Paranaviトップ ライフスタイル 恋愛/結婚 2021年、今年こそ始めたい仕事も恋も成功させる3つの習慣

2021年、今年こそ始めたい仕事も恋も成功させる3つの習慣

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

2021年がスタートし、年末年始で2021年の目標を決めた方も多いのではないでしょうか?パラキャリ女性の皆さんは、どのような目標を掲げましたか?きっと、この記事を読んでいる方は、仕事について、そして恋愛についての目標も掲げられたことと思います。目標を達成するためには、日々の行動が大切です。そこで今回は、仕事も恋も成功するための“習慣”を3つお伝えします。ぜひ、参考にしてみてください!

仕事同様、恋の相談相手をつくろう

パラキャリ女性は、1人でなんでもこなそうとしがちな人が多いのではないでしょうか。
役職に応じて違いが出てくるかも知れませんが、仕事において相談できる人はいますよね?相談することで、活力が生まれたり、背中を押してもらったりしていると思います。

恋愛も同様です。学生の頃は、いつも一緒にいた友達・仲間がいて、その友達になんでも相談できていたと思います。恋愛についての悩みや進捗、惚気など、今思えば恥ずかしいことも話せていたのではないでしょうか。

しかし、今はどうでしょう? 学生の頃のように毎日友達と一緒という環境ではなくなり、たまに会う友達との環境や価値観の違いから「なかなか本心でなんでも話せる間柄ではなくなった……」そう感じる方も多いと思います。

学生時代は同じ環境の中だったからこそ似た価値観を持っていました。しかし、現在は、彼氏の有無・既婚・未婚、子どもの有無、専業・ワーママなど、環境がそれぞれ違い、価値観が変わってきています。だからこそ、遠慮して本心で話すことができなくなっているのです。

しかし、恋愛においても相談相手は必ず必要! アドバイスをもらうという目的だけでなく、自分の気持ちを言葉にすることでスッキリしたり、気持ちを整理できたりするからです。

昔からの友達に本心で語りにくいのであれば、今あなたの周りにいる、環境や価値観の近しい人に相談しましょう! もしくは、第三者。自分のことをまったく知らない人にだからこそ話ができることもあります。

1人で抱え込むのではなく、信頼できる相手に相談し、今後の恋愛を加速させていきましょう!

    自分の理想像の人と過ごそう

    相談できる相手ができるととても居心地が良いと思います。自分の話を聞いてくれ、背中を押してくれるのですから。しかし、その相手が自分と同じ状態(つまり、恋愛に悩んでいる相手)なのであれば、その人とばかり過ごすのはやめることをお勧めします。なぜなら、当人同士は気付きにくいかもしれませんが、同じ状態の人同士が一緒にいることで、お互いを慰め合っているだけにすぎないからです。

    慰め合っているだけでは、次に進む一歩がとても小さい、もしくはその一歩すら踏み出せていない可能性もあります。相談している相手にとっても、あなたは一緒にいて居心地が良く、そのあなたを手放したくないのです。しかし、それでは新しい一歩は踏み出せませんし、同じ環境に留まることしかできません。あなたが次のステップに進みたいのであれば、恋愛においてもあなたが理想としている恋愛をしている方と過ごす時間を増やしましょう!

    あなた自身がその人に近い環境に身を置くことで、理想の過ごし方を自然と過ごすきっかけになり、理想の人との出会いを引き寄せることになるのです。

    私が結婚を決めたときは、25歳で、まだ周りの友達はあまり結婚していませんでした。私自身、とても結婚したいと焦っていたわけではありませんが、いつか結婚したいと思っていたので、結婚した後もバリバリ仕事をしている、会社の女性の先輩と仲良くさせてもらっていました。今思えば、仕事の合間に聞く先輩の新婚生活の話や、仕事とプライベートの両立の仕方などは私にとって、とても参考になっていました。

    自分の人生なので、決して先輩と同じ生活を送れるわけではないですが、私の理想の姿を歩む先輩がいたからこそ、自分もそうなりたいと結婚後のイメージを沸かせることができたと思います。

    見られる場所に行き、女としての美意識を高めよう

    私は結婚した今でも、プライベートでいろいろなイベントやパーティーに行っています。(今はコロナもあり、なかなか行けない状況ですが……)。目的は、人脈を広げることなのですが、実はそれだけではありません。第2の目的として、見られる場所に行くことで、美意識を高めるということがあるのです。私の場合は、美意識を高めながらいい相手を見つけようというわけではなく、結婚した後も変わらずキレイであり続けるために、美意識を高めています。

    仕事でいろいろな人と接することはあると思いますが、仕事以外にも、プライベートで見られる場所に行くことをお勧めします!合コンや婚活パーティーなどの出会いの場でなくても良いのです。いろいろな人と交流できる場、バーや交流会、クラブでもかまいません。

    コロナ禍の現在は、なかなかリアルで人と会うのが難しい状況ですよね。このような中ででも「見られる場」はあります。それは、ビデオ通話を使った交流です。コロナを機に、ビデオ通話を使った交流の場がとても増えています。画面越しになるので、どうしても胸から上しか映らず、リアルと比べると見える範囲が少なくなります。そのため、見られていないからと部屋着のまま参加したり、画面越しだから分からないだろうと化粧をおろそかにする人が多くいます。そのような人が多いからこそ、家だとしてもリアルと同じようにおめかしすることで、他の人と比べてあなたが群を抜いてキレイに見えます! リアルでもオンラインでも、「見られる場」に行くことであなた自身の美意識を高めることができるのです。

    自己満足にならないように、継続が大事

    「今年こそいい人を見つけるぞ」「恋人を作るぞ」「結婚するぞ」と、自分磨きに励む方が多いと思いますが、それだけだと自己満足になりかねません。同時に人からの目線を感じることで、自信もつき、より客観的に自己評価ができるようになります。そして、それはさらに「もっと頑張ろう」という活力にもつながるでしょう。

    2021年、新たな年のスタートとともに婚活に気合いを入れる人はとても多いです。ただし婚活は、一瞬だけ頑張っても成果は出ません。むしろ、頑張ろうと必死になるとかえって婚活疲れに陥ったり、痛々しさが出てしまったりすることも。継続的に、無理なく続けることで成果が出るものです。恋愛も仕事と同じで、日々の積み重ねが大事。今回お伝えした3つの習慣を意識し、仕事も恋愛も成功する2021年にしていきましょう。

    SHARE

    Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

    Keyword

    橋本 楓
    Writer 橋本 楓

    VIEW MORE

    パラナビオンラインサロン
    Page Top