Paranaviトップ お仕事 起業/独立 会社員だからこそ、挑戦しやすい!? ワクワクするパラキャリ起業の始め方

会社員だからこそ、挑戦しやすい!? ワクワクするパラキャリ起業の始め方

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

「起業」と聞くと、「お金がかかりそう」とか「会社を辞めないといけない」といったイメージがあるかもしれません。でも、最近はパラレルキャリアとして会社に勤めながら、やりたいことで起業するという選択をする人も増えてきました。そこで、そもそもの起業の定義やお金の稼ぎ方といった基本的なことから、会社員で起業することのメリット・デメリットまで、オンライン起業スクール「Cash Engine」で起業コーチングをしている田井譲さんに、「Cash Engine」の生徒であり、パラナビサロン会員でもある出来千春さんが聞いてみました。

他人から見て気づく強みもある

出来千春さん

出来

私は201912月から「Cash Engine」に通っているんですが、20代から40代まで色々なバックグラウンドの人がいて、とても刺激を受けています!

田井譲さん

田井

生徒は今20名くらいなんですが、本当に皆さん十人十色。生徒さんの数だけ新しいビジネスが生まれているのを実感します。面白い例だと、大手の広告代理店に勤めながら「サプライズを売る」というビジネスをしている人もいます。

出来千春さん

出来

サプライズ! そんなことまで商売になるんですね。 

田井譲さん

田井

その彼は本業でコピーライティングの仕事をしていて。自分はどんなことをしている時にワクワクするのかと考えたときに、人にサプライズをすることがめちゃくちゃ楽しいと気づいたそうなんです。人を感動させること、という点で本業にも共通してますよね。学生の頃から相談を受けることが多かったそうで、今もどういうシチュエーションでどういうレストランを用意して……、といった計画を一緒に考えることでちゃんとしたサービスにしているんですよ。

出来千春さん

出来

今まで聞いたことがないようなビジネスが生まれているんですね! 自分の得意なビジネスの見つけ方ってありますか? 私は割と目標がハッキリしているタイプで、「モテコンサル」になりたいという夢が最初からありましたが、中にはそうじゃない人もいますよね。

田井譲さん

田井

そこがまさしく、僕の起業スクールが価値を提供できている部分です。やっぱり、最初からやりたいことがハッキリしている人は多くはないので、過去の体験をはじめ、どんなことが得意なのか? どんなことにワクワクするのか? といったことを、マインドマップを書きながらとことん突き詰めて言語化していきます。そこから、どうやったら理想の自分や理想の社会に近づいていけるかのイメージをすり合わせて、そこに向けてビジネスを始めるという手法をとっているんです。

出来千春さん

出来千春さん

出来

譲さんが「Cash Engine」で掲げている「ビジョン主導型」の考え方ですね! でも、ビジネスにつなげられそうなことって、どんな人でも見つけられるんでしょうか? 人より優れていたり、得意だったりするところを見つけるのは、なかなか難しい気もします。

田井譲さん

田井

別に世界一でなくてもいいんです。道端ですれ違う10人のうち8人くらいにだったら勝てるなと思うことや、友達にやったら喜んでもらえるかな、というくらいのハードルの低さで十分。何か1つでも、ほかの人よりも時間やお金をかけていると思えることがあれば、それでビジネスにつなげられます

出来千春さん

出来

それでよければ見つけられそう! そういう強みは自問自答して探していく感じですか?

田井譲さん

田井

それもいいですが、オススメは誰かと話しながら、得意なことを見つける方法です。よくあるのが、自分では当たり前だと思っていても、他人にとっては特技になるということ。人から言われて初めて気づく自分の強みを掘り下げていくと、ヒントになることが多いですね。

 まずは金額をつけてみることで責任が生まれる

田井譲さん・出来千春さん写真

出来千春さん

出来

私はいつか恋愛相談でビジネスにしたいと思っているんですが、今は本当になんでもビジネスになる時代ですよね。

田井譲さん

田井

「レンタル何にもしない人」なんて、その最たるものですよね。今は、何かやろうと思って行動を起こしている人にとってはビジネスをしやすい環境になってきていると思います。

出来千春さん

出来

いざ行動を起こしてから、続けることも大変ですよね。成功のポイントとして、続けることの大変さをどう乗り越えていくかもあると思います。

田井譲さん

田井

それは本当にそうですね。起業家マインドセットとして、とにかく「やり抜く覚悟」を持つことは本当に大事!  具体的なアクションや発信を続けていくことはもちろん、モチベーションを維持するという意味で収益を上げて成果を出すというのも重要です。僕のスクールでは、それを「キャッシュエンジン」という考え方で実践しています。  

出来千春さん

出来

譲さんのスクールの名前でもありますね。どういう考え方なんでしょうか?

田井譲さん

田井

はい。僕のスクールでは、まずキャッシュを生む仕組みを初めに作っていくということに重点を置いています。半年かけて事業計画書を作る、半年かけて資金調達法を勉強する、というふうに準備に時間をかけるのではなく、今月中にでもスモールスタートで安くてもいいので売ってみる、ということを勧めています。

出来千春さん

出来

金額をつけることで、自分に責任を感じることができるというお話をスクールで聞きました。私も自分のスキルを販売するうえで、適正価格がどれくらいなのか、本当に買ってもらえるのか、というところで悩みました。

田井譲さん

田井

そうですね。売ることから逃げないで、5円でも100円でもいいから価格を設定して誰かにサービス提供をする。そうすることでお客様からフィードバックがもらえて、お金も入ってくる。そのフィードバックを次に生かして、改善したサービスが提供できる、ということを繰り返すことがビジネスの継続・成功につながると考えています。 

出来千春さん

出来

起業っていうとハードルが高いですが、それだったら個人事業主やフリーランスのイメージにも近くて、やっていけそうな気がしますね。

周りとサポートしあって「やり抜く」モチベーションに

出来千春さん

田井譲さん

田井

起業といっても、必ずしも株式会社を作らなければいけないわけではないと思っています。僕のスクールでも、まず、「起業って何だと思いますか?」と最初に聞いているのですが、法人登記をすることだったり、収益を上げて売り上げを作ることだったり、イメージは人それぞれです。中には、すごい借金を背負うんじゃないか? 失敗したら社会復帰できないのでは? とイメージする人もいますが、スクールでは、どんな小さなことでも自分で決めて走り出せば起業ですよ、とハードルを下げてお伝えしています

出来千春さん

飯田

会社員という立場を維持したままでも十分チャレンジできるというわけですね! 会社員と両立してやることのアドバンテージってありますか?

田井譲さん

田井

2つあります。1つは、リスクを小さく抑えられる点。会社員として自分の生活基盤が保たれている状態から始めることで、失敗したら生活費がなくなるというようなリスクもなく始められます。もう1つは、自分のやりたいことができるという点です。自分の生活基盤がないと、「稼げるかどうか」だけで判断してしまいますが、会社員をしながらだと、そうじゃないので「自分のやりたいこと」をより突き詰められますよね。

出来千春さん

出来

逆に、会社員だからこそ難しい部分ってありますか?

田井譲さん

田井

やっぱり時間の確保で苦労されている方が多いですね。

出来千春さん

出来

私もいつも自分との戦いですね。ついつい、だらけてしまったり、ほかを優先してしまったりしてしまいます。

田井譲さん

田井

そういう人のためには、やはり同じようなタイミングでビジネスを始めた仲間と会うことがオススメです。自分もやらなきゃという刺激になりますし、モチベーションも生まれます。また、僕のスクールではLINEのサポートもやっているのですが、毎日こんなことをやりました! と宣言のように使っている人もいます。「やり抜く覚悟」を維持するためにもコミュニティでサポートし合うのはとても効果的ですね。

出来千春さん

出来

確かに、私も週に1度スクールがあることで、やりたいなで終わってしまっていたことが実際に行動に移せたのはすごく大きいです!

田井譲さん

田井

実は僕自身も、周りの人との関係性の中で自分がワクワクする瞬間を見つけられたから、この事業を始めたんです。この仕事を始める前、英会話塾でマネージャーをやっていた時代に、チームメンバーの能力が開花するのを手伝うのが好きで、そのことについてなら何時間でもワクワクして没頭していられると気づいたんです。

出来千春さん

出来

そうすると起業スクールは、まさに天職ですね! 私もやりたいことにワクワクして取り組む時間ができたことで、本業のほうでも気づきが生まれ、結果として相乗効果になっているなと感じています。

田井譲さん

田井

会社員でも誰でも、関係なくすべての人に起業という選択肢を身近に感じてもらうことで、もっと多くの人に才能を開花させる喜びや手応えを感じてもらいたいですね。そうすれば、日本の未来はもっといい方向に進むと信じています。

パラナビオンラインサロンでは、パラレルキャリアへの道をコミュニティでサポートしています。

田井 譲(たい ゆずる)●起業スクール「Cash Engine」代表。株式会社We&最高戦略責任者。幼少期、マレーシアに住みながらシンガポールにパスポートを使って通学する「毎日越境通学」を経験。帰国後も、学生時代にカナダのバンクーバーへ留学。大卒後、青年海外協力隊として2年間南米ボリビアの小学校で空手と算数を指導。帰国後は富士通で法人営業、サイエイ・インターナショナルで英会話講師・マネージャーを経て、スパルタ英会話スクールマネージャーに就任。就任後11ヶ月で収益倍増を達成し、20186月に2代目代表取締役社長に抜擢される。その後、「すべての日本人に、起業という選択肢を」を理念として、起業スクール「Cash Engine」を創立、代表を務める。 

SHARE

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア

Keyword

岡部 のぞみ
Writer 岡部 のぞみ

VIEW MORE

パラナビオンラインサロン
Page Top