契約でも、相手にどう見られているか? はしっかり考えるようにしています
「シューマツワーカー」の代表・松村幸弥さん

松村

コミュニケーションは平日の昼間に取りたいという企業が多いです。そういう意味でも、休日に限らず稼働できる副業社員は受け入れられやすいですね。さらに上級編でいうと……、タスクとミッションの両方を意識できる人は強いと思います。
シューマツワーカー 平沢こずえさん

平沢

単に与えられたタスクをこなすだけじゃなくて、自分のミッションは何かな? と根本から考えられる人ですね。
「シューマツワーカー」の代表・松村幸弥さん

松村

でも、これはあくまで上級編。初心者はまず、自分のスキルを明らかにするところから始めてみましょう。

「シューマツワーカー」の代表・松村幸弥さん

――最後に、副業を始めてよかったことについて教えてください。

シューマツワーカー 平沢こずえさん

平沢

もともと、隙間時間でスキルアップしたい、自分の世界を広げたいと思って副業を始めたんですが、結果的に得られたのは充実感と幸福感でした。相手の要求に、自分1人の力で返せるという幸せですね。それまでなんとなく満たされなかった承認欲求が満たされました。
「シューマツワーカー」の代表・松村幸弥さん

松村

本業だけやっていたら見られなかったはずの世界を知ることができるのは、副業の良さですね。
シューマツワーカー 平沢こずえさん

平沢

人生100年時代、まだまだ先は長いです。副業を通していろいろな世界をみて、将来の自分のために種を蒔いている気分。すごく楽しいです!
「シューマツワーカー」の代表・松村幸弥さん

松村

僕は何も、社会の全員が副業をするべきとは思っていません。でも、新しい世界を見てみたいと思う人、何かにチャレンジしたい人、スキルを溜めていきたい人には、副業という選択肢をぜひ検討してほしいですね。

松村 幸弥(まつむら ゆきや)●1989年、石川県金沢市生まれ。横浜国立大学を卒業後、東証一部のソーシャルゲーム企業に新卒で入社。ソーシャルゲームのプロデューサー・ディレクターとして働いたのち、2017年2月に独立。副業したい個人と企業をマッチングするサービス「シューマツワーカー」を運営。

平沢 こずえ(ひらさわ こずえ)●新卒で、大手IT企業にwebデザイナーとして入社。本業で活躍する一方、「シューマツワーカー」を活用して、これまで数多くの企業に副業として参加している。副業では、デザイナーとしてはもちろんエンジニアの領域にも活躍の幅を広げている。

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

椿 萌
Writer 椿 萌

VIEW MORE

Page Top